踊るバイエイターの敗者復活戦

少ない収入で生きてる人へ、主に楽天経済圏を利用した節約、新しいお金の稼ぎ方を提示し、踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。

楽天koboで電子書籍を購入すべき理由


楽天kobo専用電子書籍リーダー

楽天kobo専用の電子書籍リーダー

 

楽天Koboは楽天の電子書籍販売サイト(ストア)である。ちなみに、楽天ブックスは書籍(紙)の販売サイトであり、楽天ダウンロードはソフトウェアやゲームの販売をしている。

 

最近、電子書籍の購入をAmazonのKindleから楽天koboへと変えた。楽天koboに変えた理由としては還元率の高さを含め、オトクに電子書籍が買える金銭的な理由が大きい。サービス全体で見ると、AmazonのKindleに全ての点で勝っているわけではないものの、今後、電子書籍を購入するなら楽天koboで購入する予定である。

 

楽天koboでは初めて電子書籍を購入する人に向け、1000ポイント以上のプレゼントをするキャンペーンも行っている。これから楽天koboでの電子書籍購入を考えている人はエントリー必須と言えるだろう。エントリーは下記ページから可能である。

>>> 初めての電子書籍購入で1500ポイント・キャンペーンへのエントリーページ

 

この記事では、電子書籍は全て楽天koboで購入すべき点として

▶ 楽天koboが他のサイトの電子書籍よりも優れている点

から

▶ 楽天koboに対応する電子書籍リーダー

について読み方や同期の際に生じたトラブルまで詳しく述べていきたいと思う。

 

 

楽天koboが他のサイトの電子書籍よりも優れている点

楽天koboは他の電子書籍ストアよりも、還元や割引を含めると、価格面で安く電子書籍の購入ができる。

高い還元率は楽天で行われているSPUやキャンペーンにより常にもたらされ、購入者向けのクーポンも充実している。また、無料マンガも配布されているため、暇つぶしの際、新たなマンガを見つけられるだろう。

楽天kobo無料作品一覧

>>> 無料作品一覧

週プレといった雑誌も無料配布が行われている。

 

また、上でも述べたように、楽天koboで電子書籍を購入するのが初めての人は下記ページからのエントリーで1500ポイントをもらえる。

>>> 初めての電子書籍購入で1500ポイント・キャンペーンへのエントリーページ

こちらへもエントリーしなければ損だろう。ただし、上記の1500ポイント・キャンペーンではエントリーと同月内に楽天Koboで合計2500円以上(クーポン適用後金額)使わなければならない。

 

下記では楽天koboの特徴とも言える常に高い還元率、割引クーポンについて詳しく紹介していく。

 

楽天koboで得られる常に高い還元率

楽天ブックスではSPU(スーパーポイントアッププログラム)によって、10%以上の還元を受けられる。

楽天SPUとキャンペーン

楽天koboでの電子書籍で得たSPU+キャンペーン。600円の商品で81ポイント還元、つまり13.5%還元になる。

 

上記では楽天カードと楽天銀行+5%、楽天モバイルの加入+2%、楽天証券+1%、楽天市場アプリ+1%、楽天kobo+0.5%に加え、キャンペーンで+3%還元を得られた(楽天市場アプリによる還元は2019年7月1日以降は0.5%還元)。楽天のSPUやキャンペーン、クーポンについて詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

楽天カード保有者でなくともSPUや定期的に開催されているキャンペーンで10%還元も可能だ。

確かに、一時的に還元率を上げるキャンペーンはAmazonでも行われている。しかし、Amazonにおいて、「常に」ここまで高い還元率は得られない。 

ちなみに、楽天の株式を購入すると、株主優待優待により、7月1日から12月31日まで、楽天Koboの電子書籍コンテンツ購入に対し、ポイントが3倍になる。

株主優待で受けれる楽天koboの優待を含め、詳しくは下記記事を参考に。

 

楽天ポイントの還元が受けられるタイミング

楽天ポイントの還元が受けられる日はSPUやキャンペーンによって異なる。多くのSPU、キャンペーンでは翌月の15日頃にポイントが付与される。楽天カード利用分は13日頃である。

SPU、キャンペーン以外の還元(1%)は購入日の翌日に記帳され、20日後に受け取れる。

 

割引クーポンの充実

楽天koboでは割引クーポンが頻繁に配布されている。 クーポンを利用すれば25%OFFでの購入も可能になっている。

ちなみに、楽天koboで割引クーポンを得るには購入実績が必要になる。楽天koboで電子書籍の購入をしたことがある人は下記ページから割引クーポンの取得ができる。

>>> 楽天ブックス・楽天koboで使えるクーポンの取得ページ

頻繁に配られているので、楽天koboでの購入前には定期的にチェックした方が良いだろう。

 

楽天koboで使えるクーポン
楽天koboで使える10%から25%還元クーポン。15冊以上をまとめて購入すれば、25%OFFでの購入も可能だ。

>>> 楽天ブックス、楽天koboで使えるクーポンの取得ページ

ただし、10%OFFで2000円以上、25%OFFで1万円以上の注文が必要になる。

 

1巻でも商品を購入し、クーポンが発行された後まとめ買いをすれば、クーポンによる割引および10%以上の還元を容易に受けられる。

>>> 【新品】ザ・ファブル (1-17巻 最新刊) 全巻セット

すぐに読みたい人は1巻から購入していき、クーポンの発行されてからまとめてお買い物かごへ入れて購入すれば良いだろう。

 

楽天koboに対応する電子書籍リーダー

楽天koboに対応する電子書籍リーダー
 

楽天koboで購入した電子書籍を読むには、電子書籍リーダーのインストールが必要になる。電子書籍リーダーは専用端末の購入をしなくとも、パソコンやスマートフォンへとアプリという形で無料ダウンロードができる。

>>> 楽天Koboアプリのダウンロードページ(スマホおよびPC用アプリ)

アプリのダウンロードリンクは上記ページの下部にある。

 

楽天koboの電子書籍リーダー

楽天kobo電子書籍リーダー。iOSおよびAndroid、PCでの閲覧ができる。

 

楽天koboで電子書籍を購入すると、ライブラリに購入作品一覧が表示される。

楽天koboのライブラリ
ライブラリの管理は楽天koboのトップページ「ライブラリ」からできる。スマホで読みたい場合はスマホにアプリをダウンロードした上で、楽天IDへログインしよう。

 

楽天IDに紐付けられたライブラリにて、購入した電子書籍の同期ができる。家のパソコンで読んだ後、移動中にスマートフォンを続きを読むといった使い方もできる。スマホなら満員電車でも楽しめるだろう。

 

ライブラリを同期、書籍をダウンロードすれば、インターネット環境がなくとも電子書籍は閲覧可能になる。もちろん、飛行機の移動中にも読める。

楽天koboのアンドロイドアプリ

スマホ用「楽天kobo(アプリ)」のライブラリ画面

 

専用電子書籍リーダー

楽天koboはPCやスマートフォンといったデバイスでも本が読める。従って、専用の電子書籍リーダーを買う必要は無い。ただ、目に優しいナチュラルライト機能が新たに追加され、寝る前に読むデバイスとして欲しかったため、自分は楽天kobo専用の電子書籍リーダーを買った。

楽天kobo専用端末

 

楽天koboの専用電子書籍リーダーはKindleに比べて値段も高く(1万円以上)、サイズも小さいように感じた。しかし、マンガや小説を読むのにちょうど良い画面のサイズであり、バッテリーの持ちも良い。移動中だけでなく、家で読むにも使っていくうちに便利だと感じるようになっている。

 

専用端末は必ずしも買う必要は無い。ただ、目への負担を考えたり、ちょうどよい画面で読みたい人は一緒に購入しても良いだろう。 

楽天koboの専用電子書籍リーダーは楽天だけでなく、Amazonやヤフーショッピングでの購入もできる。ただ、SPUやキャンペーンを考慮すると、楽天kobo専用電子書籍リーダーも楽天がもっともオトクに買える。

楽天で楽天koboを購入すうる

楽天で楽天koboを購入した際の還元ポイント。楽天ではSPUおよびキャンペーンにより、18.5%還元を得て買えた。

 

PCによる不具合(同期ができない)

自分は海外で楽天koboのアプリをPCとスマートフォンへダウンロードした。インストール後、ライブラリの同期をしたところ、スマートフォン(アンドロイド)では問題なく購入作品のダウンロードができたものの、PC(Windows)ではライブラリが同期されない不具合が生じた。ライブラリが同期されないと、購入した電子書籍のダウンロードができず、本を読めない。

 

こうした不具合は一度ログアウトし、ログインし直すことで直ることもあるようだ。しかし、自分の環境では、再ログインを試しても同期の不具合は直らなかった。

この不具合が直ったのは日本帰国時に再ログイン⇒同期をした後である。日本で再ログインし、同期してからは購入商品が正常に反映されるようになった。海外へ戻った後、新しく購入した商品もきちんと反映されてる。

 

海外における同期の不具合は、VPNを通してIPを国内に変えても解決しなかった。海外在住者は日本帰国時に再ログインするか、スマートフォンアプリ、専用の電子書籍リーダーで読むしかないと思われる。もちろん、PCデバイスや滞在エリア含む、環境によって問題の解決方法は異なるかもしれない。また、こうした不具合は楽天側でいずれ修正してくれる可能性もある。

 

PCによる不具合を除き、楽天koboのサービスには満足できている。

Amazon Kindleで電子書籍を読むよりも、コストはかからない。早いうちに楽天koboへの移行をおすすめしたいと思う。

 

まだ、一度も楽天koboで購入したことが無い人は購入前に下記ページからのエントリーも忘れずにしておくべきだ。

>>> 初めての電子書籍購入で1500ポイント・キャンペーンへのエントリーページ

 

すでに楽天koboで購入経験のある人は下記ページからクーポンを取得し、割引額で商品購入をしよう。

>>> 楽天ブックス・楽天koboで使えるクーポンの取得ページ

 

楽天koboとAmazon Kindleを比較した上で、それぞれの優位性を知りたい人は下記記事を参考に。