踊るバイエイターの敗者復活戦

アフィリエイトを含めたネット広告やアルバイトからの収入で生計を立てる人に、踊りながら生き抜くための知恵を紹介するブログ。

WordPressでおすすめのサーバーとテーマを教えよう【面倒な作業なしにサイトの高速化!】


f:id:asiaasia:20160116192958j:plain

 

ブログ等サイトにおけるページの読み込み速度はPVに影響するだけではない。ページが重ければ広告が表示されない割合も増える。加えて、遅いこと自体を理由にGoogleにおける検索順位を下げられるデメリットもある。

アクセスはもちろん、収入を考える上でもページの読み込み速度は無視出来ないのだ。

 

こうした速度に最も影響するのが「サーバー」である。逆に言うと、サーバーさえちゃんとしたものを選べば、始めからサイトの高速化が出来る。また、「テーマ」もWordPressにおける速度を決める上で軽視できない。

 

この記事ではこうした様々な点で重要な速度を重視してWordPressを運営したい人に向け

▶ WordPressでおすすめのサーバー

▶ WordPressでおすすめのテーマ

について詳しく述べていきたいと思う。

 

 

WordPressでおすすめのサーバー

WordPressを運営する場合、殆どの人がレンタルサーバーを利用している。

WordPressはPHPで開発されており、PHP7.0が2015年12月3日にリリースされた。以前のPHP5に比べ、2倍以上の性能向上や大幅なメモリ使用量の改善が行われたとしている。

レンタルサーバー及びWordPress向けのレンタルサーバーはいくつかあるが、上記サイトのようなPHP7の導入及び高速読み込みを早期に実現したのはWordPress専用の高速レンタルサーバーである。値段は月1000~1200円(1年分まとめて払うと安くなる)で複数のサイトを運営する事が出来る。もちろん、サーバー代の他にも、ブログを運営するならドメイン代がかかってくる。

 

また、このサーバーは無料で、かつ簡単に独自SSL化を施す事が出来る。

SSL化にあたっては様々な調整が必要になるが、これからサイト運営を始めようとしている人なら、初めからhttpsで運営した方が良いだろう。初めからhttpsで運営しておけば、移行にあたって生じうる不具合に殆どと言って良いほど悩まされなくなる。

 

SSL化はそれを行うだけでGoogleからの評価が上がり、優先的にインデックスされるといった利点もある。このWordPress専用の高速レンタルサーバーであれば無料で設定が行えるので、Googleから少しでも良い評価を得たいなら設定しない理由も無い。

 

WordPress専用の高速レンタルサーバーにおける注意点

WordPress専用の高速レンタルサーバーは始めから多くの機能を実装している。そのため、テーマやプラグインを新しく入れた際、不具合が生じてしまうことがある。

特に、キャッシュ系のプラグインは入れる必要がないので、こうしたプラグインを入れる際には注意してほしい。 

 

プラグインにかんしては普段から使わないものを停止し、削除する習慣をつけよう。プラグインを入れすぎるとサーバーに限らず不具合を起こす事も多くなる。

また、更新が長い間なされていないものはセキュリティ上も良くない。1年以上更新されていないプラグインは積極的に削除を検討すべきだ。

 

WordPressでおすすめのテーマ

f:id:asiaasia:20160116193715j:plain

 

WordPressのテーマとしては

▶ 比較的新しく、更新頻度の高い

加えて

▶ デザイン

が良ければ言うことは無いだろう。

 

これらを条件としておすすめなのがブロガー専用のWordPressテーマである。デモサイトを見たところデザインも気に入ったので購入することにした。値段は10800円(税込)で、楽天ポイントも使える。

 

最近ではソフトなデザインのサンゴも人気テーマだ。

 

サーバーとWordPressテーマの重要性とブログ運営

WordPress専用の高速レンタルサーバーはWordPressに最適化されているため、他のレンタルサーバーと比較しても速度は速かった。加えてPHP7との相性も良かったため、更なる高速化を実現したのだろう。

レンタルサーバーやテーマを選ぶ際には何と言っても速さを一番に重視したいところである。上でも述べたが、読み込み速度はPVだけでなく、広告の表示回数の増加や検索順位にも直接的に影響してくる。

サーバーの移転が必要なケースでは少々面倒な点もある。それでも、サーバーとテーマの変更だけで速度を改善したいと思っているなら、なるべく早く導入した方が良いだろう。

 

自由度が広がる分面倒な作業が増えるが、リスクを考え、ある程度独立してサイトの運営が出来るよう最低限の知識は身に付けておきたいところである。今後新しくアフィリエイトサイト等の専門サイトを作りたいと考えている人は、選択肢の1つとして検討してみてはいかがだろうか?

 

>>> WordPress専用の高速レンタルサーバー

>>> ブロガー専用のWordPressテーマ

 

スポンサーリンク