Tポイントの賢い使い方を紹介する

Tポイントが使えるお店

youtube.com

 

Tポイントは下記のように店舗からインターネット、電気・通信費の支払、投資で利用できる。

1.店舗:ファミリーマートTSUTAYAウェルシアENEOS吉野家ヤマト運輸エディオンなど

2.ネットショッピングサイト、インターネットサービス:ヤフーショッピングLOHACOTモール食べログなど

3.電気・ガス・通信:東京電力関西電力ソフトバンクなど

4.投資:SBI証券SBIネオモバイル証券

 

利用できる店舗数ではライバルの他ポイントと比べても多い。ただ、賢く使うなら、生活に必須の支出や投資への利用を優先すべきだ。

 

この記事では

▶ Tポイントの使い方

▶ 海外でも使えるTポイント

から

▶ Tポイントの賢い使い方

まで詳しく述べていきたいと思う。

 

 

Tポイントの使い方

Tポイントの使い方

youtube.com

 

リアルの店舗ではTカードの提示、モバイルTカードならアプリを開きバーコードを提示する。バーコードをレジで読み取ってもらうとTポイントが貯まるとともに、貯まったTポイントの利用もできる。

インターネット上の決済ではTカード番号の登録やYahoo IDとの紐付けで、決済時にTポイントが利用できる。

ヤフーショッピングの決済
ヤフーショッピングでの決済画面。Yahoo IDとTカード番号が紐付けられていれば、決済時にTポイントの利用ができる。

 

 

 

Tポイントの使える店、サービス

Tポイントの貯まる店舗の中にはTポイントで支払いができる店もある。ファミリーマート、TSUTAYA、ガソリンスタンドのENEOSなどではTポイントが貯まり、Tポイントによる支払いもできる。

東京電力、ソフトバンク携帯ではTポイントを貯めれる上に、東京電力の電気代、ソフトバンクの携帯料金一部ではTポイントでの支払いもできる。関西電力では電気代、関西電力の提供する関電ガスのガス代にTポイントを使える。

ちなみに、ENEOSでんき、ENEOS都市ガスでは請求料金200円につき1ポイントのTポイントが貯まるものの、Tポイントで料金の支払はできない。

  

SBI証券ではTポイントで投資信託の購入ができる。しかし、SBI証券ではTポイントで国内株式の購入ができない。Tポイントを国内株式の購入で使いたい場合、SBIネオモバイル証券の口座を開設しなければならない。

SBIネオモバイル証券は現在、Tポイントを国内株式の購入に使える唯一の証券会社になっている。Tポイントで投資したい人は下記記事を参考に。

 

海外でも使えるTポイント

海外でも貯まる・使えるTポイント

 

Tポイントは日本だけでなく、

・ハワイ

・タイ

・グアム

・バリ島(インドネシア)

・中国

・韓国

・シンガポール

でのレストランやカフェ、サービスでも貯めれるし、使える。

特に、ハワイやタイでは日本人がよく利用するデパートと提携しており、頻繁に旅行へ行く人なら貯める機会も出てくるだろう。海外の提携店については下記ページを参考に。

 

 

 

Tポイントの海外レート

日本ではTポイントは1ポイント=1円として使える。グローバルに展開する場合、このレートが気になるだろう。

2019年12月現在における為替レートとTポイントのレートを比べると下記のようになる。

 

現地通貨のレート

(2019年9月現在)

Tポイントのレート
米ドル 1ドル=109.61円 100ポイント=1ドル
タイバーツ 1バーツ=3.63円 4ポイント=1バーツ
シンガポールドル 1ドル=81.05円 クーポン券と交換(レートは店舗にて)
韓国ウォン 1ウォン=0.094円 ギフトカードと交換(レートは店舗にて)
人民元 1元=15.70円 16ポイント=1元

海外のお店一覧 – Tサイトより

 

上記のうち、1ドルは109.61円なので、ハワイやグアムではTポイントで購入した方がレートは良くなる。10%程度、Tポイントの価値が上がる。したがって、アメリカの提携店ではTポイントを積極的に使うべきだ。

タイでは9%程度、中国では2%程度Tポイントの価値が下がる。これらの提携店では使わずTポイントは貯めるだけにした方が良いだろう。

貯める際のレートは100円もしくは200円相当の額に対してTポイント1ポイントとなっている。

 

日本国内だけでなく、海外旅行でもTポイントといったポイントカードを持参するのは面倒だろう。スマホ内のアプリで貯めれるモバイルTカードが役に立つはずだ。

もちろん、TカードからモバイルTカードへのポイント移行も可能である。

 

Tポイントの賢い使い方

Tポイントを賢く使う方法

 

Tポイントを賢く使うにはモバイルTカード化がまずは必須になる。Tポイントは利用できるリアル店舗の数で他のポイントよりも優位性があるからだ。

国内だけでなく、海外旅行でも今では多くの人がスマホを持ち歩くだろう。使う機会の損失だけでなく、ポイントが貯まる提携店でTカードを持っておらず貯められなかったという機会損失も防げる。

 

リアルでの機会損失を防いだ上で、Tポイントももっとも価値が高まる使い方をするのが賢い。楽天ポイントは楽天カードの支払に利用したり、ANAマイルへの交換で1ポイントを1円より高い価値にできる。

Tポイントも使い方によって価値が変わってくる。

Tポイントはハワイで利用すれば1ポイント=1.1円程度の価値へと上げられる(2019年12月現在)。ハワイへ行く人なら現金やクレジットカードよりも優先的に利用した方が良いだろう。

ただ、日本国内での利用に限ればTポイントは現金以上の価値にはできない。最高でも1ポイント=1円になる。

 

1ポイント=1円と現金と同等の価値にするには

・投資で利用する

がもっとも手っ取り早い。上でも述べたように、SBI証券では投資信託を購入でき、SBIネオモバイル証券では国内株式の購入が1ポイントを1円でできる。これらを売れば現金にもできる。

現金が減る代わりにポイントを利用するとしても

・生活するのに必要性の高い消費への支払

を優先すべきだ。こちらも1ポイント=1円の価値へと近づける。必要性の高い消費とは外食を除く食費や固定費への支出があげられる。

Tポイントが貯まりやすい環境にあるならAmazonや楽天ではなく、ヤフーショッピングでの消費も検討すべきだ。電気代や携帯代をTポイントで支払えば、その分現金を残せるだろう。東京電力や関西電力、ソフトバンクの利用料もTポイントで支払える。

 

もちろん、Tポイントが貯まりやすい環境になければ、Tポイントにこだわる必要もない。必要性の高い消費や貯まりやすさ、利用範囲でみると楽天ポイントの方がおすすめである。

ただ、楽天ポイントは楽天カードの有無によって、貯まりやすさに大きな影響を受ける。楽天カードを作成できない人、何らかの理由で楽天のサービスを利用したくない人、できない人はTポイントもしくは最近広がりつつあるPayPayの経済圏で暮らすの悪くないだろう。

 

Tポイントの賢い貯め方について詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

 

 

タイトルとURLをコピーしました