海外でお金を紛失、盗難された際になすべきこと

海外でお金を紛失、盗難された際になすべきこと 海外

海外で現金の紛失、盗難に気づいたら、まず何をすれば良いか?

・携行品損害保険に入っていて、高価な物も現金と一緒に盗難、紛失した
・パスポートも現金と一緒に盗難、紛失した

いずれかに当てはまる場合は「現地警察署の発行した紛失届出を立証する書類」または「消防署等の発行した罹災証明書」などを入手した方が良い。携行品損害保険の適用、パスポートの紛失届を出す際に、紛失届出を立証する書類または消防署等の発行した罹災証明書が必要になるからだ。

携行品損害保険に入っていれば、ノートパソコンやデジタルカメラなどの補償はされる。パスポートは悪用される可能性も出てくるので、直ちにパスポート紛焼失届出を在外公館に提出する必要がある。

ただ、現金「だけ」が盗難された、もしくは紛失した場合、携行品損害保険の適用はなされない。また、海外で現金を紛失したらまず戻って来ない。現金だけが盗難、紛失した場合、現地警察に助けを求めても時間のムダになることが多いと思った方が良いだろう。

 

現金を紛失、盗難された場合でも滞在期間中、生活できるぐらいの現金を他に持っていればなんとかなるだろう。しかし、わずかな現金しか残っていない、もしくは全て紛失、盗難された場合は

1.パスポートもしくは現地で身分の証明ができるもの
2.現地ATMからお金を降ろすことができるカード

を持っているかどうか、

3.国際送金サービス

の利用ができるかどうかで、対処法が変わってくる。

この記事ではそれぞれの状況において最適な解決手段を紹介するとともに、今後海外でお金を無くしてもなるべく独力で解決できるよう「海外でお金を紛失する前にしておくべき準備」についても詳しく述べていきたいと思う。

 

現金だけでなく、カード、パスポート(現地で使えるID)も紛失、盗難された場合

現金だけでなく、カード、パスポート(現地で使えるID)も紛失、盗難

 

現金、カード、パスポートを紛失、盗難されても

1.国際送金サービスの送金で必要とされるパスワードがわかる、2段階認証も問題なく、送金手続きができる。

かつ

2.現地に銀行口座を持っている、もしくは現地で身分の証明できるものがある

といった状態であれば、滞在先の現地銀行へ国際送金ができる。海外でも「独力で」現金の受け取りができるのだ。ただ、海外旅行先で現地銀行に口座を持っていることは少ない。また、ATMカードと身分証(パスポート)も紛失すれば、現地に銀行口座を開設していても引き出しができないため無意味になる。

現地に銀行口座を開設していなくとも、現地へ国際送金することはできる。しかし、受け取り時にはパスポートなど現地でID代わりとなる身分の証明をしなければならない。

現金、カード、現地で使えるIDが無いなら、他の人に助けてもらう必要がでてくる。

 

見ず知らずの日本人、日本大使館などの在外公館に助けを求める

バンコク日本大使館
バンコク日本大使館

 

海外旅行中に、現金を紛失し、現金を得る手段が無く、かつパスポートも無い状態なら日本(もしくは収入、資産がある国)へ戻ることをまず考えた方が良い。

日本国籍の人がパスポートの無い状態で日本へ帰国するには

▶ パスポートは再発行せず、渡航書を申請し日本へ帰国する
▶ パスポートの再発行をする(新規発給を申請する)

以上の2択がある。渡航書なら通常は即日もしくは翌日に発行してくれる。パスポートを無くした場合の対処法については下記記事を参考に。

海外でパスポートを紛失した際の対処法
海外でパスポートを紛失した場合、 1.パスポートは再発行せず、渡航書を申請し日本へ帰国する 2.パスポートの再発行をする(新規発給を申請する) いずれかの方法がある。 渡航書とは在外公館(大使館、総領事館、政府代...

ただし、渡航書を発行してくれる在外公館までの移動費、渡航書申請時の手数料(約2500円)は用意しなければならない。

 

現地に知り合いがいるなら、まずはその人に助けを求めよう。知り合いに助けてもらえない、もしくは知り合いがいない場合、見ず知らずの日本人を探して助けを請う方法がある。日本人は優しい人も多いので、見ず知らずの日本人でも心配をしてくれたり、1食分のお金ぐらいなら貸してくれる人はいる。ただ、数日間の滞在費や数千、数万円を越える額を貸してくれる人はいないと考えた方が良いだろう。初めて会った人に国際送金の受取人になってほしいと頼んでも、警戒されるのが普通だ。海外では現金を無くしたと言いながらお金を求めてくる詐欺も多い。

それでも一応日本人の多い場所へ行き、できれば日本大使館など在外公館への移動費、渡航書申請に必要な手数料(約2500円)だけでも確保しよう。最終的には、在外公館に駆け込むしかないからだ。世界にある日本の在外公館リストについては下記ページを参考に。

在外公館リスト(目次)

2020年7月現在、アメリカには18の在外公館、タイにも2つの在外公館がある。アクセスするなら、当然近場の在外公館が良いだろう。

 

日本大使館でも、まずは日本にいる身内、知り合いに国際送金を行ってもらうように頼まれるはずだ。国際送金の方法やパスポートなどのIDがない場合の現金受取方法を教えてもらえたりする。この辺は日本大使館のある地域にもよるので、一概には言えない。

注意点として、大使館の職員も民間企業ではないので、偉そうな態度では嫌がられるのが普通だ。トラブルで焦っていたとしても、大使館の職員は真摯に相談に乗ってくれるわけではない。怒鳴り散らしたり、暴れればいくつもの選択肢を失うだろう。焦りは抑えて冷静に対処方法を聞くべきだ。現地日本大使館はトラブル発生時に訪問する日本人も多く、職員はこうした人達の対処でストレスを抱えている。

日本大使館などの在外公館では直接お金を借りるという手段もある。しかし、公金のため基本的には難しいと思った方が良い。日本に国際送金をしてくれる身内、知り合いがいない場合も解決は難しくなるだろう。国際電話の使用さえも日本大使館の職員は嫌がるため、在外公館に助けを求めるのはあくまでも最後の手段になる。

 

在外公館の無い国、都市で身分を証明するものがなく、一文無しになった場合は現地の行政や警察に保護してもらい、近隣諸国へ移動するしかない。ただし、親切な人がいる国は世界的に見るとかなり少ない。希望通りの扱いを受けれないリスクもあるだろう。また、無償で迅速に対処してくれる人はほとんどいない。待機時間も長く、しつこく主張しなければ後回しにされるはずだ。

 

現金とカードは紛失・盗難されたが、パスポート(現地で使えるID)は持っている場合

パスポートと現金

 

パスポート(もしくは現地で使えるID)といった海外で身分を証明できるものを持っている場合、現地銀行や国際送金サービスの代理店にて、現金の受け取りができる。現地に銀行口座を持っていなくとも、現金の受け取りは可能である。ただし、独力で国際送金をするには、事前にサービスの申込みが必要になる。日本で国際送金のサービスに申し込んでいない人は日本にいる知り合いの助けが必要になる。

 

ネットなどを利用し、自分で国際送金を行う場合

海外にいる間、自分で国際送金をするには

・事前にサービスの申し込みをしている
・ネットバンキングや国際送金サービスのパスワード、二段階認証なども通過できる

状態でなければならない。

 

国際送金サービスはすぐには利用できず、日本にいる間、予め申し込みをしておく必要がある。

これら国際送金の申込みではフリーのGmailなどではなく、独自ドメインのメールアドレスが必要とされることもある。

また、ログインおよび二段階認証も通過できなければならない。スマホやノートPCなども紛失し、メールにもログインできない状態では厳しいだろう。

 

自分で国際送金ができない場合

国際送金サービスに申し込んでいない。申し込んでいても、パスワード不明などで利用できず、自分で国際送金ができそうにない場合

・知り合いに頼む

必要がでてくる。

日本にいる知り合いに頼んで、近くの銀行の支店から国際送金してもらったり、現地の知り合いに国際送金サービスを利用してもらう。

現地で現金を受け取るには送金時に指定した銀行や代理店へ身分の証明できるものを持参し、所定の手続きを踏むことになる。銀行の支店や代理店が無い田舎の場合や移動費が限られる場合は、指定受取先も事前に調べてから、送金してもらわなければならない。

 

現地に銀行口座を持っていなくても、パスポートだけで受け取りができる国際送金サービスは日本のメガバンクや郵便局で提供されている。ただ、現地で現金の受け取りができるようになるまでは3営業日以上、遅ければ1週間以上先になる。また、上でも述べたとおり、ネットバンキングによる国際送金サービスは事前登録が必要になる。登録していない場合、窓口(支店)へ出向いての手続きになるので、日本にいる身内、知り合いにそこまで頼まなければならないだろう。

 

おすすめの国際送金サービス

国際送金サービスには様々なものがある。この中でおすすめなのはMoneyGramのサービスを利用できるSBIレミットである。MoneyGramの現金受取サービスなら、手続きから数十分後に現地で現金を受け取ることもできる。しかも手数料は金融機関の国際送金よりも安くなっている。また、現金受取場所も金融機関に限らず、様々な代理店で提供されている。ただ、こちらもサービスの利用開始には事前の会員登録が必要になる。

日本からの国際送金サービスでは楽天銀行の海外送金サービスも手数料が安いためおすすめである。

 

また、仮想通貨の送金ができる、仮想通貨の使用できる状態なら、これを現金化することも可能だろう。こちらも日本にいる時に事前の登録、開設が必要である。仮想通貨による送金について詳しくは下記記事を参考に。

国際送金でもっとも手軽なのは仮想通貨を使った方法である - ノーマネー・ノーライフ
仮想通貨の送金は指定のアドレスを入力するだけで簡単に行うことができる。 指定アドレスへの着金までの時間や送金手数料は通貨や取引所にもよる。送金から着金までの目安としてはビットコインで1時間程度、リップルなら数十分となっている。送金の手数料も安い。この取引所ならどんな数量のリップルを送っても送金手数料が無料となっている。...

国や地域にもよるが、仮想通貨の扱いがある個人や店はいくつか存在している。現金の国際送金よりも簡単なので、仮想通貨が流通している国なら、送金手段として取引所を開設しておいても損はないはずだ。

 

上でも述べたように、事前に国際送金サービスへの登録や仮想通貨取引所口座の開設をしていない人が国際送金をしたいなら、日本にいる身内や知り合いに頼むしか方法はない。

 

現金を紛失、盗難されたが現地ATMからお金を降ろす手段は持っている場合

クレジットカード

 

「キャッシングなど現地ATMから引き出しが出来るクレジットカードやデビットカードを持っている」かつ「暗証番号をメモしている、覚えている」なら海外のATMから現金を降ろせる。日本円を持たない人が現地通貨を手に入れる方法としてはこれがもっとも簡単な方法である。現金を無くしても、独力で解決できるだろう。クレジットカードを作れない人でも、デビットカードなどで代用できるので、海外へ行く際には手段として必ず用意しておくべきだ。

 

こうしたキャッシングもしくはデビットカードによる引き出しはカードごとに手数料が異なっている。手数料について詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

海外旅行でクレジットカードを使う前に知っておくべき手数料から持参必須の理由
 海外でクレジットカードを使うと「ショッピング」「キャッシング」で手数料が発生する。消費者が負担する手数料はVISAやMasterCard、JCBといったブランド、発行する会社によっても異なる。 クレジットカードは現金を無くした際、...

 

クレジットカードを作れない無職やフリーター、自営業の人の場合、為替両替のできるキャッシュカードを作っておけば良いだろう。

>>> 為替両替専用のキャッシュカード

VISAやMasterCardであれば、多くの国のATMで現金の引き出しができる。JCBだと、アジア圏はともかく欧米ではVISAやMasterCardほど普及していない。アジア以外で、JCB対応のATMを見つけるのは大変かもしれない。

それぞれの国際ブランドに対応しているATMマップについては下記記事を参考に。いずれも都市名をアルファベットで入力すれば使えるATMマップが表示される。

ATM Locator(VISA)

Mastercard®ATM検索(Mastercard)

JCB ATM Locator(JCB)

 

ただし、カードはあっても暗証番号を知らない、知る手段がない場合は現金をおろせなくなる。暗証番号は緊急時でも普通は、電話での問い合わせでは教えてもらえない(一部例外はある)。通常はハガキなどで自宅へ送ってもらったり、書面を郵送するなどの手続きが必要になる。

暗証番号は覚えておくか、メモに残しておいた方が良いだろう。

ちなみに、キャッシングなどの暗証番号を忘れたとしてもクレジットやデビット決済は可能である。現金を引き出す手段としてだけでなく、現金代わりの決済手段として、クレジットカードやデビットカードは必ず持参すべきだ。

 

海外でお金を紛失する前にしておくべき準備

バックパック

 

通常の海外旅行では現地に知り合いがいないのが普通だ。また、知り合いがいたとしても、手を煩わせるのも申し訳ないので、1人で解決したいと考えている人は多いだろう。

 

海外でお金を紛失しても独力で解決するため、事前に準備しておくべきこととしては

1.現地ATMからお金を降ろせるカードを作成し、暗証番号とともに財布などとは別の場所に保管しておく
2.ネットバンキング、国際送金が海外でもできる状態にしておく
3.仮想通貨が送金できる状態、仮想通貨を使える状態にしておく
4.電話のかけ方を事前に把握しておく
5.現地銀行口座を開設しておく
6.渡航書申請に必要なものも予め用意しておく

以上のようなことがある。

海外に住んでいるなど、知り合いがいれば、その人に助けを求められる。独力で解決できることにも限度があるため、

7.渡航前、現地に知り合いを作っておく、もしもの時に頼める相手を作っておく

のも大事になるだろう。頻繁に渡航する国なら、初めから知り合いを作るために積極的に動くべきだ。

 

いずれか1つでも準備しておけば、現金を無くした場合でも独力で解決できるケースが出てくる。下記で詳しく紹介していく。

 

現地ATMからお金を降ろせるカードを作成し、暗証番号とともに財布などとは別の場所に保管しておく

現金を紛失しても、キャッシング機能の付いたクレジットカードや現地ATMで通貨を降ろせるキャッシュカードがあれば独力で解決できる。ただし、クレジットカードならキャッシング枠を確保し、現地通貨の下ろせるキャッシュカードは指定口座に現金を事前に入金しておかなければならない。また、暗証番号は覚えておくかメモを残しておく必要がある。

 

クレジットカードを作れない無職やフリーター、自営業の人の場合、為替両替のできるキャッシュカードを作っておけば良いだろう。

>>> 為替両替専用のキャッシュカード

ただし、こちらのキャッシュカードではATM手数料がかかるため、クレジットカードのキャッシングよりも手数料は高い。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険の使い方をわかりやすく述べていく
現地で海外旅行保険を使う場合、まず利用するクレジットカードの海外旅行保険が利用付帯か自動付帯か?を確認をしなければならない。自動付帯は持ってるだけで保険が適用される。しかし、利用付帯は海外旅行保険の適用条件を満たさなければ保険の適用を受けれ...

海外では現金による両替(日本円から現地通貨)が手数料も安い。キャッシュカードは使わず持参するだけで、現金を紛失した場合など、いざという時のための代替手段程度に持っておけば良いだろう。

 

ネットバンキング、国際送金が海外でもできる状態にしておく

f:id:asiaasia:20180911163133j:plain

 

SBIレミットなど、現地から自分で国際送金ができるサービスに申し込みをし、事前に使える状態にしておく。メガバンクや楽天銀行でもネットで国際送金サービスを利用するには口座開設の他、別途事前の申し込みが必要である。

>>> 楽天銀行の口座開設

 

事前に使える状態にしておけば現地銀行もしくは代理店で現金の受け取りができる。ただし、この際には、パスポートなど身分証明書も必要になる。身分を証明するものも紛失していると、現地でも受け取りが難しくなる。

 

仮想通貨が送金できる状態、仮想通貨を使える状態にしておく

仮想通貨の取引所にアカウントを開設しており

・ネット環境がある
・パスワードや二段階認証もできる

状態ならば仮想通貨の送金自体は海外でもできる。仮想通貨の送金は現金よりも早く、決済もすぐにできる。また、現地の人に頼んで、仮想通貨と現金を交換してもらう手段として利用もできるだろう。

 

ただし、仮想通貨は使える国や地域が限定されている。特に、仮想通貨から現地通貨へ両替するには、現地の仮想通貨取引所口座を持ち、銀行口座へ出金できる状態か、知り合いに頼む必要が出てくる。仮想通貨が普及していない国や地域では難しいだろう。

仮想通貨で国際送金するまでの手続きから、利用方法まで詳しくは下記記事を参考に。

国際送金でもっとも手軽なのは仮想通貨を使った方法である - ノーマネー・ノーライフ
仮想通貨の送金は指定のアドレスを入力するだけで簡単に行うことができる。 指定アドレスへの着金までの時間や送金手数料は通貨や取引所にもよる。送金から着金までの目安としてはビットコインで1時間程度、リップルなら数十分となっている。送金の手数料も安い。この取引所ならどんな数量のリップルを送っても送金手数料が無料となっている。...

 

電話のかけ方を事前に把握しておく

"電話のかけ方

 

海外から日本への電話は緊急時に必要とされる。トラブルが発生したら、クレジットカードを止めるためだったり、家族や知り合い、会社への連絡のため、国際電話をかける必要性が出てくる。

海外から日本の電話番号へ電話をかける場合、番号の先頭に国際電話識別番号と日本の国番号(81)を付け、市外局番の0を取る。つまり、「03-1234-5678」へかけるなら

(国際電話識別番号)-81(日本の国番号)-3(0を取った市外局番)-1234-5678

となる。

国際電話識別番号は国によって異なる。事前に渡航先から日本への電話のかけ方は把握しておいた方が良いだろう。

 

また、携帯電話は多くの国で現地回線と提携しており、電話(通話)は使えるようになってる。日本人旅行者の多い国では自動的に現地の通信会社に接続される。

携帯電話などプッシュ式電話の場合、国際電話識別番号の代わりに「+」で代用できる。スマートフォンであれば「0」を長押しすると「+」になるので、「+81」から始まる番号でも日本へ電話をかけれる。つまり、「03-1234-5678」へかけるなら

+81-3-1234-5678

となる。

 

現地銀行口座を開設しておく

現地に銀行口座を開設しておけば、大量の現金を持ち歩く必要がなくなる。現金管理も含め、現金の盗難防止には効果的だ。ドミトリー(一つの部屋に複数人が一緒に泊まる)はもちろん、シングルルームのセキュリティボックスでも100%の安心はできないので、数十万円を超える大金は基本的に持ち歩かず、銀行など安心できるところに預けておこう。

また、現地に銀行口座があれば、国際送金によってお金を受け取る際にも使える。

 

渡航書申請に必要なものも予め用意しておく

現金と一緒にパスポートを紛失した場合、「帰国のための渡航書」の発給を申請し、まず日本へ帰国すべきである。渡航書は現地の日本大使館などで即日もしくは翌日に発行してもらえる。とりあえず帰国さえしまえば仕事等への影響も出さずに済むだろう。もちろん、帰国してからパスポートの再発行手続きもできる。

 

渡航書の申請の際は、現地警察署の発行した紛失届出を立証する書類また消防署等の発行した罹災証明書の他にも

1.戸籍謄本か戸籍抄本
2.指定サイズの写真(縦4.5cm×横3.5cm)
3.航空券の予約表のコピーもしくはチケット

が必要とされる。これらを事前に持参しておけば、独力で帰国もできる。逆に、用意していなければ日本にいる身内や知り合いに協力してもらわなければならない。

パスポートをなくしてしまった際の対処法については下記記事を参考に。

海外でパスポートを紛失した際の対処法
海外でパスポートを紛失した場合、 1.パスポートは再発行せず、渡航書を申請し日本へ帰国する 2.パスポートの再発行をする(新規発給を申請する) いずれかの方法がある。 渡航書とは在外公館(大使館、総領事館、政府代...

 

渡航前、現地に知り合いを作っておく、もしもの時に頼める相手を作っておく

f:id:asiaasia:20180911163622j:plain

 

海外旅行先にお金のやり取りができるぐらい仲の良い知り合いがいる人は殆どいないはずだ。したがって、もしもの時のために頼める相手を国内外で作ることが大事になる。日本にいる知り合いでも、国際送金をしてもらったり、戸籍謄本を用意してもらうことはできるだろう。

お金を紛失した際にも、現地に知り合いがいると様々な面で助かる。直接お金を借りれるし、滞在先の提供、通訳も頼めるだろう。頻繁に渡航するなら、現地の人と積極的に交流し信頼関係を築くことも大きな保険になるはずだ。

 

海外でのトラブルは言葉や文化の壁により、日本では電話1本5分で解決することも、1日以上かかってしまうのも珍しくない。楽しく良い思い出を残すためにも、予め予期できるトラブルに関しては備えておくべきだ。

海外旅行保険に加入していると、こうしたトラブルの際にも解決のためのアドバイスを貰える。海外旅行保険は無料で加入できるものもあるので、海外へ行く人は事前に加入しておくべきだ。詳しくは下記記事を参考に。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険の使い方をわかりやすく述べていく
現地で海外旅行保険を使う場合、まず利用するクレジットカードの海外旅行保険が利用付帯か自動付帯か?を確認をしなければならない。自動付帯は持ってるだけで保険が適用される。しかし、利用付帯は海外旅行保険の適用条件を満たさなければ保険の適用を受けれ...
タイトルとURLをコピーしました