読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊るバイエイターの敗者復活戦

アルバイトやアフィリエイトを含めたネット広告からの収入で生計を立てる人に踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。多くのWebマーケターに読まれています。不定期19時頃更新。

タイにおける人身売買と貧困の実態

タイ

traffic jam in bangkokwww.flickr.com

 

目次

 

本日(2016年2月3日)21時からテレビ東京で放送される水曜エンタ「今 知っておきたい 世界のキケン地帯に住む人々」にてタイの人身売買が取り上げられる。AKB高橋みなみがタイを訪問し、実際に売られた経験を持つタイ人女性に接触するとだけあって、日本でも大きな反響となるかもしれない。

 

これから放映される番組がどのような内容になるか詳しい部分まではわからないが、日本の今までのメディアでは、表面的な日本人の視点でしか、人身売買は語られていなかったように思える。

 

タイにおける人身売買の実態

f:id:asiaasia:20160131204053j:plain

Cops struggling to crackdown on trafficking gangs - Cyprus

 

タイの観光地バンコクやパタヤ、プーケットには貧しい地方から出てきている女の子が多い。こうした女の子の中にはかなり若い頃から夜の仕事に就いている子もいる。

 

お金が何よりも重要視されるタイでは、成人の女性が自分の意志でこの世界へと入るケースが多い。バンコクなどの比較的裕福な家庭で育った女の子でも、個人売春(日本では援◯交際とも言う)や風俗店で働き始める事はなんら珍しい事ではない。

 

ただ、未成年の時から体を売ってお金を稼いでいる子の場合、自分の意思でこの道に進むのは極めて稀である。ボーイフレンドに売春を強要されて働き始めた少女もいるが、多くのケースで実の親が親戚や斡旋業者を通して、風俗店に売る事から始まっている。

 

農村においては働き手として男の児童がほしいという需要があるが、ほとんどの斡旋業者が女の子を集めている。これは身体を売る仕事が可能であり、女の子の方が稼げる額が大きいからだ。親はお金のために少女を売ることで、代わりに稼いでもらうのである。  

 

タイでは100万円ぐらいあれば、地方なら1年は暮らしていく事が出来る。こうして売りに出される女の子の月収が親の10倍以上になる事は多々ある。

親の同意の元で売られた場合、子供がその環境から逃げ出すケースも殆ど無い。実家にも戻れず、逃げる場所がないからだ。

初めから1人暮らしを始める子はおらず、新しい環境では同じ境遇の子たちと家族のように暮らしていく。そこで「ねーさん」や「ママさん」といった形で新しい家族が出来る。

環境に慣れる頃には生活水準も上がり、昼間の職では満足な生活が出来なくなってしまう。

 

こうした売られた経験を持つ子でも、タイ人は両親を本当に大事に扱う。家族からの仕送り要求には嫌々ながらにも応え続ける。親の金銭的な問題は常に付きまとい、大人になってからも、この環境から逃れられなくなってしまうのだ。

 

日本人の知らない人身売買の背景

f:id:asiaasia:20160131204347j:plain

人身売買のためにタイへ運ばれていたミャンマー、バングラデシュ人 Thailand indicts 72 people over human trafficking - BBC News

 

日本人の感覚で言えば、そういう職に就かされる事がわかっているのに子供を売るなんて信じられないと思うだろう。しかし、それは貧困の恐怖を知らない日本人から見た一方的な意見である。

 

子を売る親からすると、考えられる選択肢の中でやむを得なく選択した場合が多い。もちろん、良心の無い親が子供を何のためらいもなく売りに出すケースも無いとは言わない。

 

日本で生活費やローンのためにお金を借りる場合、方法としては様々なプランが考えられる。一般的には銀行や消費者金融、クレジットカードも含めたカードローンが多いだろう。万が一返せなくなっても自己破産という手段があり、債務者も法律的にしっかり守られている。  

 

ではタイではどうだろうか?

 

まずタイではお金を借りる場合には親戚や知り合いに頼む事から始める。

「金を貸してほしい」と言ってる人が親戚の中に必ずいるのがタイだ。膨大な家計債務は以前からタイで大きな社会問題になっている。

親戚に金持ちがいれば資産を親族で共有するのが当たり前だと思っている人もおり、資産の格差が身内ではあってはいけないと考えている。従って、日本人などお金のある外国人に嫁いだ人がいれば、実家への仕送りも当然求められるだろう。

 

家族や親戚をはじめ、身内を大切にするタイ人の多くは、嫌々ながらも多少の金は渡す。それでも足りなければ、金融機関も検討するが、ここで借りる事が出来なければ、地元のチンピラがやっているようなヤミ金にも手を出してしまう。

身内の場合も、もちろん取り立てもするが、返してくれなければ諦めるしかないと考える人も多いだろう。しかし、中には必ず返すように迫るのもいるし、ヤミ金であれば当然取り立てが始まる。

 

親戚内同士で揉めるレベルで終わればいいが、「取り立てのプロ」が入って来ると、債務を是が非でも回収するため、逃げられないように監禁される事もある。様々な選択肢を迫られるが、もしそのプロが先進国へ国際的なネットワークを持っていれば臓器売買の強要もするだろう。  

チンピラレベルになると状況は更に酷くなる。本人が強制労働を希望しても組織にネットワークがなければその道はない。

臓器を売るネットワークも無いし、強制労働を斡旋するルートもない。となると、女性なら置屋などの風俗店に売られ、男性なら債務者の足を切断して街中に放置し物乞いにさせるという見せしめのような事もさせられる。

普通に資金の回収コストからすれば、このような方法を考えるはずがないが、彼らの知識はそこで止まっているのである。

 

バンコク等都市部の観光地には、子供連れの女性や子供の他、体の一部を欠損した物乞いも多い*1。朝特定の場所に放置し、夜になるとその人が生活できるぐらいの最低限のお金を残し、集めたお金のほとんどを回収する。こうした物乞いをあたかも自動販売機のように街のあちこちに置いて、稼ぎを得ている組織も存在するのである。  

f:id:asiaasia:20160131185219j:plain

バンコクの繁華街を彷徨う片足のない物乞い。

 

警察に行けば楽だともわれるかもしれないが、こうした一連の行為は警察だけでなくタイ国軍もすでに認識している事が多い。もちろん、直接的な関与は出来るだけ避けるが、繋がりを通して間接的に利益を得ている。この場合、政府の圧力がなければ取り締まる事はまずないだろう。

政府の圧力があるのも国内外のメディアが騒いだ時ぐらいであり、人身売買に限らず、タイのFacebook等のソーシャルでは警察を動かすために様々な問題が提起されている。

 

タイ国内の人身売買は個人間の契約が多く、問題はそこまで表面化しない。どちらかと言えば、ミャンマー人やラオス人など国を跨いだ人身売買がメディアに取り上げられている。

去年特に大きく取り上げられたのが、タイの隣国ミャンマーのイスラム教系少数民族「ロビンギャ族」の人身売買だった。これにはタイ陸軍も関与していた。

 

身体を売る女性たちの中には近隣諸国の女性もおり、小さい頃タイへ売られて来た人もいる。 大人になればある程度は自由の身となり、親に仕送りを送ったり自分の生活のために働いているが、この職を始めた理由がそういった形である女性も多いだろう。 

 

借金苦からの児童売買

強制労働や物乞いなりをして、本人が借金をチャラにするケースもある。ただ、子供がいる場合は子供を売る話も出てくるはずだ。子供を売るルートは、臓器売買や強制労働など高度な組織でなくても持っているため、選択肢の1つとなる事が多い。加えて、本人の負担は生じない。

何を強要されるかわからない状況では、子供を売って逃げたくなる気持ちも理解できなくはないだろう。

 

発展途上国における金の貸し借りほど怖いものもない。行政や司法に頼れば必ずしも、問題が解決するわけではない。法律上はチャラになっても、発展途上国では慣例が重視される。  

 

あなたがもし彼らの立場に立った時、子供を売るという選択肢を取らない自信はあるだろうか?それが最良の選択肢であると、納得してしまう可能性は誰でもあるだろう。 A street girl and her baby sister Saigon - A street girl and her baby sister begging by the road side(道端で幼い赤ちゃんと一緒に物乞いをする少女。ヤンゴン(ミャンマー))  

 

人身売買がタイで起こる理由

大手メディアが取り上げないのは、こうした問題はそのまま政府批判に繋がるからである。欧米系メディアはともかく、日本のメディアは他国の問題について、批判の矛先を明確にしないことが多い。

 

結果として、人身売買が日本の大手メディアで取り上げられる場合、「日本人による児童買春は世界の恥だ」「タイの大人はこんなに悪い人もいる」「タイは怖い国」というメッセージを送るだけで終わってしまっている。これだけでは何ら問題の解決にもならないだろう。

 

日本でもお金を借りる人がいるのと同様にタイでもお金を借りる人は当然いる。借金が返せなくなる人は日本にも沢山いるだろう。だが、弱者救済の環境がタイでは日本ほど整っていない。加えて、警察や軍の腐敗も問題解決の大きな障壁となっている。

 

発展途上国といった社会保障が満足に整っていない国では何よりもお金の力が強い。日本では様々なセーフティーネットがあるが、こうした国ではお金が無ければ落ちるところまで落ちてしまう。失うものが何もない彼らは重犯罪にも手を染め、社会不安も引き起こす事になる。

 

逆に、お金があれば幅広い自由が認められる世界でもある。警察や軍の腐敗は当然お金が絡んでの事だ。彼らには権力があるが、現在の給与に満足していない。有り余る力をお金に変えているのである。

 

お金による「力」のコントロールに制限をかけない限り、タイにおける人身売買の問題は一向に解決しないだろう。

 

追記

 

スポンサーリンク
 

*1:男性の場合、健常者では貰える額が少なくなるため、強制的に障害者にさせられる。もちろん、事故や病気で障害を負い、自主的に路上での物乞いをしている人もいる。