踊るバイエイターの敗者復活戦

アフィリエイトを含めたネット広告やアルバイトからの収入で生計を立てる人に、踊りながら生き抜くための知恵を紹介するブログ。

ニコ生のNERが進む配信者という生き方について


f:id:asiaasia:20141117220444j:plain

◆ NER = ネル ◆-ニコニコミュニティより)

 

NER(ネル)とはニコニコ生放送などで活動する有名配信者である。配信業で生計を立てており、収入源としてはニコニコチャンネル月額会費や配信サイト「ふわっち」からお布施、イベント出演料などがある。

 

この記事ではNERに興味を持っている人に向け

▶ NERの詳細なプロフィールから経歴

▶ NERがニコ生で行う配信内容

から

▶ 好きな事で、生きて行くNER

まで詳しく述べていきたいと思う。

 

 

NERの詳細なプロフィールから経歴

NERという名前の由来は

ボーカロイドの鏡音レンから。LEN(NEL)だと同名の方がいたので“REN”にして逆さ読みでNERとした。

NERとは (ネルとは) - ニコニコ大百科

とのである。

 

出身地は東京で、母親は仲宗根美樹という芸名で活動している有名な歌手である。5回の紅白出場経験もあり、現在は銀座のクラブのママもしている。 彼女は沖縄出身とのことである。

f:id:asiaasia:20141117221124j:plain

仲宗根美樹

 

小学生の頃は高学年から塾と家庭教師を雇い勉強に励む。その結果、慶應義塾中等部に合格する。そこから高等部へ進み、高校で1年留年後、そのままエスカレーター式で慶應義塾大学へ進む。

 

大学時代はイベントサークルを主催し、サークル活動に精を出し過ぎたため大学は10日のみしか出席せず2年で中退する。その後イベントサークルから派生した学生ビジネスで失敗し、120万円の借金を抱える。バイトの掛け持ちや会社員、さらには俳優等を経験、紆余曲折し25歳で1度目の自己破産をする。

 

自己破産後は7年間実家に引きこもりながらモーニング娘にハマりヲタ活動に専念。32歳で再びアルバイトを始める。このひきこもりから脱し、フリーターとして働き始めた頃にニコ生を始めた。

 

当時はフリーターのニコ生配信者として人気を集めていた。アーレフ(地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教の後進団体)本部へ酔った勢いて突撃するなど過激な外配信で話題を常に集めていた。

www.nicovideo.jp

 

34歳の時にオークション代行会社と身元整理のサービス会社を国の起業支援制度を利用して立ち上げる。フリーターから経営者(代表取締役)になる。

リスナーには会社を設立していたことは黙っており、ずっとアルバイトをしている(フリーター)と言っていた。

www.nicovideo.jp

 

上記動画は実は会社社長だったという発表と、現在の悲惨な会社の運営状況について楽観的に語っている。

オークション代行という事業では儲からず、初めは何人かの従業員を雇うが赤字は膨らみ1人で発送作業を行うようになった。会社は続ければ続けるほど赤字となったので、休眠状態にして再びアルバイトを始める。この時すでに、NER個人で負っている借金は1年足らずで1000万円以上となっていた。

 

生活費の捻出も厳しくなり家賃も払えなくなったことから家を追い出される。東京の千歳烏山にあるマンションを出た後は葛飾区立石にあるニコ生配信者専用住居「生主ハウス」でフリーター生活を始める。借金に関する様々な督促状を無視しながら、リスナーに紹介されたビルの清掃アルバイトで生計を立てていた。

その後、「配信では稼がない」という考えを変え、ニコニコ生放送で会員制のユーザーチャンネルを開設し、ユーザーからの会員費で生計を立てるようになった。女性配信者「ゆかちー」と埼玉県川口市で同棲を始め、「ふわっち」でのお布施配信やニコ生公式イベントの出演料で稼ぐようになる。

 

2017年12月、人生で2度目の自己破産をする。

 

2度目の自己破産はそれなりに収入がある状態だったので、リスナーからの批判も多かった。

2018年5月現在はゆかちーと破局している。

 

NERのお兄さん「國場一成」氏について

NERは本名や自宅はもちろん、学生時代や母親のことなど、プライベートを晒しながら配信をしている。しかし、病気で亡くなったお兄さんのことについては中々話そうとしなかった。

ただ、こうした兄の情報についても「少しずつ解禁していく」という言葉や「ギャル系雑誌S-cawaiiの編集長だった」という話も放送中に出てきた。

苗字は國場なので、もしやと思い「國場 S-cawaii」で検索したところ、お兄さんの闘病生活を綴るブログが出てきた。

SPIRIT☆JOURNEY(NERさんから公開の許可をいただいてます)

 

体調を崩し、診断を受けた時には肺がんの末期で余命を宣告されたとのこと。このブログは余命宣告されてから開設し、記事が綴られている。闘病中も必死に楽しく生きようとする姿に心打たれるものがあった。

 

このブログの中では弟NERにも触れている。

夢に挫折し、心の傷を負ったままそこから立ち直ることができず、実家にひきこもる弟。

弟は、親への負担を考え、ついに7年間のひきこもりから脱出して、ようやく働き始めて一人暮らしをはじめました。

 

病葉の絆|SPIRIT☆JOURNEY

NERのお兄さんについては、気になっている人も多いので、詳しくは上記ブログを見てもらえばと思う。

 

ちなみに、NERの母親は何度か離婚しており、お兄さんの父親とNERの父親は違う人物である。

NERの血が繋がった父親は2度目に再婚した元司法書士「白橋栄治」氏である。

白橋栄治

白橋栄治氏(www.mynewsjapan.comより

 

NERがニコ生で行う配信内容

NERの放送は基本的に雑談と呼ばれるラジオみたいなものである。近況の話から、アニメや声優、アイドルの話(自分はあまり詳しくない)の他、ゴシップ記事やニュースになってる話題について話して行く。

 

基本はカメラをつけてこういった話をしているだけだが、この雑談が面白い。お兄さんと知り合いだったというSPAの編集長との会話から、SPAという雑誌が紙面雑誌で唯一発行数が伸びている事もNERから聞いた話である。雑誌の発行数は減少傾向であるが、ここからどこにユーザーが流れているか考えた場合、やはりブログが大きいだろう。

 

自分のブログでは、こうした週刊誌的なアングラ系のネタやお役立ち情報、エロ情報も交えつつ、タイの情報を紹介する事でタイに興味はない人にも楽しく読んでもらうように工夫している。そういったテーマをハッキリさせる事でフィード購読者も獲得した。NERの話がブログ運営上のヒントにもなったのだ。

 

雑談以外には外配信と言って、ノートパソコンでニコ生の配信しながら近所を歩いたりもする。たまに、生放送を見ているリスナーが警察に通報したりして職務質問を受けたり、入った居酒屋、レストランに通報を入れ店員を使って店から追い出そうしたりトラブル的なことも多い。こういったトラブルもニコ生の醍醐味だったりする。

 

好きな事で、生きて行くNER

f:id:asiaasia:20141118004902j:plain

http://t.co

 

NERは放送すれば1万人以上を容易に集めることが出来るぐらいの集客力を持っていた。それに生放送分を動画としてニコ動やYouTubeに本人があげればそれなりに収益を得る事が出来る。1再生数あたりの報酬など、この辺に関してはニコニコ動画の投稿で稼ぎたい人が予め知っておくべきことの記事を参考に。

 

NERは元々こうしたアフィリエイトも含めネットで稼ぐことに関しては非常に消極的だった。それでも、ユーザーチャンネルへの参加を表明したのは、アルバイト生活の辛さと将来における不安があったと思われる。

高層ビルの窓ふきのバイトは体力的にも辛いらしく、放送でも度々弱音を吐いていた。また、将来における不安も大きいだろう。

 

ニコニコユーザーチャンネルへの参加表明

結局NERはニコニコユーザーチャンネルの取得に前向きになり、ついに次回第4弾の募集の際には参加の意向を表明した。

ニコニコユーザーチャンネル

ユーザー課金収益から、事務手数料14%及びこれに対する消費税額を控除した金額のうち83%をチャンネル提供者に分配。

運営は“振り込めない詐欺→振り込めます。”をキャッチコピーにユーザー(生放送主)への還元を謳っている。

月額課金を前提としているサービスである。

但し、無料コンテンツの配信や都度課金コンテンツの配信も可能。

ユーザーチャンネル開設にあたり、必ず最低1課金コンテンツを用意しなければならない。

ニコニコユーザーチャンネルとは (ニコニコユーザーチャンネルとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

簡単に言うと、ニコ生主が設定した月額料金でユーザーが登録をすると、その約7割がニコ生主に振り込まれるというシステムである。1000円に設定し、1人が入会すれば約700円がニコ生主に振り込まれるという事になる。月額の料金徴収になるため、毎月収入を得ることが出来る。

 

NERがユーザーチャンネルに参加を表明した理由

自分よりも年上であるが、この年代は将来への不安というものが常に出てくる。貧乏人は日本に生まれただけで幸せになれるの記事でも述べたが自分もそうだった。自分の場合は、物価の安い海外に住むことを目的に、サイト運営を始め、現状何とか上手く行っている。

 

収入は一向に増えないアルバイトの身、レールに外れ平均並みの位置に行く事も難しい。経済成長が止まったこの日本では、一方で利益が増えれば、他方では利益が減ってしまうという流れは変わらないだろう。公平性が失われた中でこうした収入の二分化が起きれば、当然の事ながら給料が低くても良いから好きな事をしたいという考えも生まれて来る。

 

アラフォーで普通の道に戻るということは現実的ではない。道を広げて「好きな事で、生きて行く」事を考えるのは必然だ。何者にもなれないという20代後半から50代前半ぐらいまでのレールに外れた人で、こういったフラストレーションを抱えている人は決して少なく無いと思う。そこにネットで稼ぐという生き方が上手くハマったのだ。

 

理想を目指し、あえて普通の道を外れていく中年の星「NER」。今後も彼の応援をしていきたいと思う。

 

NERさんのコミュニティ

 

ニコ生での収益化に関しては上でも紹介した下記記事も参考に。

 

スポンサーリンク