踊るバイエイターの敗者復活戦

少ない収入で生きてる人へ、主に楽天経済圏を利用した節約、新しいお金の稼ぎ方を提示し、踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。

日払いバイトにおける「工場内作業」「スーパーでの品出し」「ティッシュ配り」「クレジットカード案内」の仕事内容を詳しく紹介する


日雇い「工場内作業」「スーパーでの品出し」「ティッシュ配り」「クレジットカード案内」

 

日払いバイトは地域や派遣会社によって仕事内容も大きく異る。都内になるとイベントの設営、案内スタッフは良く募集されている。郊外だと工場での仕事も多い。

一言に日雇いの仕事と言っても、様々であり、一概には言えない。

 

すべての日雇いを紹介するのは難しいため、この記事では

▶ 日払いバイトの仕事内容

として「工場内作業」「スーパーでの品出し」「ティッシュ配り」「クレジットカード案内」に絞って紹介するとともに

▶ 日払いバイトをしたい場合は予め派遣登録しておくべき理由

についても述べていきたいと思う。

 

派遣会社への登録からお金を受け取るまでの流れについては下記日払いバイトで即日給与を受け取る方法の記事を参考に。

 

 

日払いバイトの仕事内容

日払いバイトの仕事内容

 

下記では日払いの仕事のうち

1.工場内作業

2.スーパーでの品出し

3.ティッシュ配り

4.クレジットカード案内

の4つに分けて具体的に紹介したいと思う。

 

気になる日雇いがあるなら、住んでいる場所の近くで探して見ると良い。

>>> 日雇いバイトの求人一覧ページ

上記サイトはネット上で現場を選べ、具体的な時給から仕事の時間まで掲載されている。

 

 

 

工場内作業

日雇い工場内作業

 

工場内作業といっても様々な仕事がある。食品工場でコンビニ弁当を作ったり、工場での荷物運び、印刷工場での作業もある。

仕事の流れは派遣会社に現場へ入る連絡をし、当日決まった時間までに最寄り駅へ集合する(交通費はもちろん自己負担)。工場は郊外にあるのが普通なので、最寄り駅からミニバンなどで移動する。もちろん、最寄り駅から徒歩で移動できる現場もある。

 

現場で働くのは同じ派遣会社に登録している人だけでなく、別の人材派遣会社から派遣されている人、その工場で直接雇用され長期で働いている社員・バイトもいる。日払いスタッフが派遣されるのは、忙しくなり、人手が足りない時間帯や時期が主となる。

 

現場では毎回きちんとした説明があるわけではなく、何をするかもわからないまま呼ばれて作業場に付き、単純作業を繰り返すのが普通だ。着替えから仕事内容まで何をするかもわからず、はじめは棒立ちになっている人もいる。初めての現場では、何をすれば良いかを聞くために、同じ日雇いの仲間と積極的にコミュニケーションを取らなければならない。

コンビニ弁当の食品工場では1レーンに複数人が並び、流れ作業で1つの弁当を完成させる。ご飯の盛り付け担当から、オカズを入れる人まで1レーン通ったら1つの弁当が完成し、そのままケースに詰められて出荷される。

 

荷物運びの仕事はベルトコンベアで運ばれてくる物を指定の場所まで運ぶという作業になる。少年ジャンプなど、分厚い雑誌が20冊くらい束になったものをただひたすら運んだりもする。

都心部の工場はこういったコンビニやファストフード・チェーン店への配送物を扱う工場が多い。

工場での作業は体力を使う。普段運動不足で体力をつけたい人にはもってこいの仕事だろう。

給与は場所にもよる。都心なら8時間働いて1万円以上の現場も多い。

 

ティッシュ配り

街中でよく見られるティッシュ配りも、短期で契約している日払いが多い。プロモーションは常に行われているわけではないからだ。忙しい時期になると、日払いで募集をかけるため、日雇いの求人に登場する。

 

仕事はティッシュを配る現場へと直接集合する。駅近くが多いため、現場へは電車で向える。現場に集合し、簡単なあいさつを済ませたらすぐに仕事が開始される。

 

仕事内容も通行人にティッシュを配るだけである。仕事のコツなど教えてくれる人はおらず、説明なしにティッシュを配るよう言われる。ただし、アンケートと一緒にティッシュを配る現場では、その説明もなされる。

全てのティッシュを配り終われば仕事も終えられる。しかし、ストックは大量に用意されているため、時間内で配り切ることはほぼ不可能である。従って、基本的には時給制となる。

ティッシュ配りは工場といった室内での閉塞感が無く、色んな人を観察しながら行えるので、好んで行う人も多い。ただし、時給はそこまで高くない。  

 

スーパーでの品出し

スーパーマーケットでの日払いバイト commons.wikimedia.org  

 

スーパーでの品出しは割引きセールなど忙しい日に募集がかかる日払いバイトである。

冷凍庫、冷蔵庫に何度も出入りするので、ジャンパーと軍手は用意してくるように言われる。現場となるスーパーに直接集合し、軽く挨拶したらすぐに作業が始まる。 仕事は冷凍食品コーナーの売り場に立ち、陳列棚にある商品が少なくなってきたらバックヤードの冷凍庫に取りに行って補充する、それだけである。

賞味期限も気にしなくていいので、少なくなったものから補充する。基本的に、商品が無くなる前に補充しなければならない。ただ、ものすごく忙しいわけでもなく、適度に体も動かせる。良い担当者に当たれば、商品が無くなっても、それが長期間放置されなければ怒られることもない。休憩もマイペースに行える現場が多い。

時給も1000円以上と悪くない。ただし、スーパーが忙しいお昼前後や夕方の時間帯だけで、長時間働けないこともある。従って、大きく稼ぐのが難しい。

 

クレジットカード案内

日雇いクレジットカードの案内

 

クレジットカードの案内はデパート内でセゾンカードやエポスカードなど、クレジットカードの入会案内を行う仕事である。現場となるデパートに集合すると、詳しい説明から始まる。案内するクレジットカードの売り込みポイント、作業のフロー、申込書の扱い方などのレクチャーを受ける。クレジットカードの入会では個人情報を記入してもらうため、短期バイトといえども、規約に同意しなければならない。

 

具体的な仕事内容は、エスカレーターやレジの近くでクレジットカードを認知してもらい、興味がありそうなら椅子に座って詳しく説明、そのまま入会申込書を記入してもらう、という流れになる。

クレジットカードは「入会時に1000円分のクーポン発行」「今回のお買い物から5%割引」といった特典がついているため、カードを持っていない人は多少なりとも興味を持ってくれる。お客さんに良い印象を持ってもらうために、服装にも指定がある。スラックスやスーツスカートなど、フォーマルな服装が無難だ。ただ、現場ではスタッフ用の薄手のジャンパーが支給されることが多いので、上着はそれほど気を配らなくても良いケースもある。

 

時給は都心なら1400円以上もらえる現場もあり、肉体労働系でなくとも1日で1万円以上を容易に稼げる。継続して派遣してもらうためには外見はもちろん、派遣先での評価も重要となるだろう。

人当たりが良く、コミュニケーションに自信がある人におすすめの現場だ。  

 

日払いバイトをしたい場合は予め派遣登録しておくべき理由

日雇い登録のための書類記入

www.flickr.com  

 

普通のバイトでは最短でも3ヶ月以上という条件が多い。しかし、日払いの派遣なら1日からでも良い。通常のバイトよりも柔軟に仕事をする日、しない日を分けれるので、フリーターだけでなく、本業がある人の副業としても最適だろう。

 

日払いバイトというと、即日給与の印象も強く、すぐに現場へ入れるイメージを持つ人が多い。しかし、30日以内の短期では派遣会社への登録から始めなければならない。どの現場へ入るにも、登録手続きを行ってからでないと入れない。従って、いつでも働けるような状態にするため、派遣会社での登録作業だけは先に済ませておいた方が良いだろう。

 

おすすめの派遣会社は下記ページで興味のある現場から選べば良いだろう。

>>> インターネット上で数ある現場から好きな現場を選ぶ事ができる派遣会社

 

日雇いバイトの派遣会社へ登録する前に知っておくべきことについては下記記事を参考に。