2019年楽天の株主優待を配当とともに紹介する

2019年楽天の株主優待制度を配当とともに紹介する

 

楽天は今月2019年12月末、正確には26日の取引終了時点で株式を保有している人に株主優待を付与する。

2019年は楽天の株主優待として100株(1単元)以上を保有する人に

1.楽天キャッシュを500円分から2500円分

2.楽天トラベルの国内宿泊で使えるクーポン(総額2000円相当)

を配布する。

 

また、同じく26日の取引終了時点で株式を保有している人に対して

3.1株あたり4.5円

の配当が配られる。

 

つまり、100株保有している人は楽天キャッシュ500円+配当450円+楽天トラベルのクーポン2000円相当がもらえる。

 

この記事では

▶ 楽天の株主優待

について詳しく紹介するとともに

▶ 2019年楽天の配当と今までの配当実績

▶ 楽天株の優待と配当は今後も期待できるか?

も述べていきたいと思う。

 

 

楽天の株主優待

楽天の株主優待

 

楽天株100株は現在価格(2019年12月18日終値)ベースで9万2900円となっている。

楽天株の株主優待は権利付最終日(2019年は12月26日)の取引終了時点で株を保有していることが条件である。翌27日は権利落ち日であり、株価も下落するだろう。

 

楽天株を100株(1単元)以上を保有している株主は株主優待として、

・楽天キャッシュ(総額500円以上)
・楽天トラベルの国内宿泊で使えるクーポン(総額2000円相当)

がもらえる。

楽天キャッシュを知らない人は下記記事を参考に。

 

下記では株主優待の詳細と株主優待を受け取る方法を紹介していく。

 

 

 

楽天キャッシュ

株主優待でもらえる楽天キャッシュは保有株式数と保有期間が5年以上かどうかで金額が変わってくる。

楽天の株主優待でもらえる楽天キャッシュ

株主優待制度|楽天株式会社より

 

保有期間や保有株式数について、下記のような定義が記載されている。

・継続5年以上保有の対象者とは、2014年12月31日の当社株主名簿を計算の起点とし、株主名簿確定基準日(6月30日および12月31日)の当社株主名簿に、同一株主番号で連続11回以上記載または記録された株主様となります。

・相続や株主名簿からの除籍等により株主番号が変更になった場合、保有株式をすべて売却するなどして株主名簿に記載されていない期間がある場合は、その直後の基準日から起算といたします。

・保有株式数は、2019年12月31日を基準とし、途中の基準日の保有株式数については考慮いたしません。

株主優待制度|楽天株式会社より

つまり、5年以上とは2014年12月31日以前に、株主としての権利が確定している人になる。相続や除籍により株主番号が変わった人、株主名簿に記載されていない期間がある場合は、その直後の基準日から起算される。

また、保有株式数は2019年12月31日が基準になる。たとえば、その前日まで5年間100株しか保有していなくとも、その日にだけ1万株を保有すれば2500円分の楽天キャッシュが付与される。

 

楽天キャッシュをもらうには?

権利付最終日に楽天株を持っていた権利者には2020年は3月中に「株主優待に関するご案内」が送られてくる。「株主優待に関するご案内」にはID・パスワードの通知(通知書)が同封されており、株主専用サイトにて楽天キャッシュ付与のお申込みができる。

ただし、申し込み期間は申込受付開始より3カ月間、2020年3月上旬~2020年6月中旬までとなっている。この期間に申込をしないと、楽天キャッシュはもらえない。

楽天キャッシュは申込締切後、1ヶ月程度で発行される。

 

楽天トラベルの国内宿泊で使えるクーポン(総額2000円相当)

株主優待でもらえる楽天トラベルの国内宿泊で使えるクーポンは

・2名以上の国内宿泊で使える2000円割引クーポン1枚

もしくは

・1名からの国内宿泊で使える1000円割引クーポン1枚(2回まで利用可能)

がもらえる。

これらのクーポンは2020年10月末の宿泊まで利用できる。

 

楽天トラベルの国内宿泊で使えるクーポンをもらうには?

クーポンをもらうには、楽天キャッシュと同様に2020年3月上旬~2020年6月中旬までに株主専用サイトで申込が必要になる。この期間に申込をしないと、クーポンはもらえない。

申込締切後、1ヶ月程度で発行される。

 

廃止された2018年までの株主優待

廃止された2018年までの株主優待

stockbenefit.corp.rakuten.co.jp

 

去年2018年までの株主優待を紹介すると

1.楽天市場クーポン(500円から)⇒2019年楽天キャッシュへ変更

2.楽天トラベル 国内宿泊クーポン(総額2000円相当)⇒2019年も継続

3.楽天Kobo対象期間中の電子書籍コンテンツ購入に対し、ポイント3倍⇒2019年から廃止

4.楽天イーグルス主催公式戦観戦チケットを優待価格で購入できる+楽天イーグルスグッズを抽選でプレゼント⇒2019年から廃止

5.ヴィッセル神戸主催公式戦観戦チケットを優待価格で購入できる+ヴィッセル神戸グッズを抽選でプレゼント⇒2019年から廃止

6.楽天証券にて楽天株を保有している株主には、楽天株購入手数料のうち30%ポイント還元⇒2019年から廃止

以上のようになる。

 

楽天市場で使えるクーポンから楽天キャッシュへの変更は付与金額の上限が上がり(2000円分のクーポンから2500円分の楽天キャッシュ)使える範囲も広がったためプラスになる。しかし、廃止された優待も多く、全体としては改悪となるだろう。

 

2019年楽天の配当と今までの配当実績

2019年楽天の配当と今までの配当実績

 

株主優待と同じく26日の取引終了時点で株式を保有している人に対して

・1株あたり4.5円

の配当が配られる。最低単元の100株を保有している人なら450円もらえる計算となる(NISA口座でない人は20.42%の税金がかかる)。

 

2012年から1株あたりの配当金は3~4.5円となっている。配当は毎年上昇傾向にあると言える。

  一株当たり配当金
(年間)
一株当たり配当金
(株式分割補正後)
2019年 4.5円 4.5円
2018年 4.5円 4.5円
2017年 4.5円 4.5円
2016年 4.5円 4.5円
2015年 4.5円 4.5円
2014年 4.5円 4.5円
2013年

4.0円(うち記念配当が1.0円)

4.0円(うち記念配当が1.0円)
2012年 3.0円 3.0円
2011年 250円 2.5円
2010年 200円 2.0円
2009年 100円 1.0円
2008年 100円 1.0円
2007年 100円 1.0円
2006年 50円 0.5円
2005年 50円 0.5円
2004年 250円 0.25円
2003年 250円 0.25円

※楽天は2012年に1株を100株に分割している。

 

直近では2019年2月12日の取締役会において決定された。

 

楽天株の現在価格929円(2019年12月18日終値ベース)で見ると、配当利回りは0.48%となる。

株主優待の楽天キャッシュと合わせると、100株保有で1.02%になる。楽天キャッシュは現金の性質に近いため、ほぼ1%の配当利回りと言っても過言ではない。

 

楽天株の優待と配当は今後も期待できるか?

楽天株の優待と配当は今後も期待できるか?

 

2014年までは上昇傾向にあった配当も、2015年以降は前年維持となり、減速している。配当にお金を回せない理由として、近年では、携帯キャリアへの参入があげられるだろう。携帯キャリア事業は事業として安定すると、莫大な利益を毎年生み出してくれる。これはドコモ、au、ソフトバンクの利益率を見てもわかるだろう。楽天がこの事業で安定するまでは投資が必要な段階であり、利益も圧迫する。配当や株主優待だけでなく株価の伸びもあまり期待できない。

 

配当と優待「だけ」を見て株式の購入をするのはおすすめできない。特に、金銭的なメリットを得たいなら、配当や株主優待だけでなく、キャピタルゲイン(売却益)も考えるべきだ。配当や優待を得る目的で購入したのに、売却時にそれ以上の損をしたら本末転倒だろう。

 

楽天株に限らず、株式購入のタイミングは「利益が得られる」と判断した時である。楽天経済圏で生活している人でも、楽天株は「常に」保有しておく必要はない。今は楽天証券の口座開設だけしておき、割安であると判断したタイミングで買うべきだ。

 


 

タイトルとURLをコピーしました