踊るバイエイターの敗者復活戦

アフィリエイトを含めたネット広告やアルバイトからの収入で生計を立てる人に、踊りながら生き抜くための知恵を紹介するブログ。

楽天Pay+楽天カードで5%還元を受けながら利益を最大化する方法


楽天Pay+楽天カードで5%還元を受けながら利益を最大化する方法

 

スマートフォンの決済サービスアプリ「楽天Pay」は支払元を楽天カードにし、キャンペーンへエントリー決済するだけで5%還元が受けれるキャンペーンを始めた。

楽天Pay5%還元キャンペーンは第1弾を2019年5月15日10時から2019年7月1日9時59分までとしており、第2弾、第3弾と長期でのキャンペーンを匂わす内容となっている。

 

もともと楽天PayではKyashを組み合わせた3.5%還元が最大だった。しかし、5月15日からは支払元として楽天カードを指定すれば5%にできる。楽天Payの支払先を楽天カードに設定をしていない人は早めに切り替え、エントリーがまだの人は忘れずにエントリーを行っておこう。

>>> 楽天Pay+楽天カード5%還元キャンペーンのエントリーページ

 

ただ、楽天Payの5%還元は「支払元を楽天カード」「キャンペーンへのエントリー」「楽天Payによる決済」により必ず得られるわけではない。また、得られた還元分のポイントも使い方によって価値が変わってしまう。

従って、この記事では5%還元を受ける細かな条件を含めた

▶ 楽天Payによる決済で5%還元を受ける方法

から

▶ 楽天Payで得た楽天ポイントの価値を「最大化」する方法

まで詳しく述べていきたいと思う。

 

 

楽天Payによる決済で5%還元を受ける方法

楽天Payのアプリを起動し、ホーム画面での「お支払い元の設定」に楽天カードを登録する。加えて、下記ページから5%還元キャンペーンへとエントリーする。

>>> 楽天Pay+楽天カード5%還元キャンペーン

 

楽天Pay+楽天カード5%還元キャンペーン

上記の「まずはエントリー」をクリックする。

 

下記のように、赤色のボタンが灰色で「キャンペーンにエントリー済みです」の文字に変わっていたらエントリーは完了している。

楽天Pay5%還元キャンペーン

 

もちろん、支払元を楽天カードへ変更前に、エントリーしても良い。いずれにせよ、エントリーは忘れることも多いので、先に済ませておいた方が良いだろう。

>>> 楽天Pay+楽天カード5%還元キャンペーンのエントリーページ

エントリーでは楽天IDへのログインが求められる。

 

楽天カードによる支払設定、キャンペーンへのエントリーに完了したら、第1弾が終了する2019年7月1日9時59分まで、楽天Payによる支払分が5%還元となる。

 

楽天Payによる決済で5%還元を受ける際の注意点

キャンペーンへエントリーし、支払元に楽天カードを設定した状態で決済したら必ず5%還元が受けれるわけではない。

還元が受けられる条件として、キャンペーンページには下記のような記載がある。

※本キャンペーンの還元対象となるお支払い金額は、楽天カードでのお支払い分のみを対象とし、楽天キャッシュや楽天スーパーポイントご利用分は除きます。

つまり、楽天ポイントや楽天キャッシュで決済した分については5%還元の対象にはならない。楽天ポイントや楽天キャッシュで決済すると、従来の通り、0.5%還元となってしまう。従って、5%還元を受けたいなら、楽天Payの支払でポイント利用を解除しておかなければならない。

 

ポイント利用の解除方法

楽天Payによるポイント利用は、ホーム画面でバーコードの下にある「すべてのポイント/キャッシュを使う」の設定から変更できる。

楽天ペイのホーム画面

楽天Payによるポイント利用より

 

ここで一番左の「使わない」を選択し「次回もこの設定を使う」にチェックが入っていれば、楽天ポイントが楽天Payの支払に使われなくなる(上記右図)。

楽天Payの支払で5%還元を受けたいなら、ポイント利用は避けた方が良いだろう。

 

楽天Payによる還元が受けれる楽天カード

支払元として還元が受けれる楽天カードには

・楽天ANAマイレージクラブカード

・楽天PINKカード

・楽天カード アカデミー

・楽天銀行カード

の他にも

・楽天ゴールドカード

・楽天プレミアムカード

が含まれる。楽天「デビット」カードはキャンペーン対象外になるので注意。

 

楽天カードを持っていない人は楽天市場を中心に様々なメリットが得られる。持っていない人は楽天カードの申し込みを検討してみよう。楽天カードは一般的なクレジットカード新規入会時の審査方法とは異なるため、クレジットカードの審査に通らない人も一度は申し込んでみるべきだ。

>>> 【楽天カード】新規入会で5000円分の楽天ポイントがもらえる入会ページ【還元ポイント3%以上】

楽天カードを申し込むべき人については下記記事も参考に。 

 

楽天カードの審査に通らない、楽天カードに申し込む予定のない人はKyashを支払元に設定しよう。クレジットカードを持ってない人でも、楽天Payで3.5%還元以上を受けられるオトクな決済手段である。

 

楽天Payで得られる楽天ポイントの性質とその価値を「最大化」する方法

楽天Payで得られる楽天ポイントの性質とその価値を「最大化」する方法

 

楽天Payの5%還元キャンペーンで得られる楽天ポイントは

キャンペーン特典:200円につき7ポイント(3.5%還元)

楽天ペイアプリ:200円につき1ポイント(0.5%還元)

楽天カード:100円につき1ポイント(1%還元)

これらの合計により5%還元となっている。

 

キャンペーン特典によって得られるのは1人あたり5000ポイントまでとなっている。

※進呈上限ポイント数:本特典の進呈上限はお1人様あたり5,000ポイントとさせていただきます。 

3.5%で5000ポイントなので、キャンペーン期間中、約14.2万円分までの楽天Pay決済でキャンペーンによる楽天ポイントが得られる。

また、楽天ペイアプリ(0.5%還元)と楽天カード(1%還元)は通常ポイントとして付与される。しかし、キャンペーン特典(3.5%還元)は期間限定ポイントとなっている。

進呈ポイントに関して:特典ポイントは 2019年8月31日(土)頃までに、2019年9月30日(月)23:59 までご利用いただける期間限定ポイントで進呈いたします。

 

楽天の通常ポイントは現金もしくは現金以上の価値へと変えるのが簡単である。しかし、期間限定ポイントでは現金並みの価値に引き上げる方法が限られている。

 

期間限定ポイントを現金並みの価値へと引き上げる方法

楽天カードを持っている人は楽天市場の買い物などで楽天ポイントを利用しない方が良い。なぜなら、楽天ポイントを利用することで、楽天カード関連のSPUやキャンペーンによる還元が得られなくなるためである。

 

楽天および楽天Payでの買い物以外では

・ANAマイルへの交換

・投資信託の購入

・楽天カード利用料金の支払

・楽天でんき、楽天モバイルでの支払

に使うのが楽天ポイントの賢い利用方法である。

ANAマイルへの交換では1ポイント1円以上の価値になり、それ以外では減るはずだった現金の代わりになる。つまり、楽天ポイントを現金以上の価値にできる。

 

楽天の期間限定ポイントは「ANAマイルへの交換」「投資信託の購入」「楽天カード利用料金の支払」に使えない。しかし、楽天でんき、楽天モバイルでの支払に使える。

固定費として減るはずだった現金の代わりに使える=期間限定ポイントを現金以上の価値にできる。

楽天Payによる楽天ポイントから最大限の利益を享受するためにも楽天でんき楽天モバイルの加入は検討すべきだろう。

 

楽天の期間限定ポイントを賢く使う方法について、更に詳しく知りたい場合は下記記事を参考に。