読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

フリーターから「好待遇の正社員」として就職する最も有効な方法とは?

フリーター

f:id:asiaasia:20160128173033j:plain

 

本日はてな界隈を見ていると、学歴重視の新卒採用についての議論が盛り上がっていた。学歴はその人の信頼製性であり、新卒採用において、この偏重が無くならないのはやむを得ない部分もあるだろう。

待遇の良い正社員への道というのは就職活動中の大学生よりも、フリーターの方が切実に考えている人は多いように思える。フリーターは実際にフルタイムで働き、そのお金で生計を立てている人が殆どである。

 

フリーターから正社員を目指す場合、求めている職や待遇に値する優れた能力がある事をあなたは客観的に証明しなければならない。バイトの実務ではこうした能力を活かす機会がないので、ブログといった個人メディアを育てる必要があるかと思う。個人メディアが育てば待遇の良い正社員への道も確保されるはずだ。

 

社会的な地位の高い大企業にフリーターから就職したい場合は個人メディアを育てるだけでは十分ではない。むしろ、プロモーション力が桁違いに大きい大企業では個人メディアをリスクとしてしか捉えてくれなくなる。

フリーターが大企業への就職を目指すなら、その会社が今後構築したいと考えているであろう環境を自分が先に作っておくのが有効かと思う。要は大企業がこれから始めようと思っているであろうビジネスを先に行い事業を育てておくのである。大企業への就職にこだわるなら、これが最も有効な方法である。

 

下記ではこうしたフリーターから待遇の良い正社員になる方法、大企業への就職を目指す人向けに更に詳しく説明していきたいと思う。

 

目次

 

フリーターから正社員を目指す

f:id:asiaasia:20160827183246j:plain

現在フリーターをしている人の中には将来の事も考えて、正社員として採用される事を目指している人もいるかと思う。日本社会にはこうしたプレッシャーも未だに多い。 

普通の人なら給与の良い会社だったり、仕事内容が自分の好みと合うような職を求めるだろう。しかし、現実的な事を言えば、フリーターに向けに待遇の良い求人というのはほとんど無い。

もちろん、知り合いの紹介だったり、特別な資格や能力、他の人と比べて優れた点を持っている人はこうした職に就くことも出来るかもしれない。また、夜の仕事だったり、肉体労働なら給与の点では満足がいく場合もあるし、仕事に就いてから一生懸命働く事で、給与や待遇が良くなる会社があるのも否定しない。

それでも、キャリアの無いフリーターだったり、キャリアから外れた人が、待遇の良い仕事を求人で見つけるのは難しいというのは世間での一般認識のはずだ。

 

人は誰でも他人より優れた能力は持ち合わせている。ただ、多くの人は優れた部分があっても、客観的にそれを証明する事が出来ない。だから、職歴といったキャリア以外で評価される事もほとんど無いのだ。

 

正社員を目指す前になすべき事

キャリア以外を企業が評価してくれないのは、実際に優れた能力を持っていたとしても、勘違いだと思われているからだろう。口頭で良い事ばかりを並べても、信頼してくれる企業は少ない。従って、求めている職や待遇に値する優れた能力がある事をあなたは客観的に証明しなければならない。

 

スポーツ選手なら試合結果、クリエイターなら作品、科学者なら論文という形で実績を証明する事が出来る。一般人の場合こういった自身の価値を証明する場は今まで無かった。しかし、現代においては、ブログやソーシャルという形でそれを表現する事が可能になっている。

自身の得意な分野において、数十万PVを獲得するぐらいのブログを作れば、何度か仕事のお声がかかる事もあるだろう。広告業界だけではなく、あらゆるビジネスにおいて数字を持っている個人というのは重宝される数字はそのまま信頼に繋がるし、プロモーション、広報等を考えた場合も、費用をかけずに行えるという強みがある。要は、即戦力として企業は雇う事が出来るのだ。育てるコストもかからない分、新卒採用よりも待遇は良いだろう。

 

もちろん、どのようなブログを書いているかも就職を考える上では重要である。ブログやメディアを運営してそれなりのアクセスが得られるようになれば、そのメディアのジャンルに関連した企業との繋がりが出てくる。

自分自身の事で言えば広告代理店、タイの旅行代理店から何度か連絡をいただいている。そこから広告掲載の依頼やビジネスの相談だけでなく、社員という形での就職もその気になれば十分に可能かと思う。

 

まとめれば、好待遇での就職を希望するなら、興味のある業界で、フォロワー数の多いソーシャルアカウントやトラフィックを抱えるメディアを持つ等、影響力のあるブロガーを目指してみよう。こちらから求人へ応募するのではなく、向こうから求められるような人材になれば好待遇も見込めるはずだ。

もちろん、向こうから連絡が無い小さなメディアの運営者でも、求人への応募の際に実績としてブログやソーシャルは紹介した方が良い。これを就職後に、どう活かしたいかまで記載をしておくとより効果的だ。企業側が興味を持ってくれれば、面接時にそのことについて触れるだろう。

 

アメリカの有名大学では、将来のキャリアを考えてのブログ運営やソーシャル運用が普通となっている。電通は社員にツイッターをやらせているし、今後は日本の大学でも間違いなく、就活の武器として取り入れる人は増えて行くだろう。

 

フリーターが「好きな仕事」で就職するために

f:id:asiaasia:20141118004902j:plain

金正恩「好きなことで、生きていく」

 

学者という分野においても、学術的な実績は無くとも、メディアに露出している人が特任教授や教授として招聘される事は珍しいことではない。

専門学校卒だったタレントの「さかなクン」も東京海洋大学客員准教授に就任後、絶滅種とされていたクニマスの再発見にも寄与し、学者としてのキャリアへと進んでいる。この際、大卒、高卒といった学歴は考慮されていない。

  

「好きな仕事」で就職したい場合

ブログから有名人になり、タレント活動を始めて積極的なアピールをすれば、俳優を望んでいた場合も、仕事のオファーは来るだろう。抱えているファンや集客の望める話題の人材であれば、プロデューサーの目に必ず留まる。

ただ、スポーツ選手だったり、弁護士や医者等の専門職を目指している場合は、ブログをやることでプラスになる部分は少ない。素直に練習に励むか、資格ならばそれの勉強をした方が良いだろう。

 

ブログが全ての職へのアプローチに繋がるとは言わないただ、社会的な信頼性の無い人にとって、好きな仕事へ就職するための最も有効な手段だと個人的には思っている。

もちろん、就職するつもりでブログを書いても、そのまま十分な収入を得る事が出来れば、ブロガーとして生きていく人生もありだろう。

 

大企業への就職

http://api.ning.com/files/GTT*uiEbDrqF65QG9Z2mOPEep6-UKGEkgedZ8cqwD1wXXPQye*eElgo6dPfVsljM6-gBdiCv2krET6EVCUuukAHmuWZAI6di/google.jpg

 

ブランドのある一流企業へのキャリア就職を考えた場合、営業、広報能力だけでは難しい。有名企業の場合、ブランドとして構築されているため、世間へのプロモーションも比較にならないぐらい大規模なものとなる。そうなると、個人メディアはプロモーションとして期待されるよりも、リスクとして捉えられる可能性がある。

採用基準もより厳格だろう。悪く言えば、採用に柔軟性が無いとも言えるが、一個人が会社に及ぼす影響力は少なくなることから、当然といえば当然である。

 

フリーターから直接大企業への就職もケースとしては殆ど無いだろう。

それでも就職のための現実的な手段を考えるとすれば、その会社が今後構築したいと考えているであろう環境を自分が先に作っておくのが有効かと思う。そのために、まずはその入りたい企業を徹底的に調べる必要がある。そして、どちらの方向へ事業の人的、経済的資源を増やしているか予想しなければならない。

 

日本でプロ野球球団も運営するDeNAはネット広告需要の高まりから、キュレーションサイトというプラットフォームに目をつけた。キュレーションサイトはコンテンツが運営者の作業無しに増えていき、サイトが育っていくNaverと似たようなサイトである。

そして某キュレーションサイトを買収し、その後このキュレーションサイトの創業者をDeNAの取締役に就任させている。

就職を希望している企業が、海外展開を目指しているならば、先に海外でのネットワークづくりを始めておくのも良いかもしれない。現地で起業すれば、環境整備も理想的に進むはずだ。現地で起業した人が、大企業に買収された後、部長として本社に採用されたケースは商社をはじめ日本でも珍しくはない。

育てた企業が買収され、膨大なキャッシュを手に入れた上に、正社員の職を得る事も出来るのだ。

 

規制緩和の進んでいるミャンマーへは現在多くの日系企業が進出を検討している。こういった事業をやりたいという人にはチャンスかもしれない。

確かに、環境づくりには、ある程度資金も必要になるし、時間的に難しい人も多いだろう。その辺は出来る範囲で何をすべきか、個々のケースごとに考える必要がある。

 

フリーターの就活を考える

f:id:asiaasia:20160827185221j:plain

就活準備をする上では、やりたい仕事を明確にする必要があるし、秀でた能力や実績のない人は結果を出す必要がある。やりたい仕事が無い人はそれを見つける事から始め、人よりも優れた能力が無い人はそれを磨いたり、勉強する必要がある。

 

学歴やキャリアの無いフリーターが就活を考える上では、いかにして自分の能力を客観的に証明するかが、希望する職や待遇面での理想を叶えるために重要となる。元々能力ない人がフリーターをやっていると言い切る人もいるが、個人的な感覚としては、多くの優秀な人材がフリーターの中に埋もれていると思う。大卒、院卒等、他の人よりも専門的な知識を持った高学歴フリーターが多くなってしまっている現状もある。

 

全てのフリーターが希望する職、好待遇の職に就くのが難しいのは間違いないが、人材を生かせないのは日本社会にとっても大きな損失である。個人メディア以外でも、こうした自分の能力をプロモーションできる環境は求められているかと思う。

 

正社員という立場に拘らず、フリーターとして収入を立てていく予定の人は下記記事も必読である。

 

スポンサーリンク