読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

貧乏人もお金持ちになれるのに、そこから抜けられないのはプライドの問題が大きいと思う

貧乏

f:id:asiaasia:20160227174748j:plainhttps://www.flickr.com

 

最近貧乏や貧困問題の解決方法に関する議論がネットで盛んになされている。「本人の努力が足りない」「行政のサポートが足りない」など意見も様々だ。

 

個人的な意見を言えば、日本人であれば、お金持ちになる事自体は簡単だと思っている

自分は努力が足りないから貧乏人は貧乏のままなんて言うつもりはない。「環境」を変えられるかが最も重要だと考えている。環境によって、能力が無い人も金持ちになる事が出来るからだ。

 

目次

 

お金持ちになる方法

まず、お金というのは抽象概念ではないので、物理的に近づく事でお金は手に入る。銀行にあるATMだったり、金庫には電子化が進んだ今でも、大量の現金(現物)が保有されているだろう。

ただ、他人の現金なら、こうした物理的に近づいただけでは「奪う」という違法な事でしかお金を手に入れる事は出来ない。当然犯罪なので、刑務所に入るリスクも伴う。

 

それでも、お金に近づくというのは非常に大事な考え方である。違法なものを排除するなら、直接的ではなく間接的に近づくようにすれば良い。具体的には、お金を持っている人に近づくのである。

 

この考え方は貧乏から成り上がった起業家と呼ばれる人達には常識的な事だろう。

上の動画では「馬鹿でも100万円、1000万円稼ぐ方法」を起業家達が議論している。もちろん、お金がない事が前提となっている。

アフィリエイターも2人出ており、Twitterで集客する方法等も述べているが、ここでの話なら、多数の飲食店を経営する井戸実氏の方法が最も自分の考えに近い。

 

井戸実氏はまず100万円稼ぐ方法として

「繁盛している店のオーナーに近づく」

としている。

井戸実氏本人はもちろんの事、やる気がある事が伝われば、お店を出すお金ぐらい誰でも出すとの事だ。

極楽とんぼの加藤氏が

「そんな事をテレビで言ったら(井戸実のところに)人が殺到するんじゃないですか?」

と述べるが、

ホリエモンは

「それが来ないんですよ」

と否定している。

実際に、リアルで営業に来る人は少ないのだ。

 

もちろん、このような形で成功している人の所へ行き、弟子になっても奴隷のように働かされるケースはあるだろうし、儲かっている事だけを強調して信者を集め、サロンや有料コンテンツを買わせる詐欺師みたいな人も高知にいるのは確かだ。

それでも監禁されるわけではないし、この人の下にいても稼げないとわかれば、自分の意思で自由に離れる事も出来るだろう。

従って、貧乏から本当に抜け出したいと思うなら、ソーシャルやメールといったネット上での営業はもちろんの事、リアルでのアプローチは色んな人に行うべきだ。

 

自分も全く知らない人からそういう連絡が来ても相手にはしない。ただ、多少認識している人であれば話を聞こうとは思う。

アプローチ方法を工夫したり、断られてもどんどん次へと行けるモチベーションは保たないと続けるのは難しい事も否定しない。

それでも、本当に現状を変えたいという強い意志があれば環境を変える事は難しくはないはずだ。

 

環境によって生じるお金持ち

f:id:asiaasia:20160227175546j:plain

Seven Jobs Children Do In India: 20 Million Exploited | Xpatnation

 

日本は世界的に見れば金持ちばかりの国である。アルバイトでも可能な月収18万円、年収216万円の場合でも世界的に見れば上位4%の富裕層に位置している。比較的貧しいアフリカ、中国、インド、東南アジア等の国の人口を合わせると全人口の半分以上になる事からも、日本に生まれただけで世界の基準では富裕層になる事はわかるはずだ。

 

日本人がなぜ世界的に見てお金持ちに分類されるかと言えば、やはりお金に近づきやすい環境が整っているからだろう。日本で100万円稼ぐ事は、ビジネスが小さくても、後進国より断然簡単だ。一人当たりの購買力が高いため、単価を上げてもビジネスとしてやっていけるからである。小売や飲食など、取引形態のシンプルな業種で想像してみればわかりやすいだろう。

 

金持ちの家庭に生まれた人が金持ちになりやすいのも周りにそういった人達が多いからだ。マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツも裕福な家庭に育っている。親族にそういったお金持ちがいれば、大金を使った大きな事業も容易に行う事が出来る。

 

資本主義社会では能力がある人だけでなく、外見的に有利な人、美人、ハンサムな人もお金に近づくのは簡単である。しかし、環境で貧困になるかどうかが決まる部分は大きいのは誰もが否定しないはずだ。貧しい環境では能力があっても、外見的に優れていたとしても、安く買い叩かれるのが普通である。

従って、現状に満足できないのなら、金持ちのいる環境に自分を持って行く必要がある。綺麗な女性が田舎に留まれば、ブサイクで将来性の無いヤンキーと結婚してしまうケースもあるが、世界的な都市で金もまだまだ溢れている東京に出たら、信じられないぐらい金持ちの人の目にとまる事はあるだろう。

もちろん、上でも述べた通り、努力して有名大学に入らなくとも、後からこうした人脈を作る事は十分出来る。

 

日本に生まれただけで、世界的には富裕層になれたのと同様に、能力がなくともお金持ちになれる人はいくらでもいる。稼いでいる額と能力が釣り合わないケースが多いのは芸能界だけを見てもわかるはずだ。要は、環境のおかげで、稼ぐことが出来るようにもなるのだ。

 

自分の能力を信じて環境を変えずに稼げるようになりたいと思っている人もいるだろう。僕も環境を変える事でお金が稼げるようになったわけではなく、環境を変えずに収入を増やしてきた。プライドを捨てれば、もっと稼ぐ事が出来る自信もある。

サロンや有料コンテンツを販売したり、実名・顔出しをして、積極的に大手メディアにアプローチをかけて露出を増やせばいいだけである。リアル集客は元々得意な分野だった。ただ、現状の収入に満足している以上、環境を変える必要は無いと思っているのでやらないだけである。

 

ネットで稼ぐことが可能になった今では、環境を変えずに稼ぐ事が昔よりも断然容易になっている。貧しいアフリカの人達もネットを使えば、欧米にアプローチするのは簡単だ。彼らの多くは英語やフランス語などラテン語から発展した言語を公用語として用いている。アフリカにいながら、アメリカや欧州の人にアプローチし、億万長者になったケースも出ているはずだ。

 

能力が無くて稼げない人が「お金持ちに媚びへつらって近づく事なんて出来ない!」と思うのは自由だ。ただ、そういう人が貧乏から抜けられないのは環境ではなく、もはや自分自身のプライドの問題ではないだろうか?

日本は発展途上国と比べても、圧倒的に環境を変える事が出来る「環境」が整っている。貧しい国ではアプローチ出来る上流階級の人や外国人等は限られるため、常に多くの人が殺到する。しかし、魅力をアピール出来ず、相手にされる事は殆ど無い。確率論で言っても宝くじを当てるぐらい難しいだろう。

 

貧乏人の中には日本という国が悪いと言う人も多い。もちろん、より多くの支援が必要な人がいる事自体は否定しない。

しかし、本当に貧困から脱したいと思うなら、国や行政のせいにする前に、貧しい環境と自分自身のプライドを天秤にかけて、どちらを選ぶか選択すべきではないだろうか?稼ぐ上で不利になる障害を抱えていても、収入に差がつくのは、能力よりも環境が大きいだろう。

 

後進国のように金持ちに殺到する環境になってしまっては競争率が上がるのは確かだが、現状の日本は貧乏から脱したいと思っている人ほど、国の補償などの「環境」に甘え、自分で「環境」を変えようとしない人が多いように思えるのである。

 

スポンサーリンク