踊るバイエイターの敗者復活戦

少ない収入で生きてる人へ、主に楽天経済圏を利用した節約、新しいお金の稼ぎ方を提示し、踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。

Tポイントの最強に賢い貯め方を紹介していく


Tポイントの最強に賢い貯め方を紹介していく

 

Tポイントは下記のように、店舗と電気・ネット・通信・ガス、決済、投資などで貯められる。

1.店舗:ファミリーマートTSUTAYAウェルシアENEOS吉野家ヤマト運輸エディオンなど

2.ネットショッピング、サービス:ヤフーショッピングLOHACOTモール食べログなど

3.電気・ガス・通信:東京電力ENEOSでんきENEOS都市ガスワイモバイル(Y!mobile)ソフトバンクなど

4.決済:ヤフーカードファミマTカードなど

5.投資:SBI証券SBIネオモバイル証券など

 

日本で生活している人は日常の支出に取り入れる機会はあるだろう。日本だけでなく、海外でもTポイント対応店舗があり、日本では珍しいグローバルなポイントとなっている。

Tポイントでもコスパの良い、つまり賢い貯め方、使い方をしたいなら「必要性の高い消費でどれだけオトクに貯められるか?」「必要性の高い消費でどれだけオトクに使えるか?」が重要となる。いくらポイントが貯めれても、必要性が「低い」消費だったり、還元分以上に値段が高くなっていたら意味がないからだ。

 

この記事では本格的にTポイントの運用をしたい人に向け

▶ Tポイントの賢い貯め方

▶ 海外でも貯まる・使えるTポイント

から

▶ Tポイントを貯める前に知っておくべきこと

を中心に詳しく述べていきたいと思う。

 

 

Tポイントの賢い貯め方

Tポイントの賢い貯め方

Tポイントと期間固定Tポイント(tsite.jp/r/service/kikanより)

 

Tポイントには全提携先で利用できるポイント通常の「Tポイント」と指定された提携先でのみ利用できる「期間固定Tポイント」がある。ことわりがない場合、原則として還元されるのは通常のTポイントである。

 

Tポイントが貯まる場所としてイメージが強いのはファミリーマートやTSUTAYA、ドラッグストアといった店舗かと思う。しかし、これらにおける消費はコスパが良いとは言えない。コンビニよりもスーパーマーケット、日用品などもネットショッピングモールで買った方が安く買えるからだ。

自動車に乗る人はガソリンスタンドの利用が必須かと思うので、ガソリン代で差がないなら、Tポイントが貯まるENEOSの利用を優先した方が良いだろう。

また、吉野家もランチやちょっとした外食では重宝される。特に、一人暮らしにはありがたいサービスだ。吉野家では提示するだけで貯められるので、会計時には忘れずに用意しておこう。

 

加えて、

・ネットショッピング

・光熱通信費

・決済

・投資

といった必要性の高い消費においてもTポイントを貯められる。下記でそれぞれ詳しく述べていきたいと思う。

 

 

 

ネットショッピングでTポイントを貯める

ヤフーショッピングもしくはLOHACO(ロハコ)で商品を購入すると1%のTポイントが貯まる。これらネットショップでは日用品からドラッグストアで購入できる商品まで、実店舗よりも安く買える。よく購入する商品も、Amazonや楽天と比較して安ければ、積極的に利用を考えるべきだ。

LOHACO(ロハコ)の生鮮食品では生鮮食品の購入でもTポイントが貯まる。利用可能地域に限定はあるものの、スーパーへの買い物が大変な子育て中の主婦、高齢者だったり、コンビニでの消費が多い一人暮らしにネットスーパーは非常に便利だろう。

ネットスーパーではスーパー並みに生鮮食品が安く買える。また、購入した商品は当日もしくは翌日に届けてくれる。スーパーの閉店前割引のような仕組みはないものの、近くにスーパーが無く、コンビニでの消費が多い人にもおすすめだ。

 

ちなみに、ネットショッピングではポイントサイトを経由するだけで還元率が上乗せされる。Tモールを経由してYahoo!ショッピングを利用すれば0.5%のTポイントが上乗せされる。

Tモールにおけるヤフーショッピング

200円につき1ポイント

 

ただし、Yahoo!ショッピングはハピタス経由で1%すぐたま経由で0.9%還元となっている。Tポイントを貯めることに固執し、還元率で劣るTモールにこだわる必要はない。

 

光熱通信費でTポイントを貯める

Tポイントは電気、ガス、通信のサービスでも貯められる。

電力会社では東京電力ENEOSでんきでTポイントが貯まる。東京電力は1000円(税抜)で5ポイント(0.5%)付与され、TポイントだけでなくPonta、WAON、d POINT、auWALLETへ交換できる。ENEOSでんきでは200円(税抜)に対して1ポイント(0.5%還元)のTポイントを受けれる。

ガス会社ではENEOS都市ガスがTポイントに対応している。ENEOS都市ガスでも200円(税抜)に対して1ポイント(0.5%還元)のTポイントを受けれる。

 

通信のサービスとして ソフトバンク(携帯)を利用すれば、1000円の利用料金に対してTポイント5ポイント(0.5%)が貯まる。

また、ワイモバイル(Y!mobile)や ソフトバンク(携帯)契約者はヤフーショッピングでの還元率が増える。

 

ワイモバイルに契約しているユーザーだと、通常の1%のTポイント還元に加えて+4%のPayPayボーナスライトがもらえる。月額500円のEnjoyパックへ加入すれば、+5%のPayPayボーナスライトももらえる。

つまり、ワイモバイルとEnjoyパックへの加入でヤフーショッピングでの還元率は1%のTポイント+9%のPayPayボーナスライトにできる。

Enjoyパック|ヤフー連携サービス
Enjoyパック|ヤフー連携サービスより。決済をヤフーカードにすれば更に+2%還元になる。

 

ソフトバンク携帯ユーザーなら1%のTポイントの他、+9%のPayPayボーナスライトも得られる。

ワイモバイルや ソフトバンクユーザーならヤフーショッピングの利用をより積極的に検討してもよいだろう。

ただし、PayPayボーナスライトの毎月上限はEnjoyパックで1000PayPay残高となっている。つまり、毎月2万円分までしかポイントが付かない。ヤフーショッピングをこれから利用しようと思っている人はもちろん、利用中の人も下記記事を参考に。

 

決済でTポイントを貯める

決済方法に限らず、提携店ではTカードの提示だけでTポイントが貯まる。

加えて、決済でTポイントが貯まるヤフーカードファミマTカードがある。他にも間接的、つまりTポイントへ交換可能なポイントで付与されるクレジットカードもある。

ヤフーカードは100円につき1ポイント(1%還元)、ファミマTカードは200円につき1ポイント(0.5%還元)を受けれる。ファミリーマートでファミマTカードを使うと、200円につき4ポイント(2%還元)を受けれる。また、ファミリーマートの商品には購入により特別Tポイントをもらえる商品もある。

スマホ決済の「ファミペイ」ではTポイントではなくFamiPayボーナスが0.5%還元される。このファミペイにチャージできるのもファミマTカードのみとなっている。

 

投資でTポイントを貯める

SBI証券とSBIネオモバイル証券でもTポイントを貯められる。

SBI証券でTポイントを貯める方法として「保有」と「取引」がある。

SBIポイントの還元率は

1.国内株式「取引手数料の1.1%」

2.金・プラチナ・銀「買付手数料の1%」

3.投資信託「月間平均保有金額の年利0%から0.2%」

となっている。

SBI証券ではSBIポイントとTポイントのうちどちらを貯めるかの選択ができる。現金への還元率で見ると、SBIポイントの方がオトクなので、むやみにTポイントを貯める必要はないだろう。SBI証券でポイントを貯めたい人は下記記事を参考に。

 

SBIネオモバイル証券ではサービス利用料として200円~料金がかかる。ただし、SBIネオモバイル証券では毎月期間固定Tポイントを200ポイントもらえる。この期間固定TポイントはSBIネオモバイル証券の株式購入に使える。

毎月約低金額が50万円までは利用料は200円(税抜)なので、付与される期間固定Tポイント分を引くと、実質消費税の負担しかない。SBIネオモバイル証券について詳しくは下記記事を参考に。

 

海外でも貯まる・使えるTポイント

海外でも貯まる・使えるTポイント

 

Tポイントは日本だけでなく、

・ハワイ

・タイ

・グアム

・バリ島(インドネシア)

・中国

・韓国

・シンガポール

でのレストランやカフェ、サービスでも貯めれるし、使える。

特に、ハワイやタイでは日本人がよく利用するデパートと提携しており、頻繁に旅行へ行く人なら貯める機会も出てくるだろう。海外の提携店については下記ページを参考に。

 

 

 

Tポイントの海外レート

日本ではTポイントは1ポイント=1円として使える。グローバルに展開する場合、このレートが気になるだろう。

2019年9月現在における為替レートとTポイントのレートを比べると下記のようになる。

 

現地通貨のレート

(2019年9月現在)

Tポイントのレート
米ドル 1ドル=107.46円 100ポイント=1ドル
タイバーツ 1バーツ=3.52円 4ポイント=1バーツ
シンガポールドル 1ドル=77.96円 クーポン券と交換(レートは店舗にて)
韓国ウォン 1ウォン=0.090円 ギフトカードと交換(レートは店舗にて)
人民元 1元=15.08円 16ポイント=1元

上記のうち、1ドルは107.46円なので、ハワイやグアムではTポイントで購入した方がレートは良くなる。7%程度、Tポイントの価値が上がる。アメリカの提携店ではTポイントをもっとも高い価値で利用できる。

タイでは12%程度、中国では6%程度もTポイントの価値が下がる。これらの提携店では使わずTポイントは貯めるだけにすべきだ。

貯める際のレートは100円もしくは200円相当の額に対してTポイント1ポイントとなっている。

 

海外旅行でもTポイントといったポイントカードを持参するのは面倒だろう。そこで、下記で紹介するようなモバイルTカードが役に立つはずだ。

 

Tポイントを貯める前に知っておくべきこと

Tポイントの優れている点はリアル店舗での提携店が多い点にある。外出先で偶然に生じた消費においてもTポイントが貯まる店だったことはよくある。上記のように、海外でも貯まったり、使える店がある。ただし、外出先の店舗でTポイントを貯めるにはTカードの提示がほぼ必須になっている。Tカードは常に用意しておいた方が良いだろう。

 

各種ポイントカードやキャッシュレス決済が増えるにつれ、Tカードを常に持ち歩くのも面倒になっているだろう。外出先での機会損失を防ぐために、Tカードもデジタル化、要はモバイルTカード」を作成しておくべきだ。

モバイルTカードはスマホアプリからバーコードを表示し、会計時に提示することでポイントを貯められる。スマホが必須になっている現代では、持ち運びで負担となることも無いだろう。

モバイルTカードの表示ができるアプリ一覧は下記ページから確認できる。

もちろん、現在持っているTカードにあるポイントを引き継げる。

 

Tポイントはリアルで生じる偶発的な消費で貯めやすくなっている。リアルでの消費が多い人は普段から持ち歩いた方が良いだろう。

 

ポイントが流通する経済圏としてTポイントやPayPay残高が中心のヤフー経済圏の他にも、楽天スーパーポイントが中心の楽天経済圏がある。必要性の高い消費でTポイントを貯める前に、楽天経済圏との比較もしてみるべきだ。ヤフー経済圏と楽天経済圏の比較については下記記事を参考に。