踊るバイエイターの敗者復活戦

アフィリエイトを含めたネット広告やアルバイトからの収入で生計を立てる人に、踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。

YouTubeによる広告収入の仕組みと人気YouTuberの収入を調べる方法

スポンサーリンク

Youtubewww.flickr.com

 

YouTubeの広告収入で生活する「YouTuber(ユーチューバー)」。

ここ数年で一気に世間の認知度も上がり、若者の中ではこの言葉を知らない人は殆どいないだろう。

 

この記事では

▶ YouTubeから広告収入を得るまでの具体的な流れ

 ▶ YouTubeにおける広告の種類

から

▶ YouTuberの収入を調べる方法

▶ YouTube広告の単価について

までYouTubeで収入を得ることに興味のある人、人気YouTuberの収入が気になる人に向け詳しく紹介していきたいと思う。

 

目次

 

YouTubeから広告収入を得るまでの流れ

YouTubeからの広告収入の仕組み

 

まず、YouTubeで収入を得るまでの流れを簡単に説明すると

▶ 1.YouTubeのパートナープログラムに登録する。

▶ 2.YouTubeパートナープログラムをGoogleのアカウントでGoogle Adsenseと関連付ける。Google AdSenseの「お支払い」の項目で銀行口座を登録する。

▶ 3.YouTubeに動画を投稿し、再生回数が1万回に達すると、お申し込みの審査が実施され、動画が規約に遵守しているかどうかが確認される。遵守されていると判断されれば、動画に広告の掲載が許可される。

▶ 4.動画内で広告が再生されたり、サイドバーにある広告がクリックされると収益が発生する。

▶ 5.収益が8000円以上になった翌月の25日前後に、指定の銀行口座へと振り込まれる。

という流れになる。

 

YouTubeはパートナープログラムというものを提供している。以下の条件を満たすYouTubeチャンネル登録者であれば誰でも参加が可能となっている。

・パートナープログラムがお住まいの国で実施されている(60カ国が対象。もちろん日本でも実施されている)。
・アカウントが以前、収益の受け取りについて、無効になっていない。
・広告主にとってメリットが大きいコンテンツをアップロードしている。
・動画コンテンツが利用規約およびコミュニティガイドラインに準拠している。
・YouTube の著作権教育資料を確認している。
・所属するマルチチャンネル ネットワークが YouTube パートナープログラムへの参加を禁止していない。

YouTube パートナー プログラムの参加条件 - YouTube ヘルプ(一部訂正)

YouTubeから広告収入を得るにはまずYouTubeパートナープログラムへ登録しなければならない。YouTubeパートナープログラムへの登録後、GoogleのアカウントでGoogle Adsenseと関連付ける。報酬の管理もGoogle AdSenseでなされ、住所、名前、電話番号等の登録は必須である。

 

また、YouTubeパートナープログラム登録時には下記のような注意事項が掲載されている。

、YouTubeパートナープログラム登録時の注意事項

YouTubeに動画を投稿し、動画の再生回数がチャンネル内の動画トータルで1万回に達すると、お申し込みの審査が実施され、動画が規約に遵守しているかどうかが確認される。遵守されていると判断されれば、広告の掲載が許可される。

動画内で広告が再生されたり、サイドバーにある広告がクリックされるようになると収益が発生する。この1再生、1クリックによる報酬額は表示される広告による。30円から高いものでは1000円以上になることもある。広告の単価は動画を見ている人が広告をクリックし、商品やサービスを購入したりすることでも上がる。

 

YouTubeからの収益は日本円の場合、8000円を越えたら月末締めの額で翌月の25日前後に指定の銀行口座へと振り込まれる。現在は銀行口座以外での受取方法は無い。もちろん、未成年者でも銀行口座を持っていればお金の受け取りは可能である。

 

YouTubeの広告

掲載される広告はランダムで表示されるものなどターゲットを絞らないものもあれば、人によって表示される広告が異なる場合もある。

この視聴者に合った広告はYouTubeの親会社Googleのアルゴリズムによって選ばれる。基本的に、ターゲットを絞った広告であれば、訪問者に合わせたものが表示される。

 

動画再生画面においては、下記のような3種類の広告が表示され、クリックと動画再生で収入が発生していく。

ちなみに、広告の種類によって、動画投稿者が広告を非表示にする事も出来る。

 

インストリーム広告

インストーム広告とは動画の再生前、もしくは長時間動画では15分後、30分後などにテレビのCMのように流れる広告である。

YouTubeのインストリーム広告

5秒後に視聴者が広告をスキップ出来るものや、スキップ出来ない15秒程度の広告が流れるまで見なきゃいけないものがある。動画投稿者(チャンネル所有者)はこの設定を選ぶ事が出来る。

 

インストーム広告は広告を全部視聴した場合や再生画面をクリックして外部のスポンサーサイトへ移動した際に報酬が発生する。

 

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告とはコンテンツの表面を覆うようにして表示される広告で、YouTube動画で言えば下記のような形で表示される広告である。

YouTubeのオーバーレイ広告

WORLD ORDER "Welcome to TOKYO" - YouTube

 

この広告を設定すると、再生から10秒以上経過した際に表示される。この広告が動画の視聴者にクリックされると報酬が発生する。クリックされずに右上の✕で広告を消されれば収益は発生しない。

 

サイドバー広告

YouTubeのサイドバー広告

お肌が気になるのでドモホルンリンクル使ってみた - YouTube

 

サイドバー広告とは、動画右側のサイドバーに表示される広告の事をいう。

この広告はクリックした場合に報酬が発生する。ただし、先に紹介した広告に2つに比べてクリック率は非常に低くなる。

 

人気YouTuberの収入を調べる方法

YouTuberの収入

 

YouTubeからの収入は以上のように広告のクリック数や再生数及び1再生あたり、1クリックあたりの単価によって決まる。勘違いしている人も多いが、チャンネル登録者数は全く関係ない。

もちろん、チャンネル登録者数で企業案件と呼ばれる動画による宣伝をお願いされやすくなるケースはあるだろう。しかし、YouTubeからの収入はあくまでも広告のクリック数や再生数及び1再生あたり、1クリックあたりの単価によって決まる。

 

YouTuberの月収を予想する方法

YouTuberの収入を予想する簡単な計算方法としては、1再生=0.1円というものがある。動画の再生数に0.1円を掛けて収入を予想する方法だ。つまり、1万回再生されれば約1000円の収入が得られるという計算になる。

もちろん、チャンネル内の動画の「総」再生数である。過去の動画が突然注目され再生数が伸び、莫大な収入を得たYouTuberもいる。

 

ただ、1再生=0.1円という計算方法よりも更に精度の高いYouTuberの収入を調べる方法が出てきている。それがソーシャルブレイド(SocialBlade.com)を使った調査方法である。

 

SocialBlade.comでYouTuberの収入を調べる方法としては

1.https://socialblade.com/へ訪問する

2.中央の検索スペースもしくは右上のタグで「YouTube」を選択し、収入を調べたいYouTuberのユーザーネームをスペースへ入力する。

socialblade

 

例えば、人気YouTuberヒカル氏の場合、YouTubeチャンネルのURLが

https://www.youtube.com/channel/UCaminwG9MTO4sLYeC3s6udA

となるが、この「channel/」の後ろにある英数字「UCaminwG9MTO4sLYeC3s6udA」がユーザーネームとなる。

ヒカキンの場合、YouTubeチャンネルのURLは

https://www.youtube.com/user/HikakinTV

となっており、この「user/」の後ろにある英数字「HikakinTV」を入力して検索をかければ良い。

 

ヒカル氏のチャンネルのURLを入力し検索をかけると下記のような画面が出てくる。

YouTuberヒカルの収入

 

このうち予想月収は「ESTIMATED MONTHLY EARNINGS」の部分になる。

YouTuberヒカルの収入

$26.8Kから429.4K。

Kは1000倍を意味するので、26800ドルから429400ドルを意味する。

26800ドルは1ドル110円で計算すると294.8万円

429400ドルは1ドル110円で計算すると4723.4万円

つまり、ヒカル氏の予想月収は月300万円から4700万円程度となる。

 

何人かの人気YouTuberがこのサイトを使って調べてみたところ、マックス(ヒカル氏の場合は4723.4万円の部分)の半分ぐらいが実際の収入だったとのことだ。

 

従って、ヒカル氏の予想月収は4723.4万円の半分、月2362万円程度となるだろう。年収にすると2.8億円となる。こちらの方が動画の総再生数✕0.1円という単純な計算よりも予想月収が近い。

 

他にも、人気YouTuberになれば、スポンサー企業等が付き、YouTube外からの報酬も別で得ることが出来る。企業案件は報酬が非公開なので、この辺の報酬を予測は難しい。

ただ、1本数百万円と呼ばれる「ステマ動画」で商品やサービスを紹介する動画を投稿し、YouTube単体の収入以上を稼いでる人もいるのは確かだ。

 

YouTube広告の単価について

YouTube広告の単価

 

YouTubeの広告にかんして、仕組みを知らない人がほとんどだろう。

ソーシャルブレイド(SocialBlade.com)による予想月収もあくまで目安になる。

YouTubeの収入は

▶ 広告表示回数

▶ クリック数

はもちろん、

▶ 表示される広告の単価

が異なるため、正確な報酬は本人しか知り得ない。

 

10分以上の動画では、多くのインストーム広告を差し込むことが出来る。動画の再生時間が長くなれば当然滞在時間も増えるため、表示回数だけでなく、広告のクリック率も上がっていく。

もちろん、視聴者にクリックを促すような動画での発言や記載は禁止されており、そのような発言は規約違反でチャンネル閉鎖の要因となる。

 

広告は1クリック30円のものから1クリックで1000円以上になることもある。表示される広告は動画の内容よりも視聴者によって大きく違ってくる。お金持ちの人がたくさん見る動画の場合、クリック単価が高めの広告が表示される。これはもちろん、日本国内だけではない。

 

地域と言語も再生数あたりの広告単価に影響

f:id:asiaasia:20170820005928j:plain

 

YouTubeでは日本語と英語といった多言語で動画の投稿を行う人も多い。動画を英語で配信もしくは英語字幕をつければ、世界中の多くの人に興味を持ってもらう事が出来る。日本語とは比べ物にならないぐらいのアクセスを集める事も出来るかもしれない。

しかし、英語動画で多くの再生回数を集めても、日本に住んでいる日本人向けの広告の方が単価が高いケースが殆どである。

 

広告の単価は、購買力の違いから、住んでいる国と言語によって大きく異なっている。例えば、日本の場合YouTubeでも表示されるGoogle AdSenseの広告単価は1クリック50円というのが普通である。しかし、発展途上国ではここまで高額な金額で広告を出す企業はいない。

英語といえど、アメリカからフィリピンまで国によって大きくその購買力は異なっているだろう。

 

金持ちの国であるルクセンブルグの人がルクセンブルクで見てくれれば、広告の単価はもっと高くなる。動画は日本語でも良いが、一例としては、ルクセンブルグ人等広告単価の高い国の人が興味を持ってくれるような内容の動画というのも狙い目かもしれない。ただ、ルクセンブルクの人口は少ないので、需要が少ない(再生回数はそこまで伸びない)という欠点がある。

 

インターネットエクスプローラーやGoogle Chromeといったプラウザでは言語設定が出来る。ここで設定された言語によっても広告は変わる。動画を見ている人が、どこの国からアクセスしているかもわかるため、地域とプラウザの言語で表示する広告をその人の好みに合わせて表示しているのである。

 

ちなみに、自分がタイにいる時に出て来た日本語の広告は日本人向けのタイにある飲食店の広告が多かった。日本人でかつタイにいる人への広告はやはり限りがあるようだ。こうしたケースの場合は広告の単価が低くなる。基本的に、海外にいる日本人向けの広告は数も少なくなるので、単価は低くなるだろう。

 

YouTubeの収入まとめ

この記事ではYouTubeで収入を得ることに興味のある人、人気YouTuberの収入が気になる人に向けて、YouTubeから広告収入を得るまでの具体的な流れからYouTubeにおける広告の種類、YouTuberの収入を調べる方法、YouTube広告の単価について詳しく解説していった。

 

人気YouTuberのように月数百万円、数千万円稼ぐことは難しい。しかし、単価の高い広告が表示されるような質の高いユーザーを集めることに集中すれば、小遣い程度の収入を得ることは難しくないかと思う。

 

YouTubeで稼ぐことを考えた場合知っておくべきことを知りたい人は下記記事も必読である。

 

スポンサーリンク