踊るバイエイターの敗者復活戦

少ない収入で生きてる人へ、主に楽天経済圏を利用した節約、新しいお金の稼ぎ方を提示し、踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。

SBI

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドと楽天・全米株式インデックスファンド、どちらを買うべきか?

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド(愛称:SBI・バンガード・S&P500)が2019年9月12日より新規募集を開始する。 SBI・バンガード・S&P500はS&P500指数のパフォーマンスへの連動を目指すETF「VOO(バンガード・S&P500 ETF)」を投資対象…

SBI証券のNISA口座を最大限に生かす使い方を紹介する

SBI

「NISA口座」は国内外の株式・ETF、国内REIT・ETN、投資信託、外国株式が対象となる。毎年120万円で5年間、最大600万円が非課税となる。 「つみたてNISA口座」では一定の要件を備えた投資信託、ETFの購入ができる。毎年40万円で20年間、最大80…

SBIネオモバイル証券のメリット・デメリットを紹介する

SBI

SBIネオモバイル証券には約定代金(購入、売却)が月50万円未満なら手数料が月200円(税抜)と格安だったり、Tポイントで株式の購入ができるといった特徴がある。 こうした少額投資の利用に向いている一方で、「NISA口座の開設ができない」「外国の株式…

SBIネオモバイル証券の手数料から使い方まで詳しく述べていきたいと思う

SBIネオモバイル証券は国内株式、国内ETF(国内上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)、ウェルスナビ(WealthNavi)への投資ができる。ウェルスナビの投資先である海外ETFへは投資できるものの、外国株式や投資信託、債券の購入はできない。 また、1株単…

SBIポイントの賢い貯め方と使い方を紹介していく

SBI

SBIポイントはSBI証券とSBIポイントモールで貯められる。貯まったポイントは投資や商品・現金・他のポイントへの交換、募金にも利用できる。 SBI証券で手数料のかかる取引をしたり、投資信託の保有をすれば、SBIポイントを毎月コツコツ貯められる。SBI証券の…

住信SBIネット銀行の口座を開設すべき理由

SBI

住信SBIネット銀行はネット上で完結する様々なサービスを提供している。普通預金、定期預金はもちろん、外貨普通預金、外貨定期預金から住宅ローン、カードローンのサービスまでどこでも簡単に、安い手数料で利用できる。 住信SBIネット銀行ではスマートプロ…

ミライノ・デビットの最強に賢い使い方を紹介する【住信SBIネット銀行】

SBI

ミライノ・デビットは住信SBIネット銀行が発行するキャッシュカード一体型のデビットカードである。 年会費無料の ・ミライノ・デビット(Mastercard、Visa) と、年会費10800円(税込)の ・ミライノ・デビットPLATINUM がある。 ミライノ・デビットMa…