読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

フリーランスの仕事。ネットを使って稼ぐ様々なフリーランスをまとめてみた。

フリーランス

f:id:asiaasia:20160107192805j:plain

 

目次

 

フリーランスの意味

フリーランスとは、特定の組織に属さずに個人で知識や技能を提供し、収入を得て生活している人の事を言う。自ら事業を行っており、法人化していない個人事業主、または法人化した個人企業法人がいる。  

 

フリーランスの仕事

インターネットで行うデータの通信環境、インフラが整うに従って、仕事にも時間的、場所的な拘束が無くなって来ている。

▶ ウェブデザイナー

▶ プログラマー

▶ アプリ制作者

等、IT業界と呼ばれる分野にこうしたフリーランスが多いのは何となく理解出来るだろう。

 

ウェブデザイナーはウェブサイトをクライアントの希望通りのデザインに変える仕事である。もちろん、一から制作を任される場合もある。

プログラミングは作業を効率化するためのツールを作成する等、仕事は多岐にわたる。

アプリ制作はアンドロイド用、iOS用のアプリを制作する仕事である。フリーランスであればウェブデザイナーと同様に、こういったアプリを作りたいといったクライアントの希望を叶えるのが仕事となる。

 

以上の3つはIT分野の専門職になるか、これら以外にも様々なフリーランスは存在している。

下記ではネットを使って仕事を受注し、稼ぐことが出来る様々なフリーランスを紹介していきたいと思う。

 

イラストレーター(デザイナー)

ウェブサイトのデザインの際利用されるバナーやキャラクターだけでなく、パンフレットや個人がソーシャルのアイコンを書いてもらうために、イラストを受注する人は多い。

ただ、日本では絵を描くのが得意な人は多く、イラストレーターが供給過多気味ではある。案件ごとに貰える料金はそれなりにあっても受注が難しいといった現状がある。もちろん、それなりに実績を積み、受注しやすいような提案が出来るようになれば安定的に収入を得ることが出来るようになるだろう。

 

 LINEスタンプもイラストレーターの活躍の場となると期待されたが、生活できるぐらいのスタンプ長者となるのは並大抵の事ではないようである。  

 

 

ちなみに、はてなブログやTwitterでも使用している自分のアイコンは大手クラウドソーシングサイトを始める前の入口で利用する人が多いサイトを使い、500円で制作してもらった。全体的に単価が低いので、発注する側も受注する側も、このサイトはあくまで入口に利用するのが良いかと思う。

ここで実績を積み、自信が付いたら大手クラウドソーシングサイトである大手クラウドソーシングサイト等で仕事を探し、本格的なフリーランスを目指してみよう。もちろん、両方登録し、使っていくのもありだ。

 

f:id:asiaasia:20160107180945j:plain

500円で作成してもらったフリーライファーのアイコン。

 

この前あるデザイナー、イラストレーターと話した際には、ウェブ漫画や外国人へのタスクの方が儲かりそうとの事である。

才能を腐らせないためにはネットや世界へと積極的に出て行った方が良いのかもしれない。 実績次第で、それなりの報酬が貰えるタスクを任されるようにもなるはずだ。  

 

翻訳家、通訳者

英語はもちろん、最近は中国語のタスクも多い。観光業を中心に外国人も増えており、タイ人にかんしても2012年が26.6万人で2013年が45.4万人と71%の増加、2014年には65.8万人と45%の増加で、ここ数年間急激な需要の増加が続いている。ホテル、アミューズメント施設以外にも、不動産関連事業で海外マネーがどんどん入ってきているのだ。

インバンド(観光などで外から入ってくる人)が増えるに連れ、外国語パンフレットの作成やガイドなどの活躍の機会も増えている。この際、大手クラウドソーシングサイトで仕事を発注する企業や行政もあり、外国語の出来る個人にもタスクを受注するチャンスは増えている。

 

ライター

Webライターというジャンルが確立されてきた事により、次々と新しいライターが出て来ている。競争が激しい分野で単価が低くなりがちではあるが、人気ウェブライターとなればそれなりの収入が得られると思う。

f:id:asiaasia:20160107181347j:plain

ヨッピー(https://twitter.com/yoppymodelより)  

 

そこそこ有名なブロガーとなれば執筆の依頼もされるようになるので、ライターとして記事を書きたいのであれば、ブログのプロフィールなどでもどんなジャンルが得意か紹介文として書いておくと良いだろう。

 

Webライターなどを始める前、殆どの人が文章を書くという習慣を持っていないと思うので、アフィリエイトサイトの記事作成代行から自身のサイトの記事作成まで、まずは文章を書く習慣を付けるようにしよう。

Webライターについては下記記事も参考に。

 

広い意味での教育関連

コンサルタントやサロン等の言葉はネット上でもよく聞かれるが、こうした分野でも組織に属さず個人で仕事の依頼を受けている人は多い。某与沢さんの高額塾やSEO対策を含めたネットマーケティングを教える人もここへ属すだろう。

アフィリエイトの分野でも本業(アフィリエイト)より、こうした塾などで儲けている人は数多く存在している。この業界、知識を自分で利用して稼ぐよりも、有料の情報として教える側になる方が儲かるケースは多い。  

 

ネット以外にも事務所を構えて仕事を受ける事が多いフリーランス

▶ 弁護士、税理士等の法律関係資格の持ち主

▶ 建築家

▶ 探偵

これらは建前上事務所を構えて営業する事が多いだろう。信頼性も大事になる分野であるので、ネットだけで仕事を任せるのは気が引ける部分も多々あるためだと思う。

 

ちなみに、投資関連はフリーランスには該当しないと考えられるため、フリーランスへ含めていない。またブログやアフィリエイトサイト、ネットショップを含めたサイト運営で収益をあげている人達もここでは入れていない。

ブロガーなどはフリーランスに近い部分もあるかと思うが、仕事を受注して対価を受け取るといったやり取りが無い人も多いからだ。

 

仕事がないフリーランスとならないために

f:id:asiaasia:20160107191712j:plain

 

フリーランスで困るのは、仕事がなくなる事だろう。収入を得る方法が他になければ、当然として収入も無くなってしまう。

こうした理由からフリーランスの多くは複数のビジネスを行っている。例えば、ライターの多くは自身の媒体(サイト)を育てていたりするし、ウェブデザイナーやプログラマーもサイト運営(アフィリエイト)をしているケースは多い。

 

1つの専門で十分な収入を得られない場合にも、他の分野で収益をあげているかとは思うが、自身の能力を金額的により評価してくれる専門でお金を得たいと思うのが普通だろう。その方が仕事に対するやり甲斐も出てくるはずだ。  

 

フリーランスの収入を増やす仕事探し

フリーランスによる収入を切らさないようにするためには、営業もしくは付き合いが大事となる。営業は新規の顧客を獲得するために、付き合いは一度仕事を頂いた人からの紹介を含め、再度仕事を貰うために必要な事である。

ただ、こうした営業や付き合いが苦手でフリーランスになった人も多く、自分もその1人である。

つい昔まではこうした営業や付き合い無しに仕事を貰うことは難しい時代だった。しかし、最近クラウドソーシングサイトなどを利用し、評価が高ければそれなりにタスクを得やすくなっている。

 

また、積極的な営業をかけずとも新規顧客を獲得する方法がある。それがSEO対策を含めたネットマーケティングだどういう人を集めて、どういう情報を提供して、どうしてもらいたいかを常に考えながらコンテンツを作っていけば、仕事はもちろん広告からも収入を得ることが出来るようになるだろう。仕事探しが能動的でなくとも、受け身の状態で得ることが可能な世の中なのだ。

加えて、自分からの営業で仕事を得るよりも、相手から仕事を求められた方が報酬を高めに設定する事が出来るのは何となく理解出来るだろう。

 

営業や付き合いを否定するつもりはもちろん無い。日本ではまだまだ重要視されている部分である。しかし、フリーランスで収入が少なくて困っている人は、自分を高く売るためのソーシャルやサイト運営を使ったブランディングを行う方が、収入を増やす早道である事も頭に入れて置くべきだろう。  

 

フリーランスに興味のある人も実際にどのぐらい稼げるかはやってみなければわからない。会社によっては副業禁止規定もあるので全ての人には薦める事が出来ないが、副収入が欲しい人、将来的にフリーランスを目指している人はクラウドソーシングサイトへまずはデビューしてみてはいかがだろうか?

 

>>> 大手クラウドソーシングサイトを始める前の入口で利用する人が多いサイト

>>> 大手クラウドソーシングサイト

 

 

スポンサーリンク