踊るバイエイターの敗者復活戦

少ない収入で生きてる人へ、主に楽天経済圏を利用した節約、新しいお金の稼ぎ方を提示し、踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。

【出会い系ブロガーたちへ】出会い系サイトとはどういうものか理解した上で出会い系アフィリエイトは行いましょう


f:id:asiaasia:20160629060725j:plain

uk.fhm.com

 

最近ブロガー間で、出会い系サイトやアプリ登録で報酬を得る「出会い系アフィリエイト」が流行っている。先日はてなからブログを非公開設定にされた八木仁平氏も、つい最近までは出会い系アフィリエイトが収入の柱であった。

しかし、八木仁平氏も現在は出会い系アフィリエイトを止めている。はてなブログから警告を受けて外した可能性の方が高いだろう。

彼と繋がりがある仲間の多くもこうした出会い系アフィリエイトを削除しているので、このアフィリエイトがはてなブログの規約違反になったと考えられる。

 

女性ブロガーでも出会い系サイトへの登録を促すアフィリエイトを紹介している人はいる。しかし、一般女性の多くは出会い系サイトの主な利用目的を知らないかと思う。この際ハッキリと述べる。出会い系サイトは個人売春・買春を目的とした利用者が半分以上である。

個人売春の盛んなタイにいる日本人女性でも、日本は(タイと違い)個人売春(援助○際)は殆ど無いと、援助○際をあたかも都市伝説のように思っている人は多い。しかし、日本では東京でも1回1.5万円程度で個人売春が普通に行われていて、その多くが出会い系サイトを介して出会っているのだ。

 

もちろん、中には結婚を前提とした真面目な交際を求めている利用者の多い出会い系サイトもあるので、全てとは言わない。実際、一部の男性・女性はこうした事実を知らずに、純粋に出会いを求めて利用し始める。

ただ、利用してみて、そういった行為が可能という事を知り、出会い系での買春・売春にハマっていく人も多い。

出会い系サイトを紹介するアフィリエイトの多くが、こうした行為を誘導していると言っても過言ではないのだ。

 

 

出会い系サイトの利用者たち

https://anniemaeblog.files.wordpress.com/2014/09/man-and-woman-holding-hand.jpg

anniemaeblog.files.wordpress.com

 

出会い系サイトの利用目的は純粋に出会いを求める人よりも個人間「売買」を目的とした人の方が多い。もちろん、出会い系サイトのコンセプトにもよるので、真面目な出会いを求めている人が多い出会い系サイトもあるだろう。

買春・売春は違法とは言え、刑事罰が無い(売春の斡旋は刑事罰もある)。刑事罰が無いのが理由からか、日本では数多くの売春が行われている。過去、自分がラブホテルでバイトをしていた時、こうした「一夜限り」のカップルを数多く見てきた。

女性側からすれば、1、2時間で数万円が貰えるケースもあり、普通のバイトをするよりも手っ取り早く稼げる。もちろん、確定申告はしないので税金も取られない。

男性側からすれば、風俗とは違って本番行為も許容されているし、のんびりとデート感覚で女性と楽しめるといった利点がある。恐らく、今後もこうした目的で出会い系サイトを利用する人は後を絶たないだろう。

 

出会いアプリでより一般化しつつある個人間の「売買」

東南アジアでは学生もバイト感覚で売春を行っている。バンコクのスクンビット通りにはこうした個人売春で稼ぐ娼婦が夜になると集まって来ており、通りを歩くだけで、こうした女性から日本語で声をかけられる。

f:id:asiaasia:20160629060259j:plain

バンコクにある出会い系喫茶とも呼ばれる「テーメーカフェ」の前。

 

ただ、日本や中国、ベトナムでもそうだが、こうした通りに立って男性に声をかける行為(立ちんぼ)を厳格に取り締まっている国も多い。従って、掲示板や出会い系サイトで夜の相手を探す。もちろん、これらサイトも警察に見つかれば即刻削除の対象となる。

こうした経緯から、最近では友達募集アプリという形で個人間のやり取りが多くなっている。スマートフォンがこれをより便利にしているのだ。もちろん、日本も例外ではなく、出会い系サイトからアプリへ流れた人も多いはずだ。

 

出会い系サイトだけでなく、こうしたアプリの紹介をするブロガーも多い。しかし、当然出会い系サイトへの登録と同様に、ブログサービスによっては規約違反になると考えた方が良いだろう。

 

出会い系アフィリエイトをやるという事

最初に紹介した記事でも述べている通り、出会い系アフィリエイトの報酬はアフィリエイトの中でも悪くない。八木仁平氏が紹介していたPairs(ペアーズ)の場合は

新規男性有料会員3021円、新規女性年齢確認1703円

となっている。八木仁平氏だけでなく、お金がほしい多くのブロガーが出会い系サイトの紹介に流れるのも無理は無いだろう。もちろん、アフィリエイターでも出会い系サイトを紹介している人は多い。

ただ、今後ははてなブログで出会い系アフィリエイトを行う人は殆どいなくなるだろう。

 

八木仁平氏はWordPressに移転してから、「ナンパ」や「相席屋」のキーワードで上位表示されていた記事で出会い系アフィリエイトを復活させるかもしれない。しかし、出会い系サイトを紹介するということはどういう事か、きちんと理解した上で行うべきだろう。

彼は高知新聞にも取り上げられた。多くの一般大衆向けメディアへの露出を実現させている。しかし、アダルトの要素が今後強くなっていけば、こうしたメディアからは声がかかることが無くなるだろう。

メディアだけでなく一般的なイメージでもマイナスになるはずである。上でも述べたように、日本の一般女性ではこうした出会い系サイトにおける本当の役割を知らない人が多い。これを知った時に八木仁平氏をはじめとする出会い系ブロガーのイメージは変わるはずだ。

 

もちろん、出会い系アフィリエイトをやるなという事ではない。ただ、出会い系アフィリエイトは

▶ ブログサービスの規約違反

▶ 人気ブロガーとして、一般化(大衆化)していく上でのマイナス

といったリスクから

▶ 売春行為を誘導する可能性

も含んでいるということだ。

 

出会い系アフィリエイトが稼げるのは間違いない。稼げるというのは非常に魅力的だが、このアフィリエイトの見えない部分には様々な要素が入り込んでいる。これらをきちんと理解した上で出会い系アフィリエイトを行うべきだろう。