踊るバイエイターの敗者復活戦

アフィリエイトを含めたネット広告やアルバイトからの収入で生計を立てる人に、踊りながら生き抜くための知恵を紹介するブログ。

タイ移住の方法について、ビザを中心に詳しく述べていく


プーケットのパトンビーチ

プーケットのパトンビーチ

 

現地で就職しなくとも、タイへ移住することは可能である。タイで過ごすのが1年の半分以下ならビザを取得しなくとも良い。ただ、長期滞在するならビザを取得した方が良いだろう。就学・就職以外なら、投資ビザの取得やタイランドエリート、リタイアメントビザといったお金を滞在のための信用に変える手段もある。

 

この記事ではタイへ移住したいと思っている人が知っておくべきこととして

▶ タイ移住の手段

▶ タイで長期滞在するためのビザ

から

▶ タイへ移住する前に知っておくべきこと

までタイ移住を検討している人に向け詳しく紹介していきたいと思う。

 

 

タイ移住の条件

タイの水上マーケット

 

日本人はビザを持たなくとも、パスポートだけで通常30日間の滞在がタイでは認められている。また、観光ビザを取得すれば60日の滞在が可能となる。

30日延長滞在するための観光ビザだと、ラオスなどの周辺国で1000バーツ、パタヤのイミグレーションでは1900バーツ程度の料金がかかる。

 

フリーランスや無職の人でも30日以内に日本へ一度帰国するか周辺国へと出国することで滞在期間の延長が可能である。ビザを取得せずともある意味で移住は可能となっている。

こうしたノービザでの滞在ならタイ旅行と同じで手続きが増えることはない。 今でも多くの人がこうしたビザを取得せずにタイへと長期滞在している。

ただ、近年は陸路で周辺国へと出国するビザランも2回までといった制限がなされ、ビザなしでは半年(180日)で90日の滞在しか認められていない。ノービザだと1年でも半分の180日以上は日本やタイ以外の国で過ごさなければならないのだ。

従って、永住権を持たない日本人の場合、生活の半分以上をタイで過ごしたいなら、ビザを取得する必要がある。

 

タイで長期滞在するためのビザ

パスポートに貼られたビザ

 

タイ人と結婚すれば配偶者ビザ(ノンイミグラントO)を取得することができる。このビザがあればタイへ滞在できる。

 

他には、タイで就職し、企業がスポンサーとなって取得できる

1.就労ビザ(ノンイミグラントB)

 

留学用の

2.就学ビザ(ノンイミグラントED)

 

お金に余裕がある人は

3.投資ビザ(インベストメントビザ)

4.タイランドエリート

などによる方法がある。

 

また、少々の貯金や収入があり、かつ50歳以上なら

5.リタイアメントビザ(ノンイミグラントOA)

が敷居も低いだろう。

 

1.就労ビザ(ノンイミグラントB)、2.就学ビザ(ノンイミグラントED)、3.投資ビザ(インベストメントビザ)、4.タイランドエリート、5.リタイアメントビザ(ノンイミグラントOA)について、下記では更に詳しく紹介していきたいと思う。

 

就労ビザ(ノンイミグラントB)

就労ビザは現地企業へ就職したり、日本企業の駐在員としてタイに滞在する人が取得するビザである。タイではノンイミグラントBと呼ばれている。

就労ビザは就職先などの企業がスポンサーになることで取得できる。

 

就学ビザ(ノンイミグラントED)

就学ビザを取る学生

 

就学ビザは日本語だと留学ビザとも呼ばれる。タイではノンイミグラントEDと呼ばれるビザで、3ヶ月と12ヶ月滞在できるものがある。

3ヶ月以内ならノンイミグラントEDを1回、3ヶ月以上1年未満ならノンイミグラントEDを複数回取得することになる。1年以上いるなら12ヶ月のビザを取得することになるだろう。

 

就学ビザの取得では語学学校の入学許可書/招聘状や銀行残高証明書などが求められる。必要書類については語学学校に聞けば詳しく教えてもらえる。

タイへと長期滞在する上で、タイ語の勉強もしたいなら学校へ入学する方法も検討に値するだろう。就学ビザは大学だけでなく、語学学校でも発行してもらえる。

 

投資家ビザ(インベストメントビザ)

投資ビザはタイで1000万バーツ(約3400万円)の投資をすることで取得できるビザである。具体的にはタイで1000万バーツの定期預金やタイ国債、不動産(コンドミニアム)を所有し、その証明書があれば1年以上のビザを取得することができる。

お金に余裕があり、タイへの投資を考えている人にはもっともおすすめのビザである。

 

タイランドエリート

タイランドエリートはタイ政府が運営するメンバークラブである。こちらは入会金(50万バーツ~)と年会費(0バーツ~)を払うことで、5年以上タイへと滞在することができるサービスである。

タイランドエリートの料金、特典表

https://thailandelite.info/fee.php

 

最小限の特典で良いなら、50万バーツ(約170万円)で5年間合法的に滞在することができる。ただ、会員特典を頻繁に利用しないなら、滞在をお金で買うだけとも言えるだろう。

タイランドエリートに払うぐらいの金額があれば、知り合いの現地企業への出資などでスポンサーになってもらうことも場合によっては可能だ。

 

リタイヤメントビザ(ノンイミグラントOA)

リタイアメントビザは50歳以上であり、

①3ヶ月以上、80万バーツ以上の預金をタイ国内の銀行にしている

②1年で80万バーツ以上の収入、預金を作れる

いずれかのを満たすだけで取得できるビザである。

 

こちらも3ヶ月もしくは12ヶ月のビザがある。50歳以上であれば投資ビザよりも敷居が低いビザだと言えるだろう。

 

タイへ移住で失敗しないために知っておくべきこと

旅行先の気球

 

海外に住むのが初めての人は食事やコミュニケーション、生活の利便性などで日本に住んでいた時よりもストレスを感じると思う。

物価が安いことに魅力を感じて移住した人も住んでから「余分な出費」が出てくるはずだ。

こうしたマイナスよりもプラスになることが大きくなければタイへと移住するメリットはあまりない。

 

タイでの就労で、技術や語学などの専門性を生かすことが出来そうなら、当然就職や転職も積極的に考えて良いだろう。タイ移住をしたい大学生や転職活動中の若者であれば、駐在員という形で働くことを第一に就職活動してみるべきだ。

タイに住んでも「キャリアでのメリットが無い」「専門性を生かせ無い」人の場合、タイでの就職はフリーターなどキャリア、技能・能力は無いが、根気よく求職活動が出来る人にしかおすすめできない。

新卒で企業へと就職した人は現在の会社を辞めた場合、待遇が悪くなるリスクを考える必要もある。キャリアが途切れることによる損失が生じるかもしれない。その辺のリスクも考慮した上でタイ移住を考えなければならないだろう。

 

フリーターなどキャリア、技能・能力の無い人は日本で職を捨ててもすぐにポジションを回復できる。タイに行けば貧困とは無縁の豪華な生活を実現出来るかもしれない。従って、試しに一度、就職してみる価値は十分にある。

 

タイへ移住したいが、お金に余裕のない人は就労しての滞在を優先的に検討してみるべきだ。現地で就職するのが長期滞在の点でも一番手っ取り早いだろう。