踊るバイエイターの敗者復活戦

少ない収入で生きてる人へ、主に楽天経済圏を利用した節約、新しいお金の稼ぎ方を提示し、踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。

バイトで生計を立てるということについて

正社員と比べた場合、バイトは広い意味での「保険」が効かない働き方である。例えば、会社員なら会社が潰れても、キャリアがその人の信用に繋がり、転職がスムーズに進むことは多い。スキルや能力のある人ならキャリアを進むにつれて増えた給与も地に落ちる…

オワコンになったイケダハヤトの現在における収入から資産までを考察してみた

イケダハヤトは高知に住む情報商材販売員、金融商品勧誘員である(イケダハヤト - Wikipediaより)。「情報商材販売員」「金融商品勧誘員」、Wikipediaにもあるこれら肩書は彼の収入源から見ても間違いではない。 もともとイケダハヤトはブロガーやアフィリ…

国民年金は払った方が良い理由

国民年金は自営業者やフリーターなどが加入する年金である。 国民年金の保険料は2019年10月現在、月1万6410円になっている。この金額は年収によらず一定なので、所得が少ない人ほど負担も大きくなる。年収200万円程度なら税金、国民年金を除く…

消極的株式投資で利益を出せる理由

著者はここ10年ぐらい、数日から数週間だけ保有し、売買を行う「スイングトレード」で損失をほとんど出していない。それどころか、最近はいくつかの銘柄で大きく利益を出した。 著者が短期(スイングトレード)の株式投資で損失をほとんど出さないのに加え…

PayPay残高の賢い使い方を紹介する

PayPay ペイペイ - YouTube PayPay残高には 1.PayPayマネー 2.PayPayマネーライト 3.PayPayボーナス 4.PayPayボーナスライト 以上の4種類がある。 PayPayマネーおよびPayPayマネーライトはチャージもしくは送金、わりかん機能で得たPayPay残高にな…

関西電力株を買うべきか?

関西電力の高浜原発(高浜発電所 - Wikipediaより) 電力会社株はインフラ企業として倒産の心配がほぼない点、および3%前後の高い配当利回りが魅力的になっている。配当性向で見ると、電力会社の中でも関西電力は特に高く、利益の20%から30%を配当と…

関西電力から変更を検討してる人が知っておくべきの電気料金

commons.wikimedia.org 日本では、関東は「東京電力」、関西は「関西電力」などと各エリアごとに家庭へ電気を小売販売する電力会社が決まっていた。しかし、2016年4月1日に始まった電力自由化以降、消費者も電力会社を選択できるようになった。 一般送…

ENEOSでんきと楽天でんきはどっちがオトクなのか?

電気料金の安い電力会社としてはENEOSでんきが有名である。関東エリアなら東京電力、関西エリアなら関西電力とレガシーの電力会社に比べても、ENEOSでんきは安い料金が設定されている。電力自由化以降も電力会社の変更をしていない人はENEOSでんきに変えただ…

消費税10%への増税後でも負担を減らせる方法を紹介する

2019年から飲食品・新聞を除き、原則10%の消費税が課せられる。 2%負担が増える飲食以外の必要性の高い消費として ・日用品 ・光熱費、水道、通信費 ・公共交通機関(鉄道、バスなど) などがある。増税前に駆け込みで消費した人も多いだろう。 し…

ヤフー ショッピングを中心とするヤフー経済圏へ入る前に知っておくべきこと

PayPayが使えるお店 ヤフーが提供するサービスやポイントで回る「ヤフー経済圏」。ここで中心になるのはヤフーショッピングというネットショッピングモールである。ヤフーショッピングでの消費は日用品の購入を中心に必要性の高い消費が多く、一定の条件を満…

増税前の買い貯めをする前に知っておくべきこと

2019年10月1日から消費税が8%から10%になる。軽減税率として、一部の商品・サービスは8%のままであるものの、多くの商品・サービスに10%が適用される。 商品やサービスが2%高くなるとあって、9月の月末に買い貯めを考えている人もいるだ…

Tポイントの最強に賢い貯め方を紹介していく

Tポイントは下記のように、店舗と電気・ネット・通信・ガス、決済、投資などで貯められる。 1.店舗:ファミリーマート、TSUTAYA、ウェルシア、ENEOS、吉野家、ヤマト運輸、エディオンなど 2.ネットショッピング、サービス:ヤフーショッピング、LOHACO、…

ヤフー経済圏は楽天経済圏よりも人を豊かにするのか?

楽天経済圏とは、楽天が提供するサービスや楽天ポイントで回る経済圏を言う。主に楽天ポイント(正式名称:楽天スーパーポイント)が流通している経済圏だ。 これに対して、ヤフー経済圏とはヤフーが提供するサービスやポイントで回る経済圏を言う。主にPayP…

楽天でふるさと納税をする前に知っておくべきこと

ふるさと納税においては、自治体レベルで現金に似た性質の返礼品が規制されるようになった。結果的に、現金に似た性質の返礼品は「ふるさと納税サイト」からしかもらえなくなっている。加えて、ふるさと納税サイトの中でも、汎用性の高いポイントを20%以…

楽天ふるさと納税は超ポイントバック祭開催中にすべき理由

楽天で開催される超ポイントバック祭では 1.エントリー と 2.楽天市場、楽天ブックス・楽天koboでの消費 3.楽天ふるさと納税における寄付 で最大+9%還元(通常時の1%還元と合わせて10%還元)を付与している。 SPU(スーパーポイントアッププロ…

堀江貴文の「時間革命」の知識で取り入れられそうなことを紹介していく

「時間革命-1秒もムダに生きるな」はホリエモンこと堀江貴文の時間や行動に対する考え方が述べられている本だ。 時間には「自分時間」と「他人時間」しかない。自分時間は好きなことをしている時間。他人時間とは好きでもないことをやらされてる時間である…

楽天Payによりすべての消費で5%還元を受ける方法【キャッシュレスポイント還元】

楽天Payでは2019年9月30日まで、楽天カードを支払元にすれば4%還元が受けれた。楽天カード分の還元を合わせると5%から6%還元になる。 2019年10月1日からはキャッシュレスポイント還元制度が始まり、楽天Payでも5%還元キャンペーンが新…

海外旅行した気分になる橘玲の小説を紹介する

橘玲(たちばなあきら)は投資関連、経済関連の著書が多い作家である。彼は財テクに関する著書の他、いくつかの小説も書いており、外こもり実践者、外国投資実践者の男性ファンも多い(自分を含め)。 橘玲の小説としては ・マネーロンダリング ・永遠の旅行…

キャッシュレスポイント還元制度により恩恵を受ける銘柄を調べてみた

2019年10月1日から始まるキャッシュレスポイント還元制度では国の予算により ・消費者還元補助(消費者への還元増) ・加盟店手数料補助(店舗の負担軽減) ・決済端末補助(店舗の負担軽減) ・事務経費補助(キャッシュレス決済事業者の負担軽減) …

DMM株よりも優れた証券会社を紹介する

DMM

kabu.dmm.com DMM株は国内株式と国内ETF・ETN・REIT、米国株式と米国ETFのみを扱う証券会社である。現状、投資信託や債券などの扱いはない(2019年9月現在)。 DMM株では国内株式および米国株式の取引手数料1%がDMM株ポイントとして貯まる。貯まった…

楽天スーパーポイントが日本最強のポイントである理由

現金へと交換できないポイントの中で、もっとも汎用性が高いのが楽天ポイント(正式名称:楽天スーパーポイント)だと個人的には思っている。 楽天ポイントの汎用性はクレジットカードの支払に使えるようになり一気に高まった。たしかに、クレジットカードの…

キャッシュレスポイント還元により楽天市場で+5%還元を受ける方法

楽天市場・キャッシュレスポイント還元特設ページ 2019年10月1日から消費税が10%に増税される。その代わりに、日本政府は2798億円の政府予算を使って、2019年10月1日からキャッシュレスポイント還元を行う。このポイント還元プログラム…

ソニー銀行で資産運用をする前に知っておくべきこと

ソニー銀行の優遇プログラムによりステージを上げる条件として、外貨や投資信託の保有がある。しかし、外貨では利益が非課税になるNISA制度の適用がなく、ペイオフによる補償も受けれない。また、投資信託の運用でも、銀行では投資者保護基金制度による補償…

【令和の3億円事件】3.6億円を持って逃げる方法を考えてみる

警備会社・アサヒセキュリティから現金3.6億円を盗んだ「令和の3億円事件」が大きなニュースになっている。この事件ではアサヒセキュリティの従業員である伊東拓輝氏に容疑がかけられ全国に指名手配された。 伊東拓輝容疑者(容疑者の公開写真) 彼はマネ…

ソニー銀行の優遇プログラム「Club S(クラブエス)」についてわかりやすくまとめて紹介していく

ソニー銀行の優遇プログラム「Club S(クラブエス)」では ・ステージなし ・シルバー ・ゴールド ・プラチナ の4ステージに分類される。一番下の「ステージなし」から「シルバー」「ゴールド」と上がり、「プラチナ」が一番上になる。 ステージが上がると…

楽天ポイントで公共料金や税金・社会保障費を支払う方法

電気、水道、ガス、通信費用だけでなく、一部税金・社会保障費については楽天ポイント(楽天スーパーポイント)での支払ができる。ただし、楽天の提供しているサービス以外については直接楽天ポイントでの支払ではなく、楽天カード(クレジットカード)や楽…

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックスファンド、どちらを買うべきか?

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド(愛称:SBI・バンガード・S&P500)が2019年9月12日より新規募集を開始する。 SBI・バンガード・S&P500はS&P500指数のパフォーマンスへの連動を目指すETF「VOO(バンガード・S&P500 ETF)」を投資対象…

2%還元を受けれるクレジットカード(デビットカード、プリペイドカード)を紹介する

無条件で2%還元を受けられるカード「Kyash」は2019年10月1日以降1%還元になってしまう。従って、現状、日本においては2%還元を受けれるカードはすべて「条件付き」になってしまった。 2%還元が条件付きのカードもお金の使い方によっては条件…

ウェルスナビを構成するETFについて詳しく紹介する

ウェルスナビの手数料は運用金額の年率1%(税別)を基準に、運用期間が長ければ0.9%まで、3000万円以上は0.5%にまで下がる。為替コストや取引手数料など、他の手数料は取られない。 ウェルスナビでは ・米国株 ・日本株、欧州株 ・新興国株 ・米…

証券会社などが倒産した場合、預けている資産はどうなるか?

銀行が破綻した場合、当該金融機関の財産状況に応じて、口座残高の支払を受ける。万が一、破綻した銀行が口座残高もほとんど失い、支払い能力がなかったとしても、1金融機関ごとに預金者1人当たり元本1000万円までを預金保険機構が補償してくれる(預…