踊るバイエイターの敗者復活戦

アフィリエイトを含めたネット広告やアルバイトからの収入で生計を立てる人に、踊りながら生き抜くための知恵を紹介するブログ。

セミリタイアを「本気で」実現・維持するために知っておくべき条件を述べていく

ビーチの見えるセミリタイア

 

セミリタイアとは、完全にリタイアしないまでもリタイアに近い生活を送ることを言う。

収入を得るために仕事はするが、フルタイム労働などの仕事「量」を抑えた生活を送る生き方である。早期退職(アーリーリタイア)と同じ意味で使われる場合もあるが、早期退職後の「生活」を意味として含むことが多い。


セミリタイアの中心は40代から50代の人で、生活拠点を日本から物価の安い海外へ移し、投資や権利収入で収入を得たり貯金を切り崩しながら生活している。

最近ではネットがあればどこにいても収入を上げる仕組みが増えてきたので、若いうちから海外でセミリタイア同様の生活を送る人も増えている。

スキルの無い人でも、1年に何度か日本へ帰って短期バイトをすれば良いし、クラウドソーシングサイトなどを使う事で、海外へ拠点を移し、場所に縛られずに稼ぐことが昔よりも断然容易な時代になっているのだ。

 

この記事ではセミリタイアを実現するために知っておくべき条件として

▶ セミリタイア維持に必要な資金

から

▶ セミリタイアを実現・維持するための条件

についても詳しく述べていきたいと思う。

 

 

セミリタイア維持に必要な資金

セミリタイアに必要な資金

 

セミリタイアを実現すること自体は簡単である。しかし、すべての人がセミリタイアを実現した後、このような生活を続けるのは難しい。実際、セミリタイアを止め、フルタイム労働の生活に戻るケースは現状多々存在している。

理由としては「セミリタイア生活が馴染まなかった」場合もあるが、ビジネスや投資の失敗を含め、ほとんどが資金(お金)の問題でセミリタイアを止めている。

 

毎月支出以上の収入がある状態でセミリタイアすれば特に資産も必要ない。しかし、収入源を持たず、もしくは殆ど無い状態でセミリタイアするのであれば、ある程度の貯金は用意しておかなければならないだろう。

 

必要資金について

セミリタイア後「収入を得ずに」暮らすとなると、貯金を切り崩しての生活になるだろう。1年の支出✕セミリタイアで暮らす年数」の貯金が必要になる。

老後も一生貯金を崩した生活をするとなれば、40歳なら40年、50歳なら30年は最低でもみておいた方が良い。

 

海外で暮らすとして、例えばタイ(バンコク)での1ヶ月における出費は下記記事でも紹介している。


セミリタイア後、一定の収入が確保出来ている場合も、予め毎月の支出を予想しておくことは重要である。

 

タイは日本よりも物価が安いため外食、夜遊びを楽しむ等同じような生活をすれば日本よりもコストが抑えられることが多い。ただ、タイという国は非常に誘惑も多いので、日本にいる時以上に通ってしまい、お金を使ってしまう事もあるだろう。

タイ料理が嫌いではない人も日本人なら和食は食べたくなる。日本育ちの多くの日本人はそうだろう。現地へ長期に滞在すると、日本より値段が高くとも和食屋に通ってしまう人は多い。

 

また、数年分の貯金で生活している人は制限がない分危険である。毎月一定の収入がありそれで生活している人は収入の範囲内で制限が効く場合が多い。余分な資金がなければ、夜の誘惑が多くても耐えるしかないからだ。

しかし、使える資金がある人ほど、きちんと出費のコントロールをしないと無駄遣いをしやすくなる。

タイでは月5万円以下で生活している人が大多数だから、日本人も大丈夫とは必ずしも言えない。移住前に何度か「プチ移住」をして、出費の予測を予め立てた上で実行した方が良いだろう。

 

セミリタイアを実現・維持するための条件

セミリタイア後の労働

 

セミリタイアを実現・維持するためには出費を予測しつつ、一定以上の

1.資産

2.収入(仕事)

は確保しなければならないだろう。

 

十分な資金がない場合、資産運用等によって生じる利益だけで生活するのは難しい。資産が全くない、投資だけでは十分ではない場合は投資以外で収入を作る必要が出てくる。

 

セミリタイア後の収入(仕事)

主なセミリタイアのタイプとしては

1.不動産を所有し、家賃収入等を得ながら海外で暮らす

2.ネットで稼ぎながら生活する

3.貯金を切り崩しながら生活し、資金が底を付いたら日本へ帰り短期労働をする

以上の3つに分けることが出来る。

 

不動産を購入するなどすれば家賃収入など一定の収入があるだろう。サラリーマンを継続している人ならローンで不動産を購入し、家賃収入とローン返済の差額(利益)で暮らすことも出来る。

ローンで不動産を購入することは当然リスクもあるので、予め知識を身に付けておいた方が良いだろう。

 

 

 

こうした不動産投資出来るほど資産が無い人やローンが組めない人だと「ネットで稼ぐ」ことや「短期労働」が現実的なセミリタイア手段となる。

 

インターネット環境があればどこでも出来る「在宅ワーク」である程度の収入を作れば、セミリタイアも容易になるだろう。仕事をしながら、在宅ワークである程度の収入を作っておけば資産を作る事も出来るし、セミリタイア後の収入源の確保も可能となる。

在宅ワークに興味のある人は下記記事も必読である。

 

現在は場所に縛られないで稼ぐ手段は増えている。セミリタイア前に需要のあるスキルを身に付けるのも1つの手段だろう。

 

どんな案件があり、どのぐらいの報酬を得られるのかを知りたい人は30秒で登録できる大手クラウドソーシングサイトに登録し、早いうちからどんな案件がどれぐらいの報酬であるかチェックする癖を付けたほうが良い。

>>> 大手クラウドソーシングサイト

 

ネットで十分に稼ぐスキルの無い人でも、日雇いバイトであれば予め登録するだけで、いつでも好きな時に労働をお金に変えることが出来る。

 

住み込みで働き、住居費や食費もタダのリゾートバイトであれば、お金を貯めることに集中出来るだろう。

 

セミリタイア生活をより充実させるため、将来に向けて貯蓄を増やすためにはこうした誰でも好きな時に出来る短期バイトで資産を減らさない努力をすべきだ。

もちろん、これら複数の収入と組み合わせることも可能である。

 

セミリタイア後の生活

ソイブッカオ

観光地パタヤでも比較的物価の安いエリア。パタヤのソイブッカオにはマッサージ屋やバー、アパートが多く、昼間からビールを飲む欧米人等のセミリタイア者は多い。

 

資金の問題をクリアしたとしても、長期で海外に住んだことが無い人がいきなり外国へ行くのはおすすめ出来ない。言葉の問題はもちろんのこと、生活や食事、マナーや文化など海外では新たなストレスが発生する。

現地で仕事をしている人、現地の人と付き合ったり、結婚した人もこれらで苦労している人は少なく無いだろう。

 

日本でサラリーマンやフリーター生活をすればストレスを感じる。しかし、生活だけする、サービスを一方的に受ける側で生活すれば日本という国は海外よりも居心地が良い。公共のマナーもそうだし、サービスを受ける側になると、ストレスを感じることは極めて少なくなる。

海外には日本にはない魅力がたくさんあるが、必ずしも海外が日本より住みやすいわけではない。

 

十分な資産、早期退職後の収入確保だけがセミリタイアの条件ではない。将来に渡り、その国でそのライフスタイルを維持する事が出来るかが、もっとも重要なポイントなのである。

 

スポンサーリンク