Kyash Cardの賢い利用方法をリアルカード、バーチャルカードの違いとともに紹介します

【Kyash】リアルカードとバーチャルカードの違いと賢い利用方法を紹介します kyash

Kyashはプリペイド式のカードである。したがって、審査無しで、誰でも発行できる。もちろん、クレジットカードの審査に通らない人でも作れる。

また、支払元にクレジットカードを登録すると、Kyashによる還元にくわえ、クレジットカードの還元も受けれる。「Kyash Card」による決済ではクレジットカードの還元にプラスして1%還元を増やせる

 

Kyashには「Kyash Card」「Kyash Card Lite」「Kyash Card Virtual」と3種類のカードがある。「Kyash Card」「Kyash Card Lite」はリアルカード、「Kyash Card Virtual」はバーチャルカードになる。

リアルカードはプラスチックのカードとして発行され店舗(リアル)での利用ができる。バーチャルカードはメールアドレスと携帯電話番号を登録するだけで、アプリ上へすぐに発行される。バーチャルという名前の通り、カード番号と有効期限もスマホアプリ上に表示される。この状態でも現金チャージもしくはクレジットカードの登録をすれば、ネットショッピングなど、ネット上の決済に1回5000円まで使える。

 

リアルカードには海外でも利用ができて、利用限度額、還元率も高い「Kyash Card」と原則国内での利用のみで利用限度額がKyash Cardより低い「Kyash Card Lite」がある。スマホアプリ上で発行されるバーチャルカードは「Kyash Card Virtual」と呼ばれている。

 

「Kyash Card」「Kyash Card Lite」「Kyash Card Virtual」のイメージ
「Kyash Card」「Kyash Card Lite」「Kyash Card Virtual」のイメージ

 

それぞれのカードのスペックをまとめると下記のようになる。

Kyash Card
(リアルカード)
Kyash Card Lite
(リアルカード)
Kyash Card Virtual
(バーチャルカード)
ポイント還元率 1% 0.5% 0.5%
発行手数料 900円 300円 無料
国内利用 △(オンライン決済のみ)
海外利用 △(オンライン決済のみ) △(オンライン決済のみ)
1回あたりの決済上限 30万円 本人確認完了:10万円
本人確認未完了:5万円
本人確認完了:10万円
本人認証完了:3万円
本人認証未完了:5000円
月あたりの決済上限 100万円 本人確認完了:15万円
本人確認未完了:12万円
本人確認完了:15万円
本人認証完了:12万円
本人認証未完了:2万円
月あたりの還元対象決済上限 12万円 12万円 12万円
1回あたりの送金限度額 30万円 本人確認完了:10万円
本人確認未完了:0円
本人確認完了:10万円
本人認証完了:0円
本人認証未完了:0円
月あたりの送金限度額 100万円 本人確認完了:15万円
本人確認未完了:0円
本人確認完了:15万円
本人認証完了:0万円
本人認証未完了:0万円
年会費 無料 無料 無料
本人確認書類 必要 不要 不要
有効期限 5年 5年もしくは100万円以上の買い物 5年もしくは100万円以上の買い物

Kyash Visaカードのご利用限度(上限)についてより

 

還元率でも利用限度額で見てもKyash Cardが使いやすいと言えるだろう。発行手数料が900円とKyash Card Liteよりも600円高くなる。しかし、Kyash Cardの還元率はKyash Card Liteより0.5%高いため、12万円使えばKyash Card Liteよりもお得になる。12万円の利用なら1年以内に達成できるだろう。

 

Kyash Cardは毎月クレジットカード決済にプラスして還元を得たい人に利用価値の高いカードになっている。

 

この記事ではKyashの中でもお得な

▶ Kyash Cardを手に入れる方法

について簡単に紹介するとともに

▶ Kyash Cardを利用して得られるメリット
▶ Kyash Cardを利用する前に知っておくべき注意点

までわかりやすく紹介していきたいと思う。

 

Kyash Cardを手に入れる方法

Kyash Cardの特徴

kyash.co/kyashcard

 

Kyash Card(リアルカード)を手に入れるに、まずはスマホへとKyashのアプリをダウンロードする。アプリでメールアドレスと携帯電話番号を登録するだけでバーチャルカードが発行される。

Kyash (キャッシュ) いつものお買い物をスマートに
Kyash Visaカードとスマホでいつでもどこでもかんたんに支払えます。アプリのリアルタイム通知と履歴反映でお金の管理にも最適です。

 

バーチャルカード発行後、アプリのアカウントからKyash Cardの申し込みができる。

 

Kyashアプリにある申し込み
アプリから申し込みができる

 

支払元のクレジットカード(デビットカード)、本人確認書類のアップロード(免許証、マイナンバーカードなど)、本人確認情報、氏名、現住所などを登録すれば自宅へとリアルカードが届けられる。申し込みから自宅までの配送は1ヶ月が目安になっている。

バーチャルカードだけでなく、Kyash Cardの申し込みでも書類を買いたり、郵送の手間がなく、すべてスマホ上で完結するためそこまで時間はかからない。本人確認書類の提出も、スマホのカメラで撮影しアップロードするだけで行える。

 

Kyash Cardを利用して得られるメリット

Kyash Cardを利用して得られるメリット
kyash.co/

 

Kyash CardはICチップ搭載で、読み取りではなくVisaタッチ決済ができる。タッチ決済になると、スキミングによるカード情報の不正な読み取りを防げる。コンビニの決済でも店員に渡す必要が無くなり、情報を見られるリスクが限りなく0となる。

 

その他の優れた特徴としては

1.2重ポイント還元
2.決済してすぐに利用明細の閲覧ができる、ポイントが付与される。

がある。

 

下記でそれぞれ詳しく紹介していく。

 

2重ポイント還元

バーチャルカードもリアルカードもプリペイド式のカードである。したがって、利用する前に現金のチャージもしくは支払元としてクレジットカードの登録は必要になる。

現金のチャージはコンビニやATM、銀行振込で行うことになり、残高に反映されると使えるようになる。現金のチャージでは入金分(残高)の範囲でしか買い物はできない。

 

VisaまたはMastercardクレジットカード、デビットカードを自動チャージに設定すれば、残高が0円でも決済できるためチャージは不要である。

 

kyash自動チャージ
残高0円でもKyash→クレジットカードと決済が経由する。決済のスピードはクレジットカードと同じであり、クレジットカードを経由しても遅く感じることはなかった。

 

自動チャージにはVISAやMasterCardのクレジットカード、デビットカードが登録できる。しかし、JCBは支払元に利用できない。また、VISAブランドでも別のKyash、VISAプリペイドといった名称のカードは自動チャージに登録できない。

自動チャージにクレジットカード、デビットカードを登録し、紐付けすると、Kyashのポイントだけでなく、このクレジットカード、デビットカードのポイント還元も受けれる。

 

たとえば、楽天カード(もしくは楽天銀行デビットカード)をKyash Cardの支払元に設定すると、Kyash決済の度に楽天ポイントが1%貯まる。また、Kyash決済分として1%がポイントとしてKyashに付与される。計2%の還元がなされるのだ。

 

つまり、

▶ Kyash Cardで決済する(100円ごとに1ポイント、1%還元。「Kyash Card Lite」「Kyash Card Virtual」なら0.5%還元)
▶ Kyash Cardの自動チャージにクレジットカードもしくはデビットカードを登録する。元はクレジットカード決済になるのでクレジットカードのポイントが貯まる。

Kyash Cardの還元(1%)+クレジットカード(デビットカード)の還元

となる。

 

Kyashも楽天銀行デビットカードも審査無しで作成できるため、誰でも2%以上の還元を受けれる。楽天銀行以外で、還元率の高いデビットカードを知りたい人は下記記事を参考に。

還元率の高いデビットカードから、最強に賢い使い方までまとめて紹介していく
高還元を受けれるデビットカードとしては楽天銀行デビットカードがある。楽天銀行デビットカードは無条件で1%の還元を受けれる。他にもGMOあおぞらネット銀行やソニー銀行は条件付きで1%以上の高額還元が可能になっている。 また、これらの「基...

ちなみに、JCBの楽天銀行デビットカードはKyashの支払元に利用できないので注意しよう。

 

キャッシュバックを受けれない取引でもKyashを使うべき理由

Kyashにはキャッシュバックを受けれない取引もある。

Kyashポイントについて
Kyashポイント還元対象となる取引 リアルカード(Kyash Card /Kyash Card Lite)による決済 バーチャルカード(Kyash Card Virtual)による決済 Kyashポイント還元対象外となる取引 売上未確定のままのお取引 交通機関へのお支払い(定期券、乗車券、切符、回数券、特急...

ただし、Kyashのポイントが還元されなくても、Kyashで決済ができれば、自動チャージで紐づけされているクレジットカードのポイントは貯まる。

たとえば、KyashでモバイルSuicaへのチャージを行っても、Kyashの還元は受けれない。しかし、この場合でも、Kyashに紐付けされてるクレジットカード(もしくはデビットカード)のポイントは貯まる。本来ポイントが付かないクレジットカードでも、Kyashの自動チャージを挟むことで、ポイント還元を受けれるのだ。

 

決済してすぐに利用明細の閲覧ができる、ポイントが付与される

クレジットカードはもちろん、デビットカードでも決済の利用明細が発行されるまでしばらく時間がかかる。しかし、Kyashなら決済後すぐにスマホアプリ上で利用明細が発行され、確認ができる。また、バーチャルカード、リアルカード、いずれのカードでもリアルタイムでポイントの還元を受けれる。

 

kyash利用明細
決済されるとスマホ上に通知もされるため、不正利用が生じた場合、すぐに気づくだろう。

 

また、月間支出額の参照もスマホで簡単にできる。家計簿をつけている人も管理しやすくなるはずだ。

 

Kyash Cardを利用する前に知っておくべき注意点

Kyash Card Lite
Kyash Card Lite
上でも紹介したように、Kyash Cardの発行手数料と利用限度額、月あたりの還元対象決済上限をまとめると下記のようになる。
Kyash Card
(リアルカード)
発行手数料 900円
1回あたりの決済限度額 30万円
1ヶ月あたりの決済限度額 100万円
月あたりの還元対象決済上限 12万円

Kyash Visaカードのご利用限度(上限)についてより

 

発行手数料は900円。年会費はかからない。紛失しなければ900円で5年間使えるため、9万円使えば還元によって元は取れる(900円分が還元されるため)。

 

決済限度額は1回30万円、月100万円までになっている。しかし、還元の上限は12万円となっている。つまり、月に12万円決済しても、月に100万円決済しても、毎月の還元は最大で12万円分の1%1200円である。

通常クレジットカードのポイント還元には上限は無い。ただ、Kyashの還元目的で高額な決済を利用しているなら、この点は注意しなければならないだろう。

 

5年間毎月12万円使うと、1200円分の還元×60=7万2000円分。したがって、有効期限の5年間で受けれる還元は最大で7万2000円となる。

タイトルとURLをコピーしました