読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

「稼げる」「楽」「出会い」を考慮したバイトランキング!(男性向け)

アルバイト

A young worker at the C & NW RR 40th Street shops, Chicago, Ill.  (LOC)www.flickr.com

 

自分は学生時代やサラリーマンを辞めてから、ブロガー、アフィリエイターなるまで間様々なアルバイトを経験してきた。こうした経験を元に、個人的なアルバイトトップ5をランク付けしてみたいと思い記事を書いている。

 

順位付けの際には、楽で稼げるものだったり、バイトで出会いを求める人も多いので、こうした要素を加味してみた。

これからアルバイトを始めたいと思う人は是非とも参考にしてほしいと思う。

 

 

アルバイト・ランキング・トップ5

1位 ラブホテル

Black-light art in Shibuya love-hotel, Tokyo, Japan.JPGwww.flickr.com

 

ラブホのバイトは掃除とフロントに分かれているケースもあるが、おすすめなのはフロントである。フロントにおける主な業務は部屋に置いてある機器のトラブルや「延長しますか?」の連絡、食事のお届けなどである。

小規模、大規模、オーナーの方針など一概に言えない部分もあるが、以前自分が務めていたラブホは週末以外は0時前後を除き、割と暇だった。

 

1日24時間で月10日程度の勤務にもかかわらず月20万円程度の給料が貰えたのも大きい(当時の勤務先は東京)。昼間は掃除専門のアルバイトも他にいたし、24時間勤務でも大変ではなかった。

 

夜の営みの場を管理するので人によっては合う合わないもあるだろうが、年齢的な制限も無く40代、50代でも勤務している人はいると思う。個人的には、再びバイトをするなら、一番の候補になる。

 

2位 バーテンダー

Bartenders Digg Party @ Mightywww.flickr.com

 

学生時代に友人をきっかけに始めたバイトである。

バーテンは時給が良くとも勤務時間全てに給料が付かず、ブラックな所も多い。自分が務めていた所は求人が21時から朝方までの8時間以上の勤務、時給1300円ぐらいだったので応募した。しかし、給与は勤務時間のうち5時間程度しか付かないという謎の設定で、実質的には1日6000円の日給制だった。

客を呼び込んだ場合、売上の5%ぐらいが歩合で付いたが、10万円売り上げても+5000円程度(日給にして1万1千円程度)とお得感は全く無かった。客を呼び込めなければ、時給換算で500円ぐらいである。

 

それでもバーテンダーをおすすめする理由は、たくさんの異性と出会えるからである。この点は特に若者男性には魅力的に映るはずだ。

自分がバーテンをやっていた当時は、大人との繋がりは少ない若者だった。それがバーテンを始めた事でかなり交流関係が広がった。場所は繁華街という事もあり、客は夜のお店で働く嫌いな女の子が多かったので、刺激的な毎日を過ごす事ができたと思う。

 

ただ、若いうちからこんな刺激的な経験をするべきではないと思っている人は避けた方が良いかもしれない。また、客からお酒をごちそうになってナンボの世界でもあるので、続けるのはかなり厳しいものもある。自分は体がそこまで強くないという事もバーテンの仕事をして初めて気が付いた。

それでも、エンタメを求めるなら、若いうちに踏み込んでみると面白いかと思う。

 

3位 引っ越し屋

Moving truckwww.flickr.com

 

引っ越し屋のバイトがおすすめなのは筋力・体力が付くという点、それなりに稼げるという点である。

バイトを始めた当初はベテランと社員に挟まれた3人チームで行くことになり、先輩のペースに合わせなければならないのでかなり辛い。ただ、数ヶ月続けて、それなりに作業を覚え体力が付いてきたら、余裕が出てくる。社員と2人のチームだったり、自分よりも後から入って来た新人と3人チームで行くので、新人に合わせたペースで出来るからだ。

給与は引っ越し屋にもよるが、繁忙期(3月頃)には夜中まで作業が長引けば残業代も付き1日2万円以上は貰える。

 

確かに、続ければクリア出来る肉体的な問題も、社員との相性で精神的な問題が出てくる。また、年齢が上がると体力的に厳しいものも出てくるかと思う。

この辺を考慮しながらになるが、体力に自身のある人、筋力を付けたい人にはおすすめのバイトである。

30代で始める人も多い。 

 

4位 日雇いバイト

Worker in bottle factory, 2000www.flickr.com

 

日雇いバイトはアルバイトよりも大変で割に合わない現場が多く、時給も決して良くはない。それでも、働きたい時に働けるのは非常に魅力だと思う。

普通のアルバイトでは10日連続で休む事は、マネージャーや店長などの圧力があってかなり難しいかと思うが、日雇いの場合は派遣会社に伝えるだけで拒否すれば良いので、かなりフレキシブルに休みを取ることが出来る。1ヶ月で15日連続で働いて、15日連続で休む事も出来るのだ。

 

人によっては、週6日半年間働いて、半年は物価の安い海外でのんびり暮らすといった外こもり生活をしている人も多い。柔軟で自由な働き方をしたい人にはおすすめである。

派遣先の作業は派遣会社にもよるが、イベントの設営、運営から工場等、様々である。

 

5位 ネットカフェ

Comicswww.flickr.com

 

大型店か、チェーン店かなどにもよるが、接客業の中では比較的楽なのがネットカフェでのバイトである。

 

22時以降には深夜手当も尽くし、客層に影響する立地や他のバイト仲間にもよるが、割と穏やかな人が多いのでストレスも少なかった。訳ありっぽい人が入店する事がよくあったが、個人的にはそういった人の観察も面白かった。

 

仕事内容としてはレジ業務や清掃・整理、料理を運んだり、ドリンクバーの補充等も行う。バイトの年齢層は30代もいたし、周りが気にならない人なら40、50代でも出来るかと思う。

 

アルバイトには合う合わないがある

他にも、塾講師や居酒屋バイトは他に比べて稼げるわけではないが、バイト自体の数も多く、出会いを求めるなら割とありかと思う。また、施設警備が楽との事で、年齢層も高いのが普通なので中高年でも働きやすいだろう。

通うのが楽だし、近くのコンビニが良いという人も多いかもしれない。

 

アルバイトの良い悪いは個人の性格や他のバイト仲間、年齢にもよるので一概には言えない部分がほとんどである。

正社員と違いバイトをころころ変える事によるマイナスも無いので、自分に合った天職のバイトに出会うため、いろんなバイトを試してみるのも良いかと思う。

 

女性も含め稼げるバイトを探している人は下記記事も参考に。

 

スポンサーリンク