読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

アフィリエイトで100万円以上稼いでいる人達が用いている手法を解説して行く

アフィリエイト

アフィリエイト 収入the money shotwww.flickr.com

 

アフィリエイトで100万円以上稼ぐ方法としては組織で稼ぐと個人で稼ぐ方法がある。

基本的に、月100万円以上まで売上を増やすには、時間のかかる記事作成などの作業を外注したり、パワーサイトと呼ばれる大型のサイトを運営する事で時間を効率化させなければならない。作業量(労働時間)を増やせば収入が増えるのはバイトでも言える事だろう。

 

下記ではこうしたアフィリエイトで月100万円稼ぐ方法として、作業量や効率化に重点を置いて更に詳しく解説していきたいと思う。

 

目次

 

アフィリエイトで100万円稼ぐ方法

アフィリエイトで月100万円稼いでいる人の多くは、

▶ 外注を利用して記事を書いてもらってたり、サイト、アフィリエイトの紹介ページをデザインしてもらっている

▶ 評価の高い中古ドメインを購入し、検索順位を上げたいサイトへリンクを張っている

 

上記2つを実践している。SEOの知識も殆ど持たず、これだけで莫大な額を稼いでいる人もいる。

記事、デザインは注文しない、中古ドメインも購入せず独力でサイト運営を行い月100万円以上を稼いでいる人ももちろんいるが、圧倒的に少数になる。

 

ちなみに、自分も外注や中古ドメインを利用していない。正確には外注は利用したことはあったが、記事にかんしてもやはり満足の行くレベルのコンテンツでなければ投稿する気にはなれず、結局全て自分で書くことにした。

現在もこれら外注したコンテンツは売上に貢献していない。

 

アフィリエイトサイト運営における外注や中古ドメインを利用した時の利点と欠点

外注の利用

f:id:asiaasia:20160819143509j:plain

 

アフィリエイターの多くが外注や評価の高い中古ドメインを利用するのは作業や効果の面でスピードが上がるからである。人を使って作業をシステム化し、Googleにおける検索順位を上げる事で、アフィリエイトによる収入を増やすのである。

 

アフィリエイトのサイト運営でもっとも時間のかかる作業はコンテンツ(記事)の作成である。これを外注すれば、その分の時間を別の部分にかける事が出来るようになるだろう。もちろん、サイトのデザインもそうだ。

 

ただ、コンテンツの構成やSEOといった集客、マーケティングにかんする作業は、安定するまで自分で行う必要が出てくる。記事作成やデザインを他人にやってもらうライター抱えた雑誌の編集者としての役割になると考えればわかりやすいかもしれない。

ちなみにマネジメントも他の人に行わせ、組織化まで持っていければ収益は自動で発生するし、そのままアフィリエイトサイトごと売却することも可能である(月の売上✕10倍が売却額の目安とされる)。

 

外注をコントロールしてコンテンツの供給が安定すれば、時間のかかる作業の多くの部分を自動化させる事が出来る。そうなれば、1人では考えられない作業スピードになるはずだ。  

 

中古ドメインとその使い方

中古ドメインを上手く利用すれば、Googleの評価を偽装する事も可能で、検索結果で上位に表示させるまでの速度を早める事が出来る。

確かに、近年Googleのアルゴリズムの発達により、メインサイトを中古ドメインで運営する際の利点は薄れている。しかし、リンクを張るサテライトサイトとしては未だ有効で、Googleの目を誤魔化す事が可能となっている。

 

Googleにおけるドメイン評価のアルゴリズムがある限り、これを一律で否定する事は難しい。従って、アフィリエイトで稼いでる人の多くはこれを利用している。

 

評価の高い中古ドメインを勘で見つけるのは難しいため、殆どの人が取得ツールを利用している。

オールドドメイン・取得ツール

 

アフィリエイトで外注や中古ドメインを利用する事の欠点

月100万円以上稼いでいるアフィリエイターの多くがこうした外注や中古ドメインを利用しているが、素人には少々敷居が高くなっている。大きな理由はコストがかかるという点だろう。

コンテンツやデザインの外注にかんしては、1つのサイトを作成するだけでも数十万円はかかる。記事1つでも、数百円から数千円だ。

もちろん、記事は良質なものの方が好ましいわけで、そういったものになればなるほど高額になる。中古ドメインも1つ取得るだけで数万円はかかるのが普通だ。

 

また、外注はいろんな意味で安定させる事が難しい。まず、人とやり取りする事が必須になるわけで、良質な記事を供給してくれるライターに簡単に巡り会えるわけではない。

クラウドソーシングサイトを使うことでこうした案件を募集することは簡単だが、良質な記事を作成する評価の高いライターほど費用はかかる。中には自身でサイトを持って稼ごうと考えるようになるライターもいるはずだ。優秀なライターに一定報酬を与える事で囲い込みを行っているサイト運営者はどんどん増えて来ている。

 

安定という意味では、サイトにおける検索結果の順位を維持する事がより難しくなっている点もある。検索順位が安定しないのは、中古ドメイン等を使って外部評価を偽装しているからで、外部評価にコンテンツが追いつかなければ当然順位は下落してしまう。

コンテンツが良質でも外部評価の偽装をすればGoogleのペナルティを受ける事もあり得る。

 

売上の無い段階で外注を積極的に活用しリスクを取る事は資金に余裕が無ければ通常は出来ないだろう。良質な記事などを安定的に供給するためにも複数の外注ルートを構築する必要があるし、長期で取引をするためには信頼の構築も必要となる。

 

その他細かい部分でトライ・アンド・エラーは必要になるだろうし、すでに稼いでいる人の方が立場上有利である。

 

コストをかけずに独力で稼ぐ

自分はイラストやサイトデザインでたまに外注を利用することはあってもコンテンツの作成に関しては全て1人で行っている。中古ドメインも取得していないし、取材以外でのコストは殆どかからない。

 

ただ、収益が伸びる速度はある時期から急速に鈍化した。最近運良く某案件がブレイクし、それなりの報酬の伸びは経験したが、やはりコンテンツにしても1人で行う作業量には限界が出てくる。組織化してこの辺をシステム化しない限りは次の大台月1000万円を突破する事は難しいだろう。

 

現在10万円以上の収益をあげているサイトをいくつか持っている。まだまだ収益に伸びしろはあるが、コンテンツの供給速度をこれ以上あげるのは個人的に限界を感じている。

 

ただ、1人でのんびり稼ぐには満足の行く収益をあげているし、当然のことながら組織化する事で面倒なやり取りは増える。更に稼ぎたいとは思えないし、このままの作業量でコツコツ増やせるだけ収益を増やしていければと良いと思っている。

 

1人で月100万円アフィリエイトで稼ぐ方法

コストの問題や自分の活動に幅を持たせたいという理由で外注や中古ドメインを使いたくないという人は多いだろう。しかし、はじめにも述べたとおり、月100万円レベルで稼いでいる人では、こうした外注や中古ドメインを使わない人が少数派である。

 

難易度がより高いのは確かだが、1人で月100万円以上稼ぐためのポイントはいくつかあるのでそれらを紹介したいと思う。

 

パワーサイトの構築

コンテンツの作成に時間がかかる以上、作成したサイト1つで稼ぐ額はなるべく多いほうが良い。要はパワーサイトと呼ばれる1つのドメインで多数のコンテンツを抱えるサイトを構築し、運営するサイト1つあたりの収益を増やすことが理想だ。

数十、数百のサイトを作成しても、ツールを使えばそれなりに作業の効率化は可能だが、1人ではトータルの収益を伸ばしていくためのメンテナンスが追いつかなくなる。従って、少ないサイト数で大きな収益を目指した方が良い。

検索エンジンからの流入を増やすにしても、1個のサイトに100記事を入れる方が、10個のサイトに10記事入れるよりも効果は高い。

 

外部評価を高める事ができる自信がある人は複数のサイトを運営しても良いとは思うが、基本的には少ないサイト数でそれぞれにコンテンツを充実させていった方が効率は良いだろう。

 

運営サイトを常に成長させる

f:id:asiaasia:20150608195004j:plain

 

パワーサイトを構築して行く上でもっとも重要な事はサイトの成長を止めないという事である。ある程度のコンテンツを入れると、多くのサイトでアクセスもしくは収益が頭打ちになってしまうが、こうなってしまったら別のサイトで記事を投稿した方が良い。その方が労力を無駄にせずに済むからだ。

 

アクセスが頭打ちするのはテーマの需要やGoogleからの評価の低いコンテンツばかりになってしまう事により起こるが、これらはサイトを始める前に需要を見たり、SEOやマーケティングの知識で止まった後も回避できる可能性はある。

やはりブログにしても知識や経験が試されるのは、成長が止まった時だと言えるだろう。

 

アクセスアップよりも成長の維持

はてなブログ等でも、「月10万PVへ成長させるために僕がした3つの事」などブログのアクセスアップ記事が流行っているが、アクセス数はテーマやブログにおける環境に大きく左右される事が多いので、他人のノウハウはそのままでは参考にならないケースが多い。また、コンテンツを追加していけば、ノウハウなど無くとも、基本的には誰でもアクセスは増加させる事は出来るだろう。

あまり語られる事はないが、「アクセスの伸びが止まったサイトを再び成長させた方法」の方が参考になるはずだ。

 

成長が止まってしまっても、やり方次第では上手く再ブレイクさせる事も不可能ではない。そうなってしまったら出来ればその道のプロに、それが難しくとも他のサイト運営者に率直な意見を貰うのが一番良いだろう。別の切り口を考えるヒントになるかもしれない。

 

アクセス、収益の上昇が止まり、それに満足していないなら早めに対策を打つことが大事である。やはり独力となると、効率化のためのSEO等知識のインプットも必須になると考えた方が良いだろう。

 

100万円稼ぐ手段としてのアフィリエイト

f:id:asiaasia:20160819143734j:plain

 

作業の観点からすれば月100万円稼ぐために作業効率、アルバイトで言えば「時給」をいかにしてあげていくかが重要となる。時給を上げるために組織化する選択肢もあるし、自分の作業に付加価値を付けるといった方法もある。

 

サイト運営は、良質なコンテンツを作成する能力があがるという意味では付加価値を付ける事になるが、基本的には人と切り離したサイトが抱えるトラフィックを増やすことで収入を増やす事が出来る。

 

サイトは元々「土地」を意味する英語(site)から来ているが、これが示す通りウェブサイトも人が多くなれば不動産のように価値は高まって行く。

多くの人に土地へアクセスしてもらうため、そこに至るまでのインフラを整備する作業はそのままネット集客に結び付けられるだろう。街を作るシムシティのようなゲーム的な要素もあるわけだ。

 

また、月に100万円稼ぐビジネスを考えた場合、コストの問題はどうしてもつきまとう。コストをほとんどかけずに行うことも出来るという視点で見れば、独力で行える範囲のアフィリエイトは参入障壁が低いと言えるだろう。

 

アフィリエイトにより収入を得たい、増やしたいと思っている人も目標は人それぞれだ。収入を無限に増やすために、組織化を考える人も出てくるだろうし、安定的に一定の収入が得られるようになったら別のビジネスを始めたいと考えている人もいる。

目標は違っても毎月100万円の収入ルートがあれば選択の幅が広がるのは間違いない。こうした収入源を資金も信用も無い個人が確保する手段として、サイト運営はやはり魅力的だと思う。

 

安い記事の外注はCROWD(クラウド)で、長期で付き合う良質なライターを見つけたい人はこのクラウドソーシングサイトで探すと良いだろう。

 

ASPは最低3つ、案件やジャンルを覚えるためにも初めから登録しておくのが良いだろう。

>>> ASP1

>>> ASP2

>>> ASP3

どんな広告があるか、普段からチェックする癖を付けるべきである。より多くの広告を知ることで書ける事も増えるため、他者との差別化を行うことも出来るからだ。

 

アフィリエイト初心者は下記記事も必読である。

 

スポンサーリンク