踊るバイエイターの敗者復活戦

少ない収入で生きてる人へ、主に楽天経済圏を利用した節約、新しいお金の稼ぎ方を提示し、踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。

日払いバイトで即日給与を受け取ることはできるのか?


日払いバイトで即日給与を受け取ることはできるのか?

 

日払いバイトを行う際、気になることの1つに即日給与の受け取りが本当にできるかどうかの点があるだろう。

結論から言うと、

営業日時間中に派遣会社での登録作業を済ませ

かつ

その日のうちに入れる現場があれば

即日にお金を受け取ることも可能である。

ただし、当日は現場に空きがでなければ仕事へ入るのは難しい。運良く当日に現場が余っていたとしても、夜からの仕事であれば承認されるのも次の日になる。つまり、当日の現金受取はできない。

また、即日での現金受け取りの場合、500円前後の事務手数料などを余分に取られてしまうのが普通だ。

 

例外的に、登録無しで当日すぐに仕事へ入り、仕事終了後に現金が受け取れる地域もある。それが西成のあいりん地区における日雇いだ。

しかし、西成における日雇いは拘束時間から見た時給の安さの点で、通常の日雇いができる人にはおすすめできない。西成の日雇いには住所のない人、本名が言えない人、税金の申告をしたくない人向けになっている。

 

この記事では通常の日雇いにおける

▶ 日払いバイトで即日お金を受け取るまでの流れ

から

▶ 即日バイトで給料を貰う際の注意点

までを詳しく説明していきたいと思う。  

 

 

日払いバイトで即日お金を受け取るまでの流れ

日払いバイトで即日お金を受け取るまでの流れ

 

大手サイトを含め短期バイトでは「その日のうちに現金を受け取れる」と求人に書いているところは多い。しかし、こうした日雇いのバイトも、登録手続きから様々な工程を経てはじめて仕事へと入れる。

 

日払いバイトでお金を受け取るまでの流れから説明すると

1.ネットや情報誌などで、短期バイトの求人を探す

2.働きたい現場へとネット上のフォーム、メール、電話等で応募する

3.その現場を扱う日払い派遣会社から連絡があり(当日もしくは翌営業日)、派遣会社で登録作業を行う

4.こちらから連絡、もしくはネット上で現場を確認して、現在空きがある現場に入る。もしくは、向こうから「人員が足りていない現場に入って欲しい」という連絡があるので、そこへ入る

5.現場で働く

6.派遣先現場の責任者が問題なく働いたことを承認する

7.日払いで給与の受け取りを希望する旨の連絡を派遣会社へ入れる

8.当日もしくは時間帯によっては翌営業日に指定銀行口座へ振り込まれる(もしくは派遣会社にて、直接現金の受け取り)

以上の流れとなる。ちなみに、30日以上同じ現場のバイトなら、派遣会社での登録を通さずとも、働き始められる。30日以内の短期バイトでは派遣会社での登録が必要になる。

派遣会社への登録が翌日以降になれば、そもそも仕事へも入れない。

 

派遣会社では

・本人確認書類(免許証など)

・銀行口座番号がわかるもの(ATMカードもしくは通帳)

・印鑑

など、派遣会社訪問前に指定されたものを持参し、住所や給与の振込先銀行口座、年収等を紙面へ記載する。働き始めたらマイナンバーカードも要求されるので、時間に余裕のある人は予め作成しておいた方が良いだろう。派遣会社によっては登録時にマイナンバーカードの持参を求められる。

その日に派遣会社へ出向き登録作業をしても、働かなければ当然「即日」で給料は貰えない。朝に登録作業をしても、当日の現場はすでに埋まっているのが普通だ。従って、登録作業を済ましていない人は、給料を貰うまでに、通常は数日かかる(西成の日雇いは例外)。

派遣会社への登録だけなら先に行うこともできるので、金欠が予想されるなら前もって登録作業だけしておいた方が良いだろう。登録先としては、多数の現場から自分に合ったものを選ぶことができて、インターネット上で数ある現場から好きな現場を選ぶ事ができる派遣会社が人気である。

>>> インターネット上で数ある現場から好きな現場を選ぶ事ができる派遣会社

通常は派遣会社からメールや電話でその週や近日の仕事現場を知らされる。しかし、ここへ登録すれば、ウェブ上でクリック1つで入りたい仕事を決められる。利用者からすればネットで現場を参照し、選べるのは便利なはずだ。一度登録作業を済ませれば、その派遣会社の現場には好きな時に入れる。もちろん、自分の条件に合った日払いバイトだけに絞り、選ぶことも可能だ。

 

即日バイトの給料を貰う前に知っておくべきこと

即日バイトの給料を貰う際の注意点

 

即日バイトの給料を貰う前に知っておくべきこととして

・支払における手数料

・税金の支払、交通費の自己負担

があげられるだろう。

 

 

 

支払における手数料

日払いの仕事でも、支払いは原則として「月払い」となっている。週払い、日払いの場合は別途希望を出さなければならず、その際には月払いではかからない振込手数料以外の事務手数料を負担しなければならない。事務手数料は1回500円前後が引かれるのが普通である。

また、UFJならUFJ、三井住友なら三井住友など、派遣会社が指定する銀行は異なっている。振込先銀行が派遣会社と異なれば、更に手数料を多く取られる。1回500円程度の手数料でも、毎回日払いで受け取れば20日で1万円にもなるので馬鹿にならないはずだ。

借金の返済など、常にお金に急かされている人はともかく、多くの人は余分な手数料の支払いを避けたいだろう。日雇い(日払い)バイトでも、給与については通常のバイトと同じ形式(月払い)で受け取っている人は多い。

 

税金の支払、交通費の自己負担

日雇いの場合、給与から所得税も引かれる。

また、現場までの交通費は自己負担である。現場によっては給料に交通費を含めてあるものの、当日の交通費は自分で払わなければならない。

日給8000円の現場なら手元に残るのは6000円程度。自己負担した交通費を引けば実質5000円程度にまで減るケースも少なくはない。 

 

とは言え、手数料を気にしていられないぐらいお金に困っている人は、日払いのバイトでお金を得るのがもっとも手っ取り早い。派遣会社への登録作業だけは早めに済ませるべきかと思う。もちろん、近い将来に金欠が予想できるなら尚更である。

>>> インターネット上で数ある現場から好きな現場を選ぶ事ができる派遣会社

日雇いは通常のバイトよりも「辞める」のが簡単である。現場へ入らなければ良いだけだからだ。人員が足りないときは派遣会社から連絡はあるものの、入りたくないなら断れば良い。お金に余裕のある時だけ働ける。

 

ちなみに、日払いバイトの場合、年収500万円「以下」では原則として働けない。しかし、現状は年収500万円以下で多くの人が働いている。

この点については日払いと性質上同じ日雇いバイトの記事を参考に。