読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

アフィリエイトサイトで稼ぐための「新しい」考え方とテクニックを中心に述べていく

アフィリエイト

f:id:asiaasia:20160819144139j:plain

 

アフィリエイトサイトで収入を増やすために、最近自分が考え方の中心に置いているのは、現状抱えている外部評価とそこから得られるトラフィックといった資源(リソース)の部分である。このリソースを無駄遣いしなければ、初めから外部評価を高めなくとも検索結果で自然と上位表示されると考えている。

検索上位表示の維持を突き詰めた時に、リソースをいかに無駄遣いしないかが重要だというのは多くのアフィリエイターが気づいているはずだ。アフィリエイトサイトの場合、外部評価を積極的に獲得するのも大事な事だが、これは露出やブラックハットを用いなければ難しいだろう。

 

今回の記事では、

▶ 現在アフィリエイターの間で流行っている外部評価を高める方法

▶ 抱えているリソースを無駄遣いせず、検索上位表示を目指す方法

といった新しい観点でのSEO対策や技術的な部分に焦点を当てて紹介していきたいと思う。

 

目次

 

アフィリエイトサイトとは?

f:id:asiaasia:20160819142315j:plain

 

アフィリエイトサイトとはアフィリエイトで報酬をあげることを目的に作られたサイトの事を言う。昨今のアフィリエイトサイトは形式的にはブログと変わらないため、ブロガーでは「専門ブログ」や「特化ブログ」と呼んでいる人もいる。

アフィリエイトサイトはWordPressで運営している人が多くなっている。

 

ブログとの違いがわかりずらくなっているが、敢えて違いをあげると

▶ 定期的な更新がなされない

▶ コメント欄がなく読者とのやり取りがない

▶ 投稿日の日付やカレンダーによるアーカイブがない

▶ サイトの著者(管理人)の紹介やプロフィールがなく(もしくは見えない)、機械的なサイト

等の特徴が上げられる。

 

アフィリエイトサイトは役に立つノウハウや説明が中心なので、本で言えば辞書や参考書に相当する事になる。辞書や参考書はエンターテイメントの要素は少ないし、古い情報という認識がある。これらの要素があると、他人には紹介したくなくなる。

ニュースとして取り上げられると、辞書に書かれていたような古い内容でも他人へ自慢したくなるのも関わらずである。

 

こういったサイトになってしまうとリピーターが育たず、加えて露出が少なければ、外部サイトで紹介される事も少ないだろう。

そうなるとアフィリエイトサイトで期待出来る主な集客元というのは検索エンジンという事になる。  

 

アフィリエイトによる収入を増やすには?

Are you a mac or a pc Are you a mac or a pc? 

 

検索エンジンからの流入を増やし、収入に繋げようと考えるならジャンルやキーワードの設定(サイトにおける方向性の決定・修正)が極めて重要である。これらをきちんと決めた後、検索エンジンからの流入を増やすには広い意味でのSEO対策が必要になるかと思う。

 

SEO対策

SEO対策、要は、設定したキーワードから多数の流入をもたらすために検索結果で上位に表示されるための対策としては、内部対策と外部対策がある。 内部対策は良質なコンテンツを含むサイトを作成するという事と内部の検索性を高めるという2つの対策がある。外部対策に関しては、外部からのリンク(被リンク)を獲得してサイトの信用性を高めるといったものだ。

 

現在は内部対策の方が重視されるが、アフィリエイトサイトで扱われるような稼げるジャンルの場合、内部対策だけで検索上位に表示させるのは多くの時間がかかる。

稼げるジャンルとしてはコンプレックス系(美容系、金融系、育毛、ダイエット、病気、恋愛、出会い系)と稼げる系(情報商材)の2つがあげられるかと思う。

上位表示するのに時間がかかるので時間を早めたいのであれば、当然のこととして露出や外部対策も必要になる。

現在一部のアフィリエイターが悪用しているのが、はてなブックマークを使った外部対策になるだろう。

 

はてぶ互助会(スパム)

f:id:asiaasia:20160819144642j:plain

Hacker Group ‘Anonymous’

 

評価の高いページからリンクを張って上位表示させるという手法は未だに有効であるが、最近はペナルティリスクも高く、上位表示させるには効果も薄くなっている。そこでこうしたリンクスパムの代わりに生まれたのが、はてなブックマークを使ったソーシャルスパムである。

「谷」と呼ばれるアフィリエイターのTwitterコミュニティをチェックしている人は気づいているかと思うが、彼らもここ最近「サイト公開」と題してアフィリエイトサイトをソーシャルで紹介し、仲間内の同じメンバーではてなブックマークを付け合う活動を行っている。

 

アフィリエイトサイトでは他のサイト以上に外部評価を高めるのは難しい。露出するにも制限があるが、はてなブックマークにおいて露出の機会を与えられれば、それだけで多くの人の目に触れる事が出来るだろう。

はてなブックマークの場合、それ自体が検索エンジンに評価されるため、上位表示にも「直接的に」プラスとなっている。加えて、現状はこうした互助会活動の結果はてなブックマークが多数付いても、ブラックハットと呼ばれるようなリスクにはならない。従って、ペナルティリスクが限りなく少ない有効なスパムであると言えるだろう。

 

仲間同士だったり、ファンが積極的にハテブしあったりするのはアフィリエイトサイトに限らず見られる現象ではある。これの良し悪しの判断はユーザーに任せるが、はてぶスパムがアフィリエイトサイトを上位表示する上で、1つの手段となっているのは間違いない。

 

ただ、はてぶ互助会で上位表示させたり、露出が高まっても内部のリソースを無駄に消費すれば、定期的な露出を行わない限りすぐに順位は下落してしまう。一度や二度のはてぶスパムでは稼げるキーワードで維持する事も出来ない。

定期的に大きな露出が出来る人なら気にする必要もないかと思うが、知名度や資金面で継続させるのは難しいのが普通だ。

こうしたバズや炎上といった露出無しに順位の維持、上位表示するためには、リソースを無駄にしない内部対策が最も有効かと思う。

 

(キュレーションサイトに勝つための)内部対策

きちんと内部対策を行えば、はてぶ互助会を使って初期に大きく露出しなくとも上位表示は可能である。

また、網羅的に情報を集め検索上位を占有しつつあるキュレーションサイトにも勝つことは出来る。

 

サイトの個別記事ページはURLのデレクトリで下部に位置している。加えて、デザイン上も、カテゴリーページとトップページを上にしたリンク構造になってるサイトが多い。

トップページからの構造はサイトによって大きく異なるが、カテゴリーページも2、3ページと進むにつれて露出という意味でも下層へと入って行く。そうなると、トラフィックを抱えるサイトほど、外部評価も付きにくくなる。

 

キュレーションサイトの場合、サイト全体で抱えるトラフィックが大きいので、ユーザーが多く集まるページからアクセスしやすいページほど外部評価も高まりやすいが、これを決めるのはあくまでも運営側の判断である。

人気記事だったり、新着記事が露出される仕組みを作っているのはもちろんだが、アクセスや収入を集めるページは運営側が新しいカテゴリーを作成するなどして、故意に上層へと持ってきている。ただ、キュレーターと運営は別の人なので、ユーザー数の増加が止まると、運営側の意向とキュレーターと意向がマッチせず、ユーザーを内部で上手く消化出来なくなる。特に運営側が露出を高め、重要視している記事では、リソースが余分に消費されている現象はよく見られる。そこに注目し、自身のコンテンツと競合している記事に、内部で消化されないような問題を見つけ、それを加えて修正すれば良いだろう。

 

キュレーションサイトが何を重視し、どういう方向性に向かっているかはアーカイブを見ることでチェックする事が出来る。

f:id:asiaasia:20160819133842p:plain

2016年1月のwelqトップページ

 

2016年1月、welqのカテゴリーページは「カラダの病気」「ココロの病気」「日常の不調」「予防・健康促進」「美容」とSEO、検索流入を全く考えていないキーワード設定になっている。

しかし、2016年8月現在のトップページを見てみると

f:id:asiaasia:20160819134042p:plain

明確でキーワードを意識した名前を付けている事がわかる。トラフィックが増えるにつれ、カテゴリーページを増やし、より具体的なキーワードをあてはめている。

 

また、資金のある人はキュレーターを引き抜く事も考えるべきだ。welqといったキュレーションサイトは引き抜きを恐れて、キュレーターの連絡先を記載していないが、彼らも外部のキュレーションサイトからお金を使って引き抜いてきたからだと思う。

ネイバーまとめ等はまだキュレーターの連絡先が書いてあるので、優良キュレーターについては、今のうちから囲い込みの検討をした方が良いかもしれない。

 

初期露出が少ないと、上位表示がなされるまで時間がかかるのは間違いない。ただ、時間をかけた方が内部において無駄なリソースの消費を省きながらトラフィックを集める事が出来る。上手く成長させれば、長期的には安定した資産になるだろう。

自分を含め、初期露出に頼らない、こうしたやり方でコツコツ売上を増やしているアフィリエイターも最近は増えているかと思う。

 

ウェブデザイン・技術面

ターゲットが限定されているキーワードの場合は個別記事を検索エンジンに載せた方が良い。これは個別記事へ集客する事によりアフィリエイトの成約率も高まるからである。

しかし、キーワードによってはユーザーの意図がわかりにくく、上手くユーザーにマッチしたコンテンツを提示できないだろう。特に、単一ワードだとこの傾向が強くなるかと思う。

 

こうしたユーザーを外部へ逃さないために、最近ではトップページに網羅的な文章やナビゲーションを載せているアフィリエイトサイトが増えている。意図のわかりにく単一のビッグワードで上位表示されている環境にあって、リソースを無駄にしないための施策としては非常に有効かと思う。

 

また、過去の記事でも何度か述べているが、これからアフィリエイトサイトを作る人は

▶ 独自SSL化(https)

させて

▶ PHP7.0に対応

させた方が良いと思う。

 

独自SSL化はGoogleの評価も「直接的に」プラスになる。PHP7.0に対応出来るサイトかどうかはWordPressの場合、テーマによるところが大きい。

 

これらの施策を加えるだけで、サイトの読み込み速度は上がる。面倒な作業なしにサイトの高速化が出来るのだ。サイトが高速化されればその分1日のPVは増えるし、ユーザービリティも向上する。リソースを重視する観点でも無視する事は出来ない。

 

詳しくは下記記事も参考に。

RankBrain等、ユーザーの評価がGoogleへと伝わりやすい環境が整いつつある今、評価を高めるためにはデザインや技術面も必要な内部対策になるのだ。

 

アフィリエイト初心者が意識する事

f:id:asiaasia:20160819142612j:plain

 

アフィリエイトを始める上で

▶ ジャンルやキーワードの設定(サイトにおける方向性の決定・修正)

は極めて重要である。

これらの設定が上手くいけば、SEO対策を知らない初心者でも、記事とドメインを増やしていくにつれ収入も増えていくケースが多々ある。

最近では、スマートフォン向けアプリや格安SIMのジャンルのアフィリエイトなどが供給よりも需要が高く、アフィリエイト初心者でも稼ぎやすくなっている。

 

しかし、儲かるキーワードほどいずれはライバルも出てくる。こうなった際にトラフィックや外部評価を増やし、獲得したリソースを無駄にしない対策が重要になってくるはずだ。

 

SEO対策を含め、こうした知識は常に情報が更新され古くなっている。自分が参入しているジャンルでも、古い対策が未だになされているサイトは多い。

過去に有効だった対策もマイナスになるものは多く出て来ているので、初心者ほどSEO対策を意識する必要はないかもしれない。マイナスの施策となり得る古いSEO対策をするぐらいなら、純粋にユーザー目線でのコンテンツ作りをした方がリソースを上手く外部評価や収入へ繋げる事が出来るからだ。

 

リソースを重要視するという考え方は作業の効率化にも繋がる。作業時間(労働時間)を増やせば収入が増えるのはアルバイトでも同じだが、時間は有限なため、いかに効率化させるかが重要になるだろう。

アフィリエイトにおける作業の効率化については下記記事を参考に。

 

スポンサーリンク