松村淳平氏主催・バイラルメディアBUZZ HOUSE閉鎖から学ぶ会社を学校にすることの功罪

松村淳平氏主催・バイラルメディアBUZZ HOUSE閉鎖から学ぶ会社を学校にすることの功罪 バイラルメディア

「会社は学校じゃねぇんだよ」発言で話題になったイケメン「松村淳平氏」が代表取締役を務める株式会社WAVEST。こちらの会社が運営する「BUZZ HOUSE」が本日2015年6月30日に閉鎖された。

f:id:asiaasia:20150630230009j:plain
松村淳平氏(https://twitter.com/junpei1114より)

 

3ヶ月で2000万円の赤字を計上した株式会社WAVESTの主軸事業が本日幕を閉じたのである。

 

BUZZ HOUSEが失敗した理由

BUZZ HOUSEが失敗したのは営利企業である以上収益化の失敗を意味する。広告収入を主とするメディア運営で収益化の失敗が意味するところは集客の失敗である。

では、BUZZ HOUSEが上手く集客できなかった理由は何だったのだろうか?

現在はすでにサイト自体が閲覧できなくなっている。以前のサイトを見る限りはコンテンツの薄さが目に付いた。コンテンツが薄いことにより検索エンジンからの集客ができなかったのも大きい。コンテンツはYouTube動画を貼って一言解説を加えただけのものや、お歳暮を紹介する見るからに広告臭のする記事ばかりだったので、当然といえば当然である。

バズらせることを目的にソーシャルを中心とした集客を目指した。しかし、これも予想したよりも伸びなかった。

 

同じパクりサイトでもキュレーションサイトの多くは検索エンジンからの集客を重視し、コピーコンテンツを含めたコンテンツを充実させてトラフィックを奪っている。BUZZ HOUSEの場合、恐らく元から検索エンジンからの集客を考えていなかった。ソーシャルだけで十分な集客が出来ると考えていたのだろう。これが裏目に出たのである。

以前にも述べたとおり、BUZZ HOUSEはクラスの人気者達が作り上げたコンテンツという印象が強かった。クラスの人気者がコンテンツを作ると、周りのみんなはそれを過大評価してくれる。集客の観点で言っても、クラスの人気者達が薦めれば周りのみんなも気を使って拡散してくれるだろう。

うわべだけを見れば確かに一流の人達かもしれない。

 

また、BUZZ HOUSEはそれなりに有名な人を使って、ソーシャルでの宣伝もしてもらっていたように思える。要はステマだが、これも上手く拡散には結びつかなったようだ。

オープンな場で集客を狙うために身内で過大評価すれば、それに釣られて訪問したユーザーの満足度は低くなる。第三者の目からすると、良いものでもないのに「良い良い」と連呼している奇妙な集団にも映るのである。

 

f:id:asiaasia:20150630203047j:plain
『BUZZHOUSE』 のエントリー – はてなブックマーク

 

コンテンツに莫大なコストをかけたにもかかわらずバズの中心ともなり得るはてなブックマークでは3つ以上のはてブが付いていた記事は9つしかなかった。ブロガー個人でも、1年で8個以上のはてブを獲得した人はそれなりにいる。検索エンジンのみならず、ソーシャルでの集客も失敗したのだ。

このような集客の見通しの甘さが収益化の失敗に結び付いたわけだが、この事業が「学校」だったと評されてもしかながないだろう。

 

松村淳平氏の会社は学校だった?

このBUZZ HOUSEを運営する株式会社WAVESTは100%サイバーエージェントの出資で設立されている。要は、代表者本人は全くお金を出しておらず、リスクを負わずにこれだけの資金を動かしていた。

下記に、お問い合わせをいただいた子会社の出資比率を記載いたします。 尚、現在53社の子会社がございます。

————————————————-

㈱WAVEST          100%

————————————————-
https://www.cyberagent.co.jp/ir/ir_bbs_detail/id=9149

 

株式会社WAVESTには4つの主要な事業がある。

・BUZZ HOUSE
・CANDY by Ameba
・メイクme
・TEENS TREND LABO

BUZZ HOUSE以外の3つの事業は現在も継続している。ただ、BUZZ HOUSEが主力の事業だったのは明らかで、ここに多くの資金や人員を動員したはずである。

 

f:id:asiaasia:20150106080614j:plain

親会社サイバーエージェントから莫大な資金を調達したにもかかわらず(1.33億円の出資。資本金は6500万円)、BUZZ HOUSEの提供したコンテンツはその分の価値を持たなかった。会社全体としては、わずか3ヶ月で2000万円の赤字を計上したのは最初にも紹介した通りだ。

「会社全体で」2000万円の負債だったとしても、本日運営を終了するまでの間BUZZ HOUSEへ数千万円という資金は注入しただろう。あのようなサイトに数千万円を使うというのは、サイト運営のプロはもちろん素人から見てもおかしいと思うはずだ。

 

アフィリエイターを含めたメディアサイトを作っている人達もここまでの金額を消費するならそれなりのメディアを作れる。恐らく1000万円の資金を使えば、稼いでいる専業アフィリエイターの多くは月100万円を売り上げるメディアを1年で作り上げれる。

長期で月100万円を売り続けられるかは別として、月の売上が100万円のメディアであれば1000万円で売却することも難しくはない。BUZZ HOUSEが売却ではなく閉鎖ということであれば、サイトとして資産価値を全く持たなかったということだろう。はてなブックマークを見てもそれはわかる。

 

使った分のお金に対する利益を上げられなかった時点で、松村淳平氏は会社を学校にしてしまった、実務のお勉強のために数千万円という学費を消費してしまったということになる。

 

会社を学校にすることの功罪

松村淳平氏は主軸事業を失ったことで、親会社のサイバーエージェントはもちろん世間からも冷ややかな目で見られている。しかし、それは会社を学校にした結果として当然と言わざるをえない。

 

某キュレーションサイトの代表者はコピーコンテンツの提供に徹することでお金の回収に成功している。日本のクリエイターが作成したコンテンツで稼いでいても、税金を払いたくないという理由でシンガポールに住んでいるのは明らかだ。しかし、彼女はシンガポールに移住したのは税金対策ではなく息子の教育、要は学校のためとしている。

村田マリがシンガポールに移住した理由とは?
今年10月、自身が創業した、住まいやインテリアに特化したキュレーションメディアiemoをディー・エヌ・エーに売却。これに伴い、ディー・エヌ・エーの執行役員に就任した村田マリ氏。実は、彼女はシンガ...

 

会社を学校のためにしても、子供を理由とすれば批判を避けれる。今でも彼女は自撮りとフォトショ、税金対策、会社の学校化に力を注いでいるだろう。

自己アフィリエイト、パクリサイトが行なっているブラックな中身を全て暴露する。
www.flickr.com 以前アフィリエイトをする人はアフィカスか?という記事でアフィリエイトを行っている人やサイトをカス、アフィカスと言うのはその人の無知から来ていると主張した。アフィリエイトを一括にして批判する事は、既存メディ...

 

汚いことをすれば成功への道が開けるかもしれない。しかし、自分が松村淳平氏に望むのは会社を学校にせずにもっと泥臭く、お金稼ぎをしてほしいということである。彼は少々「着飾り」過ぎていたと思う。ある程度拡散すれば盛り上がっている「雰囲気」に釣られて多くの野次馬も集められると考えただろう。しかし、クラスの人気者達の集まりでも「中身」がなければ、世間では評価されない。結局集客を「中身」ではなく、「外見」に頼った結果失敗したと言わざるを得ない。

着飾るためだけに数千万円というのはさすがに使いすぎだった。サイト運営に数千万円なんて費用は必要ない。しっかりとしたコンテンツ(中身)に、独自ドメインとサーバー代を含めた年1万円の費用で十分に可能だ。

 

失ったものを取り戻すために、彼にはアフィリエイターの多くが辿ってきたお金のない状態でコンテンツを武器にサイト運営を行ってほしいと思う。世間から甘やかされたからなどとの批判も受けているだろう。しかし、アフィリエイターの多くがアフィカス、物乞い、(スパマーではないのに)スパマーと呼ばれながら小銭を稼ぐことから始めている。

会社を学校化させただけで、事業失敗そのものを責めるつもりはない。ただ、泥臭くお金を稼ぎ、まずは使った分の人様のお金を取り戻すことが、新しい評価を作るための一歩のように思えるのである。

 

7月2日20時追記

この記事が予想以上の広がりを見せたので、BUZZ HOUSEみたいにサイト運営、メディア事業で失敗しない方法も記事にしました。「事業失敗に対して批判をするな!」とのご意見も多々ありますが、それに対する反論もしています。

某バイラルメディアのようにサイト運営で失敗しない方法を専業アフィリエイターが述べていく
 前回の記事ではバイラルメディア・BUZZ HOUSEの閉鎖理由について失敗要因を述べていった。この記事がFacebookを中心に予想以上の広がりを見せており、「そこまで言うなら失敗原因だけではなく、失敗しない方法、成功する方法を述...
タイトルとURLをコピーしました