読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

闇金ウシジマくん、フリーエージェントくん編の実際のところと世間に与えたネットビジネスのイメージについて

ネットビジネス

ネットビジネス 闇金ウシジマくん フリーエージェントくん

闇金ウシジマくん 31より

 

目次

 

闇金ウシジマくん、フリーエージェント編

2014年10月30日に発売された闇金ウシジマくん32巻で、30巻から続いていた「フリーエージェントくん編」が終了した。

 

見てない人のために簡単にあらすじを紹介すると、お金を稼ぐという目的のためだけに肉体労働(フリーター)をしていたある若者がいた。彼はネットビジネスでお金持ちになれるという売り込みの広告を見て、無料のセミナーに参加する。セミナーを通してネットビジネスで実際に成功した人と接し、その世界に憧れを持つようになる。そして親からお金を借り、多額のお金を支払って有料のセミナーを受ける塾に入塾する。

塾で教えられたのはFacebookやブログ上でお金持ちアピールを行い、その高額塾を自身も販売して紹介料を得るというねずみ講のようなシステムだった。

それでもセミナーへの入会者を増やせば、紹介料として高額の報酬を得る事が出来るため、お金持ちになりたい人と思っている人を勧誘していく。多額の紹介料を得て、高級マンションに高級車、綺麗な恋人と、理想を次々に実現させて行くが・・・

 

このような感じで話は進む。ストーリー的には良く出来ていて面白い。ちょくちょく過去の話との繋がりは出てくるが、過去の巻を読んでいなくとも十分理解は出来ると思う。

電子書籍ではすぐに読む事が出来るので、興味のある人はどうぞ。

闇金ウシジマくん(30) (ビッグコミックス)

闇金ウシジマくん(30) (ビッグコミックス)

 

 

世間もネットビジネスの胡散臭い雰囲気を感じていた頃だし、このフリーエージェントくんでは与沢翼氏をはじめとしたモデルが実在しているので、比較的話題になった。読んだ多くの人がネットビジネスはやっぱりろくな物でなかったと感じてしまっただろう。

 

与沢翼のビジネスとは?

ウシジマくんでは塾生に塾の勧誘をさせて、さらに塾生を集めたり、高いお金を払って入塾した塾生に、更に高額商品を売りつけて搾取して行く様子が描かれている。作品自体リアリティーがあるせいか、すべてではないにしろ、ネットビジネスのほとんどがこういったねずみ講的な手法を取っていると一般の人はイメージしてしまうだろう。

 

与沢翼の成功によって彼のビジネスモデルは有名になった。この手法は少ない手持資金でも短期間で莫大な収益を上げる事が出来る。実際彼はこの手法を用い、アパレル会社を倒産させ手持資金10万円しかないにも関わらず、短期間で年収1億円を達成している。

別のブログでも紹介したが、知らない人も多いので、そのビジネスのカラクリを紹介しよう。

会社が倒産し資金が10万円しか無い状態で与沢翼氏は日本一のメルマガ発行数を誇る川島和正氏に接触する。そして、川島和正氏のメルマガで、与沢翼氏のメルマガを紹介してもらった。川島和正氏はもちろんタダで紹介したわけではなく、与沢翼氏に条件を出した。

 

それは
・メールアドレス1通の紹介につき600円支払うこと
・15日締めの翌々月末(75日後)までに、その料金を支払うこと

というものだった。

 

単にメルマガを紹介してもらうだけではメルマガの読者はあまり増えないので、有料起業セミナーのファイルをメールアドレスの登録者に無料でつけることにした。 結果として、7万人が与沢翼氏のメルマガへ登録する。

与沢翼氏はメール1通につき600円支払う予定であったため、川島和正氏への支払額は4000万円を超えたということを意味する。
手持ちはわずか10万円。

 

そこで彼はこの7万人のメルマガ読者に対して、高額商材の商品を紹介したり、オプトインアフィリエイトで収益を上げていく。 一例をあげれば、30万円の商材を170本も販売したのである(これだけで5100万円の売上)。

結果として、2011年末、つまり前の会社を倒産させてから4ケ月も経たないうちに7000万円のキャッシュを手に入れた。

 

川島和正氏へもメルマガ紹介から75日を超える前に、約束通り4000万円の支払いを済ませた。加えて、現金はまだ3000万円手元に残っているし、ドル箱となっている7万人のメールアドレス(いわゆる、リスト)も所有している。

メルマガで更なる収益を上げつつ、ここから与沢翼氏主催の与沢塾(高額セミナー)を行ったり、積極的にメディアに出て知名度を上げて新たな顧客を掴む戦略を取り始めるなど、メディア戦略に移行する。

そして短期間で、1億円という収入を一気に突破するのだった。

 

与沢翼が月収1億円稼ぐフリーエージェントになるまでの話

7万人のうち170人なら確率的に0.24%、1000人のうち2人と少しの数である。0.24%という確率でも十分成り立つビジネスなのだから、継続するのは決して難しくはない。


与沢翼氏はこの後大手メディアにどんどん露出する事でさらに知名度を上げ、与沢塾第3期に至っては1000本以上売れたとの噂もある。

信じられないかもしれないが、30万円の高額塾を1年でたった20人に売っただけでも600万円という、東京都の平均年収582万円(平成24年)を超えるのである。塾というのはそれほど旨味がある商売なのだ。

 

与沢翼のアプローチを見てもわかると思うが、大事なのは集めたリストを使って、いかに売れる確率を上げるかという点になる。そこから、魅力的な言葉を並べた売り方を考えるのである。

「誰でも」「簡単に」「自由に」「会社に縛られない」「場所を選ばない」

等よく聞かれる言葉が並ぶのはそういった理由からだ。

 

高額セミナーというビジネスモデル

こういった高額セミナーによるビジネスが犯罪かと言われればそうは言い難い。それ以上に費用がかかる大学受験予備校も同じような方法で授業の売り込み方をする所も出てきている。

予備校も東大コース等を作って生徒を募集したりはしているが、果たして、何%の受講生が目標に到達するだろうか?結局のところ、本人の努力が足りなかったという点を指摘されたら何も言えなくなるのである。

 

与沢翼氏が失敗したのはこのビジネスモデルが崩れたからではなく、税金の支払見通しが甘かったのと投資案件で騙されたからである。ウシジマくんでも述べられていたが、この高額塾、セミナービジネスでは、詐欺はもちろん特定商取引法違反で捕まった人も出ていないのが現状で、今後もこういったビジネスの市場は拡大していく可能性が高い。

 

悪化するネットビジネスとアフィリエイトのイメージ

予備知識が無い分野だと、一定のイメージを与えられればそれが一般に定着してしまう。本来フリーエージェントという言葉もかなりポジティブな言葉で、アメリカで使われるようになったものだ。今では、「フリーエージェントを目指す」なんて事を日本で言えば、与沢翼をはじめとした高額塾を連想され、白い目で見られるだろう。ネットビジネスやアフィリエイトという言葉も同様だ。

 

与沢翼氏の行ったビジネスは上でも説明したように大学受験予備校と何ら変わりはない。コンサルティングやセミナーに含まれる教育関連事業が主体なのである。


にもかかわらず、彼がネットビジネス、アフィリエイトという用語を用いて、それをそのままウシジマくんという漫画でも使用したため、あたかもネットビジネス、アフィリエイト行っている人のほとんどがネズミ講的な事をしているかのような印象を与えてしまっている。自分だけでなく、他の人もネットビジネスやアフィリエイトという言葉は使いにくくなってしまっているのだ。

 

ただ、アフィリエイトの中には実際にブラックなものも確かにあり、それが事態を更にややこしくしているのも事実である。世間のイメージを覆す事は容易ではない。それでも自分は少しでもこの業界の詳細部分を知ってほしいと思っている。

 

現在でも与沢翼が主に使っているアフィリエイト「無料オファー」については下記記事を読めばそのリスクや仕組みも更に理解できるかと思う。

 

スポンサーリンク