新しく発行される「Kyash Card」を使うべきか?

新しく発行される「Kyash Card」は使うべきか?

 

プリペイドカードkyashが2020年初め、新しく「Kyash Card」を発行する。

Kyash Cardの還元率は1%、リアルでのVisaタッチ決済が可能になる。

今まで発行していたリアルカードはKyash Card Liteになり、4月からは還元率も0.5%にまで下がる。無料だったカードの発行手数料はKyash Card Liteで300円になり、実質的には有料となった。

Kyash Cardの利用限度額や送金上限などはまだわかっていない。

ただ、毎月Kyashによる還元ポイントを得たい人、個人間の送金を頻繁に行う人については引き続き利用価値のあるサービスとなっている。

 

この記事では現在わかっている情報について

▶ リアルカードと「Kyash Card Lite」の違い

から

▶ Kyash Cardの特徴

▶ Kyash Cardを利用すべきかどうか?

も含めてわかりやすく紹介していきたいと思う。

 

 

リアルカードと「Kyash Card Lite」の違い

Kyashのリアルカード

Kyashのリアルカード

 

Kyashは今まで「リアルカード」と「バーチャルカード」のみを発行してきた。

リアルカードはカードとして持ち運びできるため、ネット上のオンライン決済も、店舗での決済もできた。

バーチャルカードは名前の通り、リアルなカードとして発行されない。スマホアプリ上でカード番号が表示され、それをオンライン上で決済するのみだった。

 

来年からリアルカードは「Kyash Card Lite」になり、バーチャルカードは「Kyash Card Virtual」へと名称が変わる。

リアルカードがKyash Card Liteへ変わることで、還元率と発行手数料が変更になる。

  リアルカード Kyash Card Lite
ポイント還元率 1% 0.5%(2020年4月より)
発行手数料 無料 300円

リアルカードとKyash Card Liteの違い(kyash.co/kyashcard/より)

 

年会費はKyash Card Liteも無料である。しかし、発行手数料が有料化し、利用限度額が100万円と限定されることで、実質的な有料化となった。1年で200万円使うなら、年会費600円に相当する。

 

Kyash Cardの特徴

Kyash Cardの特徴

kyash.co/kyashcard

 

Kyash Card Liteの上位版として2020年初頭に登場するのがKyash Cardになる。Kyash CardはICチップ搭載で、読み取りではなくVisaタッチ決済が可能になる。タッチ決済になると、スキミングによるカード情報の不正な読み取りを防げる。これらはリアルカードにはなかった機能である。

 

Kyash Cardについて、Kyash Card Liteという名前に変更となるリアルカードからパワーアップした点を比較すると下記のようになる。 

  Kyash Card Kyash Card Lite(リアルカード)
ポイント還元率 1% 0.5%(2020年4月より)
発行手数料 900円 300円
利用限度額 不明(カスタマイズできる) 100万円まで
海外利用 △(オンライン決済のみ)
24時間あたりの決済上限 30万円 5万円
月あたりの決済上限 100万円 12万円
月あたりの還元対象決済上限 12万円 12万円
本人確認書類 必要 不要

kyash.co/kyashcard/より

 

 

 

ポイント還元率

Kyash Cardのポイント還元率は1.0%と現在のリアルカードの還元率が維持される。ただし、月あたりの還元対象決済上限がある(下記で詳しく紹介している)。

 

発行手数料と利用限度額

発行手数料は900円とKyash Card Liteの300円よりも高い。利用限度額はカスタマイズが可能という情報のみで、いくらまでかの発表はまだない。

Kyash Card Liteは100万円までしか利用できず、100万円決済すると、新しいカードを300円払って発行しなければならない。100万円のうち1万円がポイント還元されるため、Kyash Card Lite1枚で9700円をもらえる計算になる。

 

海外利用

今までのリアルカードは海外のサイトでもオンラインなら可能とされていた。しかし、海外航空会社の決済はできなかった。

Kyash Cardはこうした海外のオンライン決済だけでなく、店舗での利用もできるだろう。

 

決済上限

リアルカードは24時間で5万円、月12万円までしか利用できなかった。しかし、Kyash Cardは24時間あたり30万円、月100万円まで決済ができる。

日常の消費だけでなく、少々高額な買い物もできるようになるだろう。

 

月あたりの還元対象決済上限

決済上限は24時間で30万円、月100万円まで上がった。しかし、還元の上限は12万円のまま変わっていない。つまり、月に12万円決済しても、月に100万円決済しても、今まで通り毎月の還元は最大で1200円分である。

 

Kyash Cardを利用すべきかどうか?

Kyash Cardで1%の還元が維持されるなら、発行手数料として900円を取られても利用すべきかと思う。

Kyash Cardを利用すれば毎月最大1200円分のポイントをKyash Card決済により得られる。また、送金を利用する人はクレジットカードのポイントも貯められる。

 

 

 

毎月最大1200円分のポイント

Kyashが他のプリペイドカードよりも優れているのはチャージをクレジットカードで行える点である。クレジットカードで決済するのではなく、Kyashを通して決済することで、クレジットカードとKyashの還元が両方得られるのだ。しかも、このKyash自体をスマホ決済などの支払元に設定できる。たとえば、楽天Payの支払元にKyashを選択すると

・楽天Payの還元(0.5%~)

・Kyashの還元(Kash Cardなら1%還元

・クレジットカードの還元(1%程度)

上記合計で2.5%程度になる。

 

クレジットカードが作れない人でも楽天銀行デビットカード(Visa)でも良い。楽天銀行デビットカードもKyashの支払元に設定できる。楽天銀行デビットカードは審査なしで作成できる上、1%還元を得られる。

還元対象決済上限が12万円なので、還元されるポイントは1200円分になる。毎月の支出が12万円までの人なら月1200円の還元、年1万4400円の還元という金額も少なくないだろう。

カード決済に変えられる消費はすべて、Kyashによる決済にまとめるべきだ。

 

送金の利用により得られるクレジットカードの還元

Kyashは送金の手段にも利用できる。送金のためのKyash残高はクレジットカード決済によりチャージでき、このチャージでもクレジットカードの還元を受けれる。

Kyashによる送金は決済とは異なる。リアルカードでは1回10万円、1ヶ月10万円の限度額が設定されている。Kyash Cardの送金限度額はまだ公表されていない。

  Kyash Card リアルカード
1回あたりの送金限度額 不明 10万円
1ヶ月あたりの送金限度額 不明 10万円
ウォレットの保有限度額 不明 1000万円

support.kyash.co

 

頻繁に送金をする人はクレジットカードのポイントも貯められるだろう。ただし、Kyashで送金したKyash残高は直接現金化できない。Kyashで商品券などを決済し、それを売るなどするしか、現金化の方法はない。

また、送金できる相手もKyashのアプリを利用している人のみであり、Visaの決済にしか利用できない。基本的には個人間での送金でしか利用できないだろう。

アプリで簡単に送金できるため、現金での振り込みよりもおすすめである。

 

当初2%だったリアルカードの還元率は0.5%まで下がってしまう。発行手数料も有料になった。とはいえ、Kyash Cardになってからも決済手段、個人間での送金手段として利用価値はあるだろう。

 

新しいKyash Cardを利用する前に、今までのKyashを理解しておきたい人は下記記事を参考に。

 

ちなみに、このサイトを通してKyashを発行すると、ANAマイルや現金に交換できる400mile(200円相当)をもらえる。

すぐたまにおける還元率
何ももらわず発行するよりは、こうしたサイトを通して200円相当のポイントをもらった方が良いだろう。

>>> Kyash発行で400mileがもらえるサイト無料会員登録

このサイトではKyash発行によるポイント付与以外にも、ネット決済で様々な還元を受けることができる。Kyashの還元を更に生かすため、無料会員登録しておいて損はない。

 

 

タイトルとURLをコピーしました