読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

SEO対策の出来る男が女性にモテる理由

モテる SEO

f:id:asiaasia:20060704094418j:plain

The Ruminator

 

モテるという意味には「不特定多数の人に好かれる」という意味と「特定の人に愛されるようになる魅力」を指す事が多いかと思う。不特定多数に好かれる人が得意な人もいれば、特定の人、例えば、美女を落とすのが得意な人もいるだろう。こういった人達をモテる男と定義して話を進めていく。

 

下記で詳しく説明するが、まずSEO対策の出来る男がモテる理由から簡単に述べると、客観的な視点で女性の置かれている環境を見ることができ、相対的に魅力を高める最適化が出来るからである。

これはモテる女性になるための理由にはならないのが普通である。なぜなら、男性の方がより性欲をはじめとした欲が強く、動物に近い行動をするからだ。逆に言えば、男性の方が単純であり、簡単である。

女性がモテたいならば、相手の欲をコントロール出来る女になる事を目指そう。綺麗な人だったり、セクシーな人であればそれは容易だが、外見的に優れていなくとも男性の欲をコントロールする女になる事は出来る。欲をコントロール出来る女になれば、良いか悪いかは別として、男の方からホイホイ付いてくるはずだ。

 

モテない男と上位表示出来ない男の共通点

「僕はこんなに良質なコンテンツを作ってるのに上位表示されないなんてGoogleはおかしい。」

こう思っている人は「僕はこんなにもあの子の事を愛してるのにあの子は振り向いてくれない」と嘆くストーカーと同質である。つまり、モテない男も上位表示出来ない男も自分本位でしか物事を考える事が出来ていない。

 

愛する事で振り向いてくれる女性が全てではないのと同様に、良質なコンテンツであれば上位表示させる事が出来るわけではない。そもそも主観的には良質であっても、客観的には良質であると評価されていないから上位表示されていないのだ。

「愛される」「上位表示される」というのは結果が全てで、これが出来なかった場合に相手側に問題があると思うこと自体が間違っている。モテたい、上位表示したいと思うなら、こういった考え方を改めなければならないだろう。

 

客観的な視点とポテンシャルの重要性

SEO対策が出来る男はモテる。これは資金力や見た目など有利な点を客観的に考慮し、自分が出来る範囲で相手(キーワード)を選ぶようになるからである。上でも述べたように、モテるというのは美女に好かれるという意味以外も含んでいる。モテる人というのは自分のポテンシャルに合った相手に適切なアプローチが出来るからちやほやされるようになる事もあるのだ。

 

客観的な視点を持たなくとも、上位表示出来る男はいるが、ポテンシャルの点で他を上回っているからである。資金力や有名人といったポテンシャルのある人が上位表示出来たり、モテる男になれるのは何となくわかるだろう。SEO対策は資金力によって最適化の手段が増えるし、有名人であればより多くの環境へ露出出来るので外部評価も高まりやすい。

 

ポテンシャルを持たない人もポテンシャルを高めた方が上位表示しやすくなるし、モテるようにもなる。実名顔出しをしなくともソーシャルで有名になれば露出環境はある程度整うし、資金力を蓄えて組織化すればより上位表示させるためのアプローチ方法も増えるだろう。

どうすれば愛してくれるかは女性によって異なるが、ポテンシャルを高める事でアプローチの幅も広がる。従って、ポテンシャルが重要である事も否定しない。

最適な方法を選択する使うためには経験が何よりも重要ではあるが、ポテンシャルが高ければ高級レストランに高級ホテルなど、力技でのアプローチも出来るようになるはずだ。

 

ポテンシャルの低い人が「モテる」男になるために

特定のキーワードに限定しないなら、様々なキーワードでコンテンツ(記事)を詰める事が重要である。こういったアプローチを続ければ反応が良いキーワード(上位表示されやすいキーワード)が出てくるからだ。反応が良かったものを攻めた方が上位表示という目的はより達成しやすい。

 

不特定多数の女性にモテたいなら、当然様々な女性にアプローチしなければならない。SEO対策が得意なのに女性にモテないという人がいるなら、それは本人がモテようとしていないからである。

最適化されたアプローチを不特定多数の女性に続ければ、反応が良い女性は必ず出てくる。反応が良かった女性を攻めた方がモテるという目的はより達成しやすいだろう。

 

特定のキーワード、特定の女性の場合は難易度が上がるのと思った方が良い。特に、儲かるキーワードは当然上位表示が難しいし、魅力的な女性なら当然落とす事が難しくなる。それでも資金力のある人ならアプローチを広げる事も出来るし、資金力に頼らなくとも相対的な評価を出来る限り高める事は出来る。

特定の女性を落とせるかどうかも相対評価で決まる。他に魅力的な男性、手強い競争相手がいれば、当然女性を落とすのも難しくなる。ただ、SEO対策の得意な人はタイミングだったり、どういった魅力的な女性が自分にとって有利かを環境から判断する事が出来るかと思う。自分が1位の男になれる環境かどうかを見極める目を持っている人は強い。ポテンシャルの低い人でも「モテる」男になる余地はどこかに残されるいるはずだ。

 

SEO対策の変化と「モテる」男になるために必要な事

昔のSEO対策は資金力に加えて、作業を効率化出来るツールを持っている人(プログラマーやウェブデザイナー)が有利であった。しかし今のGoogleはより人間が満足しているかを基準に検索順位を決めるようになっている。サイト運営者側から見ても、満足なコンテンツを提供するサイトというものが、よりモテる男に近づいて来ているかと思う。

 

当然SEO対策業者の場合も全てがモテるわけではない。実際SEO対策業者でも客観的な視点に立てずに結果を出せない所は多い。

ただ、世間一般でSEO対策業者を良く思わなかったり、モテる方法を学んだり、SEO対策自体を批判する人が多いのは残念である。なぜなら、ポテンシャルの低い人が少しでも高い理想を実現するためには「最適化」が最も必要な取り組みであると個人的には思っているからだ。

 

スポンサーリンク