読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

スプラトゥーンから広がりえるビジネスの可能性がすごい

スプラトゥーン

f:id:asiaasia:20150614174637j:plain

Splatoon(スプラトゥーン)公式サイトより

 

スプラトゥーンというゲームをご存知だろうか?

スプラトゥーンとは任天堂から先月5月28日に発売されたWii Uのゲームである。マリオやポケットモンスターと言った知名度のあるキャラクターではなく、新しい「インクリング」という人間に変身できるイカが主人公で、「ボーイ」と「ガール」がいる。

カラーインクを撃って床を塗り、カラーで染めたナワバリの広さを競い合うアクションシューティングゲームに分類される。  

 

過去のファンを引き継ぐ事が出来ない新しいキャラクターの新しいジャンルのゲームであったため、任天堂もそれなりにプロモーションを打ったのは確かだが、恐らく予想以上の反響となっているだろう。国内だけでも初週で14.4万本を売上げ、昨年から下がり調子の任天堂も息を吹き返すきっかけとなるかもしれない。  

 

スプラトゥーンの爆発的な需要の増加

キャラクター業界にあまり詳しくない人間でも、去年妖怪ウォッチが大きくヒットし日本を席巻したのは知っているだろう。

 

世間の需要とGoogleの検索エンジンの検索数は比例するため、こちらで「妖怪ウォッチ」のキーワード需要の推移を見てみると

f:id:asiaasia:20150614162514j:plain

Google AdWordsより

 

2013年12月には19万程度のボリュームしか無かったが、翌月の2014年1月には100万ボリュームを越える大きな伸びを見せる(ブレイク期)。その後も順調に推移し2014年6月に570万ボリュームだったのが、7月に970万、8月に1190万ボリュームとなってピークを迎える。ここまで需要が増加すれば大ヒットと言っても過言ではない。

現在は230万ボリュームで減少傾向にあるが、この需要があれば新作映画やアニメなどでシリーズ化し、今後もある程度の需要は確保できるだろう。

 

では、スプラトゥーンはどうだろうか?

f:id:asiaasia:20150614162528j:plain

Google AdWordsより

 

スプラトゥーンの場合、キーワードに需要が生じたのが2014年6月で27万ボリュームまで上昇している。恐らく、この時任天堂から新作ゲームソフトとして発表され名前も公開されたのだろう。

その後はプロモーションもユーザーの期待も無かったようで、需要はどんどん減少し2014年10月には3万ボリュームにまで落ちている。ただ、発売月の前月である2015年4月には33万まで上昇し、発売月5月になると、9倍の300万ボリュームにまで爆発的な増加を見せている。

 

発売されたのが5月の末に近かったにもかかわらず、ここまでの需要が伸びている。感覚的なもので実際はどうなるかわからないが、今月6月のボリュームはその話題性も含めて早くも1000万ボリュームの大台に乗せる可能性があるだろう。

このまま伸びて普及すれば去年の妖怪ウォッチを凌ぐ大ブレイクの可能性もあるのだ。

 

スプラトゥーンを利用したビジネスチャンス

スプラトゥーン専門サイトの運営

急激な需要の伸びは、権利者でない我々個人にも大きなビジネスチャンスをもたらすのはご存知だろうか?個人であれば、特に、情報を提供して人を集客し広告収入を得るアフィリエイターにはチャンスだ。

 

ホワイトハットにかんする記事でも述べたが、基本的に良質なコンテンツとは、外部評価を除いて考えた場合、世間で需要のあるコンテンツでなければならない。

キーワードに対する需要が良質かどうかのポイントとなるわけだが、急激に需要の増えたキーワードで構成されるサイトというのは、科学論文で言うところの画期的な発見と判断されドメイン評価が高まるポイントとなり得る。

詳しい説明は上のホワイトハットに関する記事に加えて、検索エンジンを攻略するの記事を見てもらう事として、Googleの評価システムが科学論文の引用を参考にしている事から、このような評価の高まりが起こる。

 

従って、需要の伸びているキーワードでサイトを構成すると、ドメイン評価を一気に高める事が出来るのである。「スプラトゥーン」は今日本でもっとも需要の伸びているキーワードと言っても過言ではないだろう。

 

このゲームに対する攻略法や新情報、イベントなどの情報はまとめサイトでの単一記事では発信されているが、スプラトゥーンの専門サイトはまだまだ少ない。専門サイトでも十分なコンテンツは未だ提供されていないので、これからの参入でも十分に間に合うだろう。

所長(専業アフィリエイター)のスプラトゥーン専門サイト。はじめは1日数アクセスだったサイトがわずか数週間で数百、数千倍1日8000PV近くにまで増えている。人気が定着し、シリーズ化や映画化も進めばこのまま成長させるも容易なはずだ。

 

数カ月後には札束で女の子の頬をペシペシ叩いている所長の姿が目に浮かぶ。スプラトゥーン御殿も夢ではない。

 

ゲームをやりながら情報をまとめるだけで稼ぐ事が出来る世の中なのである。

今後参入サイトが増える事で収益が分散したり、ブームが一過性の場合は十分な稼ぎを上げられない可能性はもちろん出て来る。しかし、ゲームが好きで比較的時間のある人間にはリスクも無いし、参入を検討しても良いかと思う。

 

リアルビジネス

リアルイベント

このスプラトゥーンをはじめに知った時思い浮かべたのがタイのソンクラーンである。

Songkran in Pattayawww.flickr.com

ソンクラーンとは別名・水掛け祭りとも呼ばれ、毎年4月タイの旧正月に水鉄砲やバケツで水をかけ合うイベントの事だ。

リゾート地はもちろん、首都バンコクの都心部でもこの期間は水をかけられるというクレイジーなものである。

今年の4月実際に参加した事もあって、水掛け祭りからこのゲームが発想されたのかと勝手に思っている。

 

そして、実はこのタイの水掛け祭り、イッテQで芸人・宮川大輔が参加してから日本人参加者も増えているとの事である。この期間にわざわざタイへ渡航し、参加する日本人が出て来たのだ。

f:id:asiaasia:20150614170320j:plain

http://www.ntv.co.jp/q/oa/20140427/01.html

 

このソンクラーンとスプラトゥーンというゲームの相性は良いだろう。

体や目に入っても害がないようなインクで、汚しても怒られないような場所を使ってナワバリ争いゲームをするのはそれなりに話題になるような気がするのである。

 

その後流行るかどうか、十分な参加者を集めビジネスとしても起動になるかは未知数だが、ゲームからリアルへ繋げるイベントとして新しい可能性を生み出せるかもしれない。

開催地をタイへする場合、日本の旅行代理店にスポンサーを募ればそれなりに資金は集まるだろうし、このイベント時に繋がった関係で今後新しいビジネスへ広げる事も出来るかもしれない。

 

スプラトゥーンの権利の問題もあるし、個人ではハードルが高いが、ネットからリアルへのビジネス展開は現在の一つの潮流である。近いうちに実現されたイベントも見ることが出来るかもしれない。

 

ファッション展開

f:id:asiaasia:20150614180341j:plain

http://www.nintendo.co.jp/wiiu/agmj/customize/index.html

 

スプラトゥーンのヒットはそのゲーム自体の面白さも大きいとは思うが、新しいキャラクターのデザインがポイントとなった部分もあるだろう。海外でも多くの人がこのキャラクターデザインに魅了され、多数のイラストがすでに描かれている。

 

スケボー、バスケ、競輪のようなスポーツスタイルのファッションで、これまでのキャラクター・ファッションと違い、より実用性があるように思える。コスプレはもちろん、日常でも取り入れたいという人が出て来るはずだ。

amiibo トリプルセット[ガール/イカ/ボーイ](スプラトゥーンシリーズ)amiibo トリプルセット[ガール/イカ/ボーイ](スプラトゥーンシリーズ)

 

キャラクターグッズ以外にも、公式ファッションとして、アパレルメーカーとのコラボも行われるようになるだろう。

 

いちゲームから巨大ビジネスへ

現在はゲームをソフトとして売り上る事だけを考えていた時代とは違う。ゲームから派生したキャラクタービジネスだけでも大きな利益を生む事は、ポケットモンスターというゲームが元となって設立された株式会社ポケモンを見れば明らかである。

ゲームを成功させる事で、そのゲームが1つの市町村を軽く上回るような経済をつくり上げるのである。

 

スプラトゥーンの市場は現在急速な広がりを見せているが、大多数の人はゲームに「踊らされる」側となっている。

ゲームの権利者ではない我々がこの市場で「踊らされる」のは当たり前の事と思うかもしれない。しかし、サイト運営など個人で関連ビジネスに参入する事で「踊らされる」側から「踊る」側に移る事も可能なのである。

 

自分でゲームを作り出し、それがヒットすれば権利者として莫大な富を生むことが出来る様になるのは当たり前の話であるが、権利者でなくとも、関連ビジネスを始める事でその市場から利益を得ることが出来るのは知識として覚えておいて損はないはずだ。  

 

外部から踊りを見ているだけの人も、ゲームからの一攫千金を狙ってみてはいかがだろうか?

 

スプラトゥーンはWii U本体とインターネット環境があれば、ダウンロードですぐにプレイする事もできる。このダウンロード版は10%OFFで、お手頃な値段となっている。

Splatoon(スプラトゥーン) [オンラインコード]

Splatoon(スプラトゥーン) [オンラインコード]

 

 

スポンサーリンク