踊るバイエイターの敗者復活戦

少ない収入で生きてる人へ、主に楽天経済圏を利用した節約、新しいお金の稼ぎ方を提示し、踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。

パソコンチェア購入の費用を抑えたいなら、ヘルスケア座布団を検討すべき理由


パソコンチェア購入の費用を抑えたいなら、ヘルスケア座布団を検討すべき理由

 

パソコン作業においては

「 集中できる環境を作る」

だけでなく、最近は

「身体への様々な意味での負担を軽減する」

ことも考えるようになった。

 

スタンディングデスクを採用した日本の自宅とは違い、海外の事務所やカフェでは座って作業している。従って、この過程で集中する、身体の負担を軽減するには「イス」が最も重要だと思っている。そして、イスの快適性は値段に比例すると考えていた。つまり、イスの値段は高ければ高いほど良いと思っていたのである。しかし、とらべるじゃーな氏から聞いた興味深い商品の話をきっかけに、その認識も変わりつつある。

椅子は、バックジョイを持ち歩くと良いです。

travel_jarna_b

バックジョイという座る部分へと敷く商品があり、これをおしりの部分に敷けば、快適性をあげられるとのことだ。しかし、バックジョイを利用しても思ったような効果は出なかった。そこで、その後に類似品であるヘルスケア座布団を使用した。こちらを使用してから、お尻の負担が減ったため、姿勢も良くなり、集中して作業する時間も増えたように思う。

 

この記事ではヘルスケア座布団を利用してみてわかった

▶ ヘルスケア座布団を使ってみた結果

から

▶ 値段の高いパソコンチェアの代わりになりうるかどうか?

まで詳しく述べていきたいと思う。

 

 

ヘルスケア座布団を使ってみた結果

ヘルスケア座布団を使ってみた結果

 

バックジョイやヘルスケア座布団といった製品は今まで使ったことがなかったため、日本帰国時に購入し、作業するときにイスへと載せ、しばらく使ってみた。

 

バックジョイ

バックジョイ

 

バックジョイを使ってみた感想として、背筋を伸ばし、集中して作業する体力があるときは良いかと思う。バックジョイに長時間座っていると、お尻の部分を動かしたくなるし、ちゃんとした背もたれも欲しくなった。2、3時間活動モードを維持して、体力が無くなってからは正直、座り心地も悪くなってしまった。

背もたれ部分は解決しないものの、お尻の部分を快適にする上で、もう少し広い座布団のような敷く商品を見つけた。「ヘルスケア座布団」と呼ばれるものである。こちらは一般的にもバックジョイより評価が高かった。

 

ヘルスケア座布団

ヘルスケア座布団

 

 

持ち運びも可能なため、事務所以外で作業する時も使える。こちらの座布団を使ってからはお尻の部分がかなり快適になった。お尻が疲れなくなったことで長時間姿勢も良くなったと思う。

確かに、お尻の負担を抑えるなら低反発クッションも良いかと思う。低反発クッションとも値段はそこまで変わらない。

しかし、低反発クッションは厚くて大きいため、持ち運びには不便である。

ヘルスケア座布団は持ち運びにも便利なので、外出先で長時間、お尻の部分が硬いイスに座る際にも頻繁に使うようになった。

 

値段の高いパソコンチェアの代わりになりうるかどうか?

ヘルスケア座布団は値段の高いパソコンチェアの代わりになりうるかどうか?

 

ヘルスケア座布団の値段は2000円から4000円程度である。この金額で体重がかかり、負担の大きいお尻を快適にできる。長時間座っても、お尻の部分が快適になった結果、自然と姿勢も良くなり、肩や腰の負担も減っているように思う。通常の会社なら、オフィスチェアに座布団を置くのも許されるだろう。持ち運びもしやすいため、カフェで作業するノマドワーカーにも便利な座布団である。

確かに、多くの人は長時間座っていると、お尻の部分だけでなく、背もたれも欲しくなると思う。背もたれに寄りかかった状態で長時間の作業したい場合、それなりの椅子を購入しなければならない。

 

「ヘルスケア座布団が値段の高いパソコンチェアの代わりになりうるかどうか?」は正直、個々人によるかと思う。背もたれの部分では代わりにならないとしても、少ない金額でお尻の負担を減らせるのは間違いない。高いパソコンチェアを買う前に試してみるのは悪くないだろう。