踊るバイエイターの敗者復活戦

アフィリエイトを含めたネット広告やアルバイトからの収入で生計を立てる人に、踊りながら生き抜くための知恵を紹介するブログ。

楽天ペイで生じる利益を最大化する全ての方法


楽天ペイでの決済

pay.rakuten.co.jp

 

楽天ペイ(楽天Pay)とはスマートフォンの決済サービス・アプリである。アプリ内のバーコードをスマホ画面へ表示し、支払時に見せるだけでお会計ができる。

コンビニならローソン、ファミリーマート、ポプラにミニストップ。居酒屋なら白木屋、魚民、笑笑。アパレルショップや漫画喫茶、引っ越しサービスにも楽天ペイを使うことができる(2019年2月現在)。

楽天ペイが使えるお店

楽天ペイの利用可能店(pay.rakuten.co.jp/shop/より)。街(リアル)での決済の他、ネットでの利用もできる。

 

基本的に、効率よく消費をするならネットでの消費額を増やすべきである。楽天市場を中心とした楽天経済圏で暮らすことで、以前よりも豊かに暮らすことが可能になる。

ただ、生活していく上ではネット以外の「リアル」での消費も避けられないだろう。そんな時、リアルでも楽天経済圏内でのメリットを享受できるのが「楽天ペイ」になる。楽天ペイはKyashでのチャージを通すことにより、3.5%の還元を受けることもできるからである。リアルでの消費もできる限り楽天ペイにすることで、楽天ポイントを集め、楽天経済圏を利用した豊かな生活を目指すことが可能なのだ。

 

この記事では

▶ 楽天ペイでの消費で3.5%の還元を受ける方法

▶ 楽天スーパーポイントの裏技的な使い方

から

▶ 楽天ペイのデメリットとデメリットを補う消費の位置づけ

まで賢い使い方、デメリットを補う消費の位置づけまでを詳しく述べていきたいと思う。

 

 

楽天ペイにおけるキャッシュバックを最大にする方法

アプリでの決済

 

楽天ペイにおけるキャッシュバックを最大にするには

まず、

1.Visa/Mastercardのクレジットカード、デビットカードを用意する

クレジットカードの審査に通らない人は楽天銀行のデビットカードを作れば良い。ただし、楽天デビットカードではVISAで申し込みをしなければならない。楽天銀行JCBデビットカードではkyashの支払い方法として指定できないからだ。

2.楽天ペイ

もスマートフォンへのダウンロードが必須になる。この他に

3.Kyash

もスマートフォンへのダウンロードする。

kyashを最終的な決済方法に使うわけではないので、kyashのカードの発行は不要である。バーチャルカードでも良い。ただし、1回の利用限度額は3万円に制限される。。リアルカードなら1回5万円である。

 

以上の3点を揃えた上で、還元が受けれる箇所を紹介すると

 

▶ kyashの支払元にクレジットカードもしくはデビットカードでチャージする(クレジットカード決済になるのでクレジットカードのポイントが貯まる)。

▶ 楽天ペイでの「お支払い元の設定」にKyashを登録する(Kyashでの決済になるので、2%のキャッシュバックを受けることができる

▶ 楽天ペイで決済する(楽天ペイでの決済で200円ごとに1ポイント、0.5%還元

クレジットカードのポイント+2+0.5となる。クレジットカードのポイントは1%以上になることが多い。従って、一度の消費に3.5%以上を貯めることができる。

 

まとめると、kyashの支払元にクレジットカードを登録し、楽天ペイでの支払元にkyashを設定して、楽天ペイで決済するだけである。一度設定すれば自動的にクレジットカード払いになるので手間はそこまでかからないだろう。

kyashや発行方法や作り方について詳しくは下記記事を参考に。

 

楽天スーパーポイントの裏技的な使い方

期間限定ポイントと楽天PAY

 

楽天ペイでは保有している楽天スーパーポイント分を使うこともできる。楽天ギフトカードやキャンペーンなどで得た期間限定ポイントも楽天ペイで使用可能だ。

期間限定ポイントは保有する楽天スーパーポイントを使用する際、優先的に消費されていく。

楽天ペイで期間限定ポイントを使いたい場合、楽天ペイのホーム画面でバーコードの下にある「すべてのポイント/キャッシュを使う」の設定から利用ポイント数を決めることができる。

楽天ペイのホーム画面

ポイントが足りない場合、紐付けされてるクレジットカードでの決済になる(https://pay.rakuten.co.jp/guide/より)。また、一度ポイントで決済すると、「次回もこの設定を使う」にチェックを入れない限り、ポイントを使わない状態に戻る。期間限定ポイントだけを消費し、通常ポイントだけを残す(貯める)状態にもできる。

 

期間限定の楽天スーパーポイントでは投資信託の購入が出来なかったり、資産として見た場合に通常ポイントより価値が若干下がる。こうした期間限定の楽天スーパーポイントを使う機会としてリアルでの消費に広げられるのはメリットも大きいだろう。

 

ちなみに、楽天スーパーポイントを消費した場合でも、楽天スーパーポイントは貯めることはできる。つまり、商品代金の一部をポイントで払った場合も商品代金の全てをポイントで払った場合いずれも、同じ量のポイントが付与される。

例1 10,000円の商品を5,000ポイントを利用して通常購入

  ↓

ご利用日の翌日中に100ポイント獲得予定

 

例2 10,000円の商品を5,000ポイントを利用して通常購入※ポイント5倍キャンペーンの対象商品

  ↓
ご利用日の翌日中に100ポイントの通常獲得ポイントと、倍付け分の400ポイント(4倍分)の付与

※倍付け分のポイント付与は、キャンペーンにより後日付与となる場合もあります。

 

ichiba.faq.rakuten.co.jp

 

 

楽天スーパーポイントを現金以上の価値にする方法

楽天ペイで貯まる楽天スーパーポイントは楽天市場での消費はもちろん、投資信託の購入及びANAマイルへの交換もできる。

楽天スーパーポイントは投資信託の購入を通じて現金と同レベルの価値を持つだけでなく、ANAマイルで現金以上の価値にすることもできる。

楽天ポイントからANAマイル

2ポイント=1マイル(point.rakuten.co.jp/exchange/より)。50ポイント以上の2ポイント単位とかなり細かい単位で交換が可能となっている。

 

ANAマイルの価値はビジネスクラスやファーストクラスの航空券を買うと、1マイル=15円ぐらいまで高まる。

例えば、東南アジアを含むアジア圏なら3万から7万マイル程度でビジネスクラスにも乗ることができる(時期や国にもよる)。この3万から7万マイルは楽天スーパーポイントなら6万ポイントから14万ポイントである。現金なら15万円以上が普通のビジネスクラス航空券を6万ポイントから14万ポイントで購入できることを意味する。 

従って、ANAマイルへと交換できる楽天スーパーポイントも、使い方によっては現金以上の価値を持つとも言えるだろう。

ただし、楽天スーパーポイントは1ヶ月2万ポイント(1万ANAマイル)しか交換することが出来ない。また、1度に交換できるのは1000ポイント(500マイル)と少額である。マイルは楽天スーパーポイント以外でも貯め、補完的に交換して使うのが賢いだろう。

もちろん、kyashや楽天ペイの支払い元としてANAのクレジットカードを使い、マイルを貯めることもできる。

 

楽天ペイのデメリットとデメリットを補う消費の位置づけ

楽天ペイのデメリット

 

期間限定のポイントをリアルの消費で消化できたり、現金以上の価値を持つ楽天スーパーポイントを3.5%以上還元できるのは大きいだろう。

ただし、楽天ペイにもデメリットはある。デメリットとして影響の大きいものからあげていくと

1.利用できるお店が少ない

2.お会計時に時間のかかる場合がある

3.1回あたりの利用限度額

以上のようになる。

 

下記でそれぞれ詳しく紹介していこうと思う。

 

 

 

1.利用できるお店が少ない

楽天ペイは利用できる店が少ない

 

最初でも述べたとおり、大衆向けのお店としてはローソンやファミリーマートぐらいしかない。利用できるお店が少ないというのは、楽天ペイのもっとも大きなデメリットである。

 

楽天ペイが使えない店舗ではVISA加盟店を網羅しているkyashで決済する必要性も出てくるだろう。

 

2.お会計時に時間のかかる場合がある

楽天ペイによる支払い方法は「コード表示」と「QR読み取り」、「セルフ」の3つがある。コンビニでなどでは「コード表示」による支払い楽で、下記のような流れになる。

楽天ペイのコード表示pay.rakuten.co.jp/guide/

 

小売店の一部では導入コストの安いQR読み取りでの決済にのみ対応といった形になるかと思う。

 

楽天ペイでの支払先としてはコンビニが一番使われるだろう。利用者の多いコンビニではクレジットカードでの支払い並みにスムーズに対応してくれた。しかし、まだまだ利用者は少ないようで、レジの担当者も初めての対応になるケースも多々ある。

マイナーな決済方法だと、レジの対応する店員がどうしても戸惑ってしまう。決済に時間がかかるだけでなく、支払のたびにレジ担当者が混乱すると、こちらも使いにくくなるだろう。

また、バーコードを読み取ってから、決済が完了するまでに数秒の時間がかかった。ネット環境が悪いと、更に時間がかかるかと思う。

その他、画面が汚れていたり、傷が入っていると読み取り自体に時間がかかったり、コードでの支払いが出来なくなる。すぐに「QR読み取り」、「セルフ」での支払いへと変更する必要が出てくるだろう。

 

3.1回あたりの利用限度額

楽天ペイでの1回あたりの利用限度額は最大50万円(楽天会員ランクによって異なる)、またコンビニ・ローソンでの支払いは4000円までとなっている(利用する金額に上限はありますか? | 楽天ペイ: よくあるご質問より)。

加えて、kyashを支払元に設定していると、更に限度額が制限される。kyashの利用限度額が24時間あたりバーチャルカードで3万円以下、リアルカードで5万円以下になっているからだ。

利用限度額の点、利用できるお店が少ないという点から決済方法として制限のかかる人は多いだろう。従って、リアルでの決済では、楽天ペイでの利用をサポートするために、kyash以外のクレジットカードも用意しておいた方が良いだろう。

 

 

 

楽天ペイのデメリットを補う消費の位置づけ

現状、日本での決済において、還元ポイントのメリットを享受したいなら最優先は楽天ペイもしくはペイペイである。次にkyashが続き、kyashで支払えないものは通常のクレジットカードもしくは現金という形になっている。特にkyashの働きは大きく、楽天ペイもしくはペイペイが使えないネットショッピングはもちろん、生活費の決済はほぼこれで行うことができる。

従って、Kyashの作成は必ず行っておくべきだ。

 

日本における決済は楽天ペイ(もしくはペイペイ)、kyash、お好みのクレジットカードという3つ、予備の日本円だけでしばらくは対抗していこう。