2019-08

SBI

SBI証券のNISA口座を最大限に生かす使い方を紹介する

  SBI証券は海外株式やETFなどの購入で他の証券会社よりも優位性がある。これはNISA口座においても変わらない。   「(一般)NISA口座」は国内外の株式・ETF、国内REIT・ETN、投資信託、外国株式が対象となる。毎年120万円...
SBI

SBIネオモバイル証券のメリット・デメリットを紹介する

  SBIネオモバイル証券には約定代金(購入、売却)が月50万円未満なら手数料が月200円(税抜)と格安だったり、Tポイントで株式の購入ができるといった特徴がある。 こうした少額投資の利用に向いている一方で、「NISA口座の開設ができない...
SBI

SBIネオモバイル証券の手数料から使い方まで詳しく述べていきたいと思う

  SBIネオモバイル証券では国内株式、国内ETF(国内上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)、ウェルスナビ(WealthNavi)への投資ができる。 また、1株単位(単元未満株)で購入しても、単元株数で購入しても手数料は「サービス利...
ウェルスナビ

ウェルスナビ(WealthNavi)に払う手数料の価値を「本気で」考えてみよう

wealthnavi.com   ウェルスナビ(WealthNavi)は同名の企業が提供する資産運用サービスである。10万円から資産運用が可能で、毎月決まった金額を積み立てる「自動積立」は月1万円から行える。 手数料は運用金額の年率1%(...
SBI

SBIポイントの賢い貯め方と使い方を紹介していく

  ※2019年7月Tポイントサービス開始以降に口座開設した人はSBI証券でSBIポイントの獲得ができなくなった。 それ以前に口座開設している人もSBIポイントによる還元は2019年12月末までとなる。   SBIポイントはSBI証券とS...
楽天

楽天カードで海外キャッシングを利用する前に知っておくべきこと

クレジットカードのキャッシング機能を使い、海外の現地通貨を降ろす場合にかかる手数料としては 1.ATM手数料 2.利息 がある。加えて、ショッピングと同様に 3.為替レート もカードブランドの基準レート...
外貨預金

外貨預金で本当におすすめできる銀行を紹介していく

  外貨預金は円安時、対外的なリスクを減らせる点や日本円よりも高い金利を得られる点、銀行独自のサービスを受けれる点で、すべての人が検討すべきサービスである。   外貨預金は海外現地の銀行だけでなく、日本の銀行でも行える。日本の銀行で提供さ...
セゾン投信

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドへ投資する前に知っておくべきこと

saison-am.co.jp   セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはバンガードのインデックスファンドを通し、世界の株式と債券へ半分ずつ投資する投資信託である。 セゾン投信という日本の独立系投信会社が運用、販売している。セゾ...
楽天

楽天SPUを完全攻略するために知っておくべき知識を紹介する

  楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)とは、楽天のサービスへの加入や利用を条件に、 1.楽天市場 2.楽天ブックス 3.楽天kobo 4.楽天ブランドアベニュー における買い物の還元率が最大16%にまで上がるプログラムである...
YouTube

YouTubeで収入を得る仕組みについてまとめて紹介していく

  YouTubeで収入を得る仕組みとしては 1.動画再生ページで表示される「広告による収入」 2.ライブ配信中に可能な「投げ銭(スーパーチャット、スーパーステッカー)」 3.月額課金される「チャンネルメンバーシップ」 4.YouTube...
タイトルとURLをコピーしました