読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

ブログの炎上マーケティングとブロガーが炎上商法を止めるべき理由

ブログ

f:id:asiaasia:20080912123539j:plain
https://jp.pinterest.com


ブログを炎上させる行為、いわゆる炎上商法を用いることで得られるのはアクセスやそれに伴う収入、承認欲求だけではない。今まで何度か述べているが、炎上はドメインにおける外部評価を高めるのにも有効である。

アクセス・収入や承認欲求を目的とした炎上ブロガーが殆どであるが、外部評価を高めるのを目的に、炎上させようとしている人がいるのはユーザーの一部では認知され始めているだろう。

ただ、最近の炎上ブロガー達を見ると、ユーザーを上手く騙し、ブランディングの手伝いをさせているように思う。炎上により露出を高める事でブランディングを進めているブロガーもいるのだ。これにはユーザーの殆どが気づいていないかもしれない。


今回の記事では炎上ブロガーに騙されないために、ユーザーが知っておくべき炎上商法の内側及び、ブロガーが炎上商法を止めるべき理由も述べていきたいと思う。

 

ブログの炎上により得られるもの

f:id:asiaasia:20160802175541j:plain
https://www.youtube.com


ブログを炎上させる事により得られるものとしては承認欲求の他に

▶ アクセス、収入
▶ 外部評価
▶ ファン

の3つを上げる事が出来る。

炎上によってアクセス・収入が増える点は特に説明する必要はないかと思うので、まずは外部評価の点について説明していきたいと思う。


外部評価とはGoogleという検索エンジンにおいて、キーワードにおける上位表示を決める大きな基準ともなる要素である。炎上し、ソーシャルを中心に拡散する事で、その記事が述べているトピックで上位に表示されるのだ。検索で上位表示させる事が出来れば、そのトピックに興味を持っているユーザーを自動的に集める事が出来る。

キーワードによっては問題解決を商品やサービスの購入に結びつけたり出来るかと思うので、アフィリエイト広告などを貼れば収入アップにも繋げる事が出来るだろう。アフィリエイト収入を目的に、外部評価を得るための炎上商法を考えている人もいるのだ。

 

加えて、炎上商法ではファンを得ることも出来る。炎上とはバズと違い圧倒的な批判を受ける事を言うが、最近の炎上ブロガーはこうした批判を受ける事で逆にファンを増やしている。

批判を受けるとアンチだけが増えるような印象を受けるが、その一方でファンを増やすことにも寄与するのである。

 

炎上でもブロガーにファンが付く理由

炎上によってファンを増やすために、炎上ブロガーは大衆に届ける記事で、多数の人を不快にする内容を投稿する。しかし、リアルでもネットでも、直接アプローチがあった人に対しては表面上徹底的に良い人を演じる。これにより、世間では圧倒的な批判がある一方、周囲を味方で固め、お金を徴収する仕組みを構築出来る。

 

良く世間では炎上ブロガーの性格の悪さや非常識さに批判が向けられるが、定期的に炎上を起こし、人気ブロガーにまで上り詰めた人というのは性格が悪いかどうか、常識があるかどうかはともかく、周りからは「良い人」と評価されている

ブログでは大衆を不快にさせる批判的な記事を書いても、回りにいるファン達はそれをリアルの炎上ブロガーとは切り離して考えている。炎上ブロガーの中身は良い人だと思っているので、記事に対しての批判は一切しない。批判する必要はないと思っている。

従って、いくら過激な記事を書いてもファンたちは離れず、むしろ、露出によって新しいファンをどんどん獲得し輪を広げていく。炎上ブロガーにとって、ブログを炎上させる事が唯一のファン獲得の手段であり、最高の方法だと言えるだろう。

 

炎上ブロガーが炎上商法を止めるべき理由

ただ、ブログが一般大衆であるユーザーの相手にされなくなれば、いくら過激な事を言っても炎上しない。炎上しなくなれば、ファンを増やす露出も制限されてしまうだろう。従って、炎上商法も長期的に見ればリスクを伴うと言える。

 

イケダハヤトも炎上を起こしたいがために、一方的にはてな民を煽っている。はてな民を煽る言葉も「うんこ」など、どんどん過激なものとなり、差別的な言葉も混ぜている事が話題にはなったが、現在は全く相手にされなくなった。

確かに、彼ぐらいの知名度になればブログが炎上しなくともある程度はトラフィックをキープできるかと思う。また、サロンという形で周りに抱えた信者達から集金していけば、ブログ収入が無くなっても生活するには困らない。ブログ収入が激減しても、サロン収入のおかげで高コストのキャンピングカー生活も続けている人もいる。

f:id:asiaasia:20160802174806j:plain
https://www.youtube.com


しかし、多くのブロガーは炎上商法でトラフィックやサロンによる集金額を十分に増やすことは出来ない。炎上ブロガーはこうした資産とも言えるトラフィックやサロンが育つ前にユーザーに相手にされなくなるのが普通だからだ。

 

炎上を起こすことは、はてなブックマークという仕組みが普及した現在、昔よりも簡単になった。ちょっとのマナー違反だったり、ギリギリのラインを攻めれば良いだけだからだ。

アクセスが集まるだけで評価してくれる仲間もいるだろう。リアルで良い人と評価している仲間は炎上によるアクセスも実力として評価してくれる。

しかし、本当にブログで収入を得たいと思うなら、炎上に頼らないアクセスアップを進めるべきだ。炎上よりも時間はかかるが、長期的に見れば生き残っている可能性も高くなる。

 

ブログに何を求めているのかは人にもよるし、一概にも言えないが、少なくとも長く運営し、アクセスや収入を期待するのであればターゲットをしっかりと決めて、専門性の高いブログにしていくべきだろう。


スポンサーリンク