踊るバイエイターの敗者復活戦

アフィリエイトを含めたネット広告やアルバイトからの収入で生計を立てる人に、踊りながら生き抜くための知恵を紹介するブログ。

楽天スーパーポイントを現金にするための施策


楽天スーパーポイントを現金にするための施策

 

楽天ポイント(=楽天スーパーポイント)を「直接的に」現金へ変える方法は無い。ただ、楽天スーパーポイントから「別のものを経由して」現金へと変える方法はいくつかある。

 

楽天のサービス内で現金化を完了させるには楽天証券での投資信託購入・売却という手段がある。投資信託を通しての現金化では1ポイント1円に近い形で現金化することができる。

もう1つの手段として、楽天市場、ラクマでの金券購入から、金券ショップ、フリマ、オークションサイト等での売却による現金化がある。現金化を急いでいる場合、期間限定ポイントも現金化したい場合はこちらを選択することになるだろう。

 

この記事では

▶ 楽天証券での投資信託購入を通したスーパーポイントの現金化 

▶ 金券購入からの売却によるポイント現金化

から

▶ 楽天スーパーポイント現金化の必要性

についてまで詳しく述べていきたいと思う。

 

 

楽天証券での投資信託購入を通したスーパーポイントの現金化 

楽天証券での投資信託購入を通したスーパーポイントの現金化

 

楽天スーパーポイントは直接現金へ変えることはできない。しかし、楽天証券で投資信託を購入、売却することで「間接的に」現金化が可能となっている。

楽天スーパーポイントは楽天証券及び投資信託でしか投資に使うことができない。楽天証券に口座を持っていない人は口座の作成から行う必要がある。

>>> 楽天証券の口座開設

 

楽天証券に口座を作成し、「ログインID」「パスワード」を入れてログインする。ログインしたら「投信」のタブをクリックし、ファンド名を選択、「通常注文」へ入る。通常注文に入ると、目論見書の閲覧を要求されるのでOKを押す。書面を読み、同意にチェックを入れて完了する。すると、下記のような注文画面に移る。

f:id:asiaasia:20181030170345p:plain

投資信託の通常注文画面。ここで楽天スーパーポイントをいくら使うかの選択ができる。

 

ただ、投資信託を通した楽天スーパーポイントの現金化を検討する際には

1.スーパーポイントにおける「制限」

2.投資信託を購入・売却し現金として受け取るまでに必要な日数

以上の2点はきちんと確認しておいた方が良いだろう。

 

スーパーポイントにおける「制限」

投資信託を通した現金化では「投資信託購入が不可のポイントもある」「ポイント利用に限度額がある」点も頭へ入れておいた方が良いだろう。

 

まず、投資信託購入が不可のポイントもある点について、楽天証券では下記に該当するポイントでの投資信託購入はできない。

①有効期限切れのポイント

②期間限定ポイント(SPUで獲得した楽天スーパーポイント含む)

③他ポイントから交換した楽天スーパーポイント(楽天証券ポイントコースのポイントを手動で交換された分を含む※2)

④2017年9月22日以前に楽天スーパーポイントコースにて交換した楽天スーパーポイント(資産形成ポイント、楽天証券の各種キャンペーンのポイント含む)

rakuten-sec.co.jp

有効期限切れのポイントが使えないのはもちろんのこと、期間限定ポイント、他のポイントから楽天スーパーポイントにした分も投資信託購入では利用できない。期間限定ポイントには楽天ポイントギフトカードから得たポイントも含まれる。

 

次に、ポイント利用に限度額について、ポイントによる投資信託の購入はダイヤモンド会員とそれ以外で違いがある。

<楽天スーパーポイントの利用可能上限>

■ダイヤモンド会員以外のお客様

通常注文の場合:30,000ポイント/1注文

積立注文(証券口座引落)の場合:30,000ポイント/1日

積立注文(楽天カードクレジット決済)の場合:30,000ポイント/1日

100,000ポイント/1ヶ月

 

■ダイヤモンド会員のお客様

通常注文の場合:500,000ポイント/1注文

積立注文(証券口座引落)の場合:500,000ポイント/1日

積立注文(楽天カードクレジット決済)の場合:500,000ポイント/1日

500,000ポイント/1ヶ月

member.rakuten-sec.co.jp

つまり、ダイヤモンド会員以外は1ヶ月10万円分、ダイヤモンド会員は1ヶ月50万円までしかポイントによる購入はできない。

 

投資信託を購入・売却し現金として受け取るまでに必要な日数

投資信託を購入・売却し現金として受け取るまでに必要な日数

 

投資信託は

・購入、売却の注文を出してから確定するまで

・証券会社で現金化してから銀行に振り込まれるまで

ある程度の日数が必要となる。当日投資信託を買って、当日中に売却し、すぐに出金というのはできない。

 

投資信託は購入、売却の注文を出してから確定するまでの日数は商品によるため一概には言えない。注文時に閲覧を求められる目論見書できちんと確認する必要があるだろう。目安として、購入には4から8営業日売却には4から12営業日がかかる。つまり、購入から売却までは最大で20営業日かかる

なるべく早めに現金化したいなら、国内のファンドで検討した方が良い。また、購入・売却の過程で価格は変動するため、購入価格よりも増えていることもあれば、減っていることもあるだろう。

 

また、証券口座内で現金化しても楽天銀行以外へ出金する場合は

・弊社営業日の15:30までに出金指示

翌営業日にお客様の銀行口座に振り込まれます。

・弊社営業日15:30以降の当日中に出金指示

その指示は翌営業日扱いとなり、銀行口座への振込みは翌々営業日となります。

出金指示をすると、いつ振込まれますか?より

となる。

 

楽天証券と楽天銀行が連携している場合、受渡日に楽天銀行へ振り込むことが可能である。楽天証券を利用するなら、楽天銀行の口座も持っておくべきだ。

>>> 楽天銀行口座開設

 

ちなみに、楽天証券では楽天カードで投資信託を買うこともできる。クレジットカード利用枠の一部を現金化する手段としても使える。

 

楽天スーパーポイント、楽天カードでの投資信託購入について更に詳しくは下記記事を参考に

 

金券購入からの売却によるポイント現金化

金券購入からの売却によるポイント現金化

 

楽天スーパーポイントは楽天市場やラクマ(楽天のフリマサイト)でも使うことができる。従って、ポイントを使って、各種ギフト券を購入することもできる。各種ギフト券は金券ショップもしくはフリマサイト、オークションサイトでの売却、現金化が可能だ。

 

金券の売却額は額面の85%から95%程度になる。売却額は金券の種類、ショップ、時期にも大きく異なるだろう。金券ショップで売却する場合は予め売却可能な商品券を聞いておき、かついくらになるか?も電話などで問い合わせした方が良いだろう。

 

金券の売却を通した現金化の場合、楽天スーパーポイントが1円以下の価値で現金化されてしまう可能性は高い。しかし、

・投資信託よりも早く現金化ができる

・期間限定ポイントも使える

といった点で、投資信託を通した現金化には無いメリットもある。

 

楽天で買える金券

楽天市場ではいくつかの金券が売られている。例えば、JCBギフトカードは多くの金券ショップで売却可能である。

>>> JCBギフトカード/1,000円券/商品券

ただ、楽天市場で売られている多くのギフト券では額面の価格よりも少々値段が上乗せされるのと、送料がかかってしまう。上記送料が安いショップでもJCBギフト券1000円分も料金が1110円 (税込)であり、これに送料として250円がかかる。1000円分のギフト券を買うのに1360円もかかってしまう計算だ。

 

本屋で使える「図書カード」ならSPU!のプログラムにより、10%以上の還元を受けることができる。商品の上乗せされた料金、送料を含めて額面以下で買うことも可能だ。

>>> 図書カードNEXT/10,000円券+ポイント還元

 

上記商品券の場合、R SPUポイントが9倍なら、10300円+送料250円の負担で1万円分の図書カード+927ポイント還元がもらえる。

楽天市場で売られている図書カード
図書カードNEXT。927ポイントが還元される。図書カードNEXTの利用期間は10年間となっている。377円分お得。

 

購入価格では図書カードがお得なように思う。しかし、売却額だったり、売却できるかどうかは金券ショップやフリマ、オークションサイトによっても異なる。現金化する場合、購入価格だけでなく、売却予想価格を調べた上で金券の種類も選ぶべきだ。

 

楽天ショップ以外だと、ラクマ(楽天のフリマサイト)で期間限定ポイントを消費する方法がある。ラクマでの期間限定ポイント消費は楽天Payを通しての決済になる。楽天Payを用意していない人はアプリのダウンロードからしておこう。

 

ラクマでの商品券購入なら商品券の額面以下で買うことができる。

>>> ラクマに出品されている商品券一覧

 

楽天スーパーポイント現金化の必要性

楽天スーパーポイント現金化の必要性

 

楽天スーパーポイントを現金化したい理由によっては別の手段で問題の解決ができる。生活費に使いたい場合などは現金化の必要が無いケースも出てくるだろう。例えば、楽天ポイントカード楽天Payを通せば、楽天スーパーポイントはコンビニやスーパーでの支払等に使うことも可能だ。現金化の理由が街での支払ならこれら決済を利用すれば良いだろう。

 

楽天ポイントカードは利用できても楽天Payは使えない店だったり、逆のパターンも有る。楽天ポイントカード、楽天Payの両方共用意しておくと、利用機会を広げることができるかと思う。

ちなみに、楽天ポイントカード、楽天Payはいずれも期間限定ポイントを使うことができる。

 

楽天ポイントカード

楽天ポイントカードは楽天スーパーポイントに紐付けられたバーコードを提示し、レジで読み取ってもらうだけで決済ができるサービスである。

楽天ポイントカード

このバーコードは楽天カードだけでなく、スマートフォンのアプリにも付いている。

 

楽天ポイントカードの利用可能なアプリ

左は楽天ポイントカードのバーコードを表示できるアプリ一覧。カードもしくは、いずれかのアプリがあればレジでバーコードを表示させることにより決済ができる(楽天ポイントカード: ご利用ガイドより)。

 

楽天ポイントカードはマクドナルドにガソリンスタンド、ファミリーレストラン、ドラッグストアなどでも利用可能となっている。

楽天ポイントカードが使えるお店

お店の少ない地方に住んでいる人でも、ガソリンスタンドの支払で使えるのは嬉しいだろう。

 

利用可能なお店について詳しく知りたい人は下記ページを参考に。

 

楽天Pay(楽天ペイ)

楽天スーパーポイントは楽天Payでも利用が可能である。楽天Payはアプリをダウンロードし、バーコードをレジで読み取ってもらうことで決済ができる。

楽天ペイでポイントを使いたい場合、楽天ペイのホーム画面でバーコードの下にある「すべてのポイント/キャッシュを使う」の設定から利用ポイント数を決める。

楽天ペイのホーム画面

ポイントが足りない場合、紐付けされてるクレジットカードでの決済になる(pay.rakuten.co.jpより)。また、一度ポイントで決済すると、「次回もこの設定を使う」にチェックを入れない限り、ポイントを使わない状態に戻る。

 

楽天Payはコンビニならローソン、ファミリーマート、ポプラにミニストップ。居酒屋なら白木屋、魚民、笑笑。アパレルショップや漫画喫茶、引っ越しサービスにも使うことができる(2019年3月現在)。

楽天Pay利用可能店

 

利用可能なお店について詳しく知りたい人は下記ページを参考に。

 

ポイント利用に限らず、楽天Payで得られる利益は大きいため、導入必須のアプリになる。

 

また、楽天ペイはリアル店舗だけでなく、ネット決済での利用もできる。このネット決済でもポイントが使える。

楽天ペイ利用可能店舗

checkout.rakuten.co.jp

 

上でも述べたように、ラクマ(楽天のフリマサイト)でも利用できる。

 

ネット決済による楽天ペイが使える店について詳しくは下記ページも参考に。

楽天スーパーポイントを細かく消費する手段として、楽天Payも用意しておくべきだろう。

 

楽天スーパーポイントは楽天ポイントカード、楽天Payを通し、リアルでも利用範囲が広がっている。

借金の返済等では現金が必要になるものの、生活費に使いたい場合等は現金化の必要性もそこまで高くないはずだ。

 

1ポイントを1円以上にする楽天スーパーポイントの賢い使い方については下記記事を参考に。