踊るバイエイターの敗者復活戦

少ない収入で生きてる人へ、主に楽天経済圏を利用した節約、新しいお金の稼ぎ方を提示し、踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。

SMS認証コードが届かない全ての原因と問題解決方法を述べる


SMS認証コードが届かない

 

PayPayのアプリに限らず、サービスを利用する際、SMS認証コードが届かなかったことが何度かあった。

この時、まず確認しているのはSMSの送り先として入力した電話番号が間違っていないかどうか?である。そして、番号が間違っていなかったら数分待ち、スマートフォンの再起動をしてみよう。スマートフォンを再起動し、端末を起動させる(端末起動にパスワード設定をしている人はパスワードを入れる)と、多くのケースでSMSが届くようになる。

再起動で解決しない場合、下記で紹介する他の対処法も試してみる必要がある。従って、下記の対策をざっと読んだ上で再起動してみてほしい。

 

 

 

もちろん、サービスやアプリ側のネットワーク上の問題でSMSが届かなかったり、遅れることもある。

 

PayPayに限らず、他のアプリでも共通するSMS認証コードが届かない場合の対処法について、この記事では

▶ SMS認証コードが届かない主要な原因と解決方法

として8割型問題が解決する方法を紹介するとともに

▶ その他SMS認証コードが届かない原因と解決方法

についても詳しく述べ、ほぼ全ての原因と問題解決方法を網羅的に紹介していきたいと思う。

 

 

SMS認証コードが届かない主要な原因と解決方法

SMS認証コードが届かない


SMS認証が10秒以内届かない場合、まず行うべきは電話番号が合っているかどうかの確認である。電話番号が合っている場合は再起動し、端末を起動させる(端末起動にパスワード設定をしている人はパスワードを入れる)

個人的にはこの再起動で毎回問題が解決している。端末を起動させると、毎回すぐにSMSが届くようになっている。海外と行き来したり、国内でも、再起動でSIMの不具合が解決することは多々あるようだ。

この再起動にはアプリ単独でも有効な場合がある。アプリを閉じて再び開いたり、アプリから一度ログアウトして、ログインすると認証コードが届くケースもある。アプリからのログアウト⇒ログインでも解決したケースが何度かあった。

 

・電話番号の間違いを訂正

・端末の再起動

・サービス、アプリからのログアウトーログイン

でも問題が解決しない場合、次に多いのはサービスやアプリ側の回線における問題である。一度に大量のSMSが配信されれば、その分受信が遅れたり、送れなかったSMSも出てくるはずだ。事前に準備はしているものの、人気アプリなどでは過度な負荷による障害の発生もあり得る。PayPayやポケモンGOでも、このようなサービス側のネットワーク上で問題が発生していた。

一時的に多くの人で認証コードの受信できない状態が続いているようなら、認証コードの送信は時間を置いてから再度リクエストするなどしよう。

他にも同じ状況の人がいるなら、サービスやアプリ側に問題が生じている。多くの人で認証コードの受信できない状態が続いているなら、ツイッターなどでも話題になっているはずだ。「〇〇(アプリ名等) 認証コード」などの言葉でツイート検索してみるとよいだろう。

 

その他SMSが届かない原因と解決方法

SMS認証コードが届かない主要な原因

 

その他の原因としては

・SMSを受信する環境が整っていない

・SMSの受信が制限されている

上記の問題が考えられる。

それぞれの原因と解決方法について下記で詳しく説明する。

 

SMSを受信する環境が整っていない

SMSは050から始まるIP電話や仮想電話番号は使えない。080や090、070の番号なら原則として使える。しかし、スマートフォンや各携帯電話会社等(通信キャリア)の契約プランによってはSMSの受信環境が整っていない。契約プランに心当たりがある場合は一度プランの確認をしてみよう。

例えば、楽天モバイルの場合、SIMには「データSIM(SMSなし)」「 データSIM(SMSあり) 」「通話SIM」の3つがある。このうち「データSIM(SMSなし)」では当然SMSの受信ができない。

SMSなしで契約しているなら、契約プランを変更することでしか問題の解決ができない。支店で直接プランの変更ができる会社もあれば、ネットでの申込みでしばらく時間がかかったり、SIMの変更が必要な場合もある。

 

また、電波が弱い場合もSMSは受信できない。海外などで現地通信会社の電波を拾わない場合、機内モードが有効になっている時も同様である。この場合はWiFiに繋がっていてもSMSの受信ができなくなっている。

海外現地の通信会社に繋がっているかどうかは契約した通信会社の名前、現地通信会社の名前、電波の横に「R」が付いているかどうかが1つの目安となる。携帯端末の画面で確認してみよう。

自動ローミング

自分の場合、タイでは現地通信会社のAISと契約している。日本ではソフトバンクに繋がっているため上記のような表示がされている。この状態なら契約した国ではなく、海外にいてもSMSの受信ができる。機内モード設定をした覚えがあるなら、無効になっているかの確認もしよう。

ちなみに、新しい端末なら自動的に提携先現地通信会社と繋いでくれる。自動的に繋がらない場合でも、再起動で問題が解決することが多かった。古いスマホ(端末)だからという理由でこういったトラブルが生じるケースもある。できるならスマホは定期的に買い替えた方が良いだろう。

 

電波が悪い場合は電波の良いところ、機内モードの場合は機内モードを解除してから、再度認証コードの送信リクエストを送るようにしよう。

 

 

 

SMSの受信が制限されている

スマートフォンなどの携帯端末や各携帯電話会社等のSMSサービス側でも、受信を一部または全部制限できる。

過去にこの受信制限を変更したことがある人は、一度「○○(携帯端末もしくは携帯電話会社) SMS受信制限 変更」などで検索して、制限の解除を行ってみよう。

 

以上が考えられる全ての原因とその解決策になる。