ヨッピー、ARuFa氏のような人気Webライターになるために必要なもの3つ

ヨッピー、ARuFa氏のような人気Webライターになるために必要なもの3つ Webライター

ヨッピー、ARuFa氏のように、Webライターの中でもテレビのバラエティ番組のような面白い事をして記事にし、人気を集めているWebライターが最近は増えている。

 

f:id:asiaasia:20151005181304j:plain
ヨッピー (@yoppymodel) | Twitter

 

f:id:asiaasia:20151005181313j:plain
ARuFa氏(ARuFa氏は素顔を公開しておらず、写真には全て目線を入れている) 写真は天下統一がしたくて、徳川家康と同じ場所でウンコを漏らしてきた話 – ARuFaの日記より

 

底辺YouTuberと同様に、Webライターも人気が出ずにもがいている人は多い。ヨッピーやARuFa氏のようにWebライターとして人気者になるにはどうすれば良いか?

このジャンルで名を馳せるために必要な3つの要素を紹介して行きたいと思う。

 

人気Webライターになるために必要なこと1「コスト」

ヨッピー、ARuFa氏2人に共通していることの1つに、1記事に対してかけるコストが高いという点があげられる。ここでいうコストとは費用という意味だけでなく、このコンテンツを書くにあたって費やした時間、労力も含まれる。

上で紹介した天下統一がしたくて、徳川家康と同じ場所でウンコを漏らしてきた話にかんしても「さあ、そんな訳でおはようございます。現在は朝の5時、日の出前です。」(中略)「そろそろ日も暮れ始めようかというその時」との記述から察するに、10時間以上の時間、車での移動も含めかけているのがわかるだろう。

 

もちろん、現地で別の仕事があったり、これだけの目的では移動しないかもしれない。ただ、目的はともかく、それぐらい時間をかけなければ作成できないコンテンツという点だけでもユーザーは評価してくれる。内容が面白いというよりも「よくこんな馬鹿なこと時間を費やしてやったなw」とコンテンツそのものよりも、バックグラウンドで笑いを取っているとも言える。

 

高コストのYouTuberと言えば個人的には「はじめしゃちょー」を思い浮かべる。

 

動画作成に半日以上をかけたり、費用でも数万、数十万円を普通に費やしていると思われる。

 

底辺YouTuberの中には「お金があれば人気者になれるのに」等と言い訳を述べている人も多い。しかし、彼らを見ればお金以外のコストも重要なのがわかるはずだ。人気のないYouTuberは、人気YouTuberに比べ、時間、労力の点でも圧倒的に劣っている。

はじめしゃちょーはお金が稼げるようになっても、ほぼ毎日これを続けている。好きなことでなければ続けることさえ難しいだろう。

 

人気Webライターになるために必要なこと2「センス」

人気ライターになるには人が読みたくなるような記事を書ける「センス」も当然必要だ。たとえば、ヨッピーの書いた下記記事はユーザーに興味を抱かせるという点でもセンスがあると思った。

黒ギャルとオタクが宅飲みしたら意外と相性が良かったことが判明 | CHINTAI情報局
こんにちは。ヨッピーです。

CHINTAI情報局へ(おそらく報酬を貰って)寄稿した記事である。題名だけ見ても読みたくなる内容だろう。

 

記事の帰結は不釣り合いかと思われたギャルとオタクが打ち解けて終わっており、これを読み終えた読者にも希望を与える内容だ。スポンサー受けも良かったようで、この記事の後にもヨッピーには継続して寄稿をお願いしている。

 

CHINTAIの新着エントリー - はてなブックマーク
CHINTAI情報局の人気はてなブックマーク記事

 

バラエティ色を強く出すると、100%の支持は得られない。過激にしても、その点は同じで話題を集めるバランスも大事になる。

もちろん、この点はYouTuberとも共通している。下記の動画はその特徴を表していると思う。

ガキっぽくてくだらないのは確かだ。しかし、大人の自分からしても面白い(実際チャンネル登録者は100万人を越えているので、収入は年数千万クラス)。

 

センスというのは評価が非常に難しい。ヨッピーやARuFa氏、多くの人気YouTuberに対しても面白くないと批判するアンチは必ず出てくる。上記動画に対しても「ゴキブリが可哀そう」といったコメントや「つまらない」といったものはある。

こうした面白コンテンツも大多数の人に評価される必要はない。しかし、一定数の人からは評価されなければならない。独りよがりで面白くないことを平気で書く人も多いが、これでは人気者にはなれない。全体の2、3割でも、ターゲットとする層が面白いと思える、客観的に評価される力は必要である。

 

人気Webライターになるために必要なこと3「ファン(ツッコミ)」

ファンの中には、どんな内容でも「彼が書けば何でも面白い」と感じる信者とも呼べる人達がいる。記事の更新を楽しみにして、更新を見ただけでアドレナリンが出まくるというライターにとっては大きな存在だ。人気Webライターになれば多くの信者的なファンを抱えているだろう。

コンテンツは漫才における「ボケ」と同じで、どんなに面白いコンテンツでも、それだけでは大して面白くなかったりする。漫才が「ツッコミ」無しでは成立しないのと同様に、記事でボケたら、的確にツッコミくれる人がいて、何倍にも面白くなる。人気Webライターの中には、的確にツッコんでくれるファンに恵まれ、生き残れているという人もいる。

 

複数のインフルエンサーに媚を売り続けて、コンテンツがつまらなくても人気ブロガーになれたイケダハヤト氏も同様である。彼が今の地位をキープできているのは、定期的にインフルエンサーに取り上げて貰っている、ツッコんでもらっているからという理由がかなり大きい。

Twitterで拡散する画像でもこうしたツッコミが効いて拡散しているものは多い。画像(ボケ)だけではそこまで面白くないものも、つぶやきを画像と一緒にツイートして何倍にも面白くなり、拡散していくのである。


何気ない画像もツッコミだけで印象が変わり面白くなる一例。鎖に繋がれているという印象はこのツッコミが無ければ浮かばないだろう。

 

ご存知はてなブックマークは推薦者がいれば目立つような仕組みなので、はてなブックマーカーに多数のファンを抱えていれば最低限露出する環境ができているとも言える。WordPress等他にもSEO対策がし易いブログサービスはいくつかある。しかし、外部評価の獲得という点を重視すれば、はてなブックマークに露出しやすいブログが最も魅力的だと言える。

 

人気「バラエティ」Webライターになるために必要なことまとめ

今回紹介したのはあくまでも人気者になる方法で、収入を上げるという点は意識していない。Webライターとして収入を上げ、食べていきたいと考えている人は下記記事を参考に。

Webライターになりたい人が募集や求人を見るよりも先にやるべきこと
Webライターというのはなる事自体は難しくない。アフィリエイトサイト等、文章を書いてほしいという仕事はクラウドソーシング等を見ても数多くあるからだ。ただ、誰でも書けるような記事であり、ソーシャルで多くのフォロワーを抱える有名人でなければ報酬というのは低くなるのが普通である。

 

上で紹介した3つの要素のうち「ファン」にかんしては最初から付くものではない。ヨッピーも当初はソーシャルでの拡散を見ても微々たる反応だった。反応が薄くとも、情熱を持って続け、今の地位まで到達したと言えるだろう。正直情熱がない人は彼らのようにはなれない。もちろん、これはYouTuberにも言える。

 

また、Webライターの収入は、基本的に企業等からの原稿料である。記事の依頼でいただく報酬になる。これらの広告記事では上手くスポンサーへの利益を考えて企画される。ユーザーに興味を抱かせてアクセスを集めるだけでなく、企業へ利益をもたらさなければならない。

こういった広告記事の効果ではARuFa氏よりも、ヨッピーの方が断然上だろう。ARuFa氏はスポンサーをあまり意識せずに記事を書くためか、どうしても企業やその商品・サービスの紹介が不自然になってしまっている。

 

こうしたバラエティWebライターとして収入を上げたいなら「いかにしてスポンサーの利益を増やすか?」という視点も大事になるだろう。企画部分でこのユーザーとスポンサー双方の利益になるようなコンテンツを作る力が求められているのである。

タイトルとURLをコピーしました