踊るバイエイターの敗者復活戦

少ない収入で生きてる人へ、主に楽天経済圏を利用した節約、新しいお金の稼ぎ方を提示し、踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。

海外旅行のために楽天カードは用意しておくべき理由


楽天プレミアムカード

 

楽天カードを海外旅行に持っていくべき一番の理由は広い意味で保険になるからだ。

また、年会費有料の楽天ゴールドカード、プレミアムカードでは空港ラウンジなど旅行関連サービスも付いてくる

年会費以上のサービスを受けれるため、海外旅行へ頻繁に行く人はこうした保険以外でのサービスでも満足できるはずだ。

 

この記事では

▶ 広い意味の保険として使える楽天カード

から

▶ 楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードで利用できる旅行関連サービス

まで海外旅行のために楽天カードを用意しておくべき理由を紹介していきたいと思う。

 

 

広い意味の保険として使える楽天カード

楽天カードに付帯する海外旅行保険

 

年会費無料の楽天カードを含み、楽天カードには海外旅行保険が付いている。海外旅行保険では補償額の範囲で、ケガ、病気の治療を無料で受けられる。

楽天カードに付帯している海外旅行保険の適用条件から補償まで詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

 

費用の問題以上に大事なのは

・海外旅行保険に加入していないと、高度な治療も受けれない

という点である。日本とは違い、海外では治療費が払えないと治療を拒否されるケースもあるからだ。

 

また、

・クレジットカードを持っていれば現金の代わりに利用できる

観光客の多い都市ではMasterCardやVISA加盟店も多い。現金を落とした場合はもちろん、経費としてまとめたり、不正利用が補償されるクレジットカードの方が安心な人もいるだろう。

 

下記でそれぞれ詳しく紹介する。

 

 

 

海外旅行保険に加入していないと、高度な治療も受けれない

海外旅行をする際には「絶対に」海外旅行保険へ加入すべき理由

 

海外では日本以上に事故や事件に巻き込まれる可能性が高い。加えて、原則として、お金の用意ができなければ高度な医療を受けれない。病院も払えるお金に対してのサービスしかしてくれないのが普通だ。

海外では大切なパートナーが生死をさまよう状態で病院へ運ばれても、治療費の支払いができないなら、治療を拒否されるケースが多々ある。病院でどんなに怒り散らそうが叫ぼうが、海外では日本とは違い、病院側もそれが当然という態度で接してくる。

 

例えば、事故により腕や脚の大部分を損傷した状態で病院へ運ばれたとする。保険を含む支払能力がないとわかった場合、先進国でも損傷部分より下を切断し、出血を止めるといった簡単な手術しかなされない。きちんと、神経や血管をつなぎ合わせれば事故前の状態に戻る可能性があってもである。損傷の具合にもよるが、神経や血管をつなぎ合わせる手術には10時間を越えるケースもあり、サポートする看護師や機材を揃えることも求められる。費用が支払われるといった補償がなされなければ現地病院はそこまでの負担をする義務もなく、手術後にクレームを入れても当然賠償金を求めることはできない。

発展途上国では治療自体を拒否されるケースもある。事故発生当初は命に別条はなくとも、こうした重症の状態で放置されれば命に関わってくるだろう。

 

命に関わる場合はもちろんのこと、障害が残るかもしれない重大事件や事故でも保険があるかないかで生存率が大きく変わる。発展途上国ほど保険が重要になるだろう。

 

海外旅行保険を持たないことで生じうるリスクについて詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

 

ちなみに、本人だけが楽天カードを発行している場合、楽天カードに紐づく「家族カード」を持っている同伴者しか保険は適用されない。

たとえば、夫婦と子供がおり、奥さんが家族カードを持っていた場合でも、子供には保険が適用されない。

別途、子供も海外旅行保険へ加入しておくか、本人以外の家族にも海外旅行保険が適用される「家族特約」付きのカードを持っておいた方が良いだろう。

 

家族特約も付いており、充実した補償のカードとしては「ミライノデビットPLATINUM」がある。

ミライノデビットPLATINUMは補償額の点もっともおすすめのカードになる。しかも、審査は不要のデビットカードだ。

ただし、カップルの場合、家族ではないため、家族特約が付いたカードでも保険加入者しか適用されない。パートナーには別途保険へ加入してもらうべきだ。

 

クレジットカードを持っていれば現金の代わりに利用できる

海外で現金を落とし、他に決済手段を持たないなら、独力では生活するのも難しくなるだろう。知り合いにお金を借りるなど、助けが必要になるはずだ。

知り合いのいない街で現金やクレジットカードなど、すべての決済手段をなくした場合は日本にいる知り合いか、日本大使館に助けてもらうしかない。

現金をすべて落とした場合でも、クレジットカードさえあれば独力で生活できるだろう。観光客の多い都市ではMasterCardやVISA加盟店も多い。キャッシング枠があればその範囲で現地通貨の引き出しもできる。

 

また、海外で現金を落としたら、ほぼ100%戻ってこない。クレジットカードを落とした場合でも不正利用されるリスクはある。しかし、不正利用されても、ほぼ100%カード会社が補償してくれる。補償されれば落としても金銭的な損害は生じずにすむ。決済先の店舗で不正利用されるリスクを考えても、クレジットカードの方が安心だろう。

 

他にも、経費としてまとめるのにカードの方が便利になる。為替レートを確認せず、カードに請求された代金(日本円)だけ見れば良いからだ。ビジネス関係の渡航でもクレジットカード決済が便利だろう。

 

楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードで利用できる旅行関連サービス

楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードで利用できる旅行関連サービス

バンコクの空港ラウンジ

 

楽天カードには海外旅行保険が付帯し、クレジットカード決済、現地通貨の引き出し(キャッシング)もできる。

加えて、年会費が有料の楽天ゴールドカード(年会費税込2200円)、楽天プレミアムカード(年会費税込11000円)ならトラベルデスクや空港ラウンジの利用ができる。また、楽天プレミアムカード会員はプライオリティパスが無料で発行できる上、選択コースにより手荷物宅配サービスも利用できる。

利用できるサービスをまとめると下記のようになる。

  楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
トラベルデスク
空港ラウンジ △(年2回まで無料。毎年9月1日から翌年8月31日まで) ○(年何回でも無料で利用でき)
プライオリティパス ×(発行できない) ○(約4万8000円のプレステージ会員に無料でなれる)
空港への手荷物宅配サービス ×(利用できない) △(トラベルコースを選択した上で年2回まで)

ちなみに、年会費税込33000円の楽天ブラックカードにおける海外旅行関連サービスは楽天プレミアムカードとほぼ同じである。

 

 

 

トラベルデスク

トラベルデスクは世界38拠点にある現地デスクにレストランやツアーの予約、緊急時の案内を受けれるサービスである。

現地から現地番号へ日本語で繋げるため、電話代も節約できる。

 

空港ラウンジ

空港ラウンジの食事

空港ラウンジでは軽食や飲み物が無料で提供されている。

 

楽天カードの空港サービスは国内29空港(44ラウンジ)、仁川国際空港(韓国・ソウル)、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)のラウンジを無料で利用できるサービスである。

楽天プレミアムカード会員は無制限、楽天ゴールドカード会員は年2回まで利用できる。

 

プライオリティパス

プライオリティパスと楽天プレミアムカード

プライオリティパスと楽天プレミアムカード

 

プライオリティパスは全世界のラウンジを無料で無制限利用できる会員カードである。プレステージ会員は通常年429ドルの会費が必要になる。しかし、楽天プレミアムカード会員ならプレステージ会員に無料でなれる(楽天プレミアムカードの年会費のみ)。

日本国外の主要空港ではプライオリティパスの利用できるラウンジがほぼ存在している。出発までゆったりくつろいだり、食事や飲み物も飲めるので、海外へ頻繁に行く人はプライオリティパスも発行しておくべきだ。

 

手荷物宅配サービス

手荷物宅配サービスは出発時に空港へ荷物を送ったり、到着時に空港から自宅へ荷物を送れるサービスである。国内指定の住所および国内の対象空港で利用できる。

楽天プレミアムカードでは「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」がある。特に設定をしないとプレミアムカードデーで+1%還元を受けれる楽天市場コースが設定されている。

トラベルコースを選択した人は年2回まで手荷物宅配サービスを利用できる。

楽天ブラックカード会員は無条件で年2回まで無料で利用できる。

 

海外旅行で使える楽天カード

楽天の海外旅行関連サービスは他のクレジットカードと比べても年会費のわりに充実している。要はコスパが非常に良い。頻繁に海外へ行く人は旅行関連サービスだけでも十分に年会費のもとを取れるだろう。

 

快適な海外旅行を実現するためのサービスの他に、トラブルの対処法についても頭へ入れておいた方が良いだろう。事前に知っておくべき海外旅行でのトラブル対処法については下記記事を参考に。