読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

バンコクは日本人街も面白いので旅行の際に寄ってみると良いよ

タイ

f:id:asiaasia:20150406154130j:plain

バンコクのタニヤ通りにある日本人向けカラオケ、日本料理店の看板

 

バンコクに滞在している日本人は統計の範囲で6万4千人、統計に現れない長期滞在者を含めると10万人を越えると言われている。このように日本人が数多く住んでいる環境なので、バンコクでもリトル東京と呼ばれる日本人街がいくつか形成されている。

 

バンコク最大の日本人街はタニヤ通りであり、シーロムと呼ばれるエリアにある。この通りは日本人向けカラオケから日本料理店までもが固まっているエリアである。

 

スクンビットと呼ばれるエリアも日本人は数多く住んでいるが、このエリアでも特に日本人街として栄えているのが、トンロー通りスクンビットソイ33である。こちらも日本人向け料理店からカラオケ屋まで数多く並んでいるエリアだ。

 

下記ではバンコクにある日本人街について、更に詳しく紹介していきたいと思う。それぞれのエリア名や位置関係については下記GoogleMapも参考に。

f:id:asiaasia:20161211160527p:plain

バンコクにおける旅行者の多いエリア。スクンビットの中心は「アソーク」や「ナナ」で、「プロンポン」「トンロー」「エカマイ」も 広義ではスクンビットにも含まれる。

 

目次

 

タニヤは繁華街の中心にある通り

f:id:asiaasia:20140220144025j:plain

 

タニヤもしくはタニヤ通りは日本人カラオケ、日本食レストランを中心に多数の店が営業しており、日本語が溢れる繁華街である。

ここにある日本人向けカラオケは日本で言えばキャバクラのような店である。店内だけでなく、店外でのデートも楽しめるので、愛人を抱えている日本人駐在員も多い。

 

f:id:asiaasia:20140905003319j:plain

タニヤ通り

 

タニヤ周辺には、バンコクでも最大級のボーイズタウン(ゲイの人達向けのエリア)があり、イベントのある週末にはシーロム通り沿いもゲイが溢れている。

こうしたエリアでは女性が男性を求めて訪れるケースもあり、日本の女性芸人がタイ人男性を連れているところも目撃されている。

 

他にも、パッポン通りと呼ばれるゴーゴーバーを中心とした繁華街がある。

f:id:asiaasia:20160701223729j:plain

パッポン通り

 

タニヤを含むシーロムにはオフィスを構えている日系企業も多く、昼も夜も日本人の多いエリアとなっている。

 

トンローはバンコク駐在員の移住地としても人気のエリア

f:id:asiaasia:20160315222142j:plain

 

トンローやその周辺のプロンポンは日本人駐在員が多く住んでいるエリアである。

数多くの日本料理店が並び、日本人も度々見かける。数は少ないが日本人向けカラオケ店やマッサージ屋もある。

f:id:asiaasia:20160315232004j:plain

 

トンロー通りからエカマイ方面へ向かうと地元のセレブが通うクラブもある。アソークといったバンコクの中心地にも近く、利便性の高いハイソなエリアとなっている。

 

スクンビットソイ33

f:id:asiaasia:20160321171708j:plain

 

アソークとブロンポンの間にあるエリア。

 

タニヤ通りほど騒がしくもないが、それでも多くの日本人向けカラオケやマッサージ店が並ぶ。ホテルのコストパフォーマンスも高いため、外こもりを目的とした長期滞在者も多い。

 

AV男優の島袋氏がオーナーの風俗店もこの通りで営業している。

f:id:asiaasia:20160321171749j:plain

バニラ

 

タイにおける日本人街の現状

f:id:asiaasia:20150827180133j:plain

チェンマイの山頂にあるドイステープ寺。

 

バンコクの他に、シラチャやアユタヤ、チェンマイにも日本人は多く、日本人向けのお店も数多く営業している。しかし、チェンマイ、プーケットは中国人に押され、中国化の進んでいる場所が数多く出てきている。

チェンマイは中国の人気ドラマの撮影で使われ、この影響で一時的に増加している側面もあるが、経済的に余裕のある中国人が増えていけば、近場のタイへ訪れる中国人も増えるだろう。

 

タイの首都バンコクやシラチャではまだまだ日本の存在感は強い。ただ、以前まで多くの日本企業が入居していた工業団地のあったアユタヤでは、大きな洪水があってから日本人が減り続けている。今では日本人カラオケにも中国人客が増え、日本の存在感も薄くなっている。

 

国内の好調な経済に支えられ、多くの中国人がタイにも押し寄せ、日本人の代わりとなりつつある。今の世界における経済状態をタイ一国でも痛感させられるのは少々寂しい思いである。

 

こうした日本人街は当たり前の話として旅行者でもウェルカムの雰囲気がある。短期旅行者は敬遠しがちであるが、タイで日本を感じるのも新鮮かと思う。

これから年末にかけてタイへと訪れる予定の人は、日本と共に成長して来たこうした街を是非とも目で見て体感してほしい。

 

バンコクを観光する前に知っておきたい情報については下記記事を参考に。

 

スポンサーリンク