読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

アフィリエイトサイト、ECサイト運営者がSEOセミナー、コンサルタントにお金を払う前に知っておきたい事

SEO

Encore Event Planning Seminar-47.jpgwww.flickr.com

 

目次

 

SEOセミナーやコンサルティングを受ける前に、まず意識しなければならないのは、検索エンジンを「利用」する人達に3つの視点があるという事である。

 

それらは

▶ ユーザー

▶ サイト運営者

▶ 検索エンジンというサービスを提供している者(こではわかりやすくGoogleとする)

の3つである。

 

ユーザーは検索エンジンを利用して情報を探している人達を言う。

サイト運営者は検索エンジンを利用してユーザーを自身のサイトに呼び込みたいと考えている人達である。

Googleにかんしては、他の競合する検索エンジンよりもユーザーの期待に答えるようなサービスを提供して、ユーザーを増やしたいと考えている。その上で、検索結果に表示される広告から収入を得る事が目的である。

 

ただ、いくらユーザーのためになるようなサイトでも不正を行って検索上位をしようとすれば、別途ペナルティを与えている。従って、Googleは検索上位表示における公平性も重視しているといえるだろう。

 

サイト運営で、ためになるSEOセミナーやコンサルタントとは?

サイト運営といっても、成果報酬型広告を張る事により収益をあげるアフィリエイトサイト、商品やサービスを販売するECサイト、企業が自身の商品やサービスを周辺情報と共に紹介するオウンドメディア等様々なウェブサイトがある。

 

これらサイトを運営目的から分けるとすれば、

▶ 訪問者からの直接的なCV(商品やサービスの購入、成約)を目指しているアフィリエイトサイトとECサイト

▶ 訪問者からの間接的なCV、つまり企業のイメージアップやすぐに成約しなくとも後の顧客となってもらえるような囲い込みを目的としているオウンドメディア

の2つに分ける事が出来る。

 

自身の運営するサイトがどちらに属するかで受けるSEOセミナーやコンサルタントも考えた方が良い。アフィリエイトサイトやECサイトの運営者が実践的で参考になるような知識は、有名なSEOセミナーやコンサルタントほど得られるものは少なくなる。

 

例えば、有名SEOセミナー等になると、Googleの現役社員も講演したりサポートに回ったりしている。こういったセミナーでサイト運営者の視点から対策が述べられる事はないだろう。Googleの思うサイト運営者はこうあるべきであるという理想やユーザー目線で述べられている部分が非常に多い。

 

もちろんユーザー目線で述べられている部分は間接的なCVを狙い、ファンをコツコツ増やしたいオウンドメディア運営者にはためになる事は否定しない。企業ブランドを高めたり、ファンを増やしビジネスを広げていく間接CVを狙うサイトなら多少有益な情報もある。

また、SEOに関連したシステムや技術的な部分を述べている講演もあるので、ウェブデザイナーやプログラムを組んでいる人、大規模なウェブサイト運営者なら受けておきたいと考える人もいるだろう。

 

ただ、アフィリエイトサイトやECサイトの運営者がSEOセミナーに求めるのは、利益に繋がる、より実践的な検索上位表示の方法である。こうした「実践的」なノウハウはよりオープンで有名なSEOセミナーではほとんど述べられない。

これはGoogleのアルゴリズムにおける逃げ道となっている部分やブラックハットと言われるGoogleがペナルティを課すような対策・知識も含まれるためである。

 

ブログの位置づけ

ブログはアフィリエイトやクリック広告など、直接的な利益を目的にしているところも多い。ただ、こうした広告目的に書かれた記事だけではファンを増やす事は出来ないだろう。従って、ユーザーの役に立つような情報も記載しなければならない。

 

そう考えると、利益をあげたいブログの目指すべき方向性はアフィリエイトサイト・ECサイトとオウンドメディアの中間ぐらいになるかと思う。

基本的には役に立つ情報やエンターテイメントを提供してファンを囲い込みつつ、直接的なCVを目指すような記事を投稿する形になるだろう。

 

アフィリエイトサイト・ECサイト運営者のためのSEO業者

このブログの読者には大手メディアやオウンドメディア運営者はほとんどいないかと思う。従って、ブログ、アフィリエイトサイト・ECサイトがSEOセミナーやコンサルタントを受けたいと考えた場合、どういったSEO業者を選ぶべきかを述べていく。

 

SEOコンサルタントを含むSEO業者の中には、実際にサイト運営したことが無い(もしくはほとんど利益をあげていない)のに、コンサルタント業務を行っているところは結構ある。

しかし、いくらGoogleのアルゴリズムに詳しくとも結果までの近道を行くには労力をつぎ込むバランスが大事である。この部分で効率的な作業配分を知るには、実際にサイト運営経験が無ければ難しい。SEO対策は知識ではわかっていても、検証しなければ何が効率的な対策かわからない部分が多いからだ。

 

また、当たり前の話、作業量を増やせば稼げる可能性は上がるわけで、イケ◯ハヤ◯氏のような「毎日5本記事を書け」といったアドバイスはノウハウとは言えないものである。

 

以上を踏まえれば、基本的に選ぶべきは、実際にアフィリエイトサイトやECサイトを運営して利益を上げているSEO業者という事がわかる加えて、目標までの作業量をきちんと予測してくれるSEO業者が良いだろう。

実際にアフィリエイトで稼いでいるかどうかを知るには、運営しているサイトを見せてもらうのが一番の近道である。上のツイートにもあるように、自称稼いでいる人の中には、無料セミナーで集客して参加者に高額な商品を紹介しているところもある。

 

高額塾の中には実際に有益な事を教えてくれるところもあるが、アフィリエイトで稼いでいるフリをしてセミナーやコンサルティングで儲けている人もいる。

こういったところに騙されないためにも、契約前に(お金を払う前に)、どのような方法で収入を得ているかは予め教えてもらおう。本当に利益を上げさせてくれるだけの実力のあるSEO業者であれば、運営サイトで「どのぐらいの利益」を「どうやって上げている」かは契約前でも答えてくれるはずだ。

 

自分はSEO業者ではないが、タイ・サイトの収入は過去にも有料で紹介したことがある。

このブログにおける収入方法はいくつかある。例えば、「タイ旅行」でGoogle検索をかけるとこのサイト内の記事が2~4位に表示される。この順位は比較的長い間安定している。

「タイ旅行」で上位表示されているサイトとしては、日本の大手旅行代理店もある。これらはドメインやサービスの提供により常に上位へ食い込んでいる。ブログ記事では、ソーシャルリンクで上位に食い込む事はあっても、多くが長期での安定はしていない。

 

「タイ旅行」のキーワードではGoogle、Yahoo!で1ヶ月5000人程度、「タイ旅行 ◯◯」等の複合ワードでも上位表示されるので、関連ワードを含めて1万人以上が自分のサイトには訪れている。

 

これら記事にはツアーの申し込みアフィリエイトリンクがあるが、ここからの申し込みでは平均すると1件辺り2500円程度の報酬が得られる。成約率は「タイ旅行」よりも「タイ旅行 ◯◯」の方が高く、キーワードによる差は大きい。

それらを平均として、1万人のうち1割がクリックし、クリックした人のうち1割が実際に申し込みをすると100件分の報酬を得る事が出来る。つまり月25万円の売上となる。

他にもホテルの宿泊予約だったり、様々な収益方法がある。

 

あくまでも例えばの話であり、実際の報酬は報酬画面を見せないかぎりは証明されない。それでもコンサルタントを受ける側からすれば「いくら稼いでいるか?」よりも「どうやって上位表示出来ているのか?」「どうやって稼いでいるのか?」の方がサイト運営上有益な情報となるはずだ。

 

もちろん、同じようなジャンルのサイトを運営している場合、こういったSEO業者に頼るのは情報漏えいのリスクはある。それでも収入にかんしてあまり結果が出ていなければ、新たな知識を付ける意味で頼んでみる価値はあるだろう。

 

SEO業者として顧客を獲得するには?

SEO業者の立場から言えば、顧客を付けたい場合、アフィリエイトサイトやECサイトの運営を始めるべきだろう。アフィリエイトサイト・ECサイトの収入を得ることが出来るようになれば、実践的な知識を身に付ける事が出来る。また、信頼性が高まり、自分が営業しなくとも、向こうからセミナーやコンサルティングの依頼が来るようになるだろう。

 

アフィリエイトサイト・ECサイトの運営ほど、実践的なSEOを学べる機会は無いと言っても過言ではない。

 

SEOセミナー、コンサルタントにお金を払う前に知っておきたい事

f:id:asiaasia:20151029171443j:plain

 

まとめると、知識としてではなく、実践的な内容を教えてもらいたいなら、サイト運営者に向けられたセミナーやコンサルタントでなければならない。Google目線、ユーザー目線のセミナーも悪いとは言わないが、アフィリエイトサイト・ECサイト運営者にとっては即効性のある内容でない事が多い。

 

また、セミナーやコンサルタントを受ける際には、そのSEO業者が実際にサイト運営経験があり、ある程度の結果を残している方が良いだろう。Googleのアルゴリズムにかんしても、何に重点を置いて対策を行うべきかは、実際に結果を出してきたサイト運営者でなければわからない事が多いからだ。

 

ただし、本当に稼いでいるかはわからないので、「どのように検索上位表示をしているのか?」「どのように稼いでいるのか?」は予め聞いておいた方が良いだろう。報酬画面や現金、高級マンションに高級車はその証明にはならない。

年商3億の自称アフィリエイター。アフィリエイトによる収入を強調しているが、実際にはセミナーによる収入の方が多いだろう

 

アフィリエイトサイトの運営に関しては下記記事も参考に。

 

スポンサーリンク