踊るバイエイターの敗者復活戦

アフィリエイトを含めたネット広告やアルバイトからの収入で生計を立てる人に、踊りながら生き抜くための知恵を紹介するブログ。

kyashが不正利用された場合、補償がなされないというのは本当なのか?


kyashの不正利用補償

 

kyashはVISAブランドのプリペイドカードである。普段の決済に、kyashを通す設定をするだけで消費額の2%還元がプラスされる画期的なサービスだったため、ネット上で大きく話題になった。

しかし、話題になるに連れ、kyashは不正利用の補償がなされないといった噂も流れ始めた。

この不正利用について真意を確かめるために、kyashへ連絡したところ、

・不正利用については適切に対応する(≒補償される)

・カード情報を第三者へ開示するなど、利用規約第3条第7項に該当すると判断される場合は損害の補償ができない(≒利用規約第3条第7項に該当しなければ損害の補償をする)

との回答を得ている。

従って、個人的には、kyashによる不正利用についての心配はしてない。

 

この記事では

▶ kyashにおける不正利用での補償

について規約から実際の運用まで、kyash側の見解とともに紹介し

▶ kyashの不正利用は心配する必要がないのか?

について、不正利用に対する防衛策を含めて詳しく述べていきたいと思う。

 

 

kyashにおける不正利用での補償

kyashの補償

 

クレジットカードは紛失・盗難されたり、番号を読み取られることで不正に利用されても、この金額は原則としてカード会社が補償してくれる。つまり、クレジットカード利用者に不正利用の分は請求されない。他人に使われたら戻ってこない現金よりも、安全性が保たれている。

 

クレジットカードは通常、この不正利用に対する補償が付いている。同じくプリペイドのLINE Payには規約にも「不正利用については10万円まで補償」「10万円以上は個別に対応」と明記されている。しかし、kyashにはこの補償額についての明記が無く、下記のような表記がなされている。

Kyashプラットフォーム利用規約 第3条 ユーザー登録及びアカウント情報 

7.アカウント情報の管理不十分による情報の漏洩、使用上の過誤、第三者の使用、不正アクセス等による損害の責任はユーザーが負うものとし、弊社は一切責任を負わないものとします。また、アカウント情報が不正に利用されたことにより弊社に損害が生じた場合、ユーザーは当該損害を賠償するものとします。

https://kyash.co/tos/

上記「アカウント情報の管理不十分による」がどこまでかかっているかが曖昧だったため、不正利用について問い合わせをしたところ下記のような回答を得た。

身に覚えがない利用履歴、不正利用の疑いがある際は該当のお取引詳細より「取引番号」をコピーした上でこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。内容を調査した上で適切に対応させていただきます。

なお、カード情報を第三者へ開示するなど、利用規約第3条第7項に該当すると判断される場合は損害の補償ができない場合がございます。

つまり不正利用の補償については

・適切に対応する(≒補償される)

・カード情報を第三者へ開示するなど、利用規約第3条第7項に該当すると判断される場合は損害の補償ができない(≒利用規約第3条第7項に該当しなければ補償の保証をする)

と解釈できる。

 

はっきりといくらまで補償するとの回答は得られなかった。しかし、ネットで広まっているような「不正利用補償が無い」と決めつけることは出来ないだろう。

念のため、「kyashでの不正利用が補償されなかった」人がいるかどうかをGoogle及びソーシャルでも調べてみた。しかし、こうした事例は実際に見つけることが出来なかった。

 

 

不正利用について補償がなされないというのは実際に起っている話か?

不正利用補償について調べてところ、代わりに、興味深い声を多数見つけることができた。それは「kyashが不正利用によって利用停止された」という声である。これについてはソーシャルでも多数確認できた。

kyashの利用を停止された人は当然不快感を表明しており、kyashというサービスに不信感を抱いている。

金銭的な損害が無くとも、お得だと思って使い始めたkyashの利用が出来なくなれば、当然腹立たしいだろう。ちなみに、この不正利用について、一部ではPayPay経由によるものとの憶測もある。

いずれにせよ、予期せぬサービス停止を受けた人が不正利用補償がなされないといった別の見解を広げた可能性はあるだろう。

 

ユーザーからの搾取が目的で利益を上げ、事業をたたむ形で逃げる業者も存在している。これが目的の業者なら、不正利用補償は殆どしてくれないだろう。しかし、出資金を使ってでも2%還元を行い、身を削っている会社がそのような形で逃げるとは考えられない。

もちろん、利用者が増えれば「Kyashプラットフォーム利用規約 第3条 ユーザー登録及びアカウント情報」にある「7.アカウント情報の管理不十分による情報の漏洩」を疑われた結果、不正利用補償が認められないケースは出てくるとは思う。ただ、普通に考えれば、デビットカード並みの補償はなされるはずだ。

 

kyashの不正利用は心配する必要がない?

kyashリアルカード

 

以上のことを踏まえた上でも、補償されないことを心配するなら、自動チャージ設定をオフにすれば良い。つまり、利用分の範囲でその都度チャージしていくやり方である。

 

自動チャージ設定の下ではクレジットカードにより、金額を指定したチャージができる。

kyashチャージ

カードを選択する

 

kyashチャージ

金額分をkyashへ入れて、チャージの範囲で利用が可能となる。自動チャージの設定をオフにすると、チャージの範囲でしか決済できない。もちろん、これも2%ポイント還元の対象だ。

 

これならkyashを落としたり、カード情報を読み取られることによる不正利用を防ぐことができる。もちろん、紐付けされてるクレジットカードもkyashと一緒に落としてしまったり、情報が漏れた場合は防ぐことができない。

 

リアルでの決済は楽天ペイなどでも代用できる。kyashは家でのネットショッピングのみで使うなど、リアルでの利用頻度が低い人は持ち歩かずに、その都度チャージする形で良いだろう。

 

kyash自体は不正利用補償が無いとは言っておらず、適切に対応すると言っている。加えて、kyashの不正利用補償が無かったとしても、様々な予防策や紐付けされてるクレジットカードでの保険がある。例えば、kyashを経由して楽天カードが使われた場合の補償について問い合わせたところ

万が一、不正に利用されていることが判明した場合は、所定の手続きと調査のうえ、会員様に重大な過失がないと判断した際は、会員様に被害額をご負担いただくことはございません。

との回答を得ている。つまり、kyashで補償がなされなくとも、紐付けされてるクレジットカード会社が補償してくれるケースがある。

 

そもそも不正利用はユーザーの不注意により起こることも少なくない。確かに、海外で多いスキミングなどは意識していても不正ぐのは難しいかと思う。ただ、kyash自体は海外での利用が原則不可であるし、使われたらおしまいである現金よりも、個人的によっぽど安心だと思うのである。