読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

裁判所オフ会のお知らせ(未定)

画像から記事の内容、電子書籍まで、今まではパクられても、権利の侵害を訴える事はなかった。しかし、今回あまりにも度を越えた行為を行った人がいたので現在争いになっている。

 

争っている相手は「自称」SEO対策業者である「みう」氏である。

 

最近は実験と題して、八木氏のブログへと勝手にリンクを送って検索順位を上げる実験を行っているが、効果は出ていない。

 

そんなみう氏は自分が一時的に公開したノウハウをnoteにて1000円で販売するという暴挙に出た。もちろん、無許可である。

現在どのぐらいの本数を売り上げたのかはわからないが、当時少々話題になっていた事もあり、すぐに8本(8000円)を売り上げていた。

この時点でしかるべき対応を取る人もいるかもしれないが、自分は「使用料として、このnoteの売上半分を熊本大震災への寄付」をだけを要求した。自分の懐には一銭も入らないし、みう氏も売上の半額を受け取る事が出来るので条件としては悪く無いだろう。しかし、みう氏はこの提案を拒否した。

ここから本格的な争いが始まった。

 

何で訴えるか?

当初自分が公開したノウハウを無断でnoteとして販売したので著作権違反の認識でいた。しかし、専門家の話では、民法709条の不法行為「故意的に権利を侵害した事による損害賠償」の方が良いとのアドバイスをいただいた。また別の方からは「付利意雷布亜という名前およびその信用を利用した」という理由で不正競争防止法に抵触するとのアドバイスをいただいた。

 

いずれにせよ、noteを販売している 株式会社ピースオブケイクへ規約違反者についての通報とこの分野に詳しい専門家を紹介してくださったので、負担にならない程度にみう氏との法的な手続きに入りたいと思う。当事者同士の話し合いで終わらなかった場合は法廷で争う事になるかと思うので、その場合に付利意雷布亜初の裁判所オフ会になります。

 

こちらの主張を再度繰り返すと

人の名前を用いて、公開したノウハウを無断で有料販売した事に対し

▶ 売上を開示し、売上の半分を熊本震災に寄付する事(証拠付き画像の公開)を求める

個人では一切使用料の受け取りはしません。あくまで、売上の半分を寄付する事を求めます。

 

これに応じないかぎりは負担にならない程度で訴えを進めていこうと思う。

 

また、一度答えは公開しましたが、みう氏が無断で販売を続けているので、下記記事の答えを明日記事にします。

人の名前を勝手に使った適当なノウハウは購入しないようにお願いします。

 

スポンサーリンク