読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

海外にブログで稼ぎながら住む!海外生活をするブロガーになるためには?

ブロガー

Blogger Tolly Moseley Portraitwww.flickr.com

 

ブログでお金を稼ぎ、海外生活したい場合

▶ 生活コストを把握する

▶ 収入を確保する

▶ 需要を把握する

▶ ビザを取る

以上の4つは実現に向けて必須になるかと思う。

下記でそれぞれ詳しく説明していく。

 

目次

 

海外生活をブログで実現するには?

生活コストを把握する

f:id:asiaasia:20150820134930j:plain

上のツイートでも述べているように、プロブロガーを含めた広い意味でのアフィリエイターが運営サイトからの収入だけで生活したい場合、如何にして生活コストを抑えるかが重要となる。海外生活も元々貯金など資金力のある人ならすぐにでも実現できると思うが、ブロガーになりたい、独立したいと考えている殆どの人は余裕資金を多くは持っていないはずだ。

 

生活コストはどこの国かでも大きく異なるため、国によって難易度が全く違ってくる。生活コストの低い国では、月5万円さえ稼ぐ事が出来れば、プロブロガーとして生活する事も出来るだろう。

 

ただ、観光程度で訪れただけではこうしたコストの部分はわからない事も多い。実際に、コストを把握するために、本格移住の前に最低1ヶ月間ぐらいは暮らしてみる必要がある。

このプチ移住は海外生活におけるあらゆるストレスに耐えられるか?という事を測る上でも重要になる。

 

収入を確保する

コストを抑えるだけ抑えても、人間は社会で生きていく上では必ず消費を必要とする。従って、収入の確保、収入が無ければ貯金は用意した方が良いだろう。

 

ブログ以外で収入を確保するにはライター業等がある。クラウドソーシングサイトを利用したり、アフィリエイトサイト用の記事など、オリジナリティを求められる記事作成の仕事はネット上でもそれなりに見つける事が出来るはずだ。

>>> 記事を書いて報酬を得るサイト

 

ブログやライター業以外にも、アフィリエイトサイトなど、ビジネス色の強いサイトは所有し育てておいた方が良いだろう。

 

また、日本で収入を得ている場合、現地通貨を降ろす手段も必要になる。手数料はかかるが、クレジットカードやキャッシュカードによる現地ATMからの引き出し手段として、こうしたカードは予め作っておかなければならない。

こうしたカードがあれば、日本の銀行へ振り込まれた報酬も現地通貨へ両替した上で使用する事が出来る。

ちなみに、日本国内のアフィリエイトASPから収入を得ているなら、日本で確定申告し所得税等も収めなければならない。

 

需要を把握する

海外在住ブロガーとして生活するならその移住する国のことを書くことも多いはずだ。ただ、その国に興味のある人が少なければ、アクセスを集めるのにも苦労する事が多くなる。

基本的にブログは、アフィリエイトサイトとは違って、トラフィックを集める事によるクリック報酬型広告やスポンサー広告で収入を得ている。従って、潜在的なトラフィックを把握する上で需要は無視する事が出来ない。

 

本当は良い所で、その国に見えない需要があると感じても、無名のブロガーがそれを広めるには労力やプレゼンテーション力が必要になる。流行らせる事が不可能とまでは言わないが、長期的なプランも考えなくてはならないだろう。

 

ビザを取る

Visa to Thailand 2006 + Re-Entry Permitwww.flickr.com

 

海外で長期間生活したいと考えた場合、ビザの問題は必ず解決しなければならない。海外旅行の経験が少ない人はあまり意識しない点かも知れないが、実現に向けた上で一番の壁になる事が多い。

 

例えば、タイの場合は日本のパスポートがあれば30日間はタイ国内に滞在する事が出来るが、ビザが無ければそれ以上の滞在は不法滞在となる。台湾や韓国は90日間のノービザ滞在が可能である。

国外に出て、再び入国するを繰り返しても、タイの場合は半年で90日間(約3ヶ月)しか、ノービザでの滞在は認められていない。

 

国によって観光ビザや学生ビザ等を使えば数年単位での滞在も難しくもないが、プロブロガーとして生計を立て、ビジネスビザ等を取得するには資金面での壁が非常に大きい。

ドイツやオランダ等個人事業主がビザを取得しやすかったり、ビザを必要とせず働く事が出来る場合もあるが、基本的には投資ビザといった形でかなりの額を稼ぐか投資(起業)しなければならない。

 

もちろん、現地の方と結婚をすれば合法的に永住やビジネスも可能であるが、これを予定した上で移住する人は少ないだろう。

国によって解決策は多岐にわたるが、長期滞在の上で一番の問題になる可能性も高い。

 

海外で生活するブロガーへ

f:id:asiaasia:20151030194451j:plain

bloggers at cafe la onda | Flickr - Photo Sharing!

 

ブログで稼ぎ、海外で生活する事を考えた場合、実現よりも継続させる事の方が難しい。継続させる上では保険などにも加入して病気や事故等のリスクにも備えた方が良いだろう。

 

会社員を辞めて、ブログの収入だけで生活するプロブロガーになることは、個人的にはおすすめできない。一度会社員の道から外れれば、結果を残さないかぎり、新卒採用からのゴールドチケットを失うことを覚悟しなければならないからだ。

ただ、ブロガーという道を諦めても元の立場に戻る事が容易なアルバイトなど非正規雇用者であればこうしたリスクも無いだろう。また、待遇に恵まれていない正社員なら、こうした逃げ道を考えても良い気がする。

 

もちろん、ニートといった無職もそうで、こういう人は1度や2度新しい可能性を探る上でも、海外に滞在しながらブログで稼ぐといった方向性を目指してみてはいかがだろうか?

 

スポンサーリンク