踊るバイエイターの敗者復活戦

アフィリエイトを含めたネット広告やアルバイトからの収入で生計を立てる人に、踊りながら生き抜くための知恵を紹介するブログ。

はてなブログをPro(プロ)にすべきかどうかと、独自ドメインのメリットまでを初心者向けに述べて行く


はてなブログpro


はてなブログは有料プランであるProの契約をすると、独自ドメインを設定できたり、はてなブログ側の広告を外すことができたり自由度が広がる。

はてなブログではデフォルトドメインで運営することもできる。ただ、コンテンツを詰めて、サイトの資産を増やしていきたいなら、独自ドメインにすべきだ。

 

この記事では

▶ はてなブログ有料プランにおける利点と欠点

から

▶ 独自ドメインでブログを運営すべきかどうか?

まで、はてなブログProにする際に生じる疑問について、詳しく述べていきたいと思う。

 

 

はてなブログ有料プランにおける利点と欠点

はてなブログは有料プランにすることで、様々な機能が付与される。

この中から特にメリットのある機能をあげると

1.独自ドメインの設定ができる

2.はてな側の広告(GoogleAdSense)を非表示にできる

以上の2つがあげられる。

 

独自ドメインの設定ができる

はてなブログ・デフォルトのドメインは下記のようになっている。

http://○○○.hatenablog.com
http://○○○.hatenablog.jp
http://○○○.hateblo.jp

○○○は自分で決める事が出来る任意の英数字(一部記号)。

 

有料プランなら上記のようなデフォルトのドメインにする必要はない。上記○○○以外も含めて、自分で決めれる独自ドメインでのブログ運営が出来る。

 

はてな側の広告(GoogleAdSense)を非表示にできる

無料プランで表示されるGoogleAdSenseは、はてなが提供する広告である。よって、ここからの収入はブロガーには入らず、はてな運営側に渡ることになる。

また、デザイン上もこのような広告が表示されるのはジャマになるだろう。

 

ちなみに、はてなブログ側、自分側のGoogle AdSenseどちらのケースでも、Google AdSense広告がある場合はGoogle AdSenseの規約を守らなければならない。はてなブログ側のGoogle AdSenseだけが表示されており、ブログ内容がGoogle AdSenseの規約に違反している場合、はてなブログごとBANになる可能性もあるので注意しよう。

 

 

 

はてなブログ有料プランにおける欠点

利点に対して欠点は唯一つ。お金がかかるという点だけである。

1ヶ月分は1008円。この1年分をまとめて払うと30%OFFになり8434円。2年分をまとめて払うと40%OFFになり14400円となる。

f:id:asiaasia:20150815020734j:plain

 

1ヶ月1008円と考えると、1日約34円収入を得ることが出来ればチャラになる額である。GoogleAdSenseのクリック率がPVあたり0.6%、クリック単価が34円ぐらいなので(平均的な値。クリック率は広告位置、クリック単価はジャンルにより変化する)、だいたい167PVで1クリックされる。月5000PV程度あるサイトなら、有料プランにしてもその分をGoogleAdSenseから支払える計算となる。

 

独自ドメインでブログを運営すべきかどうか?

CL Society 29: Boy worried lookwww.flickr.com

 

はてなブログを有料にすることによるデメリットはお金がかかるという点だけである。有料にしても機能が追加されるだけなので、お金以外のデメリットはない。

料金も1年間まとめて払えば8000円程度になる。収益目的で運営するなら、そこまで大きな負担ではないだろう。Proにするかどうか悩むレベルなら、はてなブログProにすればよいかと思う。

ブログをある程度続けている人ならばProにするという選択肢は間違いではない。ここにかんしてはそこまで大きな議論にはならないはずだ。

 

問題はブログの運営を独自ドメインにするか、はてなブログ・デフォルトのドメインにするかどうかという点である。この点は独自ドメイン、はてなデフォルトのドメインそれぞれにメリット・デメリットがあるためどちらが良いとは一概には言えない。

独自ドメインにかんしては、その利点を正確に説明している記事が極めて少ないので、下記ではこの点を詳しく説明していきたいと思う。

 

独自ドメインのメリット

独自ドメインは自分の好きな英数字を設定できるため愛着が沸きやすいという点もある。これ以上の明確なメリットといえば、ドメインの所有権を持つことが出来るという点だろう。コンテンツを詰めて、サイトの資産を増やしていきたいなら、独自ドメインにすべきだ。

 

また、これははてなブログというプラットフォームを追い出された際にも復活できることを意味する。独自ドメインなら、はてなブログで運営していたとしても、記事だけでなく記事ページに付いた評価も引き継いで、はてなブログ「以外」へ移転できる。ドメインを使ってネットショップ等他の物販やサービスを提供する全く違うサイトを作成することも可能だ。

ドメインというのは土地のようなものである。その土地の所有者なら、そこで情報を発信しようが、物やサービスを売ろうが自由に使うことが出来るのだ。

 

はてなブログのドメインは、はてなブログが消滅すればそれと同時に無くなる可能性もある。しかし、自分で取得した独自ドメインであれば、年間1000円~程度の費用を払う限り(ごく小数の例外を除いて)、半永久的に無くなる心配はない。.comや.jpなどのトップレベルドメインでそのような話が出たことはないし、無くなった場合の影響を考えればほぼあり得ないだろう。

 

はてなブログのデフォルトドメインのメリット

はてなブログのデフォルトドメインはそれぞれ

http://hatenablog.com
http://hatenablog.jp
http://hateblo.jp

といったトップドメインに対するサブドメインとなっている。

 

サブドメインの利点は、トップドメインの評価をある程度引き継ぐことが出来るという点である。これにより外部評価を高めるような方策を行わなくとも、運営を始めた早い段階から検索エンジンからの集客が可能となる。実際、サブドメインのトップページをそれなりのキーワードで100位以内に持ってくる事は新規で取得した独自ドメインよりも簡単である。

ドメインの評価を高めるという過程が不要な分、はてなブログ・デフォルトのドメインの方が検索流入を得るというスタートダッシュがかけやすいと言えるだろう。

 

ちなみに、はてな以外のブログサービスではライブドアブログの一部やアメーバブログはサブディレクトリ型のURLとなっている。

 

サブディレクトリ型

http://blog.livedoor.jp/○○○/

http://ameblo.jp/○○○/

○○○は自分で決める事が出来る任意の英数字(一部記号)。サブディレクトリ型のURLの方がトップドメインの影響を強く受ける。

 

独自ドメイン、はてなブログのデフォルトドメインどちらがGoogleの評価を高めやすい?

はてなブログの場合、はてなブログのサービスを利用する上で、サブドメインを設定しなければならない。

このブログで言えば

トップドメイン bloglifer.net 

ブログのURL(サブドメイン) www.bloglifer.net

他にも、blog.bloglifer.net等のURLも可能でこちらもサブドメインになる。

 

ただ、はてなブログを独自ドメインで運営している人のほとんどは基本的に複数のサブドメインを設定していないだろう。トップドメインからサブドメインへとリダイレクトさせている人が殆どなので、ほぼトップドメイン=サブドメインの状態である。

 

はてなブログのデフォルトドメインの場合、相対評価で検索順位を決めるGoogleのアルゴリズムからすれば、同じはてなブログで似たようなコンテンツが現れた場合に、競合してしまう可能性が高い。同じ信用性の高いはてなブログのデフォルトドメインの力を借りて上位表示すれば、競合してしまうのは当然だろう。もちろん、大きくバズ等が起こって、元々のドメイン評価以外の部分でも評価がなされれば同一のドメイン同士でも上位表示は可能となる。

 

繰り返しになるが、あくまでも、はてなドメインの力を借りて上位表示したコンテンツ同士がぶつかるのである。独自ドメインの方がこうした競合が生まれない分、ある程度の評価が高まってからであれば有利だと言える。

 

結局、どちらで運営するにしても、評価されるようなコンテンツを作らなければならないのは確かである。いくら無料ブログの中でも評価の高いはてなドメインと言えど、ドメイン評価に頼り過ぎて低質なコンテンツばかりになれば、他へと多くのトラフィックを奪われることになってしまうのだ。