踊るバイエイターの敗者復活戦

少ない収入で生きてる人へ、主に楽天経済圏を利用した節約、新しいお金の稼ぎ方を提示し、踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。

楽天SPUを完全攻略するために知っておくべき知識を紹介する


楽天SPUを完全攻略するために知っておくべき知識を紹介する

 

楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)とは、楽天のサービスへの加入や利用を条件に、

1.楽天市場

2.楽天ブックス

3.楽天kobo

4.楽天ブランドアベニュー

における買い物の還元率が最大16%にまで上がるプログラムである。

SPUにおける還元率を高め、貯まった楽天ポイントを賢く利用すれば以前よりも生活を豊かにできるだろう。

 

この記事では

▶ 楽天SPUの還元率を高めるサービス

から

▶ SPUから見る楽天ポイントの価値を高める賢い使い方

▶ SPUとの組み合わせて還元率を増やせる「キャンペーン」

まで詳しく述べていきたいと思う。

 

 

楽天SPUの還元率を高めるサービス

楽天SPUの還元率を高めるサービス

 

楽天SPUによる還元は楽天のサービスへの加入や利用で最大16%まで還元率を高められる。

SPUの対象となっているサービスや還元を受ける条件を紹介すると下記のようになる。

  還元率 達成条件 ポイント付与対象
楽天カード +2% 楽天カードを利用して楽天で買い物 楽天でのカード利用額
楽天プレミアムカード・
楽天ゴールドカード
+2% 楽天プレミアム・ゴールドカードを利用して楽天で買い物 楽天でのカード利用額
楽天銀行+楽天カード +1% 楽天カードの引き落としが楽天銀行口座からなされる 楽天でのカード利用額
楽天の保険
+楽天カード
+1% 「楽天の保険」の保険料を楽天カードで支払い 楽天でのカード利用額
楽天でんき +0.5% 楽天でんきの利用 楽天での買い物金額
楽天市場アプリ +0.5% 楽天市場アプリで買い物 楽天市場アプリでの買い物金額
楽天証券 +1% 月1回500円以上のポイント投資 楽天での買い物金額
楽天モバイル +2% 通話SIMの利用 楽天での買い物金額
楽天TV +1% NBAまたはパ・リーグSpecialに加入・契約更新 楽天での買い物金額
楽天ブランド
アベニュー
+1% 月1回以上の買い物 楽天での買い物金額
楽天ブックス +0.5% 書籍を月1回1注文1000円以上の買い物 楽天での買い物金額
楽天Kobo +0.5% 電子書籍を月1回1注文1000円以上の買い物 楽天での買い物金額
楽天トラベル +1% 楽天トラベルの対象サービス・対象期間の利用 予約申込み月の楽天での買い物金額
楽天ビューティ +1% 月1回1500円以上の利用 予約申込み月の楽天での買い物金額
合計 +16%    

SPU(スーパーポイントアッププログラム)より

 

SPUによる還元が適用されるのは「楽天市場」「楽天ブックス」「楽天kobo」「楽天ブランドアベニュー」になる。

 

SPUの中で特に大きいのは楽天カード関連のSPUだろう。SPUを考慮しなくとも、楽天証券は利用して損はない。

楽天モバイル、楽天でんきについてはSPUによる還元アップだけでなく、SPUにより増えた期間限定ポイントの消費先としてサービス利用を検討すべきだ。

楽天KoboはSPUによる還元やクーポンにより、Amazon Kindleよりもオトクになっている。

楽天トラベルは国内旅行や出張では利用必須のサービスである。

楽天TV、楽天ブランドアベニュー、楽天ビューティについてはSPUのために無理に利用する必要はない。逆に言うと、これら3つ以外は殆どの人におすすめのサービスと言える。

下記でそれぞれ詳しく紹介する。

 

 

 

楽天のカード関連のSPU

楽天カード関連のSPU(スーパーポイントアッププログラム)

楽天カード関連のSPU(スーパーポイントアッププログラム)。合計で7%(+6%還元)。

 

楽天カードを楽天市場で利用する場合、SPU(スーパーポイントアップ)プログラムにより楽天カードで2%楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカードだと4%の還元を受けられる。加えて、楽天カードの引き落としを楽天銀行にすれば更に1%が加算される。

楽天銀行に口座を持っている人は支払口座が楽天銀行になっているか確認しよう。

楽天カードの支払い口座画面
楽天カードの支払い口座画面。ここが楽天銀行になっているだけで更に1%の還元が増える。楽天銀行の口座を持っていない人は口座の開設をすべきだ。

>>> 楽天ポイントが貯まる楽天銀行の口座開設

 

また、「楽天の保険」の保険料を楽天カードで支払うと、翌月楽天における買い物の還元が1%増える。保険サービスも税金控除を考えれば加入の検討をしても良いだろう。

楽天での消費を考えるなら、楽天カードの加入は必須になる。

 

投資信託の購入に必須の楽天証券

楽天証券で月1回500ポイント以上のポイント投資をすると、SPUにより楽天における還元が1%増える。

楽天証券のSPU

楽天証券のSPU

 

楽天ポイントが500ポイント得られれば容易に達成できる。ただし、楽天証券でポイント投資ができるのは通常ポイントのみである。

 

SPUによるポイント還元率アップの対象でなくとも、投資信託の購入を検討している人は楽天証券に口座を開設すべきである。

楽天証券ではクレジットカードによる投資信託の購入により還元を受けれたり、10万円分の投資信託保有ごとに4ポイントの還元を受けれる。

楽天証券を利用すれば、手数料がかかるどころか、6年はプラスにできるのだ。楽天証券の賢い使い方については下記記事を参考に。

 

SPUだけでなく、期間限定ポイントの消費先としての楽天モバイル、楽天でんき

SPUだけでなく、期間限定ポイントの消費先としての楽天モバイル、楽天でんき

楽天でんきと楽天モバイルのSPU

 

楽天でんきに加入および利用すれば、SPUにより楽天における還元が0.5%増える。楽天モバイルでは通話SIMの契約で2%増える。

 

楽天でんきと楽天モバイルの利用価値が高いのはSPUによる還元率アップだけではない。他社のサービスに比べ、価格面でも優位性を持っているからだ。

楽天でんきは基本使用料が0円の数少ない電力会社である。

 

楽天モバイルも無料通話分を含めたプランだったり、使い方によっては最安値に抑えられる。

 

電気と携帯は多くの人にとって生活に必須のサービスになっている。これら固定費を楽天の期間限定ポイントで支払える。

期間限定ポイントは固定費で消費するのがもっとも賢い使い方になる(下記SPUから見る楽天ポイントの価値を高める賢い使い方で詳しく紹介)。 

 

楽天アプリでの購入よりポイントサイト経由

楽天のSPUではアプリから購入するだけで0.5%還元がアップする。楽天市場アプリによって得られる還元は期間限定の楽天ポイントである。期間限定ポイントは利用方法が制限されるため、通常の使い方では、現金よりも価値は低くなる。

 

これに対し、ポイントサイトによって得られるポイントなら、多くで現金化もできる。加えて、ポイントサイトを経由すればアプリよりも多い1%還元も受けれる。従って、ポイントサイトを経由した方が良いだろう。ただし、ポイントサイトを経由する場合、すでに買い物かごに入っていた商品が還元の対象とならなかったり、面倒な条件もある。

 

ポイントサイトを経由して還元を受ける方法からもっとも還元率の高いポイントサイトまで、詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

 

電子書籍ではAmazon Kindleよりも優れた楽天kobo

楽天ブックスでは月1回でも1000円以上の買い物をすると0.5%還元アップを受けれる。

楽天koboも楽天ブックスとは別に、月1回でも1000円以上の買い物をすると0.5%還元アップを受けれる。

紙と電子書籍それぞれで0.5%ずつ合計で1%還元がアップする。

 

楽天koboはこうしたSPUによる還元を受けれなくとも利用価値が高い。なぜなら、楽天koboではSPUによる還元やクーポンにより、常にAmazon Kindleよりもオトクになっているからだ。現在、Amazon Kindleを使っている人も、楽天koboへの乗り換えがおすすめである。

楽天koboの優位性について詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

 

国内旅行や出張では利用必須の楽天トラベル

楽天トラベルでは月に1度でも利用すると、ネット予約した月の買い物が+1%還元になる。

楽天トラベルのSPUでポイント付与を受けるには「予約した月の2ヶ月後末日まで」に、予約したホテル、航空券、高速バスの利用を終了してなければならない。例えば、8月15日に予約したなら、10月30日までの宿泊(チェックアウト)が必須になる。

 

SPUを考慮しなくとも、国内のサービスなら楽天トラベルを利用する価値も十分にある。特に、楽天スーパーDEALはすべての出張者が検討すべきだ。楽天スーパーDEALはホテル料金の30%から40%を還元として受けれるホテル宿泊プランである。ホテル代を会社に出してもらい(経費で落とし)、ホテル代の30%から40%は個人でこっそり還元を受け取れる。

楽天トラベルの賢い使い方については下記記事を参考に。

 

SPUのために無理に利用する必要の無い楽天TV、楽天ブランドアベニュー、楽天ビューティ

楽天TV、楽天ブランドアベニュー、楽天ビューティのSPU

楽天TV、楽天ブランドアベニュー、楽天ビューティのSPU

 

楽天TVにおけるSPUはアメリカのプロバスケットリーグであるNBAもしくはパ・リーグの有料チャンネル加入が条件となっている。いずれかに加入すれば1%還元が増える。

Rakuten NBA Specialは月額972円もしくは年額7560円のプランがある。Rakuten パ・リーグ Specialは月額690円である。これらが好きでない人が無理に契約する必要はないだろう。

 

楽天TVは映画を見たり、アダルトを含むRakuten TVの定額見放題の利用がおすすめである。期間限定ポイントの消費先としても悪くない。しかし、これらの利用ではSPUによるポイントアップを受けれない。

楽天TVについて詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

 

楽天ブランドアベニューでは月1回の購入で1%還元を増やせる。楽天ブランドアベニューでは nano・universe、UNITED ARROWS、BEAMS、URBAN RESEARCHなどの人気セレクトショップ、snidelやGLOBAL WORKなど、人気ブランドの扱いがある。

こちらも無理に利用する必要はない。ただ、好きなブランドがあるなら、店で買う前に、楽天ブランドアベニューにおける値段もチェックすべきだ。

 

楽天ビューティでは1500円以上の美容室・マッサージをネット予約し、利用することで、予約した月に+1%還元を受けられる。ただし、予約した月の翌々月末日までに利用しなければ、楽天ビューティー分のSPU還元を受けられない。

 

SPUから見る楽天ポイントの価値を高める賢い使い方

SPUから見る楽天ポイントの価値を高める賢い使い方

 

SPUなどを利用し、楽天ポイントの還元量を増やすと同時に、楽天ポイントの価値を高める使い方は知っておいた方が良い。

楽天市場、楽天ブックス、楽天kobo、楽天ブランドアベニューで楽天ポイントを使用すると、楽天カードの利用(決済)が条件となっている還元が受けられなくなる。これら以外での使用を優先するのが賢い使い方となる。

 

 

 

楽天ポイントで決済すると得られなくなるSPU

SPUのうち、楽天カードの利用が条件となって増える還元は最大6%である。

楽天カード関連のSPU

上記SPUは「楽天カードの利用」が条件となっている。SPUの対象となる楽天市場、楽天ブックス、楽天kobo、楽天ブランドアベニューで楽天ポイントによる決済を行うと、この分の還元を得られない。

楽天カード関連のSPUを得たいなら、楽天ポイントは楽天市場、楽天ブックス、楽天kobo、楽天ブランドアベニュー「以外」で利用した方が良いだろう。

 

楽天ポイントの賢い使い方

楽天ポイントには「通常ポイント」と「期間限定ポイント」がある。SPUで得られる楽天ポイントはすべて「期間限定ポイント」である。

いずれのポイントも、楽天市場、楽天ブックス、楽天kobo、楽天ブランドアベニューで使うと、上記で紹介した楽天カード分の還元が得られなくなる。従って、これら以外で消費した方が良い。

 

楽天の通常ポイントは1ポイント1円以上の価値にできる。通常ポイント1ポイントを1円以上の価値にできるのは下記の使い方である。

・ANAマイルへ交換

・楽天カード請求分を楽天ポイントで支払

楽天の通常ポイントが余っているなら、楽天カードの支払に利用するのが無難である。詳しくは下記記事を参考に。

 

期間限定ポイントは通常ポイントよりも利用先が限定されている。期間限定ポイントの価値をもっとも高めるのは現金と同等の価値(1ポイント=1円)として利用できる下記のケースである。

電気代の支払(楽天でんき)

携帯代金の支払(楽天モバイル)

 

電気や携帯といった固定費の支払で余ったら、SPUによる適用がない楽天ポイントカード、楽天Pay、楽天西友ネットスーパー、楽天トラベル、Rakuten TVでの消費で利用するのが賢いだろう。

期間限定ポイントの損しない使い方について詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

 

SPUとの組み合わせて還元率を増やせる「キャンペーン」

楽天のキャンペーンとクーポンで最大限に得をする

 

SPUでは最大16%の還元まで増やせる。SPUに加え、定期的に開催されているキャンペーンを合わせれば、楽天における還元を数十%以上にまで増やすことも可能だ。

 

楽天で行われているキャンペーンには「楽天カード保有者向けのもの」「ダイヤモンド会員、プラチナ会員、ゴールド会員向けのもの」「楽天会員(楽天IDを持っている人)なら誰でも参加できるもの」がある。

 

1.楽天カード保有者向けのもの

1-1.「街での楽天カードの月額利用分がポイント2倍」キャンペーン

楽天「以外」での消費も最大2%還元を受けれるキャンペーン。

1-2.「毎月5と0のつく日」キャンペーン

毎月5と0がつく日、具体的には5日、10日、15日、20日、25日、30日の0時00分から23時59分まで、楽天での楽天カードによるポイント還元が+2%になるキャンペーン。

 

2.ダイヤモンド会員、プラチナ会員、ゴールド会員向けのもの

2-1.楽天ダイヤモンド会員、プラチナ会員、ゴールド会員向けのキャンペーン

不定期かつ48時間限定で行われるキャンペーンで、ダイヤモンド会員なら+3%還元、プラチナ会員なら+2%還元、ゴールド会員なら+1%還元を受けれるキャンペーン。

開催中は上記ページからエントリーができる。

 

3.楽天会員(楽天IDを持っている人)なら誰でも参加できるもの

3-1.ショップ買いまわり

1ショップで1000円(税込価格)以上購入するとポイント還元率が1%増える(ショップ買いまわりキャンペーン)。また、各ショップ毎に個別設定の還元ポイントが設定されるキャンペーン。最大で28%還元がプラスされる。

 

ショップ買いまわりは「お買い物マラソン」「楽天スーパーSALE」の開催時に行われる。

お買い物マラソンもしくは楽天スーパーSALE開催中なら、上記ページからエントリーできる。

 

3-2.勝利した翌日キャンペーン

楽天がスポンサーのFCバルセロナ、もしくは運営会社になっている楽天イーグルス、ヴィッセル神戸のいずれかが勝利すると、翌日の決済で還元率が増える。1チームの勝利で1%還元が増えるため、3チームの勝利が同日で起こると3%還元がプラスされる。

いずれかのチームが勝利していれば、上記ページからエントリーができる。

 

SPUは条件さえ満たせば、いつでも還元を増やせる。しかし、キャンペーンは決済の期間が決まっている。楽天での買い物はキャンペーンに合わせて行った方が良いだろう。

 

SPUと併用できるキャンペーンについて更に詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

上記記事ではキャンペーンだけでなく、割引クーポンについても紹介している。SPUを完全攻略する上では、キャンペーンやクーポンの併用も必須になるだろう。