読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

いちブロガーである自分がAmazonで電子書籍を出版した結果wwwww

電子書籍

Open Your Mind
Open Your Mind | Flickr - Photo Sharing!

 

ブロガーが電子書籍を出版する事の利点

知らない方のために説明すると、自分は10月に半生やサイト運営のノウハウを綴った電子書籍を出版した。

 

自分が電子書籍を出版した理由としては

▶ 収益をあげる

▶ 知名度アップ、ブログへのアクセスアップ

▶ サイト運営初心者向けに体系化された知識の提供

▶ 最新性、オリジナリティを主張

これら4つをあげたが、出版から2ヶ月が経って、ある程度成果が出てきたので1つずつ説明していこうと思う。  

 

収益をあげる

正直なところ収益に関してはあまり期待していなかった。

しかし、結果的にメインブログであげている収益として無視できないレベルにまで増やす事が出来た。

10月14日に出版をツイッターやブログで公開してから10月31日までの売上の推移は下記のようになった。 E-book sales chart

 

f:id:asiaasia:20141215112702j:plain

10日程度あった初動の大きな売上は落ち着いたが、その後毎日検索エンジンから一定のアクセスがあるノウハウ系の記事にこの電子書籍のAmazonアフィリエイトタグを挿入していったところ、今でも安定的に売上をあげることが出来ている。  

 

その結果、初月である10月の総売上は

E-book sales Oct

17万3375円となった。  

 

Amazonで電子書籍を出版した際、KDPセレクトに登録し、かつ9.99ドル相当の日本円(現在は1250円だった)以下で販売するとロイヤリティとして売上の70%をもらう事が出来る。つまり、1250円で販売したら875円のロイヤリティが入る計算だ。これは多くの人が想像している以上に大きなロイヤリティだと思う。

 

初月は1ヶ月にも満たない販売期間だったが185冊売り上げることが出来たため、ロイヤリティは16万1690円となった。その他の1万1685円はKDPセレクトからの分配金である。

これはKindle購入者でかつAmazonプライム会員であれば毎月一定数無料でダウンロードが可能なAmazonのサービスからのものである。自分の場合、このKDPセレクトからのダウンロードは10月だけで48回あり、配分は1ダウンロードあたり243円だった。  販売数とKDPセレクトからのダウンロード数を合わせると計233冊という事になる。

 

11月、12月になっても一定の売上をキープしているが、これは今まで他のブロガーの方が書いたブログのアクセスアップ本を月にかなりの数を売り上げていて、それらと置き換えた分も定期的に上乗せされている。

blog access up book

上記本の他にも多数のアフィリエイト書籍の紹介を自分のブログでしていたが、これを11月までに自分の本に置き換えた。  

 

ノウハウ系の記事は検索エンジンから毎日一定の訪問者があるので、今後も毎日一定数の売上をキープできると思う。 

 

知名度アップ、ブログへのアクセスアップ

本を出版したことにより、リピーター、ファンになってくれた人は多い。例えば、フィード購読者数だけ見ても10月9日の時点で274人だったのが、現在までに343人まで増えた。2ヶ月程度で70人も増えたのは2年程度ブログを運営していて初めての事である。

 

タイ関連では検索上位表示しているので、この方面では一度は見たことのあるサイトと呼ばれある程度の知名度はあったが、ブログ、アフィリエイト関連のサイトとしてはまだまだ知名度は少ない。それでも記事を読んで通り過ぎてしまうだけでなく、本まで読んでくれれば固定客を掴むことも容易となる。今後もファン獲得のためのツールとして、いかに本を手にとってくれる人を増やしていくかが重要となると思う。  

 

サイト運営初心者向けに体系化された知識の提供

これに関しては出版である程度達成できた。自分のブログにあるノウハウ系の記事を読んで興味が出てきたら是非本を手にとって欲しいと思う。

 

あと1つ

最新性、オリジナリティを主張

これに関しては、ソースとして電子書籍を用意しておく事は有益だけれども、やはり知名度がまだまだものを言うと思う。自分のノウハウを有名な人に、あたかもその人が発見したかのように発言されるのは悔しいけど、知名度が無いうちはしょうが無いかもしれない。

 

その他予想していなかった利点

予想していなかった利点としては、アマゾンアソシエイトによる売上が上乗せされたという点である。読者はブログの運営者の出版した本という事でAmazonのリンクを踏んで購入してくれた人が多かったため、上記の875円のロイヤリティの他に電子書籍をアマゾンアソシエイトを通して紹介したことによる紹介料8%(100円)が上乗せされた。

また、クリック数もかなり増えたのでアマゾンアソシエイトによる収益は3倍以上となった。この点は予期してなかった良い点だと思う。

 

こういうブロガーは電子書籍を出版してたら、ある程度を売り上げる事が出来る。

下記要件を満たすブロガーは電子書籍を出版すれば、ある程度の売上が保証されていると思う。

▶ ブログから定期的にノウハウ本を売上げている

▶ 一定数のファンがいる(かつ好感度が高ければ尚良い)

 

1つずつ説明して行く。

 

ブログから定期的にノウハウ本を売上げている

これはAmazonなどによる紹介を言う。Amazonでノウハウ本を売上げていて、その本と置き換える形で自分の本を紹介すれば、ロイヤリティから見て約9~20倍以上の利益をあげることが出来るようになる(Amazonのアフィリエイト紹介料は電子書籍で8%、印税が最大70%なので)。

これに関しては多くの人に薦めたいと思う。

 

特にブログ記事に関連した本であれば、自分で書いた方が他の人が書いた本よりも穴が無いだろうし、自信を持って読者に紹介出来る。自分ももっと言えば、ジーダイアリー(注18禁)などタイ関連の書籍は、ブログ、アフィリエイト関連のノウハウ本以上の数を販売しているので、更なる旨味を得るために、ここらへんにも手を延ばすべきか検討している。

 

一定数のファンがいる(かつ好感度が高ければ尚良い)

前にも言ったが、自分の場合ファンよりもアンチの方が多い。それでも初期の売上にはそこまで影響はなく、アンチの人も自分のノウハウに関しては一度見てみたいという思いがあったんだと思う。

ただ、好感度がないと中々紹介をしてくれる人は出てこないし、本には称賛よりも批判が多くなる。その結果、口コミも広がりにくいし、大きくブレイクする確率も少なくなると思う。紹介したいと思えるような人になることも大事だと思った。

 

自分のように、言いたいことをサイト上やツイッターで主張するとアンチが増える。それでも、そういう部分が好きという人もいたりするので、中々自分のキャラクターを作って行くことは大変だとつくづく感じてはいる。

 

いちブロガーである自分がAmazonで電子書籍を出版した結果wwwww

(釣りっぽいタイトルだけど、まとめサイトみたいな題名にするとクリック率があがると聞いて、実験的にやってみた。)

 

ということで結論を言えば、電子書籍を出版して良かったです。出版した結果、ファンも増えたし、売上も作れたし、今までブログを読んでくれた人へ体系的な知識を紹介する事も出来た。

電子書籍作成まではいろいろと大変だったけど、その分の労力はファンが増えたことによるサイトからの収入増、本の売上として回収できると思う。出版の仕方等は様々なブログで紹介されているけど、出版後の感想についてはあまり触れているブログがなかったのであえて記事にしてみました。

 

基本的に電子書籍やラインスタンプ等の作品の販売は、作者のファンを増やすために発表するというのが正解だとは思う。無名の人が、こうした作品の販売で、初めから十分な収益をあげることが出来るほど簡単なものではない。

もちろん、それでも上手く行けば作者のブレイクだけでなく、大きな売上という形で直接的に金銭を得る事が出来る様になる。自分のケースで言っても、1万冊売れれば875万円の売上だし、10万冊売れれば8750万円の売上をゲット出来る。

 

ホリエモンなど有名人が誤って紹介してくれれば1万冊も夢ではないだろうし、それだけ売れれば知名度も上がりサイトのアクセスも一気に増やすことが出来る。それに、ブログ記事を読んでもらうよりも、一冊の本という作品を読んでくれた人の方がリピーター、ファンになってくれる可能性は高い。

 

ブロガーのみなさんは是非とも出版の検討をしてみて下さい!

 

追記

当記事がホリエモンのサイトにて紹介されました。

ありがとうございます!ちなみに、このサイトのアクセスは増えましたが、電子書籍の売上は普段とそこまで変わりませんでした。普段から検索エンジンから集客した人達何千人に紹介しているので当然だとは思いますが。

 

今度は是非電子書籍の内容をピックアップして紹介していただきたい!

 

スポンサーリンク