読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

情報の整理と収集のためのツールとツールとしての情報の重要性について。

Twitter はてなブックマーク

Read the news,please?
Read the news,please? | Flickr - Photo Sharing!

 

ブロガーをはじめ、情報を発信している人というのは常に新しい情報を取り入れなければならない。頭の中にある情報だけでは、いずれ限界が来て、似たような情報だけになってしまうし、情報に新鮮さも無くなってしまう。

 

自分もサイト運営だけで収入を得るフリーランサーになって3年が経つが、この間新しい情報は常に頭に詰め込んで来た。

分野の異なる幾つかのサイトを運営しているが、このブログのテーマでもあるアフィリエイトやSEOの分野の情報は新しい情報が加わるだけでなく、古い情報が間違ったものに変わってしまう厄介な分野である。メインブログの主なテーマ、タイに関する情報も移り変わりが激しいが、この分野ほどではない。

 

ある程度この業界に詳しい人からも評価を得るにはやはりインプット量で大きな差がつくと思う。

 

はてなブックマークを使った情報整理

情報の収集方法は分野によっても大きく異るだろう。

メインブログのタイの情報に関しては、ネットはもちろん、紙面の情報からも大まかな情報しか得ていない。ディテールの部分は、現地で自分が直接見たり、聞いたりし、取材を元に構成している。

 

こうした取材のほか、紙面で得た情報も自分の場合はすぐにアウトプットしている。オフラインの情報は直ぐにメモを取らないと忘れてしまうからだ。

 

取材や浮かんだアイデアは全てEvernoteに打ち込むようにしている。Evernoteには自分が文字に起こしておくべきと感じた情報もアウトプットしている。

全てをオンライン上で公開するわけではないが、ここでの情報を繋ぎ合わせたものが記事になっている。

 

対してネット上の情報はコメント程度に残しておき、後から検索しやすくしている。基本的に読んだ記事の感想をTwitterでつぶやいたり、はてなブックマークなどに入れて情報を整理する。こうしておけば、後から情報にアクセスする事も難しくはないからだ。

 

インプットのアウトプット

アウトプットは記憶の整理には非常に役に立つ。

人間の脳に関するメカニズムは解明されていない部分が多く、記憶に関する事も同様だが、有力な説としては人間一度覚えた事は忘れないというものがある。その情報にアクセス出来る「キッカケがあれば」、いつでも思い出す事が出来るそうだ。

全てではないにしろ、キッカケがあれば情報を思い出すというのは多くの人も納得できるのではないだろうか?

 

このキッカケというのは文章など、たくさんの情報をインプットした際にはコメントとして残しておく事で作る事が出来る。例えば、はてなブックマークにもコメントという機能があるだろう。ここに、文章を読んだ時の要約や気になった事、覚えておきたい事等を打ち込んでおけば、後から見なおした時に情報の引き出し(思い出し)が容易となるのだ。

 

自分の周りではid:ideniziさんやid:hamachang1111さんがこのアウトプットというのをよくしているのを見るが、殆どの人が空欄でブックマークしていると思う。インプットした情報を忘れないためにも、容易に思い出せるようにするためにも、はてなブックマークをする際には読んだ記事の感想等を記載しておくべきである。

 

この数十秒で出来る作業は、積み重なれば膨大な情報量へ繋がる起点となる。仕事などで十分な時間が取れない人ほど、こうした情報の整理は普段からしておくべきだと思う。

 

Twitterにおける情報収集方法

情報はオンライン上で議論されたり、オフラインで議論される事の多いものに分けられる。

サイト運営周辺の情報に関して言えば、Googleの検索エンジンのアルゴリズムの分析(SEO)の話は日本だけでなく、世界中でかなりオープンで議論されているだろう。毎日のように新しい情報が出てきている。

 

対して、アフィリエイトで稼ぐ具体的な方法となると、どちらかと言えばオフラインで議論されており、ネットに転がっているのは怪しげな手法や古い手法ばかりだ。

 

オンライン上で議論される事の多い情報というのは、誰もがアクセス出来る情報であり、誰がどこから情報を得ているというのがわかれば、情報格差は生じない。SEOに関しては特にそうで、情報がネット上に氾濫しているのも事実だが、ちゃんと情報源を精査すれば情報の取得時間も短縮されるだろう。

 

オンライン上で取得できる情報に関しては、例えばTwitterを上手く使う事で有益な情報源を見つけることが出来る。

上記記事でも紹介したとおり、彼らの呟きを見ていると「誰がどこからどんな情報を手に入れているか」が大体わかる。そこからフォローを広げても良いだろう。

幅広くアンテナを広げ情報を収集していると、ネットで話題になる前日に情報を得る事も出来る。テレビでは2日以上の開きがある事も多い。

 

また、Twitterは情報収集以外にも、他分野の人と交流できるのが面白いと思う。自分も人気が出てきているYouTuberをフォローしたりしているが、YouTuberのアイドル化に驚いている。

 

この辺は表面上ではわからない。

 

他にもマンション事情に詳しい人や

 

同じアフィリエイト業界でも、

街金(闇金)で飛び込み営業を3年経験し、現在は女子向け美容系サイトで月300万円以上の収益をあげ、嫁子供放置で複数の愛人を囲うアフィリエイター・ぺぺりんなど。

 

99%以上が全く関係の無い、記事でも使えそうにない情報でも、何らかのヒントを得られるケースもある。

ただし、あまりにもハマりすぎると時間の浪費にもなりかねないので、注意が必要である(自分もしばらくはセーブする予定)。

 

情報を整理、収集するツール。ツールとしての情報

情報を整理、収集するツール

多くのアフィリエイター、ブロガーと同様に、このサイト運営という仕事をする前、自分は別の仕事をしながらの兼業だった。フリーランスになってからもアウトプット、サイト運営で言えば記事を書く時間はそこまで増えていない。

その代わり、自由な時間が増えてからは情報のインプットと考え事をする時間はかなり増えた。

 

カフェでネットサーフィンや人間観察しながらの考え事をするのが、毎日の日課となっている。本来なら、時間が増えた分をもう少し情報のアウトプットに使うべきだろうが、現状焦燥感が無いためそれが出来ていない。

 

時間が無い人、ブログの運営している人はほとんどがサラリーマンだと思うが、そういう人はインプットこそ効率的に行うべきだろう。アウトプットの時間を短縮すると、どうしても記事の質が下がったり、似たような情報になってしまうからだ。

 

スマートフォンが出てきてからは、はてなブックマークやTwitterの他、PocketやEvernoteなど、オンラインの情報を整理、収集するのも非常に容易になっている。今回紹介した方法はかなり基礎的な事だろう。

こうした情報を整理、収集するためのツールは、個々人に合わせて合う合わないがあるだろうが、新しいものは出来るだけ取り入れてみて上手く使いこなせる様になりたいところだ。

 

ツールとしての情報

エンターテイメント性の高い情報を含め、情報は人を豊かにする。近年はこうした情報格差があらゆる格差とより密接になっているように思える。

極端な事を言えば、競争社会において、ツールとしての情報を持たない人は必ず搾取される奴隷となる。情報はお金よりも強く、情報さえあれば、お金持ちからお金を合法的に奪うことも可能だろう。

 

絶え間なく流れる情報を精査し、情報自体を上手くツールとして使いこなせるような人間ほど、好き勝手に生きて行ける世の中がこれからも続くのは間違いない。

 

スポンサーリンク