読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

ニートからの脱出。ニートは海外旅行に出る事からはじめよう

ニート

Homelesswww.flickr.com

 

目次

 

現在自分はブロガー、アフィリエイターとして事業を行い、ここからの収入だけで日本とタイを行ったり来たりする生活をしている。しかし、以前サラリーマンを辞めてからフリーターをしばらく続けていて、数ヶ月の一切収入の無い生活、要はニート生活をしていた時もあった。

 

ブログを始めた当初はこうした無職を強調した記事も多く、アメーバピグで1日中入り浸っているニートとの交流を広げていた事もあったので、様々な質問や相談を受けていた。今でもたまにその頃交流があった人から連絡があるが、全てにきっちりと答える事が出来ていない。

こうした質問や相談への回答の代わりに、ニートが将来進む道として1つの選択肢を記事にて提案してみたいと思う。

 

ひきこもりから脱するために旅に出る

ニートは人との接点を避けて家に引きこもっているケースが多い。従って、まずは家を出る事から始めてみよう。ただ、コンビニやちょっとした買い物のために外出する事は普段からしているニートも多いので、出来れば思い切って海外旅行に出てみてはどうだろうか?

 

海外では日本でニートをしていた時と違い、生きるだけで様々な問題が生じる。言葉の壁もそうだし、文化の問題もある。これらの問題を解決しなければならない環境へ強制的に自分を置くことで、問題解決能力がつく。1人で解決する事が出来るようになれば、自信も付くはずだ

  

お金がないから旅は出来ないというのは言い訳である。もしあなたが実家に引きこもっているなら、両親はあなたのために月10万円の負担をしていてもおかしくない。10万円もあれば、アジアなら渡航費、滞在費全て込で2週間は生活出来る。15万円あれば1ヶ月間も十分に可能だ。

もちろん、すべて計画的に行う必要があるし、我慢(節約)しなければならない事も、様々な部分で出てくる。ただ、この我慢しなければならない環境というのも経験しなければならない。

 

本気で自分を変えたいなら早いほうが良い。 まずは親に頭を下げて10万円で数週間1人旅でもしてみよう。

 

ニート生活の難しさ

無職で家を借りる方法でも述べたが、ニートという時点で家を借りることさえ難しいという点は認識して置かなければならない。親がいなくなり、住む場所もなくなれば、それこそ日雇い労働者が複数人で暮らすタコ部屋にしか住むところはない。

 

金銭的な余裕があって、楽しくニート生活をしているのであれば問題は無い。ただ、この金銭的な余裕は、それこそ70、80歳まである程度の余裕を持って生活出来るレベルである必要がある。そうでない場合はお金がなくなった後、今まで以上に生活が大変になるのは目に見えてわかる。  

また、病気などの理由で生活保護を受けている場合も収入源は早々に確保した方が良いだろう。いつまで受給出来るかわからないし、今後はその額も下がる可能性が高い。

何よりも、働かないでお金を貰ってるという事自体が肩身が狭い思をしているはずだ。最近は社会的な風潮からして世間の目も厳しくなる一方である。  

 

和佐大輔氏の様に下半身が動かず両腕も満足に使えない人でさえアフィリエイトで億を稼ぐ事が出来ている。

詳しくは和佐大輔。下半身不随になるも、情報起業により17歳で1億円稼いだ男。を参考に。

 

自分もPCを叩く手と頭があれば稼げる状態になった。 数十年レベルの金銭的な余裕がないニートは何らかの形で収入を得るために動き始めよう。  

 

ニートからの脱出のために

f:id:asiaasia:20161031102220j:plain

 

収入を得る方法として、アルバイトから始めた方が良いだろう。ただ、この記事を読んですぐに行動に起こせるほど壁は低い(簡単)とは思えない。無職の期間が長いのなら尚更だ。  

 

それならば、まずブログで収益をあげる事を考えても良いだろう。このブログを見に来ている時点で、そういう考えの人も多いかと思う。

ただ、ブログで収入を得て、それだけで生活出来るレベルの人は、他の人よりも高い専門性や差別化出来る何かを持っているので簡単な事ではない。

 

とはいえ、この差別化は今からでも遅くはない。 自分の場合も、サイト運営に知識を身につけたのはフリーターになってからだ。

それに今ではGoogleのアルゴリズムの発達や、はてなブックマークといったサービスのおかげで、ある程度の文章を書くことが出来ればインターネットの世界で埋もれずに済む事も多くなった。

 

自分のタイに関する知識が特徴的だが、こうした専門性は経験によって身に着けている。ニートにはニートにしか経験してない事もあるだろうし、長期的な旅もニートのように時間的な余裕が無ければ出来ないだろう。

人が集まるサイトを所有すれば、それだけで不動産のように収入が上がってくる。ニートというポテンシャルを生かして収入源を得るにしても、まずは行動する事が大事なのだ。  

 

ブログを始めたニート達の現実

実際にブログやアフィリエイトサイトを始めたニートを何人か知っている。しかし、それなりに稼ぐまでには至っていない。ほとんどが収入が伸びる前にブログを辞める、更新をストップしてしまうのである。

 

こうした家でも出来るネットで収益を上げる事は、ニートや引きこもりといった何らかの理由で無職になった人とも相性が良い。そのため多くの無職から「自分を変えたい」と連絡をもらい、自分もその指導をしてきた。  

中にはSkypeで会話がしたいと積極的にアプローチをして来た人もいたが、現在はブログの更新を辞めている。

 

ニートこそブログを続けるべきなのに、ブログを続ける事が出来ている人の多くは普段サラリーマンや自営をしていて、将来的にブログで飯を食えれば良いと忙しい中空いている時間に更新を頑張っている人達である。はてなブロガーを見ても多くが兼業ブロガーだろう。

ニートの彼らといえば、こちらが時間を投資した(もちろん、無料で)にもかかわらず、途中でブログの更新を辞め、連絡来なくなったケースがほとんどだった。

正直腹が立つというよりは残念である。  

 

ニートになる人の性格

ソーシャルとリンクした公開サイトを作って以来、多くのニートと接したが、その中で彼らに共通した特徴を見ることができた。

ニートを経験した事のある自分にも向けて厳しく述べさせてもらえば、「他人任せで思いやりのない連中、もっとわかり易く言えば、自己中心的な人」がとても多かった。

 

例えば、ブログの収益化にかんしても、相手を煩わせているという気持ちを考えず時間を拘束しようとしてくる人が本当に多かった。こちらも名前さえ知らない相手に一切の利益を求めず質問に答えているわけで、それなりに感謝してほしいと思っている。

それなのに感謝はほとんどされず、返信が遅いと文句を言われ、教えてもらってる立場なのにいつの間にかお客様になったかのような態度をとられた。

 

自分がブログからの連絡に返信しなくなったのは、こうした人達があまりにも多かったという理由もあった。もちろん、無職の人全員がこのような性格というわけではない。

逆に気を使いすぎて人間関係に疲れ、社会との繋がりを遮断した人も多いだろう。

 

ただ、両者に言えるのはプライドの高さが邪魔をしているところもあるという点だ。その点については自分も同じで、プライドが高い分、フリーター、日雇い時代は本当に苦労した。理不尽な上司の下で必死に自分を押し殺してきた。割り切らないとストレスで押しつぶされそうになる事も多々あった。

 

プライドの高い性格は変えるのが難しいと思うし、事業が軌道に乗り始めたら、これが強みになる事もあるので否定するつもりはない。ただ、他人任せで思いやりのない点は、現実世界で変える必要があるだろう。

しばらく、1人で、言葉も通じない海外での生活をし、他人に対する思いやりを身に付けてほしいと思う。

 

ニートから脱出するために(まとめ)

ニートの人で目標がない人はまず目標を作ることから始めよう。自分で問題を解決する力や継続力が無ければ、海外という言葉も通じない困難な場所に自分を置き、主体性(自分の力だけで行動する能力)をまずは身につける必要がある。

そこで逃げたり、ホテルに引きこもっていたら意味がない。海外にいる間は何をするか予め予定を立て、普通の人が経験してないようなことを進んで行う必要がある。

 

海外旅行へどうしても行きたくないなら、1人で生活が出来るぐらい生活コストを下げて、何かしらの形で収入を得る事を考えよう。親から自立することで普段見る景色も大きく変わる。  

アルバイトよりも正社員を目指したほうが良いのでは?という声もあることは確かだが、一度社会からの繋がりが途絶えた人は、就職できるところも限られるし、彼らが耐える事が出来る仕事とは思えない。

 

家庭を持ったり、自分の生活を犠牲にしても支えなければならない環境であれば、無理にでも正社員を続けた方が良いかもしれないが、個人的にはアルバイト+副業で生きていく事から始めても良いと思う。

ちなみに、自分がフリーター時代に行っていたバイトで一番良かったのはラブホテルのフロントである。

自分で稼げるだけの専門性がない人はそれまでアルバイト等で稼ぐしかない。これは受け入れなければならない。ブログで飯を食うことを目指している人も一緒である。

 

最後に、ブログで本気で稼ぎたいけど専門性が無い人へアドバイスするとすれば、

「海外へ旅をして、そこで取材した内容のサイトを作ってみよう」

 

これが自立に向けた近道だと思っている。

 

スポンサーリンク