踊るバイエイターの敗者復活戦

アフィリエイトを含めたネット広告やアルバイトからの収入で生計を立てる人に、踊りながら生き抜くための知恵を紹介するブログ。

令和の虎のバックナンバーから本家とは違った楽しみ方まで紹介していく


令和の虎

youtube.com

 

令和の虎とは以前放送されていたTV番組「¥マネーの虎」に出演していた実業家・岩井良明氏がYouTubeで始めた番組である。

令和の虎チャンネルではマネーの虎と同様に、起業家志望者が投資家から融資もしくは出資を募るまでの動画の他、学生の志願者が岩井社長に出資を求める「就活の虎」、過去マネーの虎に出演していた社長(虎)や起業家志望者と岩井氏の対談もある。

これらはYouTube上で無料で見れる。

 

この記事ではこれから令和の虎にあるコンテンツを見ようと思っている人に向け

▶ 「令和の虎」と今までの志願者たち(バックナンバー)

▶ 「就活版マネーの虎」と今までの志願者たち(バックナンバー)

から

▶ 本家マネーの虎との違い

まで詳しく述べていきたいと思う。

 

 

「令和の虎」と今までの志願者たち(バックナンバー)

令和の虎の虎たち

youtube.com

 

令和の虎では岩井良明氏が司会進行を行う。マネーの虎と同様に、起業家志望者が事業計画をプレゼンテーションし、実業家として成功している5人の投資家から融資もしくは出資を募るまでを放送している。

 

マネー成立の「all」、マネー不成立を意味する「nothing」の他、条件付きでお金を出す「stay」が結論として提案されている。司会者である岩井氏がお金を出そうとした回もあった。

 

下記では今までの志願者たちと志願者たちが提案する事業を簡単に紹介する(年齢は放送時のもの)。

 

#001 日本とドイツでアニメスクールを開校したい!

志願者:中島良(35歳)

ファンディング希望額:500万円(投資を希望)

 

映画の制作会社に所属しながら映画監督をしている。その傍らで子供向けのアニメワークショップを行っていた。

日本とドイツで同時にアニメスクール開校を目指している。

 

#002 子ども向けweb・プログラミングスクールの事業を拡大したい!

志願者:仲沢浩則(42歳)

ファンディング希望額:560万円(融資を希望)

 

Webシステム開発とweb・プログラミングスクールの運営をしている。融資は事業拡大のため、オフィス移転費用に使いたい。

 

#003 電子ペットを使った派遣サービス

志願者:堂本聡志(36歳)

ファンディング希望額:270万円(融資を希望)

 

フリーターをしながらオークションでのせどりを始め、売上が伸びてから法人化する。一時期は1億4千万円まで年商も増えた。しかし、今は売上もピークの10分の1(1200万円)程度で、利益もそのうちの10%となり、貯金を崩して生活している。

虎からの融資は電子ペットの購入費320万円にあてたい。

 

#004 ベトナムでたこ焼きバルを開業したい!

 志願者:奥田敬(42歳)

ファンディング希望額:400万円(融資もしくは投資を希望)

 

人材派遣の仕事に就いた後、ベトナムに滞在しながらいくつかの事業をするも利益が上がらなかった。現在は大阪のたこ焼き屋でアルバイト(修行)をしている。

 

#005 サービス特化型ファミリーレストランを開業したい!

志願者:門井和樹(29歳)

ファンディング希望額:1300万円(融資もしくは投資を希望)

 

飲食店で働いている。飲食店で働きながら、男性向けの風俗で働いていた時もあった。

 

#006 食べ物を活用した広告サービスで食べ物が無料になる世界を作りたい!

志願者:萩原鼓十郎(26歳)、前田儒郎(26歳)

ファンディング希望額:400万円(投資)

 

萩原氏は三菱商事でITベンチャーと接していた経歴を持つ。前田氏は飲食系で働いていた経験、卒業後は日本で就職せずにフランスでコンサルティング事業を行っていた。

 

#007 VRを使った舞台制作・配信事業を立ち上げたい!

志願者:井上大輔(36歳)

ファンディング希望額:1億円(融資もしくは投資を希望)

 

飲食関係の仕事を10年以上行っている。過去には1000万円かけて舞台を制作した経験がある。俳優の幼なじみがいる。

 

「就活版マネーの虎」と今までの志願者たち(バックナンバー)

「就活版マネーの虎」と今までの志願者たち(バックナンバー)

youtube.com

 

就活版マネーの虎は就活生(大学生)がグループで90分間、知恵とアイデアを出し合い新規事業を立案する。その後、虎(岩井良明氏)にお金を出してもらうためにプレゼンテーションを行うプログラムである。

虎が岩井良明氏1人、志願者が就活生(学生)で複数といった特徴がある。本気で起業したい人というよりも、就活の一環としてプレゼンテーションを練習する意味合い強いように思う。志願者は学生で余裕があるせいか、個人的には令和の虎よりも必死さが無いように思えた。

 

2019年4月現在は3組放送されている。2019年4月下旬からは令和の虎とチャンネルが分けられた。

 

1組目 目的意識を育む"たまり場"を作るために325万円欲しい!

 

志願者:中央大学の学生1名、早稲田大学の学生2名

ファンディング希望額:325万円

 

2組目 東南アジア人向けの単発派遣会社を設立したい!

 

志願者:広島修道大学の学生1名、中京大学の学生1名、明海大学の学生1名、千葉工業大学の学生1名

ファンディング希望額:1780万円

 

3組目 笑いを通したコミュニケーションスクールを開校したい

 

志願者:東海大学の学生1名、大阪市立大学の学生1名、慶應義塾大学の学生1名

ファンディング希望額:500万円

 

本家マネーの虎との違い

本家マネーの虎

www.youtube.com

 
令和の虎は本家マネーの虎よりも激しい議論が少なく、エンタメ的な要素では物足りない部分もある。本家マネーの虎では激しく議論したり、虎が怒りをあらわにした回も多く、視聴者側からすると面白かった。

ただ、令和の虎は事業を進める上での考え方を学べるし、出資を受けたい出演者を客観的に見れる機会として楽しめた。志願者のビジネスを聞く場面では、本家マネーの虎よりも真剣になっている人が多いように感じだ。

ネット上にさらされ、ネタにされるリスクはあるものの、アドバイスをもらう機会、露出を増やすためにも出演するのは悪くないと思う。

★虎・志願者募集中!
Tiger Fundingからの出資を受けて、事業を本格展開したい勇気ある志願者、大募集中!
同時に志願者とともに事業を推進したい虎も募集開始!
虎&志願者の応募はこちらから!!
tora@monolith-j.com
/p>

令和の虎CHANNEL - YouTube

 

本家と違って多少の物足りなさはあったものの、コンテンツとしては十分面白い。ベトナムでたこ焼き屋をやりたいの回であったような激しい議論だったり、エンタメ的な要素の強い回も今後は出てきそうである。

出資を受けた志願者のビジネスが成長していくのか?を含め、今後もコンテンツとして期待したいと思う。