踊るバイエイターの敗者復活戦

少ない収入で生きてる人へ、主に楽天経済圏を利用した節約、新しいお金の稼ぎ方を提示し、踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。

Amazonギフト券は転売、オークションサイトで購入してはいけない理由


Amazonギフト券は転売、オークションサイトで購入すべきで無い理由

 

規約違反だからAmazonギフト券は転売、オークションサイトで購入してはいけないと言うつもりはないトータルで考えた場合に損してしまう、犯罪の手助けをしてしまうので、こうした転売サイトの利用はおすすめできないのだ。

転売、オークションサイトで購入しなくとも、Amazon公認のAmazonギフト券チャージタイプ、クレジットカードの利用でも還元が受けられる。更に言うと、楽天では安くかつ高い還元率で商品の購入も可能になっている。

転売、オークションサイトでのAmazonギフト券購入より、別の選択肢を取るべきだ。

 

この記事ではAmazonでお得に商品・サービスを購入する方法として

▶ Amazonギフト券の転売、オークションサイトでの購入

▶ Amazon公認のギフト券やクレジットカード、プリペイドカードで十分な理由

から

▶ 豊かになりたいならAmazonよりも楽天での消費を増やすべき理由

まで詳しく述べていきたいと思う。

 

 

Amazonギフト券の転売、オークションサイトでの購入

Amazonギフト券の転売、オークションサイトでの購入

 

Amazonギフト券をAmazon.co.jpが承認していないサイトで購入するのは規約違反である。Amazon.co.jpが承認しているのは自社ホームページを除くと、コンビニや量販店、ドラッグストアなどの実店舗である。

Amazonの規約に違反した場合、最悪Amazonアカウント停止の処置が下される。もちろん、ギフト券の残金が余っていた場合も、その分のお金は戻ってこない。

 

Amazon.co.jpは承認していないサイトであり、かつ詐欺など不正取得の可能性のあるAmazonギフト券が多数販売されているサイトとして

amaten

アマオク!

giftissue

の3サイトを名指しであげている。

 

また、Amazon側だけでなく、転売サイト、オークションサイト側でもギフト券の転売、オークションを規約で禁止している。

例えば、フリマアプリのメルカリやラクマではAmazonギフト券の販売が禁止されている。そのままの名称では出品自体がされていない。名前をごまかしても、通報を受ければ出品を取り下げられる。当然、買った後に不正取得されたものだとわかり無効にされても、補償はされないだろう。

 

以前、著者はアマテンで楽天ポイントギフトカードを購入し、楽天アカウントの停止処分を受けた。楽天ポイントギフトカードの転売も、楽天は規約で禁止していた。従って、楽天にはこの分の補償をしてもらえなかった。

アマテン側からは「出品者様より返金等の許諾が確認されたら」というのを条件に返金を認めてくれた。しかし、不正取得を認識している人が返金を許諾するのは考えづらいだろう。返金は限りなく難しいと考えた方が良い。

 

楽天は楽天ポイントギフトカードを転売サイトで購入しなくとも、圧倒的にお得な還元制度がある。楽天ポイントギフトカードを転売サイトで購入している、考えたことがある人は下記記事も必読である。

 

Amazonギフト券を転売、オークションサイトで購入した場合のリスク

Amazonギフト券を転売、オークションサイトで購入した場合、一番のリスクはチャージしたギフト券の無効化だろう。

例えば、

5万円のAmazonギフト券を転売もしくはオークションサイトで購入し、Amazonアカウントに5万円分チャージする。

Amazon側が不正取得したギフト券と判断し、Amazonアカウントの停止。

Amazonアカウントにチャージした5万円分のギフト券が無効になる。

になった場合で、5万円のギフト券を10%OFFの価格4.5万円で購入していたとする。この場合も4.5万円は戻ってこない。転売、オークションサイトを利用すれば、こうしたリスクが常に伴うことになる。4.5万円が戻ってこないという結果になれば、今まで転売、オークションサイトでオトクに購入した分もチャラどころかマイナスになってしまう可能性はあるだろう。

 

また、こうした不正取得のギフト券を購入することで、犯罪の手助けにも繋がっていく。彼らに利益を与える行為が社会において回りに回り、自分へと跳ね返ってくる可能性もあるだろう。

 

どうしても転売、オークションサイトでAmazonギフト券を購入したいなら?

まず、Amazonが名指ししていたようなamaten、アマオク!、giftissueは利用しない方が良い。なぜなら、amaten、アマオク!、giftissueには詐欺など不正取得によって得たAmazonギフト券が売られている可能性が高いからだ。

これらのサイトに詐欺など不正取得によって得たAmazonギフト券が多く売られているのは、他のサイトよりも「売りやすい」からである。これらの転売サイトでは完全に価格で選ぶため、安ければ安いほど、詐欺など不正取得によって得たAmazonギフト券の可能性が高くなる。ユーザーの評価や実績が見れず、トラブルが生じても新しくアカウントを作り直し、実績の殆ど無い人が大量に出品しているだろう。

逆に、ヤフオクなら販売履歴や評価を見て出品者から購入できる。低評価が少なかったり、販売実績が多数あるアカウントから購入すればある程度のリスクを下げれる。

 

また、ヤフオクは不正取得によって得られたギフト券でないとわかってから「承認(取引の終了)」を行える。しかし、amatenではAmazonギフト券を購入後、30分以上経つと勝手に取引が終了されている。これにより、後日不正取得したギフト券である事実がわかっても「取引の停止」ができなくなっている。

従って、どうしてもAmazonギフト券を買いたいなら、ヤフオクなど、販売実績や評価の見れるサイトで購入すべきだ。ヤフープレミアム会員になれば、トラブルにあったときに補償(お見舞い)も受けられる。

 

また、上でも述べたように、Amazonギフト券を転売サイトで購入した場合の一番のリスクはチャージしたギフト券の無効の無効だろう。従って、アカウントが停止になる前に使い切るのもリスクを下げるのに有効である。

Amazonギフト券を登録後、すぐに商品を購入する。チャージ分を使い切ってもアカウント停止の可能性はある。ただ、金銭的な損害は避けられるはずだ。

 

Amazon公認のギフト券やクレジットカード、プリペイドカードで十分な理由

Kyashとゴールドカード

 

ヤフオクでの購入やアカウントに反映後すぐに商品購入で消化した場合でもギフト券分の料金無効を避けられないケースは出てくる。今後も技術の発達より、こうした不正取得のAmazonギフト券を弾かれる確率が高まるなら、近いうちに必ず損するだろう。

こうした損するリスクを踏まえると、Amazon公認のギフト券を割引価格で購入したり、クレジットカード(プリペイドカード)で還元を受けた方が結果的に安くなる。

 

Amazon公認のAmazonギフト券チャージタイプ

Amazonギフト券チャージタイプ

 

Amazonギフト券チャージタイプなら現金による入金で最大2.5%の還元を受けれる。

Amazonギフト券チャージタイプ、現金で残高追加による還元率

Amazonギフト券チャージタイプ、現金で残高追加による還元率(Amazonギフト券チャージタイプより)

 

Amazonプライム会員なら4万円以上で2%、9万円以上で2.5%の還元を受けれる。

転売、オークションサイトでは5%から8%の割引額でも買える時がある。しかし、無効になるリスクを考えるなら、Amazon公認のAmazonギフト券チャージタイプでギフト券チャージをした方がコスパは高いだろう。

>>> 【Amazon公認】チャージタイプのAmazonギフト券が買えるページ

 

クレジットカード(プリペイドカード)による商品購入

AmazonではAmazon Mastercardクラシックというクレジットカードを発行できる。こちらのクレジットカードをAmazonで使うと2%の還元を受けれる。

クレジットカードを作れない人でもKyashと楽天銀行のVISAデビットカードを組み合わせて2%の還元を受けれる。

Kyash+クレジットカード(デビットカード)ではAmazonでなくとも2%還元を受けられる。Kyashは作成して損の無いプリペイドカードだ。Amazonに限らず、個人の消費はすべてKyashにまとめよう。

 

豊かになりたいならAmazonよりも楽天での消費を増やすべき理由

お金の負担を減らすならAmazonよりも楽天での消費を増やすべき理由

 

Amazonと楽天を比べると、一般的に下記のような特徴がある。

  Amazon 楽天
商品到着までの日数 当日、もしくは数日 数日から1週間程度
送料 Amazonプライム会員なら無料 商品合計額によって無料になる
最安値商品の見つけやすさ 見つけやすい 送料無料の条件もわかりにくく、見つけにくい
最安値商品の安さ 電子機器は楽天よりも安い商品が多い。それ以外は楽天よりも高い物が多い Amazonより安い物が多い。しかし、電子機器はAmazonよりも高い商品が多い。
購入における還元率 数%が限度 数%から数十%

 

まとめると、楽天はAmazonよりも最安値の商品が見つけづらく、送料無料にも条件を求められている。また、商品到着までに日数がかかる。しかし、電子機器を除き、楽天はAmazonよりも最安値で安い商品が多く、還元率も高くなっている。

 

Amazonは多くのユーザーにとって使いやすく、平等な価格設定をしている。

楽天は楽天サービスの利用状況ごとに還元率を変えている。金融から携帯電話まで楽天サービスを利用している人ほど楽天での還元率は上がる

 

商品を安く買えるだけでなく、還元率で見ても楽天の方が安い。Amazonギフト券を転売、オークションサイトで購入し、安値での商品購入にこだわるなら、楽天での消費増加も検討してみるべきだ。

 

Amazonと比べた楽天のデメリットをできる限り解消する方法について詳しく知りたい人は下記記事を参考に。