踊るバイエイターの敗者復活戦

アフィリエイトを含めたネット広告やアルバイトからの収入で生計を立てる人に、踊りながら生き抜くための知恵を紹介するブログ。

仕事へ行きたくない人が嫌なことをせず、楽に生きるまでの道筋


f:id:asiaasia:20180807135528j:plain

 

仕事へ行きたくない場合、その原因ごとに対策は変わってくる。

仕事へ行きたくない人の多くは職場環境や仕事内容が原因になっている。この場合、転職だけでも改善するかもしれない。煩わしい手続き無しに会社を辞める方法もあるので転職は積極的に検討すべきだ。

ただ、就くことが出来る現実的な仕事すべてで苦痛を感じる人も多いだろう。こうした人は自分で事業を作るなど、コントロール出来る部分が多い仕事を始めるべきだ。また、なるべく働かない生活を目指すのも良いだろう。

 

この記事では

▶ 仕事へ行きたくないという問題を転職で解決する

▶ 転職しても仕事へ行きたくない状態が続く場合の解決方法

から

▶ 仕事をなるべくしないで生きていく方法

まで「仕事に行きたくない」という人に向け、具体的な解決方法を詳しく述べていきたいと思う。

 

 

仕事へ行きたくないという問題を転職で解決する

f:id:asiaasia:20180807135611j:plain

 

「仕事へ行きたくない」という感情を無くして生きていくためには、まず仕事へ行きたくない原因を特定する必要がある。問題を把握しないと、的確な解決方法を取ることが出来ないからだ。

仕事へ行きたくない原因となるものの多くが、職場環境や仕事内容によるものだろう。これらは職場環境を変える、つまり、転職をするだけでも改善する可能性がある。

 

転職をする

苦手な上司がいたり、職場の人間関係に悩んでいる場合は転職するための行動をすぐにでも起こすべきだ。仕事へ行きたくないと感じたら、転職エージェントへの登録だけでもしておこう。会社に属しながら転職活動することについては、なんら問題もない。職場を変えるための具体的な動きは出来る限り早く始めた方が良い。転職は良い条件のものがすぐに見つかるとは限らないからだ。

ただし、キャリアを生かすのが難しい仕事で転職しづらい環境だったり、良い条件での転職先が見つからないケースもある。現在の仕事が大変で、キャリアを生かしたくない、もしくは生かせないような仕事の場合も転職は慎重にならざるを得ない。それでも、一度も転職をしたことがない人なら試してみる価値は十分にある。

 

とりあえず、転職におけるタイミングや転職市場におけるあなたの市場価値を調べたい人は下記サービスを利用してみれば良いだろう。

>>> 転職すべきタイミングを見出すサービス

 

会社を「楽に」辞める方法

f:id:asiaasia:20180807135759j:plain

 

ブラック企業などでは辞めるという思考自体を奪われることもある。しかし、会社を辞めることは誰でも簡単に出来る。会社が社員を辞めさせないというのは違法である。この点はしっかりと頭へ入れておくべきだ。

ただ、退職までに正式な手続きを踏むを面倒に感じる人はいるだろう。また、心理的なプレッシャーを感じたり、上司や会社に辞めることを伝えづらい人もいるはずだ。こうした人は退職代行サービスを利用すれば良い。

退職代行サービスを使えば、自分が会社へ出社することなく、会社へ電話もする必要も上司と相談する必要もない。料金は代行業者にもよるが、5万円程度で退職手続きを全て代行してくれる。詳しくは下記記事を参考に。 

 

退職代行サービスは有給消化を要求するだけでなく、社宅に住んでいた場合の退去日まで教えてくれる。残業代などの未払金が生じそうなケースでも、退職代行を使った方がプラスになる可能性もあるのだ。

自分で電話をかけることなく、会社は簡単に辞めることが出来る上、自己負担が生じるどころかプラスになることもある。

会社を辞めづらい場合、退職代行サービスの利用は積極的に検討すべきだ。

 

会社を辞める際に頭に入れておくべきこと

「仕事へ行きたくない」という問題が完全に解決するのは「仕事を辞めた時」ではない。なぜなら、お金のない人は結局お金を稼がなければないからだ。

従って、

▶ 転職先が決まり、仕事へ行くのが苦ではなくなった時

▶ 収入を得て、金銭的な見通しが経った時

以上の時に、はじめて問題は解決する。

収入がない人は次の転職先についても、会社を辞める際には考えなければならない。

 

転職先が決まる前に無職になってしまうと、「キャリアの中断」が生まれてしまう。この空白期間が長く、きちんとした説明が出来ない場合、今まで以上のポジションに就くことが難しくなる。給与も下がってしまうだろう。

もちろん、有利な実績だったり、スキルのある人はこの限りではない。こういう時に実績やスキルを含めたキャリアを持っていると安心である。

しかし、転職に有利なスキルやキャリアが無い場合は、収入が減る覚悟を持った上で退職を進めた方が良いだろう。  

 

転職しても仕事へ行きたくない状態が続く場合の解決方法

f:id:asiaasia:20180807140243j:plain

 

仕事へ行きたくないという人も、転職することで多くの人は改善を見込める。ただ、過去の転職では問題が改善しなかった、職場を変える転職で問題が解決しそうにない人もいるはずだ。

 

仕事へ行きたくない原因が自分の内面にあるとはじめから認識している人もいるだろう。この場合、働く会社を変えるだけの転職では問題が解決しない。

 

精神的な病気が疑われるようであれば、病院などへ行き、治療の検討もしてみるべきだ。

冬に寒くて朝起きるのが辛いなどの理由でも人によってはかなり深刻な問題であり、これが原因で仕事へ行きたくないという人もいる。こうした人は年中常夏の海外や沖縄などでの就職を検討してみても良いだろう。気候も気分には大きな影響を及ぼす。暖かい場所で働けば、少なくとも、寒くて起きれないといったことは無くなるはずだ。

 

また、人間は本能的に嫌なことを避け、楽な方に生きたいと思っている。仕事のように時間から行動まで様々な部分を強制されるのは多くの人に取ってストレスに感じる。多かれ少なかれ、このストレスによって仕事に行きたくないと感じるのは人間として当然である。実際、殆どの人間は出来ることなら働かずに、嫌なことをせずに、生きていきたいと思っているだろう。

 

コントロール出来る部分の多い仕事をする

f:id:asiaasia:20180807140059j:plain

 

こうした人が少しでも楽な仕事に就こうと思ったら、コントロール部分の多い仕事をすれば良い。例えば、仕事をする時間や場所、仕事相手(取引先)、仕事仲間など、こうした部分をコントロール出来るなら、ストレスはある程度減らすことが出来る。雇われの身よりも会社を経営したり、自営業者や自宅で働くフリーランスの方がこうした部分でのストレスが少なくなるのだ。

もちろん、雇われるという形から離れると新たな責任は生じる。従って、万人におすすめできるわけではない。あくまで選択肢の1つとして頭に入れておく程度で良いだろう。

 

収入が見込めるような事業を持っていない、浮かばない、個人で稼ぐスキルが無い人は会社を辞めてお金が無くなったら、日雇いで稼ぐことから始めても良いかと思う。確かに、日雇いは大変な現場が多く、仕事場の雰囲気からして向き不向きはある。始めたら始めたでデスクワークに戻りたいと感じる人も出てくるはずだ。

それでも、日雇いは時間のコントロールが長期バイトや会社員よりも容易である。仕事をしたい時にして、休みたい時に休むことが出来る。バイトのようにシフトに気を使う必要もない。連続10日で働き、連続10日休むことも出来る。

また、都市部であれば、仕事もあるため、確実にお金を稼ぐことも出来るいざとなれば、こういう稼ぎ方も出来ると頭に入れておくべきだ。

 

仕事をなるべくしないで生きていく方法

f:id:asiaasia:20180807140509j:plain

 

十分な額の貯金があれば、仕事をせずに生きていくことが出来る。しかし、多くの人は十分な貯金を持っていない。

十分な貯金を持たない人がお金を稼がないで生活する方法としては「自給自足」や「借金をする・他者に依存する」がある。

また、好きなことで稼ぐなど、仕事と感じないような方法でのお金稼ぎが可能なら、仕事をしないで稼いでいるとも言えるだろう。

 

仕事へ行きたくないという感情が「働きたくない」という部分から生じているなら、当然転職では解決しない。仕事をせず、働かないで生きる方法の中から自分に合ったものを選択することになるだろう。

 

働かない生活を本気で実現したい人がなすべきことについては下記記事を参考に。

 

仕事を辞めたいと思っている人はまず転職だったり、公的な援助(もらえるお金など)について詳しく知っておいた方が良いだろう。