踊るバイエイターの敗者復活戦

アフィリエイトを含めたネット広告やアルバイトからの収入で生計を立てる人に、踊りながら生き抜くための知恵を紹介するブログ。

楽天カードへ申し込みすべき人を紹介していく


楽天カードへ申し込みすべき人を紹介していく

 

楽天カードは年会費が無料なので、作成しても金銭的な損が無いクレジットカードである。ただ、年会費無料のクレジットカードは楽天カード以外にも数多くある。

楽天カードにしかない特徴として楽天市場での買い物還元率が3%以上になる点、クレジットカード新規入会時の審査方法があげられる。また、年会費無料で海外旅行保険が付帯している数少ないクレジットカードの1つにもなっている。

 

楽天カードにしか無い特徴としては、特に楽天市場での買い物から発生するメリットが大きい。このメリットを享受するために、現在、楽天市場での買い物が少ない人も消費の移動を検討すべきだ。

 

この記事では

▶ 楽天カードへ申し込みすべき人

について、他のクレジットカードには無いメリットを中心に紹介するとともに、楽天カードで特にメリットが得られる

▶ 楽天カードからの楽天市場生活で豊かになる方法

まで詳しく述べていきたいと思う。

 

 

楽天カードへ申し込みすべき人

楽天カードへ申し込みすべき人

 

他のクレジットカードには無く、楽天カードで特に得られるメリットとしては

1.楽天市場での買い物における還元率が3%以上になる

ことがあげられる。

また、

2.海外旅行保険が付帯しているクレジットカード

も一般的には限られているだろう。

加えて、

3.多くの人が審査に通りやすいクレジットカード

という点もある。

下記でそれぞれ詳しく紹介していく。

 

楽天市場での買い物は還元率が3%以上

楽天カード・マン

www.rakuten-card.co.jp

 

楽天カードは街など通常の決済で利用額の1%が楽天スーパーポイントとして還元される。しかし、楽天市場での買い物を楽天カードで決済すると、利用額に対して3%以上の還元を受けることができる。

 

まず、楽天カードで決済するだけで100円につき楽天ポイント3ポイントが付与される。楽天ゴールドカード楽天プレミアムカードだと100円につき楽天ポイント5ポイント、つまり5%の還元を受けることができる。

加えて、楽天カードの引き落とし口座に楽天銀行を設定すれば更に1%が加算される。つまり、楽天ゴールドカードもしくは楽天プレミアムカード、楽天銀行口座での引き落としで6%還元となる。

楽天SPUポイント

event.rakuten.co.jp


元々1%還元が受けれる上、上記3つを満たすと更に+5%の還元が増える(計6%)。

 

また、楽天市場で6%の還元が得られるSPUに加えて、楽天カードの日というキャンペーンも定期的に行われている。

楽天カードの日

event.rakuten.co.jp/campaign

 

楽天カードの日とは毎月5と0が付く日、具体的には5日、10日、15日、20日、25日、30日の0時00分から23時59分まで楽天カードの利用によるポイント還元が+2%になるキャンペーンである。

もちろん、上で紹介したSPUと合わせることができ、SPUで6%の人が楽天カードの日に決済すれば8%となる。

 

楽天カードを持っている人はこの楽天カードの日に商品の決済をする習慣を付けておくべきだろう。

>>> 【楽天カード】新規入会で5000円分の楽天ポイントがもらえる入会ページ【還元ポイント3%以上】

>>> 【楽天ゴールドカード】新規入会で5000円分の楽天ポイントがもらえる入会ページ【還元ポイント5%以上】

>>> 【楽天プレミアムカード】新規入会で10000円分の楽天ポイントがもらえる入会ページ【還元ポイント5%以上】

 

楽天では楽天カード関連以外でも、楽天のサービスを利用することで還元率が増える仕組みがある。楽天カードを含めた楽天のサービスにおいて還元率を増やす方法まとめについては下記記事を参考に。

 

 

 

海外旅行保険が付帯している

f:id:asiaasia:20180927180152j:plain

commons.wikimedia.org

 

楽天カードには海外旅行保険が付帯している。年会費無料の楽天カードなら無料で海外旅行保険を利用できる。海外旅行へ行く際に、海外旅行保険に加入すべき理由については下記記事を参考に。

通常の楽天カードなら年会費は無料である。海外旅行保険のためだけに作成しても良いだろう。

 

楽天カードにおける海外旅行保険の適用条件、補償額や条件、補償範囲は

楽天カード

楽天プレミアムカード

で異なっている。

 

海外旅行保険の適用条件における楽天カードには楽天ANAマイレージクラブカード、楽天PINKカード、楽天カード アカデミー、楽天銀行カード及び年会費有料の楽天ゴールドカードも含まれている。

楽天カードの海外旅行保険は利用付帯となり、楽天プレミアムカードのみ自動付帯となっている。

楽天プレミアムカードの年会費は10800円(税込み)である。

 

楽天カードで利用付帯の海外旅行保険が適用される条件は下記のようになっている

1.日本を出国する以前に

2.公共交通乗用具(航空機、電車、船舶、バス、タクシーなど)または募集型企画旅行の料金を支払った場合で

3.日本を出発してから3ヶ月後の午後12時までの旅行期間

楽天カードの付帯条件より

日本を出国前にとあるので、海外旅行先で(海外にいる時)別の都市への長距離バス料金を利用付帯のクレジットカードで支払っても保険は適用されない。逆に、航空券や現地の長距離バス料金を1円でも「日本出国前に」楽天カードで予約、決済すれば適用される。

 

こうした利用付帯に対して自動付帯とは、利用を前提とせず、クレジットカードを持っている(作成した)だけで、常に海外旅行保険に加入している状態になるものを言う。

自動付帯の場合、海外旅行中に病気や事故、盗難にあったら利用明細等は必要なく補償を受けることが出来る。病気や事故で病院へ行く際も、サポートデスクへ電話しクレジットカード番号を伝え、本人確認を取ってもらえば良い。そうすれば滞在先で近場の病院の診察を予約してもらうこともできるのだ。

 

楽天カードに付帯する海外旅行保険についてまとめると下記のようになる。

   年会費  海外旅行保険の適用条件 還元される楽天ポイント
楽天カード 無料(楽天ゴールドカードのみ年会費2160円)   利用付帯 1%(楽天市場なら3%)
楽天プレミアムカード   有料。税込み10800円    自動付帯 1%(楽天市場なら5%)

 

保険加入期間は「日本を出発してから3ヶ月後の午後12時まで、もしくは旅行終了(帰宅)後72時間以内」とある。従って、2ヶ月間の旅行から帰国し、48時間後に発熱し、診察を受けた場合も保険の適用範囲となる(2019年3月現在の規約)。

 

楽天カードに付帯する海外旅行保険、国内外の空港で利用できる特典サービスについて更に詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

 

年会費が無料、自動付帯で海外旅行保険が付いてくるクレジットカードとしては下記クレジットカードがある。

>>> 世界38カ国に日本語対応の現地デスクもある海外旅行保険付き無料クレジットカード

 

それぞれのクレジットカードに付いている補償額は合算できる。例えば、このカードと楽天カードを持っており、楽天カードの利用付帯条件を満たせば傷害治療費用として200万円+200万円、計400万円までは保険会社が負担してくれる。海外旅行保険が自動付帯かつ年会費が無料のクレジットカードは作っておかないと損だと言える。

 

 

 

多くの人が審査に通りやすいクレジットカード

楽天カードは新規入会時の審査を甘くしている。加えて、楽天市場での買い物状況も審査の際に考慮される。従って、借り入れ含む他社クレジットカードの利用状況が悪くなく、楽天市場での買い物が多ければフリーターでも作成できる。

他のクレジットカードで審査が通らなかった人も楽天カードへの申込みは挑戦してみるべきだ。

>>> 【楽天カード】新規入会で5000円分の楽天ポイントがもらえる入会ページ

 

ただ、気をつけなければならないこととして、楽天カードは新規入会時の審査を甘くする代わりに、利用限度額、キャッシング枠の増枠時には厳しく審査されるようになっている点がある。この時の審査では増枠が認められないどころか、強制退会(カードの利用停止)になってしまうこともある。支払延滞の有無、他社のクレジットカードを含めた利用履歴、借入残高にもよるものの、増枠の必要性が高くないなら追加の増枠はしない方が良いだろう。

もちろん、一度利用停止になっても、審査に落ちても、しばらく期間をおいてから申し込むことで審査に通ることは多々ある。

 

楽天カードからの楽天市場生活で豊かになる方法

楽天カードからの楽天市場生活で豊かになる方法

 

殆どのクレジットカードには海外旅行保険が付いていない。特に、年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険が付いているものは限られている。従って、この点でも楽天カードはおすすめである。

また、楽天カードは他のクレジットカードと違った審査基準を取り入れている。今までクレジットカードを作成できなかった人も審査に申し込んでみるべきだ。

そして、楽天カードに申し込みをすべき人として、もっとも優先順位が高いのは楽天市場を含むネットショッピングの利用機会が多い人である。

 

 

 

ネットショッピングの利用機会が増えると豊かになる理由

ネットショッピングの利用機会が増えると豊かになる理由

 

ネットショッピングの利用機会が増えると豊かになるのは買い物に伴うコストが軽減できるからである。ネットでの買い物により、安値で商品購入ができる上(金銭的コストの削減)、商品を運ぶ労力的コスト、時間的なコストが削減できる。

もちろん、店舗におけるエンターテイメントとしての買い物を否定するわけではない。ただ、日用品など、よく購入するものはネットでの消費へ移すべきだろう。ネットによる方法を含む総合的なコスト削減にかんする施策について詳しくは下記記事を参考に。

 

確かに、ネットショッピングサイトでも楽天市場より使いやすいサイトはある。現状ネットショッピングの利用機会が多い人でも楽天市場よりAmazonを多く使うという人はいるだろう。

 

Amazonよりも楽天を使うために

最近の楽天は商品の最低価格でも見てもAmazonより安くなっている。また、楽天はSPU(スーパーポイントアッププログラム)、キャンペーンによる還元率が極めて高いため、細かい消費以外は楽天市場へ移すべきだ。ただ、楽天市場は最安値を探すのが面倒であり、送料無料の基準が高い。従って、利便性の点で劣り、細かく商品を購入することに向いていない。

楽天での買い物は送料の問題もあるのでまとめ買いをしないと合計金額に置いては最安値にならないこともある。楽天のデメリットをなるべく解消する方法としては下記記事を参考に。